山中、ネリとのリベンジマッチが実現

勝負のやり直しが実現したようです。
一度失いかけたモチベーションが徐々に戻っており、本気度はかなりあります。

引用

山中慎介、ネリと3・1再戦「必ず勝って雪辱果たす」 岩佐はV1戦

 ボクシングの帝拳ジムは5日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、前WBC世界バンタム級王者で現同級1位の山中慎介(35=帝拳)が3月1日に東京・両国国技館で、昨年8月に敗れた現同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)に王座奪回をかけて挑戦すると発表した。

 昨年9月にIBF世界スーパーバンタム級王座に就いた岩佐亮佑(28=セレス)の初防衛戦とのダブル世界戦となる。岩佐は同級13位のエルネスト・サウロン(28=フィリピン)の挑戦を受ける。

 山中は昨年8月、13度目の防衛戦でネリに4回TKO負けし、5年9カ月保持していた王座から陥落した。しかし、試合前の7月、ネリがメキシコで行われた抜き打ちドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに要請反応を示していたことが判明。ネリは薬物の成分が含まれた牛肉を食べたためと主張し、WBCも意図的な摂取の証拠がないとして王座剥奪や出場停止などの処分を科さない代わりに、山中との再戦を指示していた。

 山中は昨年12月中旬に千葉県成田市で走り込みキャンプを実施。新年は2日からジムワークに励んでいる。「現役続行を宣言してから正直、ずっとネリに借りを返したいという思いで練習してきた。本当に厳しい試合になると思うが、必ず勝って雪辱を果たして、両国を岩佐選手と盛り上げたい」と抱負を述べた。

 岩佐は11年3月、日本バンタム級タイトルマッチで山中に敗れ、世界挑戦へ回り道を強いられた。「あれがあったからこそ目の前にチャンピオベルトがあると思う。山中さんの前座でしっかり会場を温めて、早すぎず遅すぎずバトンを渡したい」と話し、世界初挑戦のサウロンについて「決してやりやすい相手じゃない。独特のリズムがある選手と思っている」と説明した。

 [ 2018年1月5日 13:06「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
昨年8月にルイス・ネリに敗れ、防衛記録がストップしその後現役続行するかを決め兼ねていたWBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介、そのネリは試合前にドーピング違反を起こしたもののWBCから何のお咎めもなく山中との再戦を要求したけど、再来月に山中とネリの再戦が決まったようです。

「現役続行を宣言してから正直、ずっとネリに借りを返したいという思いで練習してきた。本当に厳しい試合になると思うが、必ず勝って雪辱を果たして、両国を岩佐選手と盛り上げたい」と再戦が決まったことをこう述べたけど、リベンジマッチが実現したらば雪辱を果たしたいと言う意気込みに取れますし、一度失ったチャンピオンベルトを取り返す!! ってことにも見えます。玉虫色の決着で終わらせたくはない。本気の決着を着けねば後味悪いからねェ・・・!! その願いが叶って良かったです。

リベンジマッチが実現したことはいいことだが、WBCについては正直ドーピング違反を犯したネリに何のお咎めも下さなかったのは正直首を傾げたくなったけど、今回再戦にこぎ着けたことは良しとしましょうかね?

theme : ボクシング
genre : スポーツ

どうなる? どうする? 井岡一翔

そう言えば谷村奈南と結婚してからあまり表に出てなかったねェ・・・!?
て言うか自身のボクサー人生が宙ぶらりんな事態になってます・・・!!

引用

井岡王座返上、引退も 会長の父が明かした理由

 ボクシング世界3階級を制したWBA世界フライ級王者の井岡一翔(28=井岡)が王座を返上したと9日、父の井岡一法会長(50)が大阪市内のジムで発表した。同級1位アルテム・ダラキアン(30=ウクライナ)と12月31日に6度目の防衛戦を行う予定だったが、同会長は「準備が間に合わないので、いったん(ベルトを)返上しようということになった」と説明。11年から6年連続で行ってきた“大みそかのファイト”は途切れる。

 一翔は4月23日に5度目の防衛に成功し、元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高の「世界戦14勝」の日本記録に並んだ。その後、5月17日に歌手の谷村奈南と結婚し、9月にハワイで挙式。現在は都内で暮らしている。夏場以降話し合いを重ねてきたという同会長は「新婚やし、いろいろ生活の準備があるようです。プライベートのこと、夫婦のことに口は出せない」と、一翔が私生活に時間を割いていることを明かした。

 一翔も28歳。ブランクが長引けば選手生命に影響を及ぼす。同会長は「2つに1つやから。本人にスイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない。仮に身を引くなら、引退式もやる」と引退の可能性もにおわせた。その一方で「でも、やる気はあると思いますよ。週に3、4日走ってると言うてるし、体重もキープしてる。やる気がなければ、しませんよ」と弟子であり息子の“復活”に期待をかけた。

 [2017年11月10日9時15分 紙面から「nikkansports.com」]より
3階級で世界チャンピオンになり、現在WBA世界フライ級チャンピオンである井岡一翔、その井岡が何とそのチャンピオンの座を返上していたことを井岡ジムの会長で実父の井岡一法氏が明かしたけど、今年4月に5度目の防衛に成功し、具志堅用高氏の持つ世界戦14勝の日本記録に並びその翌月に歌手の谷村奈南と結婚するなど公私共に順風だったのに、それ以降全く動きがなかったのってどうしたんだろうかとすら思います。

関係者によれば、井岡は結婚後大阪から東京で暮らし始めたことで練習に集中できずプライベートに時間を費やすようになってコンディションが保てなかったことにあるというけど、プライベートな事でボクシングに集中できない。これは井岡本人の問題では・・・!?
だったら結婚後も大阪を拠点に活動すればよかったんじゃないのかと言いたくなる。

「2つに1つやから。本人にスイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない。仮に身を引くなら、引退式もやる」と一法会長は引退も視野に入れることをコメントしたけど、一方で一法会長は走り込みはしてるしコンディションも整えてるって言うけど、結局は井岡本人が表に立ってやる気を見せなきゃいけないです。このまま終わってほしくはありません、井岡一翔。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

山中慎介、ネリにリベンジを誓う

あの疑惑の試合以降進退について考えていたが・・・!!

引用

山中慎介、現役続行を宣言 ネリとの再戦に意欲「このままやめられない」

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)が現役続行を宣言した。

 8月15日に4回TKO負けした現王者ルイス・ネリ(22=メキシコ)のドーピング疑惑に関してWBCが処分せず、山中との再戦交渉を指令したことについて都内で取材に応じ、「単純に負けているし、ネリと再戦したい思いを強く持っていた。一歩進んだと思う。再戦できないとしても8月15日の試合は悔いが残るし、このままやめられないという思い」と明かした。既に9月中旬には練習を再開しており、「一度やって良いところも悪いところも分かっている。13度目の防衛戦よりも変なプレッシャーもなく練習できると思う」と話した。

 来日前の7月27日の抜き打ち検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したネリは摂取した牛肉に成分が含まれていたと主張。WBCは過去にドーピング違反歴がなく、故意に摂取した確証が得られないとしてネリを不問とし、山中との再戦を指令した。

 [ 2017年11月1日 13:36 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
今年8月のタイトルマッチでルイス・ネリにまさかのTKO負けを喫し、その後進退について態度を保留していた前WBC世界バンタム級チャンピオン・山中慎介、その山中が何と現役続行を宣言したっていうけど、スッキリしないままで終わりたくない!! って気持ちが動いての決断でしょう。

あの試合でネリに敗れたが、そのネリがドーピング疑惑でWBCから山中と再戦するよう要求したことで「単純に負けているし、ネリと再戦したい思いを強く持っていた。一歩進んだと思う。再戦できないとしても8月15日の試合は悔いが残るし、このままやめられないという思い」またネリと戦って今度は白黒ハッキリつけたいって思いから、再戦にやる気を見せているみたいです。
現にあの試合の翌月から練習を再開し、ネリとのリベンジマッチに向けて体作りに励んでたことも証明しています。

前回はネリに一方的に攻められたから、その対策も充分に考えてるってことだが、現役続行を宣言した山中の姿勢は偉いです。相手がネリでなくても悔いを残してリングを去りたくはないという意気込み、それでこそチャンピオンってことですかね。
それとWBC、あの試合は無効とするんでしょうか?

theme : ボクシング
genre : スポーツ

山中に勝ったあの選手にドーピング疑惑?

山中慎介の連続防衛記録を阻止して新王者になった矢先、思わぬことが起こったようです。

引用

山中倒し新王者のネリ、薬物検査で陽性と米メディア

 15日に京都・島津アリーナ行われたプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで王者の山中慎介(34=帝拳)に4回TKO勝ちしたルイス・ネリ(22=メキシコ)が薬物検査の陽性反応を受けていたことが分かった。

 23日(日本時間24日)に米メディアが報じたもので、山中戦前に受けた検査で禁止薬物として指定される物質が検出されたという。WBCは、他のサンプルで再解析を行うという。

 ネリは山中の13度目の防衛戦の挑戦者として来日。日本タイ記録のかかる山中を倒し、新王者となっていた。

 [2017年8月24日12時12分 「nikkansports.com」]より
さきのWBC世界バンタム級タイトルマッチで王者・山中慎介に4回TKO勝ちして新チャンピオンとなったルイス・ネリ、そのネリに何と山中戦前に受けたドーピング検査にて禁止薬物に指定されている物質が検出され、即ちドーピング検査で陽性反応がでたみたいです。

場合によってはこの試合は無効となってネリはチャンピオンの権利を剥奪されそうだが、だとしたら山中はチャンピオンとして復帰するのかだけど、下手すりゃWBC世界バンタム級チャンピオンは空位になりそうです。

試合前に陽性反応が出た時点でアウトなのに、なぜネリ陣営は試合に臨んだのか? 疑問が残る。

問題は山中でしょう。仮にこの試合は無効で後日再戦すると言うことになれば、モチベーションを保てるか微妙だし、進退を保留している状態でまたやれと言われてやるかどうか・・・!?

スッキリしない結末だったあの試合、またスッキリしない話題が降って出ただけに何とも・・・!? れよりドーピングはフェアプレーの精神に思いっきり反する許されない行為です!! ネリにはチャンピオンの権利はもちろん1年間の選手登録剥奪というペナルティを喰らってもおかしくないです。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

山中慎介、進退については

衝撃と言うかまさか、まさかのTKO負けから一夜明けて・・・!!
私が思うに、ボクシングを長年見てこれほど衝撃だったシーンはありませんでした・・・。

引用

山中慎介「勝てば引退も考えていた」王座陥落から一夜明け 目潤ませ会見

 15日に行われたプロボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチで、13連続防衛に失敗した前王者・山中慎介(34=帝拳)が16日、京都で一夜明け会見を行い、15日の防衛戦に勝利した場合、引退を考えていたことを明かした。

 傷のない顔で会見に臨んだ山中は、時折目を潤ませながら自身の進退について言及。決断について「何カ月も引っ張るというのはない。そんなに長くないうちに決めたい」と明言した。

 また「正直、本当の自分の気持ちとしては」と切り出し、「納得いくような勝ち方であれば、それ(引退)でいいと思っていた」と、勝利を花道に引退する意向もあったと告白。「それでもこういう内容だったので、悩んでいるところです」とした。

 同席した帝拳ジム代表の浜田剛史氏は「本人の気持ちを尊重したい」と話した。

 [ 2017年8月16日 10:39 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
13連続防衛がかかったWBC世界バンタム級チャンピオン・山中慎介、その山中が15日のタイトルマッチでルイス・ネリ(メキシコ)に4ラウンドTKO負けという結果に終わったけど、4ラウンドの途中でタオルが投げ込まれてのTKO負け、あまりにもあっけなさ過ぎます・・・。
一体誰がこんな展開を予想したのだろうか!! 絶対王者がこんな形で敗れるなんて考えられるだろうか!! って思いました。

その山中は一夜明けた16日に記者会見を行い「納得いくような勝ち方であれば、それ(引退)でいいと思っていた」と14連続防衛という新記録を花道に引退することも考えてたことが明らかとなったが、具志堅用高の記録を塗り替えたら引退、即ちいい状態で引退したほうが絵になるってことかも知れないけど、このコメント、先の世界陸上前のウサイン・ボルトのようです。

「それでもこういう内容だったので、悩んでいるところです」と引退について保留の態度を取った山中、まさかの負けだったことを考えたら、このまま引退すれば自身のこれまで積み上げた栄光に汚点をつけることになるから、引退なんて言えない状態だったと言えますね。
て言うかこの試合は山中自身の進退をかけた一戦だったのではと思う。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

「悪役」レフェリー

昭和プロレスを代表する人物の一人でした。良くも悪くも。

引用

極悪レフェリー阿部四郎さん死去、ダンプ松本悲痛

 女子プロレスの「極悪レフェリー」として知られた阿部四郎(あべ・しろう)さんが25日午前11時59分、肺炎のため死去した。76歳。プロレス団体のゼロワンが同日、発表した。

 阿部さんは全日本女子プロレスのレフェリーとして、80年代の女子プロブームを盛り上げた1人。ライオネス飛鳥、長与千種のクラッシュギャルズと抗争を繰り広げた極悪同盟に極度に肩入れするレフェリングで悪名を高めた。クラッシュギャルズがフォールされる際には高速でカウントする一方、極悪同盟を率いたダンプ松本らの反則は黙認。徹底的に極悪同盟をひいきし、「悪徳レフェリー」として有名になった。当時、絶大なる人気を誇ったクラッシュギャルズのファンから憎悪の対象になるなど、レスラーと同等以上の存在感を示して、リングを盛り上げた。

 ダンプ松本はブログで、阿部さんが脳梗塞で入院していたことを明かし「阿部ちゃん早いよ。身体に気を付けて極悪頑張って続けようなって言ってたのに。(中略)ありがとう阿部ちゃん。ご冥福をお祈り申し上げます」と故人をしのんだ。

 [2017年4月26日10時38分 紙面から 「nikkansports.com」]より
80年代の女子プロレスブームを牽引したクラッシュギャルズ極悪同盟アイドル的人気を博したクラッシュギャルズとは逆に悪役ぶりを見せつけクラッシュギャルズのファンからは相当嫌われるなど昭和のプロレスファンに強い印象を与えたけど、その極悪同盟びいきのレフェリングを度々見せてはクラッシュギャルズのファンを敵に回した「極悪レフェリー」として有名な阿部四郎氏が25日の昼前に亡くなったって言うけど、また一人昭和のプロレスを彩った人物が亡くなりましたね・・・。悪役って点では上田馬之助もだけど・・・。

クラッシュギャルズがフォールされたら高速カウント、極悪同盟の反則攻撃は黙認、ただでさえ当時悪役だった極悪同盟に対する嫌われぶりはハンパじゃなかったけど、極悪同盟に肩入れする阿部もまた許せないを通り越したくなったでしょう。それだけ阿部のキャラクターは当時のファンに「憎たらしいけど印象に残る」って思ってるでしょう。憎たらしい印象って、強すぎて嫌われた北の湖とは比較できないが。

考えてみれば「めちゃ×2イケ」で一時期やっていたプロレス企画で、岡村隆史が演じていた岡村四郎なるキャラのモデルになったが、あれも憎たらしくて印象に残ってますね。

ここまで悪役イメージを持たれたレフェリーと言えば、あのバイロン・モレノや(2002年の日韓ワールドカップ決勝トーナメント1回戦・韓国対イタリア戦で不可解なジャッジを連発しイタリアを苦しめ、韓国の勝利を誘発させただけでなく、母国エクアドルでその後不可解なジャッジを乱発してエクアドルサッカー協会から永久追放処分を受けた)、ボブ・デービッドソン(2006年の第1回WBC《ワールド・ベースボール・クラシック》における日本対アメリカ戦での8回表の日本が1アウト満塁の場面で岩村明憲が犠牲フライを放つも、3塁ランナー・西岡剛の足が速いとのアメリカ側の抗議を受け西岡がアウトとなって、大問題となった)も有名だけど、特定のチームをここまでえこひいきしまくったレフェリーも阿部四郎を置いて他にいないでしょう。

theme : プロレス
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード