FC2ブログ

井上尚弥、WBSSを制す

相手が相手だけに壮絶な打ち合いとなりました。

引用

尚弥、WBSS制覇で世界最強!血まみれ死闘「ドネアが二重に見えた」/BOX

 プロボクシング・WBA、IBF世界バンタム級王座統一兼ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)壮絶な打ち合いを制した! WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ちして優勝。キャリア20年の5階級制覇王者を下し、同級の頂点に立った。井上尚は右目上から流血するなど苦しめられたが、11回に左ボディーでダウンを奪い、3年半ぶりに最終12回までもつれた死闘を制した。米興行大手トップランク社は試合後、“モンスター”との契約を発表。ボクシングの本場でスターへと駆け上がる。

 アリーナを埋めた2万2000人の大観衆が興奮した壮絶な打ち合い。ハイライトは逆襲の左ボディーだった。「ナオヤ・コール」が響く11回の1分過ぎ。ドネアはリング中央からロープ際へ歩を進め、前かがみになってダウン。尚弥が優勝を確実にした一撃だった。

 「ドネア選手、めちゃくちゃ強かったです…。世代交代という言葉を使って挑みましたが、期待通りのファイトは正直、できなかった。もっと練習して強い井上尚弥を見せたいです」

 歓喜の勝利ではなく、安堵(あんど)の判定勝ちに表情を緩めた。12回までフルに戦ったのは、2016年5月のWBO世界スーパーフライ級のV2戦以来9試合、3年半ぶり。終了後にはプロ転向前から憧れの存在だったドネアと抱き合い、健闘をたたえ合った。

 2回残り40秒で最も警戒していたドネアの左フックを浴び、右目上を切って出血した。ボクシング人生で初めて経験するカット。その後は「ドネアが二重に見えた。あれから目がぼやけた」と3回終了後に目の異常を訴え、ハンディを背負って戦い続けた。右の鼻からも出血。手数の少ないドネアから、的確な連打で追いこまれた。

 だが、ドネアより10歳下の若さが11回に爆発。残り2回で猛烈に打ち出し“モンスター”の強さを発揮した。

 試合後のリング上では優勝者に授与される伝説のヘビー級王者の名を冠した「ムハマド・アリ・トロフィー」を抱え、軽量のバンタム級では破格の総額100万ドル(約1億800万円)超とされる優勝賞金を手にした。階級最強を決めるトーナメントを制してWBAを統一したが、うれしさに浸る間もなく新たな目標を口にした。

 「この戦いの前に弟が負けている。自分は拓真の敵を取りたい。ウバーリと統一戦をやりたいです」

 自身の直前のリングで、WBC世界バンタム級暫定王者の拓真(23)が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に判定負けした。3歳上の兄は弟の悔しさを晴らそうと雪辱に燃える。

 試合後には米国の超一流プロモート会社、トップランク社が尚弥との複数年契約締結を発表。今後、米国で2試合開催すると明らかにした。

 「どんな景色が待っているのか楽しみ。来年の厳しい戦いに向けて、少し休んでから練習に精進したい」と尚弥。本格的に米国進出を果たし、世界の“NAOYA”として羽ばたく。

 2019.11.8 05:05 「サンケイスポーツ」より
WBA及びIBF世界バンタム級王座統一及びWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)バンタム級決勝戦に臨んだWBA・IBF統一王者井上尚弥、相手はWBA世界スーパー王者のノニト・ドネア、キャリア20年の上に5階級を制覇したかなりの実力者相手にどこまで戦えるのか見ものでした。

試合は2ラウンド目でドネアの左フックを喰らい出血するという予想だにしないものだったが、相手は5階級制覇の実績を持つだけに、かなりの手強さがあったと思います。ボクシング人生において初のカットを経験した井上、3ラウンド目終了後に目の異常を訴えるも戦い続け、必死で喰らいつく姿勢を見せたが、的確にパンチを放つドネア相手に攻略の糸口が見つからず試合はドネア優位で進むのだが・・・!!

終盤になり井上は積極的なファイトを展開、11ラウンド目でドネアの左ボディに強烈なブローを噛ましてダウン!! ここで井上の真骨頂である一撃が出て一気に井上優位となるも・・・!! さすがは5階級王者、簡単にKOとはならず12ラウンドを戦いお互い五角のファイトを繰り広げました、見てて見応えがあると言いますか・・・!!

判定の結果ダウンを奪ったことがプラスとなって勝利した井上「ドネア選手、めちゃくちゃ強かったです…。世代交代という言葉を使って挑みましたが、期待通りのファイトは正直、できなかった。もっと練習して強い井上尚弥を見せたいです」とKO勝ちできなかったことを悔やんだけど、相手は5階級王者、相当な実力者相手にここまでの試合を見せるのは素晴らしいことです。

WBSSを制してチャンピオンロードまっしぐらの井上、次に目指すはアメリカ進出だが、WBSS制覇はそのスタートとなることを願いたいです。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

井岡一翔、復活の4階級制覇!!

一度は❝終わった❞とも言われたが、見事な復活劇です。
去年の大晦日での屈辱がバネになってそれを晴らした瞬間と言えます。

引用

井岡、日本男子初4階級制覇!具志堅超え世界戦最多15勝/BOX

 プロボクシング・ダブル世界戦(19日、千葉・幕張メッセイベントホール)WBO世界スーパーフライ級王座決定戦で同級2位の井岡一翔(30)=Reason大貴=が同級1位のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=を10回1分46秒TKOで破り、日本男子初の4階級制覇を達成した。世界戦の勝利数も具志堅用高を抜き、日本選手最多の15となった。WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(25)=ワタナベ=は、挑戦者で同級10位のタナワット・ナコーン(26)=タイ=に3-0の判定勝ち。初防衛に成功した。

 泣いた。クールな井岡が男泣きした。2度目の挑戦で成し遂げた4階級制覇。高ぶる感情を抑えることができなかった。

 「去年の大みそかに悔しい思いをした。それからは、このベルトを取ることだけを考えて生きてきた」

 リーチで6・3センチも上回るパリクテと、7回にはひるまず打ち合った。そして10回1分過ぎ。強烈な右ストレートから一気の連打。レフェリーが試合を止めるまで、パンチを出し続けた。

 昨年大みそかはマカオでドニー・ニエテスに判定負けし、再起を期して半年。ニエテスと同じフィリピン出身で、KO率75%を誇るパリクテのパワーを鉄壁の防御で封じた。

 初めて世界王者になった2011年から8年をかけて4階級制覇を遂げた。17年大みそかに引退を発表し、昨年9月に現役復帰。拠点を海外に移すなど曲折の末の戴冠だった。JBC(日本ボクシングコミッション)の規則に抵触するタトゥーを左腕にいれたのは、「日本だけにいる世界王者にはなりたくない」という決意の証しだったのかもしれない。

 そのタトゥーをスプレーで消して上がった2年2カ月ぶりの国内リング。世界戦で15勝目を挙げ、具志堅用高を超えて日本最多の勲章も手に入れた。

 再婚予定の30代の一般女性との間には間もなく第1子が誕生する。17年に結婚した歌手、谷村奈南とはスピード離婚。「入籍はもうすぐします。この試合までは…と思っていた」と私生活でも新たな幸せを得た。

 「これからも海外で強い相手とやっていきたい」。平成生まれで日本初の世界王者となり、平成最後の世界戦で敗れ、令和最初の世界王者になった。頑固なまでに己の道を進む井岡が、目標に掲げる“唯一無二”にまた一歩近づいた。

 2019.6.20 05:03 「サンケイスポーツ」より
日本人初となる4階級制覇をかけて臨んだ井岡一翔、幕張メッセで19日に行われたWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で同級1位のアストン・パリクテに挑んだけど、実に内容のある試合でした。

序盤はお互い互角も中盤に入って井岡がパリクテの隙をついてジャブやボディを放てば、パリクテも負けじとパンチの応酬で、互角な内容が続いたけど、8ラウンド目から疲れが出てきたパリクテの隙をついてワンツー! そこから試合を優位に進めて迎えた10ラウンド目、強烈なラッシュでパリクテを圧倒してダウンを奪うとレフェリーがストップをかけた!! この瞬間TKO勝ちを収めた井岡、そして日本人初の4階級制覇という偉業まで果たしたのです。

「去年の大みそかに悔しい思いをした。それからは、このベルトを取ることだけを考えて生きてきた」と感情を顕にした井岡、去年の大晦日に判定負けして以降、チャンピオンに返り咲きたいという強い気持ちでこの日を迎え、そしてチャンピオンに返り咲いたのだから、感極まるのも当然かも知れない。

2017年に突然引退し、昨年現役復帰したのも驚きだが、JBC(日本ボクシングコミッション)の規則に反するタトゥーを入れるという行為、日本国内だけに留まりたくないという現れに取れるけど、世界を股をかけて戦うって意識の表れに取れます。

最初はあまりパンチを打たずいつもの井岡かと思いきや、中盤からパンチの応酬を展開するという展開、そして相手にじわじわとダメージを与えてひるんだその隙に怒涛のラッシュ!! 実にかっこいいです。
「これからも海外で強い相手とやっていきたい」令和初の世界チャンピオンとなった井岡、ボクシング人生第2章の始まりを告げるゴングは高らかに鳴ったと思います。次の目標はスーパーフライ級チャンピオンの防衛かそれとも次の階級に進んでそのチャンピオンを目指すのか、どっちだろう。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

❝霊長類最強女子❞が引退

来年の東京オリンピックに出るかどうか進退が注目されたけども・・・。選んだ決断は・・・!?

引用

沙保里 引退、36歳“霊長類最強女子”東京五輪前に決断 10日会見

 レスリング女子で五輪3連覇を達成した吉田沙保里(36=至学館大職)が8日、自身のツイッターで現役引退を発表した。五輪と世界選手権を合わせて世界大会16連覇を飾り、国民栄誉賞も受賞したが、銀メダルに終わった16年リオデジャネイロ五輪以降は試合から遠ざかっていた。1年半後の20年東京五輪に挑戦するかの決断を迫られる中、退く決意を固めた「霊長類最強女子」は、10日に都内で会見する。

 吉田はこの日、都内の日本レスリング協会を訪問して引退を報告した。対応した職員によると、笑いながら「引退することにしました!」と話し、重圧から解放されたようだったという。ツイッターでは五輪や世界選手権のメダル17個を並べた写真を添えて「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と報告。「第二の人生も明るく楽しく笑顔で頑張りたい」とも話し、今後も女子日本代表のコーチは続ける意向だ。

 日本選手団主将を務め、「レスリング人生の集大成」と臨んだリオ五輪53キロ級決勝で涙の敗戦。14年3月に亡くなった父・栄勝さんとの約束だった五輪4連覇を逃した。栄勝さんからは「ボロボロになるまで続けるな。王者のまま引退しろ」との教えを受けており、リオで負けたまま即座に引退を決断することはなかった。

 女子代表や至学館大でコーチとして後進の指導にあたったが、活動の中心はテレビやイベント出演。豊富な練習量で自身を鍛えることが難しくなっていた。東京五輪出場を明言せず、代表選考がスタートした昨年12月の全日本選手権も欠場。メダルを獲れば五輪代表に決まる今年9月の世界選手権(カザフスタン)代表に選ばれるには、6月の全日本選抜がラストチャンスで、進退の結論を迫られていた。

 3歳でレスリングを始め、栄勝さんが自宅につくった道場で武器の高速タックルを磨いた。女子レスリングが五輪種目に採用された04年アテネ大会からは3連覇。外国勢に研究されるとタックルのパターンを増やし、個人戦では01年からリオ五輪の準決勝まで驚異の206連勝。「霊長類最強の男」アレクサンドル・カレリン(ロシア)を超える16大会連続世界一で「霊長類最強女子」と呼ばれ、12年には女子スポーツ界では3例目となる国民栄誉賞を受賞した。

 明るく、サービス精神旺盛なキャラクターで積極的にメディアに登場し、国民的人気者となった。認知度が高まった女子レスリングは競技人口が増え、17年にはインターハイの正式種目入り。栄勝さんが開いたジュニア教室や吉田の母校・至学館大からは“後継者”も続々と現れている。マイナーだった競技の普及や隆盛に計り知れない功績を残し、東京を前にマットを去る。

 [ 2019年1月9日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
オリンピック3連覇という偉業を成し遂げ、2001年からリオデジャネイロオリンピック準決勝まで206連勝とこれまた偉業を果たすなど(16大会連続世界一も)、ついた異名が「霊長類最強女子」として有名なレスリングの吉田沙保里が8日に突然の引退表明といいますから、思わず「ええっ!!」って感じました。

考えてみれば、女子レスリング界に多大な貢献をした吉田(伊調馨もだが)、女子レスリングがオリンピックの正式種目となった2004年のアテネ大会で金メダルをとったのを皮切りにオリンピック3連覇、2012年にはオリンピックで3連覇という偉業が日本中に感動を与えたことで国民栄誉賞受賞。と栄光を欲しいままにして来たものの2016年のリオデジャネイロオリンピックでまさかの銀メダル、それ以降は試合から遠ざかり、進退が注目されてたけど選んだ決断は引退と言いますから、引退を選んだ背景には自分は表舞台から身を引いて後進の指導に努めたいということでしょう。

マイナーだったレスリングの普及と知名度アップに貢献し、また明るいキャラクターでテレビに度々出演するなど、競技外でもテレビを沸かせた吉田ですが「第二の人生も明るく楽しく笑顔で頑張りたい」と言ってるように、これからもレスリング界の為に頑張りたいってことでしょうね。それといつまでも自分が第一線にいては今後のレスリング界の為にならないってこともか。最近の日本サッカー界における小笠原満男・中澤佑二・楢崎正剛と重なる部分もあります。

感動をありがとうございました。それとお疲れ様でした。吉田沙保里。オリンピック3連覇で国民栄誉賞、素晴らしい功績ぢゃ!!

theme : え!本当!?
genre : ニュース

悪あがきもいい加減にしろ、このオヤジ!!

悪い意味で「今年の顔」の一人となったこの人ですが・・・!!

引用

山根前会長、除名処分に「アホちゃいますか」どう喝疑惑にも反論

 日本ボクシング連盟は16日、都内で総会を開き、助成金の不正流用などの責任を取って辞任した山根明前会長らを除名処分にする理事会の提案を承認した。今後、山根前会長に弁明の機会を与えるため文書で通知し、来年2月10日の総会で正式に決議される。本人が希望すれば総会や文書での弁明が可能。除名処分なら都道府県連盟を含め、一切の役職に就けなくなり、事実上の永久追放となる。
 内田貞信会長は「(山根前会長が)いろんな方をどう喝しているという話もある。除名の話が出てくるのは仕方がない」と話した。日本連盟顧問の戸田裕典弁護士は山根前会長在任時の不正経理疑惑についても調査を進め、法的手段を検討する方針を示した。

 一方、スポニチの取材に応じた山根前会長は除名処分について「アホちゃいますか?もう会員でも何でもない。辞任している。(現執行部が)シナリオを作っているだけ。“今の連盟は怖い”と(全国の役員に)脅しをかけている」とし、どう喝については「本当にどう喝しているというのなら、とった音声をテープで流したらどうですか?プライドは傷ついていますから」と反論した。

 [ 2018年12月17日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
助成金不正流用問題や審判不正問題などの責任を取って日本ボクシング連盟の会長を辞職した山根明氏、その山根氏に対して日本ボクシング連盟が16日に「除名」処分を下すことを承認したけど、これにより都道府県連盟だけでなく一切の役職に就けない、即ち二度とアマチュアボクシング界に関わることが出来ない「永久追放」となるけど、これについて山根氏は「アホちゃいますか?もう会員でも何でもない。辞任している」ともう会長職を辞めて普通の人間になってるのに、なんで処分を受けねばいけないのかと反論したようです。

ていうか、まだそんな悪あがきをするのかと言いたくなるし、会長職にいた頃にやりたい放題しといてこんな態度じゃ反省してるとはどうしても思えないし、まだ連盟と喧嘩するのかと言いたくなる。

恫喝疑惑について「本当にどう喝しているというのなら、とった音声をテープで流したらどうですか?」なんて反論したけど、その様子を録音したテープなどを日本ボクシング連盟が保管してるのか、あっても公開してないのかは不透明だし、むしろ日本ボクシング連盟が山根氏は恫喝していたっていうならその証拠を公開すべきなんじゃないですか?

また連盟と喧嘩になりそうな様相となったけど、騒動の責任を取って会長職を辞めたとはいえ、日本ボクシング連盟は山根氏の起こした行為は断罪しなければいけないことは確かだけど、訴える側に対してここまで開き直りに等しい態度を取るようじゃ世間に醜態をまた晒すだけでしかありません。結局は自分の保身しか考えてないとしか映らないでしょうね。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

山根会長、あっさり辞任

これで騒動が幕引きにならなければいいけど、どっちみち辞めて済む問題ではないのは子供でも分かる。

引用

山根明氏、選手に謝罪「東京五輪に参加できなくても、その次の五輪もあります」

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で、助成金の流用や過去の暴力団組長との関係が批判を受けている山根明会長(78)が8日、辞意を表明した。日本連盟が7日に開いた緊急理事会では、自身の去就を一任され、終了後「男としてのけじめを話す。時間をください」と辞任の可能性をにじませていた。

 山根氏は声明を読み上げ、「選手のみなさまにはこのような問題があったことに関して、会長として申し訳ない。将来、東京五輪に参加できなくても、その次の五輪もあります。がんばってください。本日は本当に申し訳ございません」と謝罪した。

 2018.8.8 12:49 「サンケイスポーツ」より
助成金流用、奈良判定、審判を恫喝、グローブ独占販売疑惑、さらにヤクザの親分と交友関係があったことで今や世間のバッシングを浴びている日本ボクシング連盟・山根明会長、その山根会長が8日昼頃に滞在中の大阪市内で記者会見を開き、会長職を辞任することを表明したみたいです。

先日日本ボクシング連盟の緊急理事会が行われた際、自身の去就について「男としてのけじめを話す。時間をください」と話を持ち帰ったわけだが、一日経ってこれ以上世間からのバッシングを受ければ自身はもとより日本ボクシング連盟、いやさボクシング界の信用に関わるとの考えから辞意を選んだと言えますが、辞めて当然だと思う。
会長職にいるのをいいことに組織を私物化し、異論や反論には恫喝等で報復するわ、自身の息子を勝手にセコンドにつかせるわ、やりたい放題してきたツケは相当なものだし、疑惑が報じられてからマスコミに噛み付くような姿勢を取ったり情緒不安定な態度も目立ったが、辞める際の姿勢はそれと真逆のあっさりしたものでした。

「選手のみなさまにはこのような問題があったことに関して、会長として申し訳ない。将来、東京五輪に参加できなくても、その次の五輪もあります。がんばってください。本日は本当に申し訳ございません」と騒動を謝罪したけど、時すでに遅し的なもので、選手には激励したつもりかも知れないが、選手や関係者にすれば日本のアマチュアボクシングをここまでダメにしたのはあなただ!! そんなあなたに頑張ってくださいなんて言われても嬉しくないよ!! って反論するのがオチ。民進党と同じだよ。

山根会長辞任という急展開となった日本ボクシング連盟の問題、告発した「日本ボクシングを再興する会」にすれば「自分が辞めればそれで済むなんて安易な考えでスッキリしない」「会長職を降りても一理事として残るなら納得行かない」って心境でしょうね。山根会長の辞任は幕引きではなく、一連の騒動の真相究明の第一歩だと思います。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

ささやかな反抗

もう山根明会長の下では出来ない!! って意思が働いたのでは・・・!?

引用

日本連盟理事3分の1が山根会長に造反、大量辞職へ

 不正判定疑惑などに揺れる日本ボクシング連盟の理事が、大量辞職する見込みとなった。山根明会長(78)を巡る数々の問題が噴出する中で、岐阜市内で開催中の全国高校総体を担当する理事の中に、辞職の意志を固める動きが広がっている。

 教育者として、選手がこれ以上犠牲になることを避けるため、決断に至ったようだ。今後は体制刷新のために動く声も出始めた。

 山根会長の言動だけが表舞台にあふれる中、組織の決定機関に属する理事たちが動き始めた。先月31日に開会した高校総体。判定、お金、会長個人の理不尽行動など日本連盟に関わる種々様々な疑惑が氾濫し、組織としての統治の欠如が露呈する異常事態にようやく心が固まったようだ。

 ある理事が言う。「この会場に来ている理事は、教育者が多い。選手が目の前で頑張っている姿を見て、責任の重さを感じた」。選手に罪はない。ただ、試合では判定が取りざたされ、競技自体への悪いイメージが広がっている。学生にその悪影響が及んでいる状況を一刻も早く改善しなくてはいけないと決意した。

 今日7日の大会閉幕後にも、辞職届を提出する見込みで、30人の理事のうち10人前後と見られる。現在も他理事への訴えかけは続いており、独裁とも称される山根体制で、大きな意思表示であることは確かだ。

 連盟はこの日、JOC(日本オリンピック委員会)などから求められた第三者委員会の設置を決めた。ただし、同会長は一連の疑惑にも、助成金問題を認めた以外は全否定し、退任の考えがないと公言している。「外圧」に頼らず、内部から変化の兆しが見えれば、東京五輪の参加危機まで懸念される状況の改善につながるだろう。

 辞職意志を固めたある理事は「辞職後も次の理事が決まるまでは職務機能は残る」とし、辞めて終わりではないとした。同会長に辞任意志がない場合、除名できる道筋はある。議決権のある理事と各都道府県代表者で全77票のうち、5分の1以上の議決があれば、会長に対して総会の招集を請求できる。その臨時総会に過半数が参加し、3分の2の票が集まれば除名となる。同理事は「除名までいかず、何とか自分たちで決着をつけたい」とした。

 告発状を作成した「日本ボクシングを再興する会」は8日に会見を予定し、新たな証拠などを提示する見込み。その前についに内部から、行動が起き始める。

 [2018年8月7日4時47分 「nikkansports.com」]より
今や世間を大きく騒がせている日本ボクシング連盟の山根明会長、数々の疑惑というか問題行為の発覚もあってか、ワイドショーの格好のネタという意味で日大にとって替わってるみたいだけど、現在岐阜県で行われているインターハイにおいて、ボクシング競技を担当する理事の中に理事職を辞める人が殺到しているようです。

山根会長の理不尽な言動やパワハラ、不正ジャッジ(奈良判定)疑惑など、組織としてガバナンスが著しく落ちている日本ボクシング連盟、これではアマチュアボクシングがダメになり競技人口低下を招く上に、最悪オリンピック競技から除外される危険があると言う懸念から、今インターハイが行われている最中のこと、生徒への影響を考えて教育的にも見て辞職を仄めかす理事が出てきたのも無理はないです。奈良判定は正直あの「中東の笛」と同じだよ。

山根会長のワンマン過ぎる言動と一連の疑惑について告発状を出した「日本ボクシングを再興する会」と協同で今回辞めた理事たちは動くのだろうか? 日大と違ってすぐに行動に移しているのを考えると日大の後手過ぎる姿勢を反面教師にしてるのだろうか?
山根会長を降ろす目的で反旗を翻した一部の理事たち、ただ辞めたところで理事会は機能するのだろうか?

theme : ボクシング
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード