「正々堂々精進します」

平成生まれの日本人初の大関が誕生しました!!

引用

新大関の高安「名に恥じぬよう正々堂々精進」

 日本相撲協会は31日、両国国技館で名古屋場所(7月9日初日・愛知県体育館)の番付編成会議と理事会を開き、関脇高安(27)(本名・高安晃、茨城県土浦市出身、田子ノ浦部屋)の大関昇進を満場一致で決めた。

 平成生まれの新大関はモンゴル出身の照ノ富士に次いで2人目。

 相撲協会から春日野理事(元関脇栃乃和歌)と審判委員の片男波親方(元関脇玉春日)が使者に立ち、東京都内のホテルで高安と師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)に昇進を伝えると、高安は「謹んでお受けします。大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します」と口上を述べた。

 高安は15歳で当時の鳴戸部屋に入門し、平成生まれの力士では初めて新十両、新入幕、新三役に昇進。昨年名古屋場所からは6場所連続で三役の座を守った。しこ名が本名の大関は出島以来で、昭和以降4人目。名古屋場所は4横綱3大関の豪華な番付となる。

2017年05月31日 10時15分 読売新聞
さきの夏場所で11勝を挙げ、直近3場所での通算勝ち星が34と昇進の目安となる33勝をクリアし、日本相撲協会から理事会にて満場一致で大関昇進を決めた関脇・高安、平成生まれで新大関は照ノ富士以来ですが、日本人で初となる平成生まれ大関の誕生は喜ばしいです。

都内のホテルで臨んだ伝達式、そう言えば稀勢の里の横綱昇進の際も同じでしたが、田子ノ浦部屋では周囲に迷惑がかかるからか、大勢詰めかけても問題がないホテルでの伝達式、日本相撲協会は考えたと言えます。

「謹んでお受けします。大関の名に恥じぬよう正々堂々精進します」と口上でこう述べた高安、兄弟子・稀勢の里同様シンプルなものだったが、四字熟語は使いたくない、出来ればシンプルなものでって高安は思ったんでしょう。
四字熟語を使ったところでかっこいいとは限らないし、もう貴乃花の時代とは違うってことでもあるが。

来場所から大関として臨む高安、稀勢の里に負けじと精進してほしいです。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

左上腕付近のケガが悪化?

先日琴奨菊に一方的に押し出されたことが決定打になった感がするけど・・・。

引用

稀勢の里休場 「力が入らない。相撲にならない」

 左上腕付近に負傷を抱え、9、10日目と連敗していた大相撲の横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が11日目の24日、日本相撲協会に、前回と同じく「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の通院加療を要する」との診断書を提出して休場した。稀勢の里の休場は大関時代の14年初場所千秋楽以来、2度目。11日目の相手の関脇玉鷲は不戦勝となる。

 部屋で対応した師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)は「昨日の夜と今朝、本人と話した。『力が入らない。相撲にならない。すみません』と言うので、休場を決めました。今まで本人から言うことはなかったのでそういうの(横綱の責任)もあったと思う」と明かした。

 稀勢の里は春場所13日目の横綱日馬富士戦で左上腕と大胸筋付近を負傷。千秋楽で奇跡的な逆転優勝を果たしたが、その後の春巡業を全休して治療に専念してきた。急ピッチで仕上げて場所に臨んだが、2つの金星を許すなど10日目を終えて6勝4敗と精彩を欠いていた。

 田子ノ浦親方は「状態が悪化したというのではなく、中日を過ぎて力が入りにくくなっていた。昨夜(都内の)病院で診断書を出してもらった。結果は(以前と)何も変わっていなかった」と説明。今後については「来場所があるので、それに向けて治療していく。動いたりはできるので」と話した。

 [2017年5月24日13時26分 nikkansports.com」]より
ここまで6勝4敗と振るわない横綱・稀勢の里、やはりと言うか先場所終盤に負った左上腕付近のケガが完治しない状態で取り続けて、ここぞで全力を出せないところを露呈したが為に、11日目となる24日に日本相撲協会に対してケガの治療に専念する為診断書を出した上に休場を決意したようです。

「昨日の夜と今朝、本人と話した。『力が入らない。相撲にならない。すみません』と言うので、休場を決めました。今まで本人から言うことはなかったのでそういうの(横綱の責任)もあったと思う」と師匠の田子の浦親方は先日稀勢の里と部屋で対応した際のやり取りも含めて、休場理由を明かしたけど、力が入らない、相撲にならない。確かに左上腕付近のケガが予想以上に重く、それでも横綱の意地で相撲を撮り続けた結果、取りこぼしが目立つようになったことで、これでは横綱の務めを果たせないと言うことかも知れません。
万全な状態でないのに出てつまらない負けを重ねては、ガッカリさせるだけでしかありません。

無念の休場となった稀勢の里、ケガを押してまで出て余計ケガを悪化させてはファンに申し訳がないだろうし、ここは一つケガの治療に専念したほうがいいです。万全な状態でこそ横綱の努めは果たせるんだから。

theme : え!本当!?
genre : ニュース

俵が右足に乗るも、そこから

徳俵に僅かに残った足から、一気に反撃に及びました!!
崖っぷちからの逆転劇、今月6日の阪神を思わせます。

引用

稀勢 ヒヤリも逆転○“ケガの功名”下半身強化で驚異の粘り腰

 横綱・稀勢の里が絶体絶命のピンチを切り抜けて白星を先行させた。平幕・千代の国に懐に入られて俵に足がかかったが、痛めている左上腕で相手の差し手を抱えて残し、引かれたところで一気に出て押し出した。新横綱の春場所から平幕相手に無傷の10連勝で、初顔相手にも10連勝となった。鶴竜は連敗を脱出し、白鵬、日馬富士は3連勝。春場所2日目以来の4横綱安泰となった。

 驚異の粘り腰だ。前日に初金星を挙げた千代の国を捕まえきれず、右差しを許すと左半身で右足が俵にかかった。だが、のけ反りそうになりながら痛めている左腕で差し手を抱えながら踏ん張った。たまらず相手が引いたところで、もたれ掛かるように出て押し出し。胸から腹にかけて土がついたが、金星は許さなかった。

 この日の懸賞は前日の41本を上回る47本。勢いに乗る26歳との一番に注目度も高かった。ヒヤリとしたかと聞かれると「うん」と答えるしかなかった。「まあ何があるか分からないので。最後までね」。諦めない気持ちが逆転勝ちにつながった。

 左上腕付近の負傷により4月の春巡業を全休した。その間は非公開でトレーニングを積み、上半身が使えない分、徹底的に下半身を強化した。1日の番付発表の会見で「下半身は100%」と自負したが、言葉通りに強じんな下半身で残してみせた。

 横綱昇進後、平幕との対戦は10度目だったが、またも退けた。負けなしで10連勝としたのは、15日制が定着した1949年夏場所以降に誕生した横綱32人で7人しかいない。この日の朝稽古後には「上位に来るくらいだから、集中してやるだけ」と話すなど慢心はなかった。初顔相手は大関時代の14年秋場所で逸ノ城に敗れたのを最後に10連勝。誰が相手でも全力を出すという信念は好結果につながっているだけでなく、ファンを魅了する要因にもなっている。

 まわしに手がかからなくても、しっかりと相手の攻めにも対応できている。「いい状態でやれている。また明日につながる」。万全でなくても言い訳はしない。土俵に上がる以上、横綱の責任を果たすために前を見続けていく。

 [ 2017年5月17日 05:30 スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
3日目に平幕・千代の国と対戦した横綱・稀勢の里、その千代の国に懐から入られて押し込まれ、俵に足がかかると言う大ピンチ、一瞬「あぁ」と思いましたが、僅かに残った足から力を発揮して踏ん張り、相手が引いたところを「今だ!」と言わんばかりに一気に押し出し逆転勝ちを収めたようです!!

下半身の粘り強さから簡単に金星を許さなかったのは素晴らしいが、春巡業を休んで治療に専念した一方で下半身の強化に励んだ稀勢の里、その効果が発揮された一番ではないでしょうか。

「いい状態でやれている。また明日につながる」と支度部屋で冷静にコメントした稀勢の里ですが、左上腕付近が完治してなくてもそれを補う何かがあるからこその自信と取れるけど、相手の攻めにキチンと対応できるところはやはり横綱だと言いましょうか。

横綱になってから平幕勢と10回対戦し、いずれも勝ってる稀勢の里、相手が誰であろうと本気で挑むと言う心構えが好成績とファンを沸かせる要因になっていると思えば、精神的に一回りも二回りも成長した証と言っていいかも知れません。横綱はこうでなきゃ。
今まではつまんない負けを繰り返してガッカリさせてきたが、今はそんなことは微塵も感じません。

theme : うれしいニュース♪
genre : ニュース

左腕が使えず初日から・・・!!

東の上位と言う最高位に就いて挑んだ今場所ですが、いきなり・・・!!

引用

稀勢、左腕使えない…3連覇へ試練の船出 嘉風に完敗「相手が強いから負けた」

 3場所連続優勝を目指す横綱・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)がいきなりつまずいた。10年ぶりに皇太子ご夫妻が観戦される中、結びで対戦した小結・嘉風(35=尾車部屋)に右からおっつけられると押し出された。新横綱だった春場所は左上腕付近を負傷しながら優勝したが、万全には程遠い状態。初めて東の正位に座った稀勢の里は厳しい船出となった。

 結びの一番。稀勢の里が土俵際に後退すると、館内に悲鳴が響く。次の瞬間、黒星が決まると、ため息が広がった。期待の和製横綱の黒星とあって、座布団が舞ったのは数枚だけ。横綱として初めて両国国技館での本場所に臨んだが、厳しい現実を突きつけられた。

 「まあ悪くないですけど相手が強いから負けたのでは。相手が上回ったんじゃないか」

 初めて東支度部屋の一番奥に陣取った横綱は悔しさを押し殺すように淡々と振り返ったが、内容はいいところがなかった。痛めている左腕はサポーターの上からテーピングで固定し、右から踏み込んで左を差しにいった。その左をおっつけられると何もできなかった。上体が起きてずるずる後退。土俵際の右突き落としも及ばず、横綱2場所目で初めて格下に土をつけられた。不安の残る左腕は全く使えない。この日は人気漫画「北斗の拳」の三つぞろいの化粧まわしで土俵入りを行ったが、自らがつけた「ラオウ」のような圧倒的強さは見せられなかった。

 3月の春場所は13日目に左上腕付近を負傷しながら、強行出場して逆転優勝を果たした。治療のため4月の春巡業を全休し、土俵での稽古を再開したのは番付発表の翌日の2日から。6日からは5日間連続で他の部屋に出向いて関取との稽古を続けて出場にこぎ着けた。この日の朝稽古後も「いい状態に仕上がった。あとはやるだけ」と話していたが、本場所の土俵は違った。稽古場との違いを聞かれると「それはあると思う」と認めた。八角理事長(元横綱・北勝海)は「稽古場では(左から)おっつけられたと聞いたが、攻められなかった。自信がないのかな。不安を払しょくするまで稽古ができなかったということ」と分析した。

 初優勝からの3連覇なら双葉山以来80年ぶり、新横綱場所からの2連覇なら大鵬以来55年ぶりとなる。大横綱と肩を並べるチャンスも、黒星発進で極めて厳しい状況となった。過去に初日から連敗して優勝した力士はいない。それどころか、横綱という地位では休場という声も上がってくる。2日目の平幕・隠岐の海戦は初日以上に重要な一番となる。この日も当日券を求めて長蛇の列ができ、午前8時5分には入場券完売を意味する「札止め」フィーバーは続いている。「また明日。切り替えてやるだけ。集中してやりたい」。強じんな精神力で幾多の逆境を乗り越えてきた男は、自分に言い聞かせるように奮起を誓った。

 [ 2017年5月15日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
3場所連続の優勝がかかる横綱・稀勢の里、しかし先場所負った左上腕付近のケガが完治しないままだっただけに不安もあったけど、その不安が的中する初日となってしまいました・・・!!

結びの一番で小結・豪風と当たり、右からのおっつけをくらいそのまま土俵の外へと足が出て、初日まさかの黒星スタートとなった稀勢の里、取組後「まあ悪くないですけど相手が強いから負けたのでは。相手が上回ったんじゃないか」と淡々としたコメントを支度部屋で残したが、今月から稽古を再開し遅れを取り戻したものの、やはりケガの影響から本来の力を出せなかった感がしますね。

土俵入りでは「北斗の拳」のラオウをあしらった化粧まわしをつけて見事な土俵入りをしたものの、本番であっけなく負けたことはあまりにも虚しいです・・・。

大勢のファンの期待に応えることができなかった不甲斐なさを噛み締め「また明日。切り替えてやるだけ。集中してやりたい」と言ったものの、ケガの影響で左腕が満足に使えない状況では余計不安です。ここで無理して出場してケガを悪化させることだけは避けたいところですけども。

theme : スポーツニュース
genre : ニュース

稀勢の里「夏場所は出ます」

先場所終盤に負った左上腕のケガが気がかりでしたが・・・!?

引用

稀勢の里、夏場所出場決まる 左上腕負傷もV目指す

 左上腕部付近にケガを抱える大相撲の横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が、夏場所(14日初日、東京・両国国技館)への出場を決めた。11日、師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)が「出場します。休場しません。本人と話して今朝、出場を決めた」と話した。

 稀勢の里は春場所13日目の日馬富士戦で左上腕部付近を負傷。「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の療養は必要」との診断書を提出して、春巡業を全休した。番付発表後も最初は部屋で非公開で調整してきたが、横綱昇進披露宴が行われた6日から5日連続で出稽古を敢行。関取衆と相撲を取り、徐々に状態が上がってきていた。

 この日は「疲れがたまっているので、休ませた」(田子ノ浦親方)と朝稽古に姿を見せなかったが、代わって師匠は「出るからには横綱らしい相撲を取ってもらいたい。ファンをがっかりさせないように、横綱の相撲を見に来ているので、横綱らしい相撲を見せるように頑張って欲しい」とした。

 [2017年5月11日12時3分 nikkansports.com」]より
先場所終盤に左上腹部付近を負傷し、かつ左大胸筋及び左上腕二頭筋を損傷する重傷を負いながらも優勝して感動を与えた横綱・稀勢の里、場所後は治療に専念し巡業を休んでたけど、今月に入り出稽古を再開して取り組み勘を取り戻してましたが、11日には疲労を考慮し朝稽古は休んだけど、師匠である田子の浦親方から夏場所に出るよう勧められ、夏場所への出場を決意したようです。

おそらく稀勢の里は、新横綱として休むわけにはいかないと言う決意の表れと取れますが、ケガぐらいで横綱が休むわけにはいかないと言う心境でしょう。かつて貴乃花はあの大ケガ以降はほとんど休場したせいで横綱審議委員会から苦言を呈されたから、それを教訓にしているとも思います。
多少のケガぐらいでは休まない、現役時代の金本知憲氏と重なりますね。

出場は嬉しい一方で、ケガがまだ癒えてないにも関わらず強行出場してケガが悪化する懸念が出そうだけど、無理して出場はどんな展開になるのやら・・・!!
白鵬に衰えが目立ち、波が激しい日馬富士に鶴竜と、どうも横綱がピリッとしない中、稀勢の里にかかる期待は大きいことへの現れに映りますが・・・!!

theme : 大相撲 注目の力士
genre : スポーツ

「痛みに耐えてよく頑張った!!」再び

13日目で左肩痛を発症し、どうなってしまうのかと思いきや・・・!! まさかのドラマを演出したようです!!

引用

左肩の痛みに耐えてよく頑張った 稀勢、歴史に残る逆転V

 手負いの新横綱が強じんな精神力で逆転優勝を成し遂げた。横綱・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)は1差で追っていた大関・照ノ富士(25=伊勢ケ浜部屋)を本割で破って13勝2敗で並ぶと、優勝決定戦では土俵際での右小手投げで勝利。2場所連続2度目の優勝は、新横綱としては95年初場所の貴乃花以来、22年ぶり8人目の賜杯となった。直接対決での千秋楽1差逆転優勝は、02年初場所の栃東以来、10人目。13日目に左肩付近を負傷しながら土俵に上がり続け、歴史に残る逆転劇につなげた。

 優勝を決めて支度部屋に戻ってくると、自然と目が潤んできた。土俵に戻り、館内に君が代の大合唱が響くと、涙腺は決壊した。男泣き。出場すら危ぶまれた中で15日間を戦い抜いて手にした優勝に、こみ上げるものを抑えきれなかった。

 「本当にこの応援のおかげと、支えてくれた人のおかげです。何か見えない力を感じた15日間でした」。痛みをこらえて、真っ先に感謝の言葉を口にした。

 13日目の日馬富士戦で左肩付近を負傷し、14日目の鶴竜戦は力を出し切れずに連敗。この日も左肩から左上腕にかけてテーピングで固定し、左からの攻めはほとんどできない状態だった。その中で勝利に固執した。本割では朝稽古で試した右への変化に出たが、手付き不十分で不成立。「同じことはできないから、違うことをしようと思った」と2度目は自身も考えていなかった左への変化に出た。そして右前まわしを許しても右からの突き落としを決めた。

 運命の優勝決定戦。相手の間合いで立たれて日馬富士戦、鶴竜戦と同様にもろ差しを許したが、結果だけが違った。土俵際で執念の右小手投げ。「最後は自分の力以上が出た。諦めずに最後まで力を出してよかった」。抜群の集中力と執念。日々の鍛錬で培われたものが大一番で出た。

 新横綱優勝は8人目。15日制では、優勝32回を誇る大鵬、稀勢の里の入門時の師匠の隆の里、22年前の貴乃花に続く偉業となった。亡き師匠に並んだ形だが、隆の里は15戦全勝での賜杯だっただけに「新横綱で全勝は凄い」と改めて師匠の偉大さを痛感していた。

 初場所後の横綱昇進伝達式から60日。口上で「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」と述べたが、これ以上ない感動をファンに与えた。新横綱場所を終えると「今までの相撲人生、15年間とは全く違う場所だった。横綱土俵入りも初めてだし。疲れた」と、ようやく本音がこぼれた。

 今場所は17年ぶりの4横綱でスタートしたが、第一人者の白鵬が途中休場し、皆勤した鶴竜、日馬富士はともに10勝止まり。横綱の務めを果たしたのは稀勢の里だけだった。初優勝からの連覇は7人目。続く夏場所(5月14日初日、両国国技館)では、15日制では初めてとなる初優勝からの3連覇の期待が懸かる。

 「今日(の優勝)はないと思って、また明日からしっかりやりたい。しっかり(ケガを)治して、5月の初日に間に合うようにしたい」。歴史に残る優勝を成し遂げても、愚直に相撲に取り組んでいく。

 [ 2017年3月27日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
13日目の日馬富士戦で左肩を負傷し、出場が危ぶまれた横綱・稀勢の里、14日目は鶴竜戦で力なく敗れ、大関・照ノ富士に抜かれると言う意外過ぎる展開となったけど、千秋楽でその照ノ富士と当たり、何と左からの変化をかけ気迫で右からの突き落としを決め13勝2敗として優勝決定戦にまで持ち込んだようです。

それにしても、ケガをしながらそれをものともしないのはさすが横綱と言いますか、横綱になっていきなり休場ではカッコがつかなさ過ぎると言う意識からか、強行出場したんだから稀勢の里はスゴい。

「最後は自分の力以上が出た。諦めずに最後まで力を出してよかった」と振り返って優勝決定戦、執念で優勝を勝ち取ったって言いますから、ケガに耐えて出場し逆転優勝、かつての貴乃花と重なる部分があります。
あの時の貴乃花は膝に重傷を追いながら気迫で優勝を掴んだけどね。
「痛みに耐えてよく頑張った!!」ってスピーチが印象に残ってますが、今回の稀勢の里にもその表現を使ってほしいです。

久々の4横綱となりながら白鵬の途中休場と言うハプニングもあった今場所、日馬富士と鶴竜は全く結果を出せなかっただけに、稀勢の里だけが横綱の意地と言うか務めを果たしたと言うけど、新横綱になっていきなり優勝と言うのは快挙も快挙です。
表彰式の国歌斉唱でまさかの号泣、普段表情を変えない稀勢の里がここまで感極回った場面を見せたのは初めてです。

連破を果たし横綱の風格を見せた稀勢の里、おめでとうございます。
しばらくは負傷した左肩の治療の専念したほうが最優先でしょう。

theme : スポーツニュース
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード