円安批判は「的外れ」

言いたい放題のあの人に、日本政府も黙っちゃいない?

引用

トランプ氏の円安批判「全くあたらない」…菅氏

【ワシントン=山口香子、ベルリン=井口馨】トランプ米大統領が、「通貨(円)を安くしてきた」などと日本の為替政策を批判したことに対し、菅官房長官は1日の記者会見で、「(トランプ氏の批判は)全くあたらない」と反論した。

 ただ、トランプ氏が大統領に就任後、円相場に言及したのは初めてで、10日に予定される日米首脳会談では、為替政策が議題となる可能性が出てきた。米高官はドイツを念頭に欧州通貨ユーロにも批判の矛先を向けており、「ドル高是正」をめざすトランプ政権の強硬な姿勢が鮮明になっている。

 トランプ氏は、大手製薬会社の首脳らと1月31日に開いた会合で「他国が米国につけこんで通貨安誘導を行ったから、製薬会社が米国で薬を作らなくなった」などと話し、日本に言及した。

 2017年02月01日 13時15分 読売新聞
「日本は円安に導いて為替を操作している」と名指しで批判したアメリカのドナルド・トランプ大統領、これが1日の円及び日経相場にも影響が出ているけど、これについて菅義偉官房長官は定例の記者会見で「全くあたらない」と日銀による規制緩和が円安に導いていないと主張したようです。

トランプ大統領の発言が金融市場に影響をもたらしている昨今、日本としては為替の変動を注視して行くとは言うものの、トランプ大統領のこの発言は責任転嫁であり的外れだと思うね。
自動車を巡る問題も、日本の市場は不公平だなんて言うトランプ大統領、アメリカは自国の自動車を海外に輸出する際に当事国の事情を見ようとしないから売れないのであって、日本はアメリカに自動車を輸出する際にはちゃんとアメリカの事情に合わせて作ったものを売ってるんだから、自国の尺度でしかものを見ない近視眼的な考えに他ならないです。

今まで日本はアメリカべったりで利益に関わる批判に対しても反論しなかったが、円安を誘導しているなんて言いがかりには反論したほうが正しい。自国ファーストを掲げ他国を尊重しようとしないトランプ大統領の姿勢を見て、日本もそろそろアメリカべったり体質を考え直したほうがいいと思います。
イギリスではテリーザ・メイ首相に対して国民から「アメリカ追随を止めろ」「トランプには近づくな」って批判の声が挙がってるんだから、日本でも「安倍総理はいい加減アメリカ依存と追随姿勢を卒業しろ」「アメリカの言いなり政治はもううんざり!」って反論の声が挙がってほしいものだ。

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

今年も築地で「初競り」です

本来なら豊洲で今年の初競りでしたが、豊洲問題もあったことで同じ場所で行われました。

引用

今年も築地で初競り、本マグロ7420万円

 東京・築地市場で5日早朝、初競りが行われ、青森県大間産の本マグロ(212キロ)が、最高値の7420万円で競り落とされた。

 昨年11月に豊洲市場へ移転する予定だったが、小池百合子都知事が延期を表明したため、今年も築地での初競りとなった。

 最高値で競り落としたのは、すし店「すしざんまい」を展開する喜代村(東京都中央区)。移転問題が注目を集める中、各業者が例年以上に激しく競り合ったため、2016年の1400万円を大きく上回り、13年の1億5540万円に次ぐ過去2番目の高値がついた。

2017年01月05日 08時43分 読売新聞
5日早朝に行われた東京・築地市場での初競り、小池百合子都知事が豊洲への移転を延期したことで今年も築地を舞台に初競りとなったけど、目玉はなんと言っても青森県大間で水揚げされた212キロの本マグロ、どこがいくらで競り落とすのかに注目が集まりましたが・・・。

その本マグロを激しい競争の末に落札したのは「すしざんまい」を展開する喜代村で、何と7420万円で落札したと言いますから、またすしざんまいが目立ったと言えます。4年前に1億5540万円で競り落とされて以来の高値を記録したけど、落札額は獲った側にどう還元されるんだろうかねェ・・・!?

昨年は豊洲問題もあり築地市場にとって気が気でない1年となったが、今年がおそらく最後となる築地での初競りだけに、どんな心境で新年を迎えたのでしょうか。
それにしてもすしざんまいがまた存在感を見せつけたように見えます。

theme : 食に関するニュース
genre : ニュース

電通そのものを罰した方がいい

こう言う組織には厳しい社会的な制裁を与えなければ変わりませんからね!!

引用

電通書類送検、自殺社員上司も…長時間労働疑い

 大手広告会社・電通(東京)が社員に違法な長時間労働をさせていたとして、東京労働局は28日、法人としての電通と、昨年12月に過労自殺した新入社員の高橋まつりさん(当時24歳)の当時上司だった幹部1人を労働基準法違反容疑で、東京地検に書類送検した。

 電通では全社的に違法な長時間労働が横行していた疑いがあり、同労働局などは年明け以降も捜査を続ける。

 関係者によると、電通は、社員に労使協定で定められた時間外労働の上限を超えて違法な長時間労働をさせた上、勤務時間を上限内に収まるよう過少申告させていた疑いが持たれている。労基法では、違法な長時間労働に対し、6か月以下の懲役か30万円以下の罰金との罰則を定めている。

 2016年12月28日 15時05分 読売新聞
電通の女子社員が違法な長時間労働させられた上にそれに伴う過労の末に自殺すると言う事件は、電通の企業体質を白日の下に晒すものにもなったが、東京労働局が28日になって法人として電通、女子社員の当時の上司だった幹部を労働基準法違反容疑で東京地検に書類送検したみたいだけど、当時の上司と組織そのものを処罰する姿勢は連帯責任では収まらないレベルです。

組織としても訴えられた電通、こうなったのは労使協定を無視した労働環境を常態化させたこともだし、勤務時間を上限内に収まるよう社員に圧力を加えていたこともそうだし「鬼十則」なるルールを未だに維持したせいでこうなったんだと思うし、正直言って奴隷制度レベルのヒドい環境もいいところだと思う。
日本は労働者の権利を尊重すると言う意識が薄過ぎると言う問題点をも曝け出した電通の罪は重いだろうし、コンプライアンスもガバナンスも守れないような組織など存在していいわけがありません。一人の社員を違法な労働を強いらせて自殺にまで追い込んだ責任はかくも重い。

東京労働局及び経済産業省は電通そのものを厳罰に処さなければ、いわゆるブラック企業の問題を正せないし、日本のイメージにだって関わる大問題です!!
電通の社長以下首脳陣を国会に証人喚問させて厳しく言及したらと思うね。年明けにも。証人喚問だけでは甘い、労働基準法違反容疑で書類送検でもしなければいけないな。

theme : ブラック企業
genre : 就職・お仕事

「緩やかな回復」ってどこがだ!?

ハッキリ言って政府与党はアベノミクスの実績に甘えて現実を見ていないとしかどうしても思えません。改めて。

引用

菅義偉官房長官「緩やかな回復基調」 GDP連続プラス成長に

 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、内閣府が同日発表した平成28年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値が3期連続でプラス成長となった状況を受け、「このところ弱さもみられるが、雇用所得関係の改善が続いており、緩やかな回復基調が続いている」との認識を示した。

 また、「未来への投資を実現する経済対策を円滑、着実に実施することによって、当面の需要喚起だけでなく、民需主導の持続的経済成長と1億総活躍社会の実現につなげていきたい」とも述べた。

 最終更新:11/14(月) 13:34 「産経新聞」より
平成28年7月から9月までのGDP(国内総生産)速報値が3期連続でプラスになったことで、定例の記者会見にて「このところ弱さもみられるが、雇用所得関係の改善が続いており、緩やかな回復基調が続いている」と述べた菅義偉官房長官、ハッキリ言って日本経済がいいとは言えないこの頃、そんな状況でよく緩やかな回復基調なんて言えますね。

台風の影響もあって個人消費が冷え込んで前期比でプラス0.1パーセント止まり、前回と同じく僅かなプラスだったこともだし、個人消費だけでなく設備投資など内需が今一つな状況では経済が伸びないのも当然ではないでしょうか。
市民生活が全然良くならずただ自分たちの実績に甘えてるだけの安倍晋三総理以下政府与党、正直言ってアベノミクスは国民生活を豊かにしてるのか? 表面だけの豊かさだけ追い求めては格差が広がるだけで何もいいことありません。

目先の金儲けしか考えず市民の生活を良くしたいと言う考えが感じられないアベノミクス、日経平均だって結局アメリカの動向次第で左右されてるだけで日本が直接動かしてるとは言い難い。

現実を見ずに自分たちの理想ばかり追い求めてそれに甘えては、痛いしっぺ返しを食らうだけです。去年の東芝の粉飾決算問題を見てそれを全く教訓にしていない政府与党、理想主義は行き過ぎれば毒となる。アメリカ型資本主義と言うか理想主義に基づく価値観は「百害あって一利なし」です。それに政府はいい加減気づくべきだ。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

ここまでブラックだった電通

常軌を逸した長時間労働により、一人の社員の命が奪われたことは正直この企業は組織として腐ってるを通り越してます!!

引用

電通強制捜査 残業隠し、際立つ悪質さ 「鬼十則」過激な企業風土

 常態化した長時間労働に対し、ついに強制捜査のメスが入った。厚生労働省の東京労働局などは7日、大手広告会社の電通に再び乗り込んだ。残業時間を隠すため勤務表に嘘を書くよう指示していた疑いがあるほか、「女子力がない」など上司のパワハラも報告されており、電通の労働環境の悪質さが際立っている。

                   ◇

 「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」「会議中に眠そうな顔をするのは管理ができていない」「髪がボサボサ、目が充血したまま出勤するな」

 昨年12月に過労自殺した電通の新入社員、高橋まつりさん=当時(24)=は、上司のパワハラをうかがわせるメッセージを残していた。長時間労働でむしばまれていく肉体に加え、上司の言動が精神的に追い打ちをかけた形だ。

 電通では「残業隠し」のような勤務表作成が横行していた疑いがある。労使協定では、残業時間の上限は70時間(所定外)。高橋さんが自殺する直前に自己申告した勤務表には「69・9時間」(10月)、「69・5時間」(11月)とぎりぎりで記載されていた。東京労働局などの調査では、ほかの社員にも同じような記載が見られたという。

 さらに高橋さんの遺族側弁護士は、電通の企業風土を問題視し、1950年代に当時の社長の遺訓とされる「鬼十則」が背景にあったと指摘する。

 《取り組んだら「放すな」、殺されても放すな》《周囲を「引きずり回せ」》《頭は常に「全回転」、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ》。電通の社員手帳に掲げられていたという鬼十則にはこのような過激な表現が並んでいた。

 電通は「捜索が入ったことは事実。調査には全面的に協力しています」とコメントしている。

 最終更新:11/8(火) 7:59 「産経新聞」より
昨年12月に過労が原因で自殺した大手広告代理店「電通」に勤務していた24歳の女子社員、長時間労働だけでなく上司から常にパワハラを受けるなどの精神的な苦痛を相当食らったことで精神的に追い込まれて自殺と言う最悪の結果となったけど、自殺した女子社員のみならず3年前にも電通に勤務していた男子社員が過労により自殺したことを考えたら、電通は全く改善されてなかったってことだ。三菱よりもヒデェんじゃねェのかコレ・・・!!

他にも残業隠しが発覚している電通、当然労働基準法に著しく違反しており厚生労働省の捜査のメスが入ったが、長時間労働とパワハラで自殺した女子社員の問題を見ていかに電通が労働環境が腐っているを通り越していることが分かるだろう。

なぜここまで電通は腐敗してるのか、原因として1950年代に当時の社長が掲げた「鬼十則」なる規定があり、
《取り組んだら「放すな」、殺されても放すな》《周囲を「引きずり回せ」》《頭は常に「全回転」、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ》。
なる条文が載っており、それが現代になっても変わらなかったことが今回の問題の発展したと言えます。
大体この条文からして軍隊的かつ体育会系的で、時代遅れも甚だしいが、古臭い精神論に基づく価値観以外の何物でもない。

正直言って労働基準法を順守してると思えないし、ハラスメントや残業が平然とまかり通って問題にすらしないような神経は無神経を通り越しているし、そんな環境では活き活きと仕事なんて出来るわけがない。今の時代に相応しくない価値観を未だに有難がって進歩しなかったことが最大のしくじりだったと思う。

残業時間を平然と改竄する体質も問題、実際はそれ以上に残業を課していたことを知られたくないから社員にウソの記載をさせていたってことか。電通の体質は奴隷制度か産業革命期のイギリスと転で変わらないってことです。

厚生労働省のメスが入るのも当然、電通に対し厳しく処罰していいくらいです。労働基準法を順守出来ないような企業は業務停止命令にして当然、行き過ぎた利益優先体質と従業員の権利を尊重しないような体質はこう言うことにもなるってことです。

theme : ブラック企業
genre : 就職・お仕事

スズキ、3億円の所得隠し

三菱と同じ穴のムジナです・・・。これでいいのか・・・!?

引用

スズキ、所得隠し3億円…申告漏れ総額12億円

 大手自動車メーカーのスズキ(浜松市)が名古屋国税局の税務調査を受け、2015年3月期までの2年間で約3億円の所得隠しを指摘されていたことがわかった。

 経理ミスなどを合わせた申告漏れの総額は約12億円に上り、重加算税を含め約4億5000万円を追徴されたという。同社は既に修正申告し、全額納付したとしている。

 関係者によると、同社は余ったレース用オートバイの部品の仕入れ費用を経費に計上し、利益を圧縮。税務処理上、余った部品は在庫として管理し、使用するまでは経費計上できないが、同社は未使用の部品も使ったことにする「在庫除外」と呼ばれる方法で、3億円の所得を隠していた。

 そのほか、外部委託した開発費についても税務上、開発終了まで経費として処理できないのに、費用の一部を経費に計上するなどし、計約9億円分の申告漏れを指摘された。

 2016年09月13日 07時31分 読売新聞
燃費データの不正で世間を騒がせたスズキ自動車、今度は何と2015年3月期までの2年間で3億円の所得隠しが国税局によって指摘されたけど、またもや不祥事を提供した感がするし、経理ミスなどと合わせれば約12億円にも上ると言いますから、事実なら信じ難いことです。

既にスズキ側は修正報告をした上に全額納付したけど、所得隠しと言う行為が発覚しただけに世間一般からの信用をまた落とすことになるでしょう。三菱の事件もそうだし、自動車メーカーそのものの信用を揺るがすものです。

わざと書類の改竄や売上利益を隠蔽するなどして意図的に所得を減らす所得隠し、あこぎな手を使って税金を納めないと言う悪質な行為でしかありません。
こう言う行為が横行していたとなれば、スズキは企業としての体が疑われるのはイザ知らず、コンプライアンスもガバナンスも全然ないと思われるだけです。

創業者一族によるワンマン経営の弊害がここにもあったのかとも勘ぐりたくもなります。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード