冬山の怖さを知らない不幸

これほどの悪条件なのに、なぜそれを強行したのか、表層雪崩を甘く見たとしか思えません。

引用

那須雪崩 無謀な強行判断 歩行訓練が誘発か

 栃木県那須町湯本で27日、8人が死亡した雪崩。低気圧の接近、短時間で大量に降る雪、営業を終了したスキー場、と事故が起きやすい条件がそろった中で高校生の春山登山講習は“強行”された。当初の登山訓練を中止して切り替えられたラッセル訓練が雪崩を誘発した可能性もあり、主催者側の無謀な判断が悲劇を生んだとみられる。

                   ◇

 「(登山経験の)ベテランの先生方が状況を把握して、的確な判断のもとにやったと思う」

 講習会を主催した栃木県高体連の橋本健一会長は同日夜、県庁で開いた会見で判断は適切だったとの考えを強調した。ただ、その理由を問われると「詳細は分からない」「先生はベテランだった」などと、現場に責任を転嫁しているとも受け取れる説明を繰り返した。

 雪崩のリスクを下げる活動を行う日本雪崩ネットワークの出川あずささんは「営業していないスキー場はただの雪山。勾配がある斜面に積雪があれば、雪崩はどこでも起こりうる」と指摘する。

 那須温泉ファミリースキー場は20日に今季の営業を終えており、圧雪車で雪を固めたり、担当者が危険がないか見回ったりする安全対策は取られていなかったとみられる。地元の旅館関係者によると、現場付近では過去にも雪崩が起きたことがあり、危険を避けるためスキー場のリフトの場所が設計し直されたという。

 宇都宮地方気象台によると、那須町では強い低気圧の接近による大雪が警戒され、前日から大雪や雪崩注意報が出されていた。スキー場近くでは午前1時に0センチだった積雪が、午前8時に31センチに。短時間で大量の雪が降り、雪崩が起きやすい条件がそろっていた。

 冬山に詳しい八ケ岳山岳ガイド協会(山梨県)の竹内敬一会長は「表層雪崩を予想し、危険性の低い下方に場所を変える判断をできる人はいなかったのか」と疑問を投げ、「雪崩の危険性がある場所に入ってラッセル訓練を行えば、雪崩を誘発してしまう。別の場所を選ぶという対応ができたはずだ」と話した。

 最終更新:3/28(火) 8:09 「産経新聞」より
栃木県那須町にある那須高原ファミリースキー場で、高校生の春山登山講習が行われたがそこで雪崩が発生して、地元の高校の山岳部の生徒7人と引率教師1人が死亡すると言う痛ましい事故が起こったけど、発生当時低気圧の接近、短時間で大量の降雪、営業を終了したスキー場。と雪崩が起きやすい状況だったにも関わらずなぜ登山講習を強行したのか? 主催者の責任問題に発展しそうです。

「(登山経験の)ベテランの先生方が状況を把握して、的確な判断のもとにやったと思う」と主催した栃木県高体連の会長は言ったけど、そんな軽い判断でやっていいものかって思うし、自然の怖さを知らないとしか思えません。講習を強行した理由についても曖昧な供述をしてますが、自分は関係ありませんと言わんばかりな態度で無責任もいいところです。

「雪崩の危険性がある場所に入ってラッセル訓練を行えば、雪崩を誘発してしまう。別の場所を選ぶという対応ができたはずだ」と専門家は言うけど、主催者側の判断ミスがもたらした事故ですし、冬山と言うのがいかに危険を伴う場所だってことは誰が見たって明らかです。
悪天候にも関わらず強行したんだから、業務上過失致死傷容疑で立件されてもおかしくありません。当日雪崩注意報が出てたのにそれを見て見ぬふりしてやったとなれば許されるもんじゃない。冬山の怖さを軽く見た弊害が大事故につながったとなれば人災もいいところだ。

theme : 痛いニュース
genre : ニュース

「主文後回し」ねェ・・・!?

判決を前にこのような事態になる。それだけこの事件の衝撃度は相当なものだったんでしょう。

引用

<元名大生事件>名古屋地裁、主文を後回し

 大学1年時に名古屋市で知人の森外茂子さん(当時77歳)を殺害し、高校2年時に仙台市で中学時代や高校の同級生2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、殺人、殺人未遂罪などに問われた元名古屋大学生の女(21)=事件当時16~19歳=の裁判員裁判で、名古屋地裁(山田耕司裁判長)は24日、判決言い渡しで主文を後回しにして、判決理由の朗読から始めた。検察側は無期懲役を求刑している。

 責任能力の有無が最大の争点となった。検察側は完全責任能力があったと主張した。弁護側は起訴された全6事件当時に心神喪失だったとして無罪を主張し、名古屋家裁の検察官送致(逆送)決定により起訴されたこと自体が違法だとして公訴棄却も求めていた。

 裁判の被告人質問で元学生は「人が死ぬところを見たかった」「どうしても人にタリウムを投与したくなった」などと供述した。裁判前に3人の医師が計4回の精神鑑定を行い、法廷証言で発達障害や双極性障害(そううつ病)があったとの見方は共通したものの、捜査段階の鑑定医(検察側証人)は「してはいけないことだと分かっていた」、家裁送致後の鑑定医(弁護側証人)は「障害の影響は抑止力が働かない程度だった」と見解が分かれた。

 これを踏まえ、元学生に精神面の障害があった点、人の死や人体の変化に強い関心を抱いていた点で検察側と弁護側に争いはなかったが、障害の程度や事件への影響で主張が対立した。検察側は「障害が各事件に及ぼした影響は限定的だった」として、計画性があり自らの行為の違法性を認識していたと訴えた。弁護側は「発達障害で人の死に興味が集中していたのに加え双極性障害のそう状態で善悪の判断も行動の制御もできなかった」と反論した。

 タリウム事件の殺意も争われ、検察側は「死んでも構わないと思っていた」、弁護側は「死ぬ可能性は念頭になかった」とした。

 元学生の処遇について、検察側は結果の重大さや犯罪性の根深さなどを挙げて「生涯にわたり償うことが必要」と述べ、弁護側は無罪とした上で長期の治療、教育ができる環境に置くよう求めた。

 最終更新:3/24(金) 14:17 「毎日新聞」より
タリウムを用いて同級生を殺害しようとしたり、その後知人の老婆を殺害すると言う残虐な事件を起こした元名古屋大学の学生だった女に対し、24日に名古屋地裁で裁判があったけど、裁判長が判決を出した際に主文後回しにして、判決理由の朗読から始まると言う異例の事態となったが、検察側は無期懲役を求刑しており、検察側の主張に考慮したと言えますが、主文後回しとなった背景はこの事件がいかに衝撃的だったかを物語ります。

この裁判の焦点は被告の女の責任能力の有無だったが、心身喪失とか心神耗弱とかの理由で罪が軽くなるのはおかしいと思うし、まして劇物を用いて殺害しようとする手口は猟奇的かつ悪質性が強いですから、極刑以外あり得ません。精神鑑定したってムダ、人が死ぬところを見たいとか人にタリウムを飲ませたかったなんて考える自体頭がおかしいを通り越してるし、悪辣な犯罪者レベルです。

「生涯にわたり償うことが必要」と検察側は主張したのに対し、弁護側は無罪にして長期治療すべきだと主張したが、どっちみちこの事件の被害者及び遺族が浮かばれるような結果と言えますかね?

興味本位で劇物を使ったり、人が死ぬところを見たいなんて平気で思うようなイカレた奴を社会にのさばらせてはならない。
無期懲役って、いずれ出所する可能性があるし、また同じような犯罪を繰り返して被害者がまた出るだけでしかありません。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → 発達障害? んなもん理由になるか!?

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

こんな保育園が存在してよかですか!?

待機児童問題の温床とも言うべき事実です。
森友学園同様“ワケあり”過ぎるにもほどがあります。

引用

「動物同然の扱い」に憤る母親…「裏切られた」

 定員を超える子どもを預かり、不十分な食事しか与えていなかったなどの問題が明らかになった兵庫県姫路市飾磨区加茂の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)。

 問題発覚後、初の登園日となった21日、子どもを預けに来た母親たちは怒りを口にした。夕方からは、保護者向けの説明会も開かれた。

 0歳の頃から次男(4)を通わせているという40歳代の母親は「何の罪もない子どもが、動物同然の扱いを受けていたと知ってショック。園長は『子どものことを一番に考えている』とよく口にしていたので、裏切られた気持ち」と憤った。

 1~5歳の3人の子を預けている母親(29)は「子どもの健康と園の教育方法について、不安や怒りでいっぱい。園長はもう信頼できない」と訴えた。

 4歳の孫娘を連れてきた女性(52)は「少し前に家で『塩かけごはん、ちょうだい』と言い出し、びっくりした。今回の件を聞いて、園内でおかずが足りていなかったのかなと思った」と話した。

          ◇

 園による保護者への説明会は午後6時から実施。父母らは同5時30分頃から集まり、「今後の預け先が確保できるか心配」「説明をじっくり聞きたい」と話し、硬い表情で園内に入った。

 出席した保護者によると、小幡園長が冒頭に謝罪するとともに経緯を説明した。食事の量について、「特に少ないとは思っていなかった」「残ったらもったいない。実際に余ることもあった」などと発言。私的に預かっていた子どもの保育料は「一切、手を付けていない。子どもたちのために使うつもりだった」と釈明した。

 これに対し、保護者数人が「ふざけるな」などと激高し、同席した市職員が小幡園長に退出を促したという。

 その後、保育士たちが涙ながらに「子どもたちを守ってあげられなくて申し訳ない」「おやつも与えたかったし、栄養士を雇うよう園長に頼んだが、拒否された」などと述べたという。

 長男(5)、長女(3)を預けている女性(33)は「園からの帰宅途中に、子どもたちがとてもご飯をほしがるので、おかしいと感じていた」と話し、保護者の中には迎えの際、おにぎりなどを持参する人もいたという。「園長には商売優先ではない運営をしてほしかったし、保育士は早く明かしてほしかった」と訴えた。

 3人の子を通わせる男性は「3人一緒に受け入れてくれたので助かったと思っていたのに。一緒に預けられる施設が新たに見つかるか不安だ」と表情を曇らせた。(田村創、新田修)

2017年03月22日 05時37分 読売新聞
兵庫県姫路市にある私立認定こども園「わんずまざー保育園」で、定員オーバーにも関わらず子供を預けたり、また子供に充分な食事を提供していないことが発覚したって言うけど、他にも職員に対し不当な扱いまでしていた事実もあったように(遅刻1分につき罰金1万円など)、正直言ってヒドいもヒドいです。

わんずまざー保育園に子供を預けていた親にしてみれば怒るのも無理はないです。
問題発覚直後に行った緊急説明会で「何の罪もない子どもが、動物同然の扱いを受けていたと知ってショック。園長は『子どものことを一番に考えている』とよく口にしていたので、裏切られた気持ち」「子どもの健康と園の教育方法について、不安や怒りでいっぱい。園長はもう信頼できない」って怒りはごもっともだ。
こんなワケあり過ぎるところに自分の子供を預けた親にも責任はあるけども。

当の園長は「特に少ないとは思っていなかった」「残ったらもったいない。実際に余ることもあった」って食事についてこう話したけど、過度に少ない量しか与えないこともだし、余ったのを使い回すと言う衛生上問題だって意識はないのか。船場吉兆じゃねェんだよ。

ハッキリ言って、わんずまざー保育園は園長のいい加減極まりない運営がもたらした問題ではないでしょうか。
子供のことを全く考えず、自らの利益と金儲けしか考えないで保育園の責任者が務まるんなら世も末だ。正直言って子供の権利を軽視する大それたもので認可取り消しレベルな上に、この園長は児童福祉法違反で逮捕されたほうがいいと思う。保育を自らの金儲けと保身目的に使うなど本末転倒であり言語道断。姫路市と言うか兵庫県はわんずまざー保育園に対して是正勧告、園長に対して厳重な処分を下すべきです。

待機児童問題が深刻なだけでなく、一部でこのような保育園が存在しているんだから、子供の権利を疎かにしている社会だってところを露呈する一方です。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

避難者いじめに関与した教諭に処分

この処分では正直甘い気がするんだけど。

引用

<新潟・原発避難いじめ>「菌」と呼んだ教諭を減給処分

 福島県から避難している新潟市立小4年の男子児童が担任から名前に「菌」を付けて呼ばれた問題で、新潟市教育委員会は15日、担任だった40代の男性教諭を減給3カ月(10分の1)の懲戒処分とした。また管理監督責任を問い、同校校長を文書訓告とした。

 市教委教職員課によると、教諭は昨年11月22日、教室で男子児童に連絡帳を渡す際、同級生の前で名前に「菌」を付けて呼んだという。児童は同24日から12月21日まで20日間欠席。冬休み明けの1月10日からは登校している。

 同課は、聞き取り調査などから教諭の発言は「過失」だったとし、処分の理由について「児童の長期間の欠席や、別の児童の教育活動に影響を与えたことを重く受け止めた」としている。教諭は現在、別の教育施設で研修や内勤をしているという。

 最終更新:3/16(木) 9:38 「毎日新聞」より
新潟市のとある小学校で福島県から避難してきた男子児童に対し「菌」と呼んだ40代の男性教諭、そのせいで男子児童は一時期不登校になったけど、その教諭に対し新潟市教育委員会は減給3ヶ月の懲戒処分とし、またこの学校の校長に対して文書訓告処分にしたけど、好きで避難してきたわけじゃない子供に対してこんな心ない発言をしておいてその処分はないんじゃないかと思うし、学校側の責任も正直免れないです。

「児童の長期間の欠席や、別の児童の教育活動に影響を与えたことを重く受け止めた」と処分の理由をこう述べた教育委員会、他の児童の前で平然とバカにするような言動をした以上、教育者として以前に人として頭がどうかしているレベルです。
この教諭のしたことは公開ハラスメントであり、侮辱罪に問われてもおかしくないです。
「菌」って平気で呼んで、自分のしたことはヘイトだってことに気づかないのか!?

原発避難者に対するいじめが深刻な問題になっていることを考えたら、この教諭のしたことは避難者いじめに関与するもので許されるものではありません。
この教諭は別の教育施設で研修しているが、こんな人間は教育者として「欠陥」レベル、平然と他人の権利と尊厳を傷つけるような人間など教育者として以前に人として失格。減給3ヶ月では甘い、懲戒免職が相当、学校側に対しては厳重注意が相当。

人の痛みを知らない無神経な奴が教師をやっているなんて、おかしい社会だ。

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

危険運転にも関わらず「無罪」?

理由はどうあれ、なぜこれが危険運転と見なされないのでしょうか?

引用

登校列に車、女性に無罪判決…危険運転認めず

 大阪府豊中市で2015年、登校中の小学生の列に乗用車が突っ込み、6人が重軽傷を負った事故で、自動車運転死傷行為処罰法の危険運転致傷罪に問われた豊中市の会社員・中村恵美被告(51)の判決が13日、大阪地裁であり、田村政喜裁判長は無罪(求刑・懲役4年6月)を言い渡した。

 田村裁判長は、中村被告が前夜に服用した睡眠導入剤の影響について「運転開始時点で、正常な運転ができない恐れがあったとは認められない」と述べた。

 中村被告は15年5月20日朝、睡眠導入剤の影響で正常な運転ができない恐れがあることを認識しながら車を運転し、小学1~6年の男児5人をはね、自転車の女性を転倒させて重軽傷を負わせたとして、危険運転致傷罪に問われていた。

 田村裁判長は「事故時には何らかの原因で仮睡状態にあった」としたが、運転開始から20分以上は正常な運転を続けていたとし、運転開始時には危険性を認識できなかったと判断した。

 検察側は、中村被告が眠気を感じながら運転を続けたとして過失運転致傷罪も主張したが、判決は「事故直前まで正常に運転しており、運転を中止する義務があったとはいえない」として同罪についても無罪とした。その上で、「事故が起きている以上、運転上の過失はあった可能性はあるが、検察官が主張しておらず、有罪にできない」とした。

 睡眠導入剤服用後の運転を巡っては、11年10月、鹿児島県奄美市で車とミニバイクが衝突してミニバイクの男性が死亡し、車を運転していた被告が危険運転致死罪に問われた裁判で、鹿児島地裁が13年11月、睡眠導入剤などを服用し正常な操作が困難な状態で運転したとして、懲役3年の実刑判決を言い渡した。

 また、三重県鈴鹿市で12年12月、男性をはねて死亡させた被告が同罪などに問われた裁判では、13年11月、津地裁が、正常な操作が困難な状態で車を運転したとして、懲役7年の実刑判決を言い渡した。

2017年03月13日 12時35分 読売新聞
大阪府豊中市で一昨年、集団登校中の小学生の列に突然車が突っ込んで6人が重軽傷を負った事故で、自動車運転死傷行為処罰法の危険運転致死罪に問われた51歳の女性の裁判が13日に大阪地裁で行われたけど、何とその女性に対し裁判所は無罪判決を下したようです。

焦点となったのは女性が睡眠導入剤を服用したことで、それによる影響で正常な運転ができない恐れがありながら車を運転して、集団登校の列に突っ込んで大ケガを負わせただけでなく近くにいた自転車の女性がその煽りで転倒してこれまた大ケガを負わせた危険運転致傷行為だけど、薬の影響だからと言う理由で罪が軽くなるのってどうなのか?
どっちみち車の運転をする上で悪影響が出るようなことは運転する以上してはならないはずだが・・・。

運転開始時には危険を認識できなかったって、眠くなることがある薬を服用したら自動車の運転は避けてくださいって市販の医薬品には書いてるんですけどねェ・・・。

睡眠導入剤を服用して運転したせいで事故を起こしたケースも多々あるが、アルコール同様「飲んだら乗るな」です。

正常な状態じゃないにも関わらず車を運転することは、大変危険なので絶対やめましょう!!この判決を被害者及び被害児童の保護者はどう思ってるんでしょうか。

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

親告罪なんて必要なし!! 性犯罪には厳罰を!!

法改正でもして厳罰化することが大事ですからね!! 今のこの法律、明治から変わってなかったんだから正直今の時代に合うわけがありません。

引用

性犯罪の「親告罪」撤廃…刑法改正案を閣議決定

 政府は7日午前、性犯罪の厳罰化などを盛り込んだ刑法改正案を閣議決定した。

 被害者の告訴がなくても起訴できるようにするほか、法定刑を強化することなどが柱。1907年に刑法が制定されて以降、性犯罪に関する初めての大規模改正となる。

 改正案では、強姦罪の名称を「強制性交等罪」に改め、これまで女性だけに限定されてきた被害者に男性を加えて、性交の類似行為も対象に含める。

 被害者の告訴が起訴の条件となる「親告罪」の規定は撤廃する。告訴は被害者にとって大きな負担であり、泣き寝入りするケースもあったとされていることから、告訴がなくても罪に問えるようにすることで性犯罪の潜在化を防ぐのが目的。施行前の事件でも、時効を迎えていなければ告訴なしに起訴することが可能と定める。

 2017年03月07日 11時13分 読売新聞
政府が7日午前の閣議にて性犯罪の厳罰化を盛り込んだ刑法改正案だが、かねてから性犯罪には厳罰をと言う世論の意見を反映して動いたと言えますが、今の法は明治に制定されて以降全然変えなかったって言うから、正直今頃かとも思います。

現行法では強姦罪となってますが、それを「強制性交等罪」に改称し、男性にも被害対象を当てはめると言うことだけど、性犯罪に性別は関係ないと思います。女性に対する性犯罪は許されないが男性に対するものも同じだ。
またこれまであった親告罪、被害者が告訴しないかぎり起訴出来ないと言う規定で、被害者にとって世間体を気に過ぎるあまり告訴に踏み切れないと言う事例が多発したことを重く見て、告訴なしでも罪に問うべきとして性犯罪の潜在化を防止する狙いはあるけど、被害者の権利を取ると言うことでもあります。犯罪被害者の権利を尊重することもまた社会の常識。今まで親告罪なんてものがあったから犯罪被害者が声を大にできなかったことを考えたら、親告罪なんてものは不要。

一般的なレイプもそうだが、家庭内における性的虐待に対しても適用されることが明らかになってますが、とりわけ18歳未満の者に対するものであれば「監護者性交等罪」「監護者わいせつ罪」なる法律に抵触し処罰されますが、18歳未満の者、即ち子供の権利を重視してのことでしょう。

レイプの場合、今まで刑罰は最長で懲役3年だったのを5年に引き上げ、レイプした上に致死傷させた場合は5年から6年に引き上げるってことだが、これでも甘いような気がします。性犯罪は再犯率が高いってことを政府閣僚は認識してるんでしょうか。
これでは出所してまた同じ犯罪を繰り返すリスクもあるが、私はかねてから言ってることだけど、性犯罪者に対しては去勢かGPSをつけて監視!! あとアメリカのメーガン法のように性犯罪者の情報を公開することも必要だと思う。

theme : 性犯罪・わいせつ事件
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード