「一人大関」の意地

照ノ富士も休場で大関陣も一人しかいない今場所です。

引用

豪栄道、一人大関の意地!波乗る全勝平幕・阿武咲を返り討ち

 大関・豪栄道が全勝の平幕・阿武咲の挑戦を退けて1敗を守った。大関・照ノ富士が休場し、1918年夏場所以来99年ぶりに3横綱2大関が休場する中で大関の意地を見せた。横綱・日馬富士は平幕・千代大龍を寄り切って連続金星配給を3日で止めた。平幕の大栄翔、大翔丸も1敗で並んでいる。

 横綱、大関の5人が休場する異常事態。下克上ムードが濃い秋場所で、一人大関が意地を見せた。豪栄道が全勝の阿武咲を引きずり下ろし5連勝。1敗で肩を並べた。

 「完璧ではないが相手がよく見えている。しっかりと稽古してきて、反応につながっている」

 気迫と経験が若さと勢いを上回った。立ち合いで10歳年下の初顔に右から張り手を一発見舞った。それでも突進してくる相手に対し、冷静に左に開いて押し出した。

 初場所で右足首を負傷して以降、なかなか満足いく動きができなかった。ただ、今場所前は「久しぶりに納得のいく稽古ができた」。その成果が土俵に直結している。

 豪栄道が初めて上位に挑戦したのは21歳の07年秋場所。年齢も場所も今場所の阿武咲と同じだ。「小学校の頃からテレビで見ていた人たちが目の前にいた。横綱、大関は雰囲気があった」。大関・千代大海と横綱・白鵬の壁にはね返された。小結・安馬(現日馬富士)には豪快な送りつり落としで土俵に叩きつけられた。「悔しかったし情けなかった」。あれから10年。今度は自身が壁となり、迎え撃つ立場で阿武咲に番付の差をまざまざと見せつけた。「芯が入ったいい当たりだった」。若武者を称える男気も大関の魅力だ。

 6度目のカド番。1年前の秋場所はカド番から史上初の全勝優勝を飾った。ピンチをチャンスに変える力は実証済みだ。今後、対戦が予想される相手で過去に負け越している力士は玉鷲と日馬富士くらいだ。前人未到のカド番2回目の優勝も視界に入っている。

 [ 2017年9月16日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
本命という存在が皆無な今年の大相撲秋場所、一人横綱・日馬富士が振るわない中照ノ富士の休場で唯一大関で残っている豪栄道、ここまで1敗と上位に食い込んでますが、6日目に対戦した平幕・阿武咲はここまで全勝と勢いに乗ってますが、その阿武咲相手に張り手をぶちかますも、臆せず向かってくる阿武咲を左に開いて押し出し、1敗を死守して阿武咲に土をつけたが、今場所唯一の大関として勝たねばいけないとの意地が勝った一番でした。

昨年の秋場所はカド番から初めてとなる全勝優勝を飾ったが、それ以降は低迷しまたカド番を迎えて挑んだ今場所はここまで1敗と優勝争いに加わってますが、3横綱2大関がいない状況で結果を残さなければ周囲から「何やってんだ」と言われるだけです。

今場所はライバルがあまりおらず優勝争いに残れる確率は高いが、カド番からの優勝をまたつかめるチャンスは充分にあるでしょう。
「芯が入ったいい当たりだった」と対戦した阿武咲を称える一幕もあったけど、これも大関らしさです。自らが壁になることで若手の平幕力士にその差を見せつけたといえます。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

高安まで「休場」

3横綱が休場だけでも荒れてるのに、今度は・・・!!

引用

大関高安が休場 3横綱1大関休場は18年ぶり

 大相撲秋場所3日目の12日、東大関高安(27=田子ノ浦)が右太もも付近の負傷で休場した。2日目の小結玉鷲戦で初黒星を喫した際に痛めた。

 大関2場所目の高安の休場は2015年秋場所以来2度目。再出場せずに負け越せば、11月の九州場所は初のかど番となる。3日目の対戦相手、北勝富士は不戦勝。

 3横綱1大関の休場は1999年春場所以来18年ぶり。当時は横綱が貴乃花、3代目若乃花、曙、大関が千代大海だった。今場所は既に白鵬、稀勢の里、鶴竜が休場し、3横綱が初日から不在という昭和以降初の不名誉な記録を残していた。

 [2017年9月12日9時33分 「nikkansports.com」]より
稀勢の里と鶴竜に続いて、白鵬も初日から休場といきなり大荒れの今年の大相撲秋場所、今度は大関・高安が右太ももの負傷で休場と言いますが、稀勢の里に続いて高安も休場、注目を集めるこの2人がいないと言う展開は予想だにしないといいますか、田子ノ浦部屋にとっては大打撃です・・・。2人しかいない関取がともに休場って若い衆にとっちゃ泣きっ面に蜂です。

3横綱に加えて1大関が休場、18年前の春場所以来となる珍事だが、今場所はどうなってしまうのか・・・。

今場所の一人横綱・日馬富士や何回もカド番の大関・豪栄道などにもチャンスはあるが、3横綱に加えて高安休場の穴を埋めるくらいの盛り上がりを起こせるかは微妙です・・・。
なぜこうも今の力士は休場しやすくなったのか。これにはケガしたにも関わらず無理して出て悪化させてしまう悪循環に自らハマっているとしか言えないけど、無理すれば力士人生を縮めるだけでしかありません。どうも相撲の世界は、ちょっとのケガでも無理して出たほうがいいという風潮が強いことにもあるのでは? と思います。まァ今場所は残り全休して治療に専念したほうがいいでしょう、高安。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

とりあえず秋場所を休んでください、稀勢の里

左上腕と左足首を完治させたほうが先決です。
横綱が中途半端な状態で出ることはなりませんからね。

引用

稀勢の里、鶴竜が秋場所休場 2横綱は18年ぶり

 大相撲で東横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)と西横綱鶴竜(32=井筒)が秋場所(10日初日・両国国技館)を休場することが7日、決まった。2横綱が初日から休場するのは1999年九州場所の3代目若乃花、曙以来18年ぶり。

 左足首などを負傷している稀勢の里の休場は3場所連続4度目で、2002年春場所の初土俵以来初の全休も確実。田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)によると、稀勢の里から休場の申し出があったという。親方は「今まで以上にもっと鍛え直していくしかない」と述べた。新横綱優勝を遂げた3月の春場所で左上腕などを痛め、5月の夏場所を途中休場。7月の名古屋場所では左足首を負傷して途中から休んだ。

 右足を痛めている鶴竜の休場は3場所連続8度目で、今年4度目。名古屋場所で右足首を負傷して途中休場し、その後、右足甲の剥離骨折も明かした。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)は次に出場する場所に進退を懸けることを明言している。

 左膝痛を抱える東横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=の秋場所出場も不安視されている。春場所から17年ぶりの4横綱となったが、全員の皆勤は4場所続けて実現しなかった。

 [2017年9月7日11時24分 「nikkansports.com」]より
来週行われる大相撲秋場所を前に、横綱・稀勢の里と鶴竜が欠場するみたいだけど、2横綱が初日から休場というのは1999年の九州場所以来のことで、いきなり波乱です。
先場所優勝した白鵬も左膝痛を抱え、出場が微妙な状態で、万全なのは日馬富士だけっていうから正直今場所はどうなるのでしょうか・・・!?

かねてから左上腕を負傷したことでその治療に専念すべきだと思ってたが、今回の稀勢の里の判断は正しいと思います。地方巡業に参加しただけマシではあれど。
春場所で左上腕を負傷してから精彩を欠いて2場所連続で途中休場を余儀なくされたことを考えたら、今場所は休んで治療に専念して九州場所に照準を合わせたほうがいいと思います。横綱なら万全の状態で出るべきなのです。

今まで無理して出てそのツケが回ってきた感もするが、横綱は勝てなくなったら終わりを意味するんです。
稀勢の里と鶴竜が欠場、白鵬も出れるか分からない、日馬富士も古傷を抱えておりいつ再発するか分からない、こう見ると4横綱ともに大丈夫なんでしょうか・・・? 下手すりゃ今場所は横綱不在ということにも・・・。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

痩せた? 稀勢の里

夏巡業に参加してますが・・・。

引用

稀勢 夏巡業で“スリムボディー”アピール「まわし長くなった」

 大相撲夏巡業が18日、北海道恵庭市の総合体育館で行われ、横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)がスリム化したボディーをアピールした。5月上旬は自己最重量の184キロあったが、この日は顎をさすりながら「自然と絞れてきた。顔も引き締まったでしょ」と笑顔。体重は口にしなかったが「(ウエストが縮み)まわしも長くなっちゃった」と喜んだ。

 この日は花道で若い衆を相手に相撲を取るなど復帰に向けて一歩進んだ様子。「体が重いと自分の体の動かし方が分からなくなっちゃうこともある。その分、今はしっかり意識してできている」。焦らず慎重に調整を続けているが、土俵での稽古再開については「もうできると思います」と言い切った。

 [ 2017年8月19日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
現在夏巡業の真っ只中ですが、左上腕付近と左足関節靭帯を損傷しているにも関わらず参加している横綱・稀勢の里、土俵入りを披露するなど地方のファンに勇姿を見せてますが、もっぱらそれだけで相撲を取ることがない状態ですけど「(ウエストが縮み)まわしも長くなっちゃった」と184キロもあった体重が減って痩せたアピールをしたみたいです。

ケガの治療のため稽古を休んでいたが、慎重に調整を続けるなど自然体な稀勢の里ではあるけども、少しでも体を絞って再び土俵でその勇姿を見せてほしいです。
とは言え、まだケガが完治してないところを考えたら、秋場所は全休して治療に専念したほうがいいとは思うけども。

夏巡業に参加している理由として、横綱である以上巡業を休むわけにはいかないと言う矜持なんでしょうか?

theme : え!本当!?
genre : ニュース

白鵬に国民栄誉賞の噂?

今年の名古屋場所は、白鵬の39回目の優勝で幕を閉じましたが・・・。

引用

白鵬に国民栄誉賞浮上、記録ずくめ39度目賜杯に「サンキュー」

 横綱・白鵬(32=宮城野部屋)が史上最多39度目の優勝を飾った。1分9秒に及んだ横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)との大相撲を寄り倒しで制し、夏場所に続いて2連覇を達成。12日目に元大関・魁皇(浅香山親方)の持つ史上最多1047勝に肩を並べて13日目に単独1位に立つと、勢いに乗って賜杯を抱いた。

 数々の記録を塗り替えてきた横綱でなければ、こんなシャレが利いたセリフも出てこないだろう。「名古屋の皆さん、サンキュー」。39度目の賜杯とファンへの感謝を掛け合わせた優勝インタビューでのメッセージ。照れた顔の白鵬は会場が笑いに包まれたのを確認すると、満足感に酔いしれた。

 負ければ碧山との決定戦に突入する日馬富士との一番。慎重に右で張って、左へずれる立ち合いから右四つに組み止め、動きが止まる。両まわしの引きつけ合いから、体勢を入れ替え、相手に覆いかぶさりながら土俵下へ倒れ込んだ。長期戦となった一番に大粒の汗が額に浮かぶ。「大満足です」と目尻を下げた。

 この日は弟弟子の炎鵬が序二段優勝。「横綱も毎日研究されて、勝ちにこだわる。僕も動画を見て研究しました」と語った。若手に対し「基本的なことを手を抜かずやっている」と背中で見せてきた。稽古場には連日100人以上が見学に来る。「せっかくだから、お土産を持って帰ってもらいたい」。ファンが求めるサインに必ず対応し、ファンが持参した弁当を境内で一緒に食べた日もある。小さな気配りが声援で返ってくる。だからこそ言えた「サンキュー」の言葉だった。

 名古屋場所といえば07年に横綱に昇進。1年前の勢戦では右足親指を骨折して翌場所、全休に追い込まれた。1958年の第1回名古屋場所を最初に制した初代・若乃花が26年前にモンゴルを訪れた際には、モンゴル相撲で活躍した父ムンフバト氏と対談。6歳だった白鵬少年は駄菓子のうまい棒をもらっている。縁の深い土地での歓喜。「1047勝もありましたけど、同じ横綱として千代の富士の1045勝を目指して両方達成して幸せだなと思います」。

 最多勝更新。優勝40回の大台にも王手をかけた。横綱在位もあと3場所で歴代1位の北の湖に並ぶ。この偉業に国民栄誉賞の可能性も浮上。政府に近い関係者は「当然、検討することになる」と語った。今なお圧倒的な強さを誇っており「引退されてからになるとは思いますが」とも付け加えたが、国民に希望を与える実績を積み重ねてきた。誰も歩んだことのない道を突き進む大横綱は「幕内1000勝を目指して頑張りたいと思います」と力強く宣言した。

 [ 2017年7月24日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
通算最多勝利を更新し、39回目の優勝と記録をまた更新した横綱・白鵬、千秋楽結びの一番での日馬富士戦で両者かわしからお互い一歩も引かない相撲を見せたが、体勢を入れ替えて日馬富士に覆いかぶさるように寄り倒しで日馬富士を下し、39回目の優勝を達成したけど、今場所も白鵬の一人舞台だったような気がします。碧山の躍進こそあったものの。

「名古屋の皆さん、サンキュー」と39回目の優勝にかけて洒落のきいたコメントをした白鵬、ほぼ余裕で優勝を決めたことへの満足感か、それとも・・・。

10年前の名古屋場所で横綱になってから、ずっと角界を牽引してきた白鵬、最多勝及び優勝記録も更新、横綱在位も歴代1位の北の湖に並ぶことも時間の問題となったが、そんな白鵬に数々の偉業を称えることで国民栄誉賞の可能性が出たけど、まだ日本国籍すら取ってないのになぜ? ですね。
角界では千代の富士と大鵬が受賞してますが、白鵬にもその可能性が出たのってどうなんだか、国籍に関する規程はないにせよ。厳しい時期も角界を牽引した実績がプラスになっているのではないかと思います。ただもう一つ、今安倍晋三総理の支持率が低下していることから「内閣の支持率アップの道具」って批判もありそうです。確かに記録だけ見れば文句はないものの、最近の変化する取組内容には相撲ファンのみならず世論から賛否起こっているだけに、国民栄誉賞受賞についても賛否ありそうな気がします。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

白鵬、通算勝利でも1位に

今場所中に塗り替えるだろうと思ったが、その通りとなりました。

引用

白鵬、日本一1048勝!魁皇超えの歴代単独1位/名古屋場所

 大相撲名古屋場所13日目(21日、愛知県体育館、観衆=7580)横綱白鵬(32)は押し倒しで新大関高安(27)を退け、通算勝利数を1048勝に伸ばして歴代単独1位となった。前人未到の記録達成とともに1敗で優勝争いのトップも守り、14日目にも自身の最多記録を更新する39度目の優勝が決まる。不世出の大横綱は次の目標をあと46勝となった史上初の幕内1000勝に定め、さらなる高みを目指す。

 前日の歴代1位タイから、間を置かずに単独1位に浮上。白鵬が、前人未到の領域に力強く踏み出した。

 「満足しています。(歴代最多に並んだ)きのうより満足。喜びがじわりと湧いてくる」

 通算1048勝の相手は、新大関高安。立ち合い、右に動いていなす。まわしは取らずに相手の動きを見て主導権を握ると、のど輪から最後は右をおっつけて押し倒した。「力のある攻防。反応がよかった」と振り返った。

 東の花道で両手を高々とあげ、ファンの歓声に応えた。花道の奥で待っていた夫人の紗代子さんの頬をさすり、体育館の出入り口付近では家族6人全員で記念撮影して新記録を喜び合った。

 支度部屋では、付け人たちからサプライズのプレゼントが待っていた。この日のために用意した『祝 最多勝利1048勝 達成』の刺繍(ししゅう)が入ったバスタオル。「こんなのいつの間に…。カッコいい。よく隠していたな。ありがとう」。平成13年夏場所、序ノ口での初勝利から97場所。横綱在位10年での記録達成に、支えてくれた宮城野部屋の若い衆に感謝した。

 これで勝利数の記録は1位を独占した。だが、燃え尽きることはない。「一つ一つ積み重ねていく。それがきょうからの目標だ」。自分に言い聞かせるように話したこの日の朝稽古。「幕内1000勝、北の湖関に並ぶ横綱在位63場所だな」と次の目標に定めた。

 前日、白鵬が日本国籍取得の意向を持っていることが判明。この日、本人は国籍に関して言及しなかった。ただ、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は「本人は早く国籍を取りたい気持ちはある。こういう記録を作ったら(日本相撲協会に)残りたい気持ちもある」と説明。引退後の“白鵬親方”の実現に向けて、師匠も「早めに(手続きを)やっていくということもある」と話した。

 具体的な手続きはこれからだが、その前に史上最多を更新する39度目の賜杯を取りにいく。新たな地平を目指し、歩みを止めない。

 2017.7.22 05:04 「サンケイスポーツ」より
これまで元大関・魁皇が持っていた通算勝利数1047、それを見事に更新した横綱・白鵬、現在優勝争いのトップを走るなど向かうところ敵なしですが(稀勢の里の休場が響いてるけど)、今日にも自身の持つ最多優勝回数を更新しそうです。かつ千秋楽前に優勝を決めた数も更新しそうです。

「満足しています。(歴代最多に並んだ)きのうより満足。喜びがじわりと湧いてくる」と通算勝利数更新についてこうコメントした白鵬、千代の富士を超えたことだけでも感慨深かったが、通算勝利を更新したことはそれを上回るものではないでしょうか。

入門当初は痩せっぽちだったのが、今や押しも押されぬ大横綱、横綱になって10年が経つけど、その間相撲界を牽引してきた自負もあるでしょう。一時期は各界そのものの不祥事続きもあり、各界が世間から厳しい目を向けられながらも横綱としての務めを果たしたことが評価されていいかも知れません。
ただ最近の立ち合いからの変化などについては賛否ありますが。

「幕内1000勝、北の湖関に並ぶ横綱在位63場所だな」通算勝利を更新しても次の目標を掲げた白鵬、さらには日本国籍取得も視野に入れてるけど、引退後は親方になりたいと公言していた白鵬、その実現に向けても歩んでいるみたいです。
現状かつ目標を達成してもそれに満足せずに常に次の目標を掲げてそれを果たす為に努力する。そう言うところを多くの人は見習うべきところだと思います。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード