鶴竜も休場、横綱がいない名古屋場所に

平幕・阿炎にまさかの負けを喫したのが理由?

引用

鶴竜が休場 19年ぶり3横綱全員不在の事態

 大相撲の東横綱鶴竜(32=井筒)が名古屋場所6日目の13日、休場を決めた。自身初の3連覇で6度目の優勝を目指したが、4、5日目と平幕相手に2連敗。5日目を終えて3勝2敗と精彩を欠いていた。休場は昨年11月の九州場所以来10度目。

 今場所は稀勢の里が初日から、白鵬は4日目から休場した。3横綱全員不在は貴乃花、3代目若乃花、曙の1999年春場所以来19年ぶりで、昭和以降5度目の事態となった。

 6日目の対戦相手、平幕千代の国は不戦勝となる。今場所の十両以上の休場者は十両蒼国来を含め、4人目。

 [2018年7月13日9時34分「nikkansports.com」]より
4日目に勢に、5日目に阿炎に連敗と横綱らしからぬ内容続きの横綱・鶴竜、その鶴竜が6日目の13日に休場を決めたっていうけど、平幕相手に連敗したぐらいで休場で情けないとしか思えないです。

今年の名古屋場所では場所前に稀勢の里が、場所中の4日目に白鵬が休場したことで鶴竜に今後の期待が集まったものの、平幕に連敗であっさり休場、ちょっと調子が悪いからって休場はあまりにも情けないし、危機感があまりにもなさ過ぎます。自身初の3連覇を目指してたのにこれはなんだと拍子抜けすらします。

1999年春場所以来となる3横綱がいないという状況、横綱のいない本場所は盛り上がり感に欠けるし、観客動員にも影響が出ます。
こうなると新大関・栃ノ心や御嶽海などに注目は集まるが、3横綱がいなくなった本場所をどう盛り上げるんでしょうか?

それとちょっと調子が悪いだけで休場するような姿勢はプロ意識が欠如してるのではないのか。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

ダメ「横綱」だこりゃ

ここまで来ればもう世論は呆れるでしょう・・・。
強引に横綱にさせたせいでこうなったと言いたくなります。

引用

稀勢の里が休場 8場所連続は横綱のワースト記録

 7場所連続休場中の大相撲の横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が、名古屋場所(8日初日、ドルフィンズアリーナ)を休場することが5日決まった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が明らかにした。「今場所に向けて一生懸命やってきたが、もう少し時間を頂いて、次の場所に向けてもう1回やらせて頂きたい。今場所は休場させて頂きます」と話した。前日4日夕方に、稀勢の里本人と話し合ったという。「本人からも休場したいという話があった」とした。

 8場所連続休場は、年6場所制で横綱のワースト記録を更新した。

 2日に横綱白鵬と稽古を行い、2勝8敗ながら「目覚めた感じがする」と手応えを口にしていた。前日4日にも、西前頭2枚目の千代の国に8勝3敗。充実した稽古だったかと問われ「うん」と納得顔だったが、左大胸筋の痛みがとれず万全の状態とはならなかったようだ。

 [2018年7月5日11時40分 「nikkansports.com」]より
来週8日から始まる大相撲名古屋場所、ここまで7場所連続休場で世論から厳しい目が向けられている横綱・稀勢の里、今回の名古屋場所に出て少しでも批判の声を沈静化させてほしいと思ったけど、何と5日になって休場するということになったけど、これで8場所連続で休場、貴乃花の7場所連続を更新するということになったことは落胆しかないです。

今月に入ってから3日連続で出稽古に赴いて復調をアピールしたのに、何で突然また休むのかと思うし、こう見ると肉体的っていうか精神的に問題ありなんじゃないのかと思います。

またも休場することとなった稀勢の里、また世論からバッシングを浴びかねない状況を自ら作った感じがするけど、横綱審議委員会からも「もう弁解の余地はない」「引退勧告を突きつけたくもなる」って思うでしょうね。
「今場所に向けて一生懸命やってきたが、もう少し時間を頂いて、次の場所に向けてもう1回やらせて頂きたい。今場所は休場させて頂きます」と前向きな稀勢の里だが、世論から「もう引退しろ!」「そんな横綱見たくない!」って批判のブーメランが来そうです。もうダメだ。

もう一つ、これで横綱昇進の条件が厳しくなってもおかしくないです。世論の後押しだけで昇進させちゃダメってことだ。いくら日本人横綱が欲しいからって。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

遠藤、土壇場からの逆転!!

土俵際の強さが際立った一番でした。

引用

遠藤、逸止めた!永谷園制定「お茶漬けの日」においしく3勝

 新小結の遠藤が、4戦全勝の逸ノ城に土をつけた。5月17日は自身がCMキャラクターを務めている「永谷園」が制定した「お茶漬けの日」。34秒の熱戦を制し、記念日を白星で飾った。遠藤は3勝2敗で白星が先行。横綱・白鵬、関脇・栃ノ心、平幕・正代は無敗をキープした。

 頭を下げることなく、必死に食い下がった。逸ノ城の強引な投げを左足一本でこらえ、執念の寄り切り。34秒の熱戦を制し、遠藤が大きな拍手と歓声に包まれた。右目の下には激闘を物語る赤いすり傷。「しっかり我慢できたのが良かったです」と振り返った。

 4日目まで充実の内容で勝ちっぱなしだった幕内最重量225キロの怪物に土をつけた。「やりづらさは少しある」と遠藤を警戒していた逸ノ城は取組後、「(投げで)決まった感触はあった…。最後は相手が低くて残せなかった」と粘りに脱帽。遠藤の師匠、追手風親方(元幕内・大翔山)が「過去4年間で一番充実していた」と話す場所前の稽古が正しかったことを証明した。

 5月17日は食品メーカー「永谷園」が制定した「お茶漬けの日」。創業者の先祖で、煎茶の普及に貢献した永谷宗七郎の命日に由来して12年に登録された。遠藤は同社のCMキャラクターを務め、巡業などではロゴ入りのタオルで汗を拭う。「また明日から状態を戻して(相撲を)取れるようにしたい」と淡々と話したが、付け人の前では笑顔も見せた。「苦しんでいたときに温かい応援があったから」。三役昇進後に感謝していた新小結の恩返し。会心の白星を味わうようにゆっくりと国技館を後にした。

 [ 2018年5月18日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
今場所小結に昇進した遠藤、とは言え既に2敗といきなりもう後がない状況で迎えた5日目に対戦したのは幕内最重量の逸ノ城、その逸ノ城に土俵際まで追い込まれて投げられそうになるも、左足でこらえて土俵上に残り、そこから逆襲の押し相撲で寄り切り、国技館内をヤンヤの喝采で包んだ遠藤、土俵際からの逆転勝利には気持ちがいいでしょうね。

「しっかり我慢できたのが良かったです」と取組後にこうコメントした遠藤、あの場面で左足一本でこらえたその粘り強さには脱帽だし、簡単に土俵を割らないっていう強気に取れます。

またこの日は遠藤自身がCM出演している「永谷園」のお茶漬けの素にちなんで出来た「お茶漬けの日」で、この日に鮮やかな逆転勝利したことは格別でしょう。
「また明日から状態を戻して(相撲を)取れるようにしたい」とコメントした遠藤ですが、この勝利で流れを上手く引き寄せてほしいものだ。この一番は勝利への「執念」を感じます。

theme : 大相撲 注目の力士
genre : スポーツ

やっぱり不安な稀勢の里

来週から始まる大相撲夏場所、ここまで6場所連続休場のあの横綱の状態は・・・!?

引用

稀勢9戦全勝!…なのに不安の声、声、声「復調をみせる内容じゃない」

 大相撲夏場所(13日初日、両国国技館)まで1週間を切った7日、横綱稀勢の里(31)は東京・江東区の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古に参加。幕内嘉風(36)との三番稽古(同じ相手と何度も取る)で連続9番取って全勝だった。だが、見守った芝田山親方(55)=元横綱大乃国=や大相撲解説者・舞の海秀平氏(50)=元小結=は、6場所連続休場からの再起に懐疑的な見方を示した。

 白星に透けてみえる、稀勢の里の不安はこの日も解消されなかった。相手に指名した嘉風は右肩にテーピングを施し、まわしを引けば、身動きが止まってしまった。盤石な9連勝をアピールした横綱だったが、一門の先輩横綱、芝田山親方の視線は厳しい。

 「(本場所で)復調をみせる内容じゃない。このままの稽古では(出場は)厳しい。番数が少なすぎるし、10人以上の関取がいるんだから、片っ端から回してやるくらいじゃないと」

 横綱は一昨日は相撲を取らず基礎運動で汗を流し、前日(6日)は風邪による体調不良で稽古を休んだ。芝田山親方は、肉体を追い込む時期の稽古にしては物足りない、という。

 舞の海さんは、自らより小柄な相手を体格差だけでねじ伏せている姿に「こういう形になって、こうして攻めて勝つ(組み立てのない)相撲が多い」と指摘する。

 左大胸筋などに負傷を抱える稀勢の里は6場所連続休場中で、2場所は全休。出場した4場所の序盤5日目までの成績は計9勝11敗で途中休場に追い込まれた。稀勢の里は「(風邪で)休めてよかった。立ち合いもよかったし、けがの功名かな」と頬を緩めたが、不安を抱えた船出こそ、“蟻の一穴”になる。

 2018.5.8 05:02 「サンケイスポーツ」より
夏場所まで1週間を切っている中、二所ノ関一門の連合稽古に参加した横綱・稀勢の里、幕内・嘉風との三番稽古をはじめ9番取って全勝したけど、内容に不安が大いに残るとの意見が相次いだようです。

一昨日は稽古せず基礎運動のみで、前日は体調不良を理由に稽古を休む。これが本調子と言えないと指摘されたと思えばそれまでだが、9番しかやらなかったことで本調子とは言い難いって芝田山親方(元横綱・大乃国)などから言われたのも無理はない。さらに自分より体格が小さい相手としかやらなかったことも中身が伴ってないって言われてましたが。

左大胸筋損傷の影響で6場所連続休場と横綱として全然な稀勢の里、引退の危機にさらされていることに変わりはないが、たった9番しか取らなかった稽古を振り返って「(風邪で)休めてよかった。立ち合いもよかったし、けがの功名かな」と相撲勘が戻ったと言ってるけど、そんな悠長なことが今言えるのかって言われそうです。
本調子と言い難いと指摘された稀勢の里、万全でないのなら無理して出ることはないと思う。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

「土俵は女人禁制」ってねェ・・・!!

いくら伝統であっても、この非常時にそんな概念は通用しないと思う。

引用

救命処置の女性に「土俵下りて」、相撲協会謝罪

 京都府舞鶴市で4日に行われた大相撲の春巡業で、あいさつ中に倒れた多々見良三・舞鶴市長(67)の応急処置のため土俵に上がった女性に対し、土俵から下りるよう求める場内アナウンスが流されたことがわかった。

 春巡業は4日朝から舞鶴文化公園体育館であり、横綱の白鵬関、鶴竜関ら幕内力士の取組などが行われた。

 市民らでつくる実行委員会などによると、4日午後2時過ぎ、多々見市長はあいさつ中、突然あおむけに倒れた。女性数人が土俵に上がり、救急隊員が駆け付けるまで、心臓マッサージなどの応急処置を実施した。場内では「女性の方は土俵から下りてください」とのアナウンスが何度か流れたという。多々見市長は病院に搬送されたが、意識はあり、会話もできる状態だという。

 実行委は「救急隊員に処置を引き継いだ後に放送が流れたと認識している」と説明している。

 一方、日本相撲協会の八角理事長は「とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」との談話を発表した。

2018年04月05日 07時06分 読売新聞
京都府舞鶴市で行われている大相撲の春巡業中に、土俵上で挨拶していた舞鶴市の多々見良三市長が突然意識を失って倒れて騒然となったけど、応急処置に観客の一部が勢土俵に登ったが、中には女性もおり救急隊員が駆けつけるまで応急処置を施したけど、その際「女性の方は土俵から下りてください」と行事がアナウンスするという事態が起こったようです。

なぜこうなったかと言うと、本来土俵は神聖な場所であり「女人禁制」を伝統としていることで、どんな理由であっても女性は土俵に上げてはいけないとの常識が根強くあり、今回の騒動もこれが背景にあったと言えます。

多々見市長はその後病院に搬送されて無事だったけど、人命に関わる大ごとで何で伝統を選んだのか? 日本相撲協会の姿勢は余計批判を浴びそうです。
この女性は医療関係者だったと推測する声もあるが、医療関係者だったらなお更人命救助に当たるのは当然だと思うよ。

「とっさの応急処置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」と八角理事長は陳謝したけど、この非常事態に伝統だからって理由で女性を上げさせないのは性差別に等しい行為だと思います。いつまでそんな伝統というか固定概念に固執するのか? だから角界の体質は相変わらずだと言いたくなります。そんな考えは女性のスポーツ観戦を認めないサウジアラビアと何ら変わらないぜっての(今年に入って段階的に認めてはいる)。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

貴乃花部屋、今度は弟子が加害者に

暴力事件の被害者になったのに、今度は加害者になるのって、本末転倒というか考えられないです。
これでまた角界の暴力体質を露呈したことに変わりないが。

引用

貴公俊が暴力行為で休場 貴乃花親方「深刻なこと」

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)が19日、京都・宇治市の宿舎で朝稽古後に、弟子の十両貴公俊が春場所8日目の18日に取組後に会場のエディオンアリーナ大阪で付け人に対して暴力行為をしたことを認めた。「事実です。(貴公俊から)確認しました。深刻なことです。大変申し訳ないと思っています」と話した。

 また「どんな理由であっても暴力するというのはあるまじき行為なので、土俵に上げることはできません」と、9日目のこの日から貴公俊を休場させること決めた。

 「厳しく育てたつもりですが。殴られた子の気持ちになれば、全く言い訳できない」と話し、「きちっと事実を報告させていただきます」とこの日、会場のエディオンアリーナ大阪で、日本相撲協会に当問題を直接報告するとした。

 [2018年3月19日7時43分 「nikkansports.com」]より
史上初の双子関取として注目された貴乃花部屋貴公俊(貴源治は弟)、その貴公俊が18日に行われた大相撲春場所8日目の取組後に付け人に暴力を振るってケガを負わせたという信じられない事件が起こったが、昨年10月の巡業中に貴ノ岩が日馬富士に暴行を受けたことで世間を騒がせた角界、今度は貴乃花部屋の力士が暴行事件を起こす。暴力事件の加害者になったことで貴乃花親方に対する風当たりは厳しくなりそうです。

「どんな理由であっても暴力するというのはあるまじき行為なので、土俵に上げることはできません」と暴行の事実を受けてこれを重く見た貴乃花親方は、貴公俊を9日目となるこの日から休場させる方針だけど、自分の弟子が暴力事件の加害者になっては社会的な信用にも関わることもそうだが、またも場所中に暴力事件が起こってしまった角界、角界の体質は未だに変わってないってところを露呈するものです。

当然師匠として日本相撲協会に報告義務が出たわけだが、かねてから相撲協会と対立している貴乃花親方のこと、このタイミングで不祥事を起こした以上は立場が余計まずくなったとしか言い様がありません。
正直言って貴乃花親方は弟子の教育が全くなってない。弟子にただ強くなれとしか教えず人間教育を軽視したツケがこの不祥事につながったんじゃないのか!? これが他のスポーツだったら即刻解雇されてもおかしくないが、貴公俊に対する処分はどうなるのやら。

theme : 痛いニュース
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード