「補欠廃止論」

日本のスポーツって世界基準で見ればどうも浮いてると言うか、ズレてるところがあるから、これがスポーツ人口の減少につながる要因ではないかと思うけど、中でも補欠制度にあるとこの本では説いており、世界的に見ていかに非常識なことでこれが日本のスポーツそのものが発展しない理由だと言っています。東京オリンピックを控える日本、スポーツ人口の拡大が期待されるけど、一方でこの問題に直視しなければいけないとも教えてますね。補欠制度、外国人から見たら「あり得ない」でしょう。

「補欠廃止論」 (セルジオ越後著・ポプラ新書)

引用

第1章 なぜ僕は「補欠は差別」と考えるのか
第2章 日本の団体スポーツが世界で勝てない本当の理由
第3章 「部活動」と「スポーツ」は切り離さなくてはならない
第4章 子どもがスポーツをすることで成長のは「親」
第5章 本当のスポーツ選手とは
ブラジルから来日し、日本サッカーリーグで活躍して引退後に「さわやかサッカー教室」なるサッカースクールを開いて多くの子供達を指導し、かつサッカー解説者・評論家として活躍中のセルジオ越後氏、日本に来てショックだったのが補欠制度なるものが日本のスポーツ界に存在していたことにあり、試合に出れない上にベンチ入りも出来ない、かつ雑用しかさせてもらえない子供たちが多く、これでは純粋にスポーツを楽しめないし、そんな考えを良しとする日本スポーツ界の在り方に疑問を投げかけたセルジオ氏、学校によっては100人ぐらいの部員を抱えてるが、だからと言ってサッカー人口が増えたなんて言うのはおかしいと思う。サッカーに限った話じゃないけれど。

なぜそんな制度はあるのかと言うと、登録制度の問題、スポーツ=部活動。と言う意識が強いこと、私立学校ほどスポーツに力を入れやすく、部員も増える一方で補欠も増える。ことにあるが、同じ選手が2つ以上のチームに所属できないって明らかに「飼い殺し」もいいところだし、1校につき1チームしか出れないと言うルールもまた補欠を大量に生み出す要因である。スポーツ=楽しむ。と言う本来の目的が勝利至上主義に走って体罰へと走る指導者が出るのもまたスポーツ離れを助長するが、ただ勝てばいいなんて考えを子供、まだアマチュアの時点から刷り込ませるのはいかがなものかとも思う。ああ言う指導者の責任も大きいけども。

スポーツとは人と人とが出会って楽しむ場であり、部活動や体育とは限らない、アマチュアにかぎらずプロもそう、企業の宣伝や金儲け目的ではなく、地域活性化の為にある。自治体のものであり企業と言うか親会社の持ち物じゃないと説いてますが、世界と著しくスポーツに対する意識が乖離している日本、このままではいけない。

あと実力で勝ち取ると言う意識も薄く、また和と言うか年功序列がスポーツにまであり、これが結果としてぬるま湯体質の温床になるわけだが、そんな考えはスポーツには不要だと思う。、ましてプロならなお更だ。尖った人間でも排除せず受け入れると言う技量もないのも日本スポーツ界のどうしようもない問題点だが、海外では自己主張力が強くなければチャンスはもらえないと言う意識もあるように、順番待ちや和に固執するのはいけない。スポーツの世界にそんな考えは必要ないと私は思います。
さらに変にメディアがチヤホヤする体質もまた選手のためにならない。たいした実績もないまたはちょっと成績を残したからって周りからチヤホヤされて自分はすごいんだと勘違いして過大評価するようになるわけだが、メディアの責任が大きいと思う。また一過性のブームで終わらせてもいけない。
試合内容によっては辛口な姿勢を示すことも大事、勝てばいいとかではダメなのだ。

スポーツは体育や習い事じゃなく、生活の一部にする。体を動かすことの楽しさや有意義さを子供のうちから知ると言う意識を持たねばスポーツを楽しめないし、ブラジル国籍を持つセルジオ氏だからこそ言える日本スポーツ界への「苦言」として見てはいかがでしょうか。補欠を美談にすることはその人の人生にも良くないと思う。例えば甲子園常連校出身で野球部だったのに補欠だったなんて恥ずかしくて周りに言えないでしょう。教育目的である部活動なのに補欠制度なんてあるのは差別でしかないし、どこが教育の一環だとも言いたくなる。「忍耐力のある子」なんて褒めるのはかえってダメ。またそのスポーツがダメなら他のこともやらせると言う意識も必要です。

theme : 読んだ本
genre : 本・雑誌

女川への旅

先日私は家族で宮城県女川町にドライブ旅行したわけですが、石巻市を経由して行ったわけだけど、石巻の港町を見ながら女川を目指したわけだけど、道中でかまぼこ屋に行ってかまぼこを買ってなおかつ串焼きかまぼこも食べたけど、これが熱々で美味しく、かまぼこが好きな私としては出来立てかつ焼きたてを食べるって格別だなァと思いました。

その後女川駅前のモールに行ったわけだが、ゴールデンウイークということで人・人・人。ちょうど昼時だったことでどの店も混雑、私は「孤独のグルメ」に出てきた「ニューこのり」と言う店で昼食を食べたわけだが「孤独のグルメ」効果か混雑してて1時半過ぎになってやっと席についてランチにありつけたが、待って待って待って食べるランチって余り経験がない私としてはちょっとした経験です・・・。私が食べたのは鮪のカニ入り海鮮丼です。
女川の風景をバックに写真を撮ったり、お土産も買ったわけだが、さすが沿岸、爽やかな海風の影響でそんなに暑くはなかったです。

その後道の駅に寄ってサバだしラーメンを買ったけど、これも「孤独のグルメ」で見ただけにモロそれに影響されてますね。

帰りは高速に乗って帰ったわけだけど、女川はいいところでした。気仙沼や石巻とは全く違いますが、宮城の沿岸部って活気ありますね。

theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

6年目の「3.11」に思うこと

本日3月11日は、東日本大震災が発生した日として震災及び津波犠牲者に鎮魂の祈りを捧げる大事な日ですが、あれから6年目を迎えるに当たり、この事例が横行しているにはほんとに心が痛むでは片付かないです。

それは福島県から避難してきた人達に対する差別や偏見、子供が避難先の学校でいじめを受けると言う非常に人間的に許せない行為が横行しているけど、好きで避難してきたわけじゃないのになんで平然と排除しようとするのか、何で人の痛みを共有できないのか、ホント無神経と言うか利己的で共生共存の精神なんてあったもんじゃないと言いたくなります。
これには福島第一原発事故におけるマスコミの発信にも問題はあるが、それを鵜呑みにして放射能に対する恐怖と無知からこう言う差別や偏見、いじめにつながったのは極めて遺憾じゃ済まないレベルだし、日本人の品格が疑われます。

避難者に対する不当な偏見から来るいじめや差別、もし自分がそうされたらどう思うかと言う意識が薄いことにもあるが、相手を思いやる、理解すると言う当たり前のことが分かってないと言いたくなる。平然とそういうことをする奴らは差別主義者と全く変わらないし、典型的な無神経もいいところだ。今まで社会が人間教育を軽視したツケの成れの果てだ。

改めて日本人は人の痛みを知る、共有する。と言う意識を持たなければ利己的で無神経な人間が増えるばかりで堕落した社会に成り下がる一方です。まして自然災害はいつ自分の身に降りかかってもおかしくないだけに他人事のように見てはいけないのだ。
即ち、自分には関係ないからと言う理由で目を背けてはいけないのだ。そう言う理屈は無知の始まり。

避難者に対する不当な差別や偏見に対する怒りばかりになっちゃいましたが、改めて震災及び津波の犠牲となった人々に哀悼の意を示したいです。改めて「絆」の精神を理解しましょう!!

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

「ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ」

急激な海洋進出を図る中国、IS(イスラム国)の暗躍など現在も混沌の中にある中東、ウクライナ危機やギリシャ財政危機、難民流入問題など問題山積のヨーロッパ、現代世界はとにかく問題が絶えませんが、これについて日本人の意識と言うか興味関心は薄く、改めて世界を知ると言う意識の低さもそうだが幅広い見方を持っていないことを痛感します。これでは国際感覚など磨かれるわけがなく国際人としての資格も問われるものだと思います。その原因は学校教育やメディアにあると思うけど。

私はこの本に目を通した時、当ブログで国際ニュースも頻繁に取り上げているだけに改めて国際情勢を学習するにはうってつけのほんだと思いました。
日本では政局だオリンピックだで世論の関心が偏りがちだけど、世界に目を向ければリアルタイムで動く頻度が高いように、国内ばかりに目を向けては「井の中の蛙」となるだけだと私は思いますね。なぜ日本って海外の情報があまり取り上げられないのか? これにはメディアの責任もそうだが自前の情報網がもっぱら外務省に依存していることにもあります。そろそろ自前の情報機関を作るべきじゃないでしょうか。

「ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ」 (茂木誠著・ソフトバンク新書)

引用

第1章・ヨーロッパの憂鬱 ウクライナ問題と難民問題
第2章・台頭するイスラム過激派と宗教戦争
第3章・アメリカのグローバリズムと中国の野望
第1章は当然世界史において度々主軸を担ったヨーロッパ、ヨーロッパの曙と言われる民族大移動とフランク王国及び東ローマ帝国からもそうだし、なぜユダヤ人は迫害されたのか?(キリストを処刑した裏切り者と言う意識もそうだし戒律の厳しさゆえに共存しなかったことにある) なぜイスラム教と対立するのか?(神を描くことの是非) プロテスタントとカトリック、東方正教会の違いと言う宗教的観点も分かったけど、宗教に疎い日本人はなかなか理解できないからねェ・・・? その構図がギリシャ問題やウクライナ問題につながってるってことか。あとは地政学的な理由もだが。

第2章は現在も混沌状態の中東、元々国として成り立っていたのはトルコとイランぐらいでサウジアラビアにせよイラクにせよ英仏による植民地政策のせいで勝手に国境を作られて出来た国、これはアフリカ諸国にも当てはまります。西欧列強のせいで勝手に線引かれちゃってこれが現在の問題になってるんだから。
イスラムを語る上で欠かせないスンニ派とシーア派の違い、「党派」を意味するシーア派は預言者ムハンマドの娘婿アリーがその後継者で、その直径子孫が12代に渡って続くわけだが、>血統を重視するのに対しスンニ派はコーランに基づく慣行や慣例を重視し、それに従う者であれば指導者に慣れると言うが、コーランを重んじるのと血筋を重んじるのとで異なるってことだ。
ISが古代遺跡を破壊するのもムハンマド誕生以前の歴史は「なかったこと」にする為のものだし、イスラム原理主義が誕生したのは18世紀にアラビア半島がオスマン帝国に支配されてそれに伴う世俗主義が台頭、それに反発したアラブ人がワッハーブ運動を起こしたことがきっかけだったと言いますし、ワッハーブの思想を重んじたのが後のサウド王家だったってことだが、だからサウジアラビアがガッチガチのイスラム国家なのも分かる。
ISの台頭もアラブの春も、石油利権もパレスチナ問題も結局欧米が蒔いた災いの種でしょうし、元々国家と言う概念がないアラブに国家意識を持たせるのは無理があったと言うことでしょう。アフリカですら国家があったって言うのに・・・。

第3章、アメリカが戦争を止められないのは戦争を必要悪と見なす軍産複合体の存在、ロシア帝国などで迫害されたユダヤ人がアメリカに渡って金融界で力をつけたことでユダヤの影響力が強まった、一方でユダヤ人を迫害しまくったロシアは後に東西冷戦につながるのだが・・・。

何回も読み返したくなるくらいためになるこの本は、一見する価値がありますので、改めて歴史を学ぶことで今起こっていることの原因と背景を知ることになるから、いわゆる「温故知新」的なものです。
欧米や中東、中国などは積極的に取り上げてたけど、インドやアフリカについては全く取り上げられてなかったことは疑問です。印パ問題は言うに及ばずアフリカでなぜ紛争と貧困が絶えないのか、なぜ独裁国家が多いのかも取り上げてほしかったです。

theme : オススメの本
genre : 本・雑誌

2017年です!!

あけましておめでとうございます。

昨年の大晦日はNHK紅白をぶっ通しで見てその後「ゆく年くる年」を見て2017年を迎える瞬間を見ましたが、やはり除夜の鐘は年越しを迎える瞬間に突くものだと思うし、最近では日中に鐘を突く自治体もあれど、除夜の鐘は日付が変わるときに突くものだと思いますね。昨年は国内外で慌ただし過ぎる話題が多かったけど、今年はどんな年となるのかが気になるところです。

そんなことで本年もよろしくお願いします。2017年元日・アジシオ次郎

theme : 新年のご挨拶
genre : ブログ

2016年の締めくくり

さてこの2016年も今日を持ってお終いですが、今年もまた様々な出来事と言うか話題がありましたが、今年を象徴する漢字は「金」ですけど、金メダルラッシュと言う喜びもあれば「政治とカネ」の問題などの良くない話題もあり、よくも悪くも「金」を象徴する年でしたが、目先の金儲けしか考えないようでは社会がダメになるばかりです。

いいことがま「申」と昨年願ったものの、いいことも悪いことも目立ったように、そうはなりませんでした。

来年の干支は「酉」日本にとって「神ってる」ことが多い年となるよう願うばかりです。
「人間が困難に立ち向かう時に恐怖を抱くのは、信頼が欠如しているからだ。私は自分を信じる」「不可能など、何もない」(モハメド・アリ)
「我々は悲観論に打ち負かされたままではいけない」「人類は未だに広島から教訓を学び取れていません」(フィデル・カストロ)

それでは最後に、本年も当ブログを見ていただいた皆様には誠にありがとうございました。

良いお年を。

theme : 年末年始のご挨拶
genre : ブログ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード