FC2ブログ

どうなる? 大相撲春場所

 新型コロナウイルス拡大のせいでスポーツ界にも影響が出てますが、当然来月始まるアレだって。

引用

春場所 無観客、中止も選択肢 尾車事業部長が見解

 日本相撲協会の尾車事業部長(元大関琴風)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大により開催の是非が検討されている春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)について「相撲協会だけ通常開催はありえない」との見解を示した。プロ野球などスポーツ界では自粛ムードが漂っている中で、同事業部長は「(以前よりも)収束というより状況は厳しくなっている。理事会で皆さんの意見を聞きたい。過去の事例がないから分からない」と話した。春場所後には3月29日から春巡業が始まる。「巡業までは話がいっていない。巡業部長も頭が痛いと思う」と、現時点で春巡業の開催可否については、協会内で議論が進んでいないことも明かした。

 春場所は無観客での開催、中止も選択肢に含めて、3月1日の臨時理事会で最終決断が下される。

 この日、大阪・堺市の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古を見守った尾車事業部長は「いつもと変わらず、みんな一生懸命やっていた」と、不安定な状況でも稽古に打ち込んでいる力士の姿に目を細めた。

 同一門の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「お相撲さんはやることだけやればいい。稽古をすることによって免疫性も高まると思う。(場所開催については)理事会までに公言できることはない」とした。

 [2020年2月28日13時14分「nikkansports.com」]より
 来月大阪で行われる大相撲春場所、ただ今年は新型コロナウイルス拡大のせいで開催是非が検討されており、スポーツ界でも自粛が相次いでいることから予定通り開催するのは難しいと日本相撲協会は苦渋の判断を迫られているみたいです。

 観客を一切入れない無観客開催か、場所そのものを中止にするのか、来月1日の臨時理事会にて決断が出るみたいだが、中止となれば9年前のようになります(八百長問題表面化により)。

 また「巡業までは話がいっていない。巡業部長も頭が痛いと思う」と春場所後の春巡業についても実施の是非が出てますが、巡業については自粛したほうが正しい。感染予防の上に力士に十分な休息が与えられていいと思うんだが。

 春場所は無観客にして予定通り行い、春巡業は自粛。ってことにしたら? 相撲協会。

theme : スポーツニュース
genre : ニュース

徳勝龍がまさかの優勝

 令和最初の初場所を制したのは意外な伏兵でした!!

引用

徳勝龍 白状した 優勝は「意識することなく…ウソです。メッチャ意識してました」

 土俵下での優勝インタビューで徳勝龍は、千両役者ぶりを発揮した。

「自分なんかが優勝していいんでしょうか」と切り出すと、優勝を争った心境について「(優勝を)意識することなく…ウソです。メッチャ意識してました」と白状。「ばりばりインタビューの練習してました」と明かした。両親に対しては「お父さん、お母さん、産んで育ててくれて、ありがとうございます」と締めて拍手を浴びていた。

 [ 2020年1月27日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 両横綱(白鵬・鶴竜)が序盤であっさり休場するハプニングに加え、遠藤は序盤こそ盛り上げたもののその後ジリ貧になり、貴景勝だけが上位陣で白星を重ねたものの予測のつかないものとなった今年の大相撲初場所、その初場所の優勝争いを演じたのが貴景勝に加え、前頭4枚目の正代と前頭17枚目の徳勝龍、千秋楽の時点で徳勝龍が1敗、それを2敗で追う正代という構図だったけど、正代は御嶽海をはたき込んで優勝決定戦に望みをつないだが、結びの一番で貴景勝と当たった徳勝龍、左四つ右上手をつかんで前に出て貴景勝を寄り切り、この瞬間初優勝という喜びの瞬間となったわけで、土俵上で歓喜の涙を流しました。

 歓喜の優勝インタビューでは「自分なんかが優勝していいんでしょうか」と初めて幕内優勝した喜びというより驚きを見せたけど「(優勝を)意識することなく…ウソです。メッチャ意識してました」とあまり意識してなかったけどホントは意識してましたと建前からの本音でコメントしたが、謙遜しなくてもいいと思うね。

 それと今場所中に恩師(近畿大の監督)が亡くなるという不幸に見舞われたけど、その悲しみを乗り越えて白星を重ねて初優勝という偉業を成し遂げたことは素晴らしいです。

 最も幕内で下の番付の力士が優勝するという驚天動地、横綱がいきなりいなくなった本場所を盛り上げたことは称賛に値します。徳勝龍(正代や炎鵬なども入れます)。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

白鵬に続いて鶴竜もかよ、また・・・!!

 令和初の大相撲初場所は序盤で横綱がいなくなるという事態に発展したみたいです・・・。

引用

金星乱発の鶴竜休場…白鵬続き初場所から横綱不在に

 横綱鶴竜(34=陸奥)が16日の初場所5日目から休場する。白鵬が休場した前日15日の4日目も惨敗で3敗目を喫した。

 妙義龍に押し出され、今場所だけで金星3個を配給しており「パワーが伝わっていない。全然(自分の)相撲が取れていない」と話していた。

 [2020年1月16日8時57分「nikkansports.com」]より
 初日に前頭筆頭・遠藤に金星を献上し、不安な出だしとなった横綱・鶴竜、2日目に阿炎をはたき込んで初白星も3日目には北勝富士に押し出されて2敗、4日目に対戦した前頭・妙義龍に押し出されて早くも3敗目と横綱らしからぬ内容に「それで横綱か? 恥ずかしい」って言いたくなるものだったが、その鶴竜は16日朝に休場することを発表したが、白鵬に続いてまた横綱が休場するというとんでもない展開になったみたいです。

 昨年9月の秋場所、11月の九州場所に続いて3場所連続で途中休場となった鶴竜、横綱なのに全く存在感を示せないでいいんでしょうか?
 自分の相撲が取れていないなんて言うけど、そんなのは言い訳にしか映らないし、そんなことを言うなんてホントに横綱ですかとも言いたくもなります。

 白鵬もそうだが、横綱ってなんか負けがこむとすぐに休場する傾向が目立つが、勝手過ぎるとしか思えないし、ファンを裏切る姿勢でしかないと思います。勝てないから休むってあんまりだし、プロ野球でいえばチームのことを考えず病気療養を理由に勝手に帰国する外国人選手とどっこいどっこいだよ。
 もう全盛期ほどの強さなど無くなった鶴竜、もう引退したほうがいいとしか思えません。それと横綱審議委員会、勝てなくなったら休場するような白鵬と鶴竜には苦言を呈したほうがいいくらいです。即ち横綱であっても厳しい苦言をしなければダメだ。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

遠藤、白鵬に雪辱!!

 先場所の件もあって余計負けられないという気持ちが出たと思います。

引用

遠藤、白鵬破り2日連続金星「しっかり集中できました」初日からは99年栃東以来戦後3人目

 熱狂的なコールが国技館を包み込んだ。東前頭筆頭・遠藤が切り返しで横綱・白鵬を破り、初日の鶴竜戦から2日連続で金星を獲得。初日から2日連続は1982年秋場所で北の湖と千代の富士を破った大寿山、99年秋場所で貴乃花と武蔵丸を破った栃東以来、戦後3人目となった。遠藤は前回対戦した昨年九州場所で大流血があった因縁の対決でリベンジを果たした。

 エンドーッ!エンドーッ!エンドーッ!まだ結び前。「座布団を投げないでください」のアナウンスを受け入れた観衆は、自然発生的な「遠藤コール」で祝福する。心地よい響きに包まれ、遠藤が勝ち名乗りを受けた。

 鮮やかにリベンジを果たした。前回対戦した昨年九州場所12日目は、白鵬に左で張られ、右肘を顔にねじ込まれて大流血の末、敗れた。この日の立ち合いも同じ“コンビネーション”を選択した横綱に対し、左へ動いて無効化。すかさず攻め込み、まわしの結び目付近まで深く左を差す。相手の右上手投げには左足をかけて2度こらえ、3度目に切り返しで倒した。白鵬からは16年九州場所以来2つ目の金星を獲得。いつも勝敗に一喜一憂しないが、思わず舌をペロリと出し頬を緩めた。

 引き揚げた支度部屋では冷静に「勝てて良かった。しっかり集中できました」と短い言葉に喜びを凝縮。2日連続金星は18年初場所で嘉風が4日目に白鵬、5日目に稀勢の里を連破して以来2年ぶり。初日から2連続金星は99年秋場所で栃東が貴乃花、武蔵丸を破って以来20年4カ月ぶりとなる。

 発奮材料は先場所の取組だけではない。兄弟子ながら3学年下の大栄翔が今場所で新三役に昇進。師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)は「本人は腹を見せないけど、負けたくない気持ちは絶対ある」と遠藤の心境を察する。昨年5月に一般女性と結婚したことで「相撲で生活していかないといけない。家庭を持って“頑張ろう”となる」とも分析した。切磋琢磨(せっさたくま)する相手と良き伴侶に恵まれ、人気力士の進撃は続きそうだ。

 [ 2020年1月14日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 さきの九州場所で横綱・白鵬から左で張られた上に顔面に右肘を喰らい、プロレスさながらの大流血で敗れた前頭筆頭・遠藤、その遠藤が白鵬といきなり顔を合わせることとなった大相撲初場所2日目、前回のこともあってまた白鵬が同じことをやらなければいいがと思いましたね。

 立ち合いから前と同じ攻めに出た白鵬、逆に左を向いてかわす遠藤、まわしの深くに差してからここから激しいがぶり寄りを演じると、白鵬が右上手投げを仕掛けるわけだが遠藤は投げられまいと堪えて、見事な切り返しで白鵬の体を土俵につけて見事勝利。初日に横綱・鶴竜を下し2日連続で横綱を下すという偉業を果たすおまけ付きといいますから、この日の遠藤は見事と言っていいでしょう。

 白鵬に買ったことで両国国技館は大いに沸いて座布団が飛び交ったけど、まさに名勝負、そして前回の取り組みで流血して負けた雪辱も果たすということにもなったわけだが「しっかり集中できました」と支度部屋でこうコメントした遠藤、見てて素晴らしい取り組みでした。
 これ以上白鵬の独壇場にしてはいけないという意気込みの現れに映るけども、2日連続で横綱から金星という幸先いいスタートを切ったが、ここから白星を量産出来るかが見ものです。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

白鵬「禁じ手じゃない」と正当化

さきの九州場所での振る舞いを横綱審議委員会から名指しされたものの・・・!?

引用

白鵬 かち上げ&張り手に横審から苦言も反論「禁じ手じゃない」

 日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月12日初日、両国国技館)の新番付を発表し、横綱・白鵬(34=宮城野部屋)が4場所ぶりに東の正位に就いた。43度目の優勝を飾った九州場所では張り手やかち上げを多用し、場所後の横綱審議委員会から苦言を呈されたが、取り口を変えることは考えていない。東京五輪イヤーも自分の相撲を貫き、優勝50回を目指していく。

 史上最多43回の優勝を誇る第一人者は、来年もスタイルを変えずに突き進む。九州場所の覇者として迎えた番付発表会見。かち上げや張り手が目立った取り口について、横綱審議委員会が「横綱として見苦しい」と苦言を呈したことを聞かされても、白鵬は全く動じなかった。「全く知らなかった」とした上で「自分は自分の相撲を取るだけ。禁じ手というものでもないので」と全く意に介さなかった。その言葉通り、冬巡業でも15日の沖縄県うるま市の稽古では松鳳山に右かち上げを浴びせていた。

 周囲になんと言われようと貪欲に勝利をつかみにいく。その視線の先にあるのは優勝50回という目標だ。来年は長らく照準に定めてきた東京五輪イヤー。「五輪が終わったら目標を失うというのが見えている。達成できるかは別として、大台の50回。モチベーションを持ってやっていけたら」。大台までは7回の優勝が必要だけに「今年は2回だったので来年は3回。階段を上っていきたい」と決意を新たにした。

 優勝回数を伸ばすためにも若手の壁となっていく。「壁は高ければいいと思う。いずれ彼ら(若手)もこの立場になる。そのとき“当時の上位陣が強かったから今がある”と言われるように頑張りたい」。3月に35歳となる横綱は、力ずくで優勝をもぎ取りにいく。

 [ 2019年12月25日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
来年1月12日から始まる大相撲初場所、その新番付が発表された24日、さきの九州場所で優勝した横綱・白鵬は東横綱に返り咲いたが、その九州場所ではかち上げ及び張り手を多用したことで相撲ファンや横綱審議委員会から批判されたけど、当の白鵬は「自分は自分の相撲を取るだけ。禁じ手というものでもないので」といわば正当化するような姿勢を取ったけど、正直横綱がこんな姿勢でいかがなものかと言いたくなった。かち上げは禁じ手ではないものの、右肘にサポーターをつけている段階でかち上げ目的だと思われてもおかしくありません。

周囲から批判されてもどこ吹く風で勝ちに行き、そして優勝しか考えてないという白鵬のこの姿勢、自身が目指す優勝50回という目標の為には歩みを止めないと言うけれど、こういう姿勢は余計批判されておかしくないです。

あと横綱審議委員会、白鵬のいないところで批判したって意味などない、むしろ本人を呼んで注意でもしなければならないと思うよ。あと横綱だからって理由で厳罰を与えないのは権威主義的でありスポーツ倫理的に遅れていると思います。それと肘にサポーターをつけることを禁止するルールでも作ったら? 日本相撲協会は。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

白鵬のかち上げに「苦言」

令和最初の九州場所横綱・白鵬の一人勝ちだった気がします。
その理由として上位陣が相次いで休場してことにあるけど、その白鵬について立ち合いでの行為に批判が出ているみたいです。

引用

横審「見苦しい」と批判…白鵬の立ち合いは是か非か

大相撲の横綱白鵬(34=宮城野)が、横綱審議委員会(横審)から取り口について「見苦しい」「やりすぎ」などと、厳しく批判された。

九州場所千秋楽から一夜明けた25日、横審の定例会合が東京・両国国技館で行われた。同場所で白鵬は、14勝1敗で史上最多43回目の優勝。だが立ち合いの張り手やかち上げは、横綱にふさわしくないと、横審は日本相撲協会に指導を要望した。一方の白鵬は福岡市内で会見し、優勝50回を目標に掲げた。

   ◇   ◇   ◇

通常は15分程度で終了する横審の定例会合が、この日は2倍の約30分間行われた。話題の中心は白鵬の立ち合い。張り手や、肘打ちともいえるかち上げについて、矢野弘典委員長(78=産業雇用安定センター会長)は「ちょっと、やり過ぎではないかと。横綱の振る舞いとして、見苦しいのではと、ほとんど全員から意見が出た」と、全9人の総意として苦言を呈した。

特に12日目の小結遠藤戦は、立ち合いは左で張り、右は肘が顔面をとらえた。鼻から大流血の遠藤を“KO”した格好。矢野委員長は「1番目立ったのが遠藤戦。そこまでしなくてもいいんじゃないか」と顔をしかめた。続けて「43回も優勝し、史上最高の実力者と言っていい大横綱。後世に名が残るような横綱がやったように、白鵬もしてほしい」と改善を要求。「指導してほしいとお願いした」と、相撲協会にも求めた。

2年前にも同様の意見が出た際、当時の北村委員長は「15日のうち10日」と、白鵬の立ち合いの張り手、かち上げの頻度が多いと苦言を呈した。この日の矢野委員長は「回数の問題じゃない」ときっぱり。芝田山広報部長(元横綱大乃国)も「張り手はいい」と話したが、2年前の苦言以降、激減していた肘打ちのようなかち上げが、再び増えたことには表情を曇らせた。

横審の会合に先立って会見した白鵬は、立ち合いについて「前からやっていること。勝てないと生き残れない」と、規則の範囲内であり、さまざまな技の一つとの認識を示した。協会としては白鵬や師匠を呼んでまで指導することには否定的。本人の自覚に委ねられる見込みだ。

[2019年11月26日7時0分「nikkansports.com」]より
九州場所千秋楽から一夜明けた25日、両国国技館にて行われた横審(横綱審議委員会)の定例会合、さきの九州場所を振り返る意味合いがあったけど、その中で話題っていうか槍玉に上がったのが白鵬の立ち合いでのいきなり張り手やかち上げで、横綱のふるまいとしてふさわしくないと言う批判が殺到したみたいです。

そりゃそうだ。いくら横綱とはいえ、そんな立ち合いは勝つ為なら手段を選ばない的な考えで角界の頂点に立つ横綱がそれをやっては角界の品格に関わるってことだし、見苦しさも感じるでしょう。会場で見ている客やテレビで見ている視聴者にすれば「あれが横綱の振る舞いか?」ってね。

12日目の遠藤戦では「はっけよい!」からいきなり左で張り手をかまして右肘で顔面を直撃、遠藤が流血するという一幕もあったけど、あれは正直相撲じゃなくてプロレスもいいところです。ボクシングでいえばいきなりフックをかますようなもので、あり得ない。
過去にも立ち合いからの張り手とかち上げが多かったことで苦言を言われただけに、それに懲りること無くまたやらかしたことに横審にすれば「またか」と思うし、白鵬の師匠である宮城野親方にも批判の矛先を向けたくもなるでしょう。

「前からやっていること。勝てないと生き残れない」と会合を前にあれは規則の範囲内と正当化するような発言をした白鵬、勝てばそれでいいという考えは心技体の「心」に背くような言動だと思います。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード