マサ斎藤死去に猪木が改めてあの戦いを語る

「昭和のプロレス」がまた一つ遠い記憶へとなりました・・・。

引用

マサ斎藤さん死去、猪木「忘れる事できない」巌流島

 日米マットで活躍したプロレスラーのマサ斎藤さんが14日午前1時5分に死去した。75歳だった。弟子の佐々木健介氏(51)が在籍する健介オフィスが16日、発表した。現役引退した99年ごろから発症した難病のパーキンソン病と闘い続けてきたが、最近になって容体が急変したという。87年にアントニオ猪木との「巌流島決戦」の死闘が名勝負として語り継がれる64年東京オリンピック(五輪)レスリング代表。20年東京五輪を目前にしてこの世を去った。

 巌流島決戦で死闘を演じたアントニオ猪木のコメント マサ斎藤選手の訃報に接し、心より哀悼の意を表します。思えば斎藤選手とは、東京プロレスからの長きにわたるご縁であり、巌流島での2人だけの決闘は忘れることが出来ません。私のライバルとして、五輪代表選手として、尊敬出来るレスラーでした。ご苦労さまでした。

 ◆巌流島の戦い 猪木が歴史に残る決闘「武蔵と小次郎の戦い」をヒントに巌流島での試合を発案。マサ斎藤が対戦に名乗りを上げ、87年10月4日に無観客、時間無制限、ルールなしのデスマッチで対戦した。試合は一進一退の攻防が続き、午後6時にはコーナーポストにかがり火が立てられた。フラフラになりながらも猪木が裸絞めで攻撃し、2時間5分14秒、TKO勝ちを収めた。絞め落とされた斎藤は担架で運ばれた。

 [2018年7月17日9時6分「nikkansports.com」]より
今月14日に亡くなっていた昭和を代表するプロレスラーの一人・マサ斎藤、昭和のプロレス好きなら聞いたことがある人物だけにまた一人プロレス界からの訃報にはビックリでしょう。ついこの前ビックバン・ベイダーが死んだっていうし・・・。

マサ斎藤を語る上で欠かすことが出来ないのは、アントニオ猪木巌流島で無観客・時間無制限・ルールなしの一騎打ちをした「巌流島の戦い」が有名だけど、2時間5分に渡る死闘で満身創痍な状態の猪木が裸絞めでマサ斎藤に勝ったっていうけど、そんな条件で戦いたかった猪木は普通じゃないよなと思うし、そんな戦いに乗ったマサ斎藤もまた普通じゃないような・・・?

ましてや猪木とマサ斎藤は「東京プロレス」時代からの古いつき合いで、義理もあったからその戦いが出来たんじゃと思います。
このときの猪木は公私共にボロボロでお先真っ暗状態だったから、リングで死ねたら本望だって感じでやったのではとも思う。

近年はパーキンソン病により闘病生活に終始したものの、最後は帰らぬ人となってしまいました・・・。
猪木にしてみればまた一人戦友がいなくなり、寂しいものがあるでしょうね。とりわけ巌流島の戦いもまた忘れることのできないものだけに。

theme : 訃報
genre : ニュース

16戦目でバンタム級チャンピオンに

最速で3階級チャンピオンに、いやはやスゴイ・・・!!

引用

尚弥 衝撃の112秒殺!国内最速16戦目で3階級制覇

 またも衝撃の戴冠で最強トーナメント出場を決めた。井上尚弥が日本人の世界戦歴代5位の速さとなる1回1分52秒TKO勝ちで、WBA世界バンタム級王座を奪取。日本人5人目の3階級制覇を国内最速16戦目で達成し、今秋開幕の「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」参戦を宣言した。日本人が英国人世界王者に勝ったのは初で、世界戦での通算10KO勝利と6連続KOは国内1位タイとなった。

 これでも物足りないのか。“過去最強の相手”マクドネルを112秒で沈めたあと、井上は「何も分かんないまま、バンタム級の初戦が終わっちゃった」と苦笑いした。「中盤までいってバンタム級の体力とか耐久性とかを確認できていたら、自信を持ってトーナメントへ行けるけど、ここから行くとなると未知ですよね」。米国と英国に生中継された一戦で「怪物ぶりは十分アピールできた」と自ら言いながらも、手応えは残らなかった。

 相手のジャブにスピードがないと見切ったのが開始30秒。「1回前半は様子見」のセコンド指示を無視して攻めに出た。体格差があるため「普通のフックは当たらない」と左のロシアンフック(肩を回して打つフック)を側頭部に当てると王者がよろけ、左ボディーでダウンを奪った。ロープに詰めると「(相手が前日計量に遅刻した)怒りもこもっていた」ラッシュで、10年間無敗だったマクドネルをTKO負けに追いやった。「この試合もそうだけど次の試合も決まっているので、今までにないプレッシャーがあった」。試合前、ジムの同僚たちに控室から出てもらったほど、集中した気持ちをリング上で爆発させた。

 会場入り後の体重チェックでマクドネルが6階級上のウエルター級にあたる65・3キロを記録。減量に苦戦して計量に1時間10分遅刻し、バンタム級のリミットを200グラム下回る53・3キロでパスした前日から12キロも増えていた。一方、計量ではリミットの53・5キロだった井上は6キロ増の59・5キロ。IBFの当日計量と違い増量幅の限度や罰則はなく、6キロの体重ハンデを背負っての戦いだったが「単に動きが鈍るだけ。リング上で重さは感じなかった」と言ってのけた。

 対戦相手に恵まれなかったスーパーフライ級を卒業。ファイティング原田、辰吉、長谷川、山中ら名王者が名を連ねるバンタム級でベルトを巻き「夢みたい。レジェンド、偉大な方ばかりなので、そのスタートラインに立ったのは誇りに思いたい」と話した。リング上では海外再進出や他団体王者との統一戦も保証されるWBSSへの出場を表明し、「優勝できるように頑張ります」と宣言。「(WBO王者)テテとはやってみたいけど、当たれば一緒なので誰でもいい」。真の最強を決める戦いが、怪物をさらに強くする。

 [ 2018年5月26日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
スーパーフライ級からバンタム級に転向した井上尚弥、バンタム級は過去にも記録にも記憶にも残るチャンピオンを輩出してるだけに、井上もそれらに肩を並べられるかに注目が集まったけど、もっと注目が集まったのはフライ及びスーパーフライでチャンピオンとなっており、3階級でチャンピオンなるかでした。

現チャンピオン、ジェイミー・マクドネル(イギリス)に挑んだ井上、前日の軽量では上限となる53.5キロよりも6キロ増だったものの「単に動きが鈍るだけ。リング上で重さは感じなかった」と気にしなかったが、ここはWBA、IBFとは違って限度も罰則もない為でしょう。

そして挑んだ試合、マクドネルのジャブを見て一気に攻めの姿勢に出た井上、左フックを喰らわせ左ボディでダウンを奪うと、怒涛のラッシュでTKO勝利を掴んだけど、1分52秒しか経っておらずまさに最速かつノーダメージで勝利、格ゲーみたいです・・・。

試合後「何も分かんないまま、バンタム級の初戦が終わっちゃった」と苦笑いした井上、国内最速の16戦目での3階級制覇を果たしたものの、初めてのバンタム級の試合は驚きすら感じなかったんでしょうか。

1ラウンドTKO勝利でバンタム級チャンピオンとなった井上、通算16試合目で3階級を制するって井上も何かを「持ってる」感じです。
この勝利でWBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)参戦を決意した井上、真のチャンピオンを目指すシナリオは始まったと思います。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

山中慎介、あぁTKO負け・・・!!

ルイス・ネリとの因縁めいたリベンジマッチに全てをかけましたが・・・!!

引用

山中引退…体重超過ネリと“アンフェアマッチ”2回TKO負け

 ボクシングの元WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)が1日、現役引退の意向を表明した。体重超過で王座を剥奪された前同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)との再戦に2回1分3秒TKO負け。昨年8月に続いて敗れた試合後、「これで終わりです」と明かした。“神の左”を武器に日本歴代2位となる12連続防衛を果たした名ボクサーが、ついにグローブをつるす。

 キャンバスから身を起こした山中の顔は、すっきりとしていた。8500人の観衆へリング上で頭を下げ、「ありがとう」の合唱と拍手に送られて引き揚げた控室。「こうしておけばよかったという悔いはない。もちろん、これが最後です。これで終わりです」

 再戦は4分3秒で終わった。大ブーイングを浴びて登場したネリに1回に1度、2回には3度倒され、レフェリーストップ。だが、最初のダウンの前にカウンターの右ジャブを浴びて手をつき、スリップダウンと判定された場面で流れは決まった。前日計量の1回目で2・3キロも体重オーバーし、減量のダメージもないまま60・1キロでリングに上がったネリのパワーに、一日で59・2キロまで増量したものの、ルール通りに体重を落とした山中の体は耐えられなかった。「あまりにも自分が打たれ弱かった。倒れすぎてしまった」。力なく笑った。

 王座陥落から198日。雪辱のためだけにグローブを握った。初戦は早いタオル投入で試合を止められ、悔いを残した。1週間後にネリのドーピング疑惑が発覚したが、WBCが証拠不十分でネリを処分せず再戦を指示すると即、現役続行を宣言。ネリの体重超過に「ふざけんな!」と声を荒らげるほど、真の決着を望んだ。防衛記録が注目された王者時代よりもモチベーションは高まり、トレーナーや同僚の意見にも素直に耳を傾けた。「早い結果で終わってしまったけど、この試合まで一日一日、目的を持って練習してきた。それだけで現役を続行してよかった」。一人のボクサーにとって、再戦は無駄ではなかった。

 プロ8戦目までKO勝ちはわずか2回、引き分けも2度。食事に無頓着でお金もなく、週4、5日パチンコに通う「ダメな人間だった」。だが、ピンポイントで突き刺す左ストレートを身につけて世界王者へ駆け上がり、“GOD LEFT(神の左)”の名は海外にも鳴り響いた。普段は家族との時間を大事にし、日曜日には公園で2人の子供と遊ぶ良きパパ。家族への質問が出ると「一生懸命やった。それだけ」と声を詰まらせ「息子(長男・豪祐くん)の期待に応えられなかった…」と唇をかんだ。

 [ 2018年3月2日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
ネリとのリベンジマッチに臨んだ山中慎介、今度こそ勝利してチャンピオンベルトを奪還しようとこの試合に意気込んでいたものの、蓋を開ければ1ラウンド目でいきなりダウンを喰らってそこから歯車が狂いだし、2ラウンド目ではネリに推されがちになってなんと3回もダウンを喰らい、無念のTKO負けと言う予想だにしない結果に終わったようです・・・!!

「神の左」を武器に12回連続防衛を果たしたあの山中がここまで無残なTKO負けなんて、絶句するしかないです。

試合前からピリピリしていた山中、ネリが体重超過で声を荒げるほどのものだったが、ネリとのリベンジマッチは無駄ではなかったみたいです。去年のあの試合後ネリにドーピングが発覚するも処分すらせず再戦を申し込まれた際には即答で現役続行を決意、スッキリしない形で終わらせたくはなかったんでしょう。
それにしてもドーピングに続いて体重超過、ネリの姿勢はアスリートとして相応しくない言動でしかない。

とは言えあっけないTKO負けで終わったネリとのリベンジマッチ、試合後リング上で観衆に頭を下げて控室に戻ると「こうしておけばよかったという悔いはない。もちろん、これが最後です。これで終わりです」と現役引退を表明したようです。
「神の左」の最後の試合は呆気ないものとなったが、12連続防衛という実績はあの具志堅用高に及ばなかったけど、最強のボクサーの一人に挙げていいものです。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

山中、ネリとのリベンジマッチが実現

勝負のやり直しが実現したようです。
一度失いかけたモチベーションが徐々に戻っており、本気度はかなりあります。

引用

山中慎介、ネリと3・1再戦「必ず勝って雪辱果たす」 岩佐はV1戦

 ボクシングの帝拳ジムは5日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、前WBC世界バンタム級王者で現同級1位の山中慎介(35=帝拳)が3月1日に東京・両国国技館で、昨年8月に敗れた現同級王者ルイス・ネリ(23=メキシコ)に王座奪回をかけて挑戦すると発表した。

 昨年9月にIBF世界スーパーバンタム級王座に就いた岩佐亮佑(28=セレス)の初防衛戦とのダブル世界戦となる。岩佐は同級13位のエルネスト・サウロン(28=フィリピン)の挑戦を受ける。

 山中は昨年8月、13度目の防衛戦でネリに4回TKO負けし、5年9カ月保持していた王座から陥落した。しかし、試合前の7月、ネリがメキシコで行われた抜き打ちドーピング検査で禁止薬物ジルパテロールに要請反応を示していたことが判明。ネリは薬物の成分が含まれた牛肉を食べたためと主張し、WBCも意図的な摂取の証拠がないとして王座剥奪や出場停止などの処分を科さない代わりに、山中との再戦を指示していた。

 山中は昨年12月中旬に千葉県成田市で走り込みキャンプを実施。新年は2日からジムワークに励んでいる。「現役続行を宣言してから正直、ずっとネリに借りを返したいという思いで練習してきた。本当に厳しい試合になると思うが、必ず勝って雪辱を果たして、両国を岩佐選手と盛り上げたい」と抱負を述べた。

 岩佐は11年3月、日本バンタム級タイトルマッチで山中に敗れ、世界挑戦へ回り道を強いられた。「あれがあったからこそ目の前にチャンピオベルトがあると思う。山中さんの前座でしっかり会場を温めて、早すぎず遅すぎずバトンを渡したい」と話し、世界初挑戦のサウロンについて「決してやりやすい相手じゃない。独特のリズムがある選手と思っている」と説明した。

 [ 2018年1月5日 13:06「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
昨年8月にルイス・ネリに敗れ、防衛記録がストップしその後現役続行するかを決め兼ねていたWBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介、そのネリは試合前にドーピング違反を起こしたもののWBCから何のお咎めもなく山中との再戦を要求したけど、再来月に山中とネリの再戦が決まったようです。

「現役続行を宣言してから正直、ずっとネリに借りを返したいという思いで練習してきた。本当に厳しい試合になると思うが、必ず勝って雪辱を果たして、両国を岩佐選手と盛り上げたい」と再戦が決まったことをこう述べたけど、リベンジマッチが実現したらば雪辱を果たしたいと言う意気込みに取れますし、一度失ったチャンピオンベルトを取り返す!! ってことにも見えます。玉虫色の決着で終わらせたくはない。本気の決着を着けねば後味悪いからねェ・・・!! その願いが叶って良かったです。

リベンジマッチが実現したことはいいことだが、WBCについては正直ドーピング違反を犯したネリに何のお咎めも下さなかったのは正直首を傾げたくなったけど、今回再戦にこぎ着けたことは良しとしましょうかね?

theme : ボクシング
genre : スポーツ

どうなる? どうする? 井岡一翔

そう言えば谷村奈南と結婚してからあまり表に出てなかったねェ・・・!?
て言うか自身のボクサー人生が宙ぶらりんな事態になってます・・・!!

引用

井岡王座返上、引退も 会長の父が明かした理由

 ボクシング世界3階級を制したWBA世界フライ級王者の井岡一翔(28=井岡)が王座を返上したと9日、父の井岡一法会長(50)が大阪市内のジムで発表した。同級1位アルテム・ダラキアン(30=ウクライナ)と12月31日に6度目の防衛戦を行う予定だったが、同会長は「準備が間に合わないので、いったん(ベルトを)返上しようということになった」と説明。11年から6年連続で行ってきた“大みそかのファイト”は途切れる。

 一翔は4月23日に5度目の防衛に成功し、元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高の「世界戦14勝」の日本記録に並んだ。その後、5月17日に歌手の谷村奈南と結婚し、9月にハワイで挙式。現在は都内で暮らしている。夏場以降話し合いを重ねてきたという同会長は「新婚やし、いろいろ生活の準備があるようです。プライベートのこと、夫婦のことに口は出せない」と、一翔が私生活に時間を割いていることを明かした。

 一翔も28歳。ブランクが長引けば選手生命に影響を及ぼす。同会長は「2つに1つやから。本人にスイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない。仮に身を引くなら、引退式もやる」と引退の可能性もにおわせた。その一方で「でも、やる気はあると思いますよ。週に3、4日走ってると言うてるし、体重もキープしてる。やる気がなければ、しませんよ」と弟子であり息子の“復活”に期待をかけた。

 [2017年11月10日9時15分 紙面から「nikkansports.com」]より
3階級で世界チャンピオンになり、現在WBA世界フライ級チャンピオンである井岡一翔、その井岡が何とそのチャンピオンの座を返上していたことを井岡ジムの会長で実父の井岡一法氏が明かしたけど、今年4月に5度目の防衛に成功し、具志堅用高氏の持つ世界戦14勝の日本記録に並びその翌月に歌手の谷村奈南と結婚するなど公私共に順風だったのに、それ以降全く動きがなかったのってどうしたんだろうかとすら思います。

関係者によれば、井岡は結婚後大阪から東京で暮らし始めたことで練習に集中できずプライベートに時間を費やすようになってコンディションが保てなかったことにあるというけど、プライベートな事でボクシングに集中できない。これは井岡本人の問題では・・・!?
だったら結婚後も大阪を拠点に活動すればよかったんじゃないのかと言いたくなる。

「2つに1つやから。本人にスイッチが入れば、3カ月あれば試合の準備はできる。モチベーションがないなら、引退せな仕方がない。仮に身を引くなら、引退式もやる」と一法会長は引退も視野に入れることをコメントしたけど、一方で一法会長は走り込みはしてるしコンディションも整えてるって言うけど、結局は井岡本人が表に立ってやる気を見せなきゃいけないです。このまま終わってほしくはありません、井岡一翔。

theme : ボクシング
genre : スポーツ

山中慎介、ネリにリベンジを誓う

あの疑惑の試合以降進退について考えていたが・・・!!

引用

山中慎介、現役続行を宣言 ネリとの再戦に意欲「このままやめられない」

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35=帝拳)が現役続行を宣言した。

 8月15日に4回TKO負けした現王者ルイス・ネリ(22=メキシコ)のドーピング疑惑に関してWBCが処分せず、山中との再戦交渉を指令したことについて都内で取材に応じ、「単純に負けているし、ネリと再戦したい思いを強く持っていた。一歩進んだと思う。再戦できないとしても8月15日の試合は悔いが残るし、このままやめられないという思い」と明かした。既に9月中旬には練習を再開しており、「一度やって良いところも悪いところも分かっている。13度目の防衛戦よりも変なプレッシャーもなく練習できると思う」と話した。

 来日前の7月27日の抜き打ち検査で禁止薬物ジルパテロールに陽性反応を示したネリは摂取した牛肉に成分が含まれていたと主張。WBCは過去にドーピング違反歴がなく、故意に摂取した確証が得られないとしてネリを不問とし、山中との再戦を指令した。

 [ 2017年11月1日 13:36 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
今年8月のタイトルマッチでルイス・ネリにまさかのTKO負けを喫し、その後進退について態度を保留していた前WBC世界バンタム級チャンピオン・山中慎介、その山中が何と現役続行を宣言したっていうけど、スッキリしないままで終わりたくない!! って気持ちが動いての決断でしょう。

あの試合でネリに敗れたが、そのネリがドーピング疑惑でWBCから山中と再戦するよう要求したことで「単純に負けているし、ネリと再戦したい思いを強く持っていた。一歩進んだと思う。再戦できないとしても8月15日の試合は悔いが残るし、このままやめられないという思い」またネリと戦って今度は白黒ハッキリつけたいって思いから、再戦にやる気を見せているみたいです。
現にあの試合の翌月から練習を再開し、ネリとのリベンジマッチに向けて体作りに励んでたことも証明しています。

前回はネリに一方的に攻められたから、その対策も充分に考えてるってことだが、現役続行を宣言した山中の姿勢は偉いです。相手がネリでなくても悔いを残してリングを去りたくはないという意気込み、それでこそチャンピオンってことですかね。
それとWBC、あの試合は無効とするんでしょうか?

theme : ボクシング
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード