FC2ブログ

安美錦、土俵を去る

最年長関取として君臨してきたけど、ついに現役生活に幕を下ろしました。

引用

“関取最年長”安美錦引退…古傷の右膝を傷めて決断

 関取最年長40歳の安美錦(伊勢ケ浜部屋)が足掛け23年の現役生活にピリオドを打つ。西十両11枚目の今場所は古傷の右膝を痛めて3日目から休場。次の秋場所で幕下への転落が確実となり、引退を決断した。関取在位117場所は魁皇と並んで史上1位だった。今後は年寄「安治川」を襲名し、後進を指導する見通し。優勝争いは鶴竜が逸ノ城を寄り切り無傷の10連勝、白鵬は玉鷲を突き落とし1敗を守った。

 ひょうひょうとした顔つきで稽古場に現れ、ダンベルを使った筋力トレ、てっぽうで汗を流す。安美錦は引退表明の朝もルーティンをこなした。

 「最初は治療して、もう一回と思っていたけど。今回は初めて今後のことを考えた。またケガしたら、どうするんだろうと。勝負師として一線を引く時かなと思った」

 両膝や左アキレス腱断裂など度重なるケガを乗り越えた不屈の男が、心に生じた迷いを悟った。「勝ち越しが消えて、気持ちも消えた。未練はない」。今場所2日目に負傷した右膝は、まだ25歳だった04年に同じ名古屋場所で前十字じん帯断裂など重傷を負った古傷だ。「“最後はまた、おまえにやられるのか”という感じ。いい相棒だった」。約23年間のプロ生活で、いじめ抜いた体をいたわった。ともに平成を盛り上げた魁皇、若の里も現役最後の土俵は名古屋場所。今場所初日に敗れた後に安美錦が口にした「名古屋は超えられないんだよ」の言葉が現実になった。

 力士の大型化でパワー重視の傾向が強まる中で多くのライバルから「やりにくい相手」と評される確かな技術で対抗。03年初場所8日目には横綱・貴乃花を破り、貴乃花の現役最後の相手でもあった。自身の現役最後の相手は関取最年少21歳の新十両・竜虎(りゅうこう)で「若い子に“頑張ってくれよ”という気持ちはある。バトンタッチできて良かった」とすがすがしい表情だった。

 師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)に引退を申し出たのは14日。だが、ここ2日間も稽古場で体を動かした。厳しい勝負の世界に生きる同僚力士への配慮と同時に後進の指導に当たるためのリハビリだ。「早く(稽古で)胸を出したい」。既に第二の人生へスタートを切っている。

 [ 2019年7月17日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
西十両11枚目にいる安美錦、今場所は2日目に古傷である右膝を痛めて3日目から休場ですが、現在40歳の安美錦、年齢的にもう限界かと囁かれたけど、その安美錦が16日に現役を引退することを表明したようです。
今場所途中休場したことで来場所は幕下に陥落することが濃厚となったことや、両膝やアキレス腱に古傷を持ちながらもそれを乗り越え続けた不屈の精神で乗り越えてきたけどもう限界を迎えたと安美錦本人は思ったんでしょう。
また一人、平成を盛り上げた個性派力士が土俵を去るというのは寂しいですが、安美錦もまた記憶に残る力士の一人だと思います。

パワー重視の角界において技術を駆使して大柄力士を翻弄し、土俵際で勝負をひっくり返す一番も少なくなかったことで❝行司泣かせ❞な部分もあったけど、魁皇と並ぶ関取在位117場所、3賞受賞12回(殊勲賞4回・敢闘賞2回。技能賞6回)など長く土俵を盛り上げてきたけど、一番記憶に残っているのは2003年の初場所8日目で当時の横綱・貴乃花と対戦した際に金星を奪った一番です。そしてこれが貴乃花最後の一番になったことで印象的です。

ケガをしてもそれを乗り越え続けて土俵に立ち、最後まで諦めない相撲をファンを魅了してきた安美錦、奇しくも同じく平成の角界を盛り上げた魁皇や若の里も名古屋場所を持って引退したけど、安美錦もまた名古屋場所を最後に引退というのも運命的なものです。度重なるケガをその都度乗り越えた❝不死鳥❞のような力士だったと思います。

theme : 気になったニュース
genre : ニュース

無理して出ることはない、貴景勝

右膝の治療に専念したほうが自分の今後の為です。

引用

貴景勝休場、大関陥落へ 横綱目指すため…右膝治療専念

 右膝を痛めている大関・貴景勝(22=千賀ノ浦部屋)がカド番で迎える名古屋場所(7日初日、ドルフィンズアリーナ)を休場することが4日、決まった。この日の夜、名古屋市北区の部屋で師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)に伝えた。途中出場はせずに治療、リハビリに専念するため、秋場所(9月8日初日、両国国技館)は関脇に転落する。貴景勝は新大関だった夏場所で右膝を負傷して途中休場。在位2場所での陥落となった。

 名古屋市内で行われた名古屋場所前夜祭の収録に参加した貴景勝は、出演を終えると千賀ノ浦部屋に直行した。千賀ノ浦親方と30分ほど話し合ってから部屋を出ると「休場します」と明言。「出るつもりでやってきたが、師匠に“まだ力士生活はある。もう少し万全に治すのが正しい”と言われた。師匠の判断は絶対。納得して選択した」と決断に至った経緯を説明した。

 紆余(うよ)曲折を経て大関陥落を受け入れた。貴景勝が右膝じん帯を損傷してから、相撲を取ったのは今月に入って2回だけ。相手は幕下以下の力士だった。この日は基本運動だけで終え、その後に親方と出場の可否について協議。「若い衆とちょっとやっただけで相撲勘は戻らない。ぶっつけ本番でできるほど甘くない」と休場を勧める師匠に対し、貴景勝は出場の意思が固かった。話し合いは4時間に及んだが、前夜祭のため、部屋を離れるまでは結論が出なかった。

 翻意したのは横綱になりたいという思いを優先させたから。「もう一つ、最後の番付を目指したい。ケガと付き合いながらやるという選択肢もあるが、しっかり治してからやるという選択」。中途半端な状態で出場してケガを悪化させれば、道は閉ざされかねない。「陥落は残念だが、5年後、10年後、この経験があったから自分があると言えるようになりたい。強くなるために地道にやっていく」と前を向いた。

 関脇となる秋場所は、10勝を挙げれば特例で大関復帰となる。千賀ノ浦親方は「全身全霊で取り組めば、それだけの成績を残せる」と期待した。三重ノ海は大関陥落を経験しながら横綱に昇進した。22歳の若武者は可能性を十分に秘めている。

 [ 2019年7月5日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
先場所右膝を損傷して途中休場を余儀なくされた大関・貴景勝、その貴景勝は明後日始まる大相撲名古屋場所でカド番を迎えるけど、右膝が完治していないとして今場所は全休することを師匠の千賀ノ浦親方に伝えたけど、これに伴い秋場所は関脇に陥落するわけだが、大関になって2場所での陥落はあっけない感もするけど、無理して出場してケガが悪化すれば稀勢の里の二の舞だからね。

「もう一つ、最後の番付を目指したい。ケガと付き合いながらやるという選択肢もあるが、しっかり治してからやるという選択」という賢明な判断を下した貴景勝、それがいい。

名古屋場所は全休して治療とリハビリに励み、そこから復活すれば将来の為になるし、自分に課された試練だと思えばいいんじゃないのか? 貴景勝。
まだ22歳、これから巻き返しのチャンスはあるんだから、秋場所に照準を取りましょう。

theme : ニュース・ピックアップ
genre : ニュース

朝乃山が初優勝

令和最初の大相撲を制したのは意外にも・・・!?

引用

平幕の朝乃山が初V!三役経験なしは58年ぶり

<大相撲夏場所>◇14日目◇25日◇東京・両国国技館

令和最初の優勝は、西前頭8枚目の朝乃山(25=高砂)が飾った。

大関豪栄道(33=境川)を寄り切って12勝目を挙げ、結びの一番で1差で追っていた横綱鶴竜(33=井筒)が関脇栃ノ心(31=春日野)に敗れ、14日目で自身の初優勝を決めた。1場所15日制定着の49年夏場所以降では昨年初場所の栃ノ心以来、21度目の平幕V。三役経験のない力士の優勝は、61年夏場所の佐田の山以来、58年ぶりとなった。

取組後インタビューに答えた朝乃山は「先に上手を取られたのでじっくり攻めた。勝ったことが1番。まだ実感はないです」と淡々と話した。今場所は優勝争いをする中で、自分の相撲をとることに集中してきた。「プレッシャーはあったけど、平常心でやってきたことが良かった」と振り返った。

[2019年5月25日17時55分「nikkansports.com」]より
横綱・白鵬が休場の上に大関・貴景勝は途中でケガして休場、強行出場しながらまた休場と、令和最初の大相撲は最初から予想だにしない展開続きで、優勝争いはというと横綱・鶴竜と前頭8枚目の朝乃山の一騎打ちといいますから、鶴竜が横綱の意地を見せるか、それとも朝乃山がサプライズを起こすかでしたが、何と!! 本日の取り組みで朝乃山が大関・豪栄道を寄り切って勝利して優勝に王手をかけ、鶴竜にプレッシャーを与えますが、その鶴竜は先日朝乃山と物議を醸した取り組みの末負けた関脇・栃ノ心の変化であっさりはたき込まれてこの瞬間優勝を果たしたみたいです。

令和の大相撲は平幕・朝乃山が制するというビッグサプライズだけど、三役経験なく優勝は58年ぶり、そして平幕優勝は昨年の初場所で栃ノ心が果たして以来ですから、快挙と言ってもいいくらいです。

「プレッシャーはあったけど、平常心でやってきたことが良かった」とインタビューでこう答えた朝乃山、優勝争いしているという実感はあれども、あくまで平常心を保って臨んだことが結果に結びついたと言ってるけど、まさか自分が令和初の大相撲で優勝を果たすなんて夢にも思わなかったでしょうね。

ノーマークだった存在があれよあれよと勝ち進んで優勝、サッカーのユーロ2004(2004年ヨーロッパ選手権)で初優勝したギリシャのようなビッグサプライズを提供した朝乃山、初優勝おめでとうございます。

theme : 今日のニュース
genre : ニュース

貴景勝、強行出場もやっぱ・・・!!

右膝関節内側側副靭帯を損傷したんだから、無理に出ることはなかったのにねェ・・・!!

引用

貴景勝が再休場 再々出場は「一切ありません」親方

大相撲の新大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が、夏場所(東京・両国国技館)を9日目から再休場することについて、師匠の千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)が20日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で、朝稽古後に取材に応じた。貴景勝は4日目の小結御嶽海戦で右膝関節内側側副靱帯(じんたい)を損傷し、約3週間の加療を要するとの診断書を提出して休場したが、8日目に再出場した末、小結碧山の立ち合い変化に対応できず、わずか0秒8で敗れていた。その取組後の前日19日の午後11時30分ごろに、電話で師匠から「休場しよう」と切り出したところ、貴景勝も即座に「はい、分かりました」と返答し、再休場となったことを明かした。

碧山戦で故障が悪化したということはないが「昨日(8日目)の相撲内容では相撲は取れないと判断した」という。打ち出し直後に部屋で直接会った際には「迷いがあった」と、切り出せなかったが、深夜に考えがまとまって、この日の再休場に至った。千賀ノ浦親方は「本人も1番取ってみて納得したと思う。ああいう相撲しか取れないなと。初めての経験。実際に再出場したことで自分でも納得した」と、両者の心の内の変化を交えて内情を明かした。

ファンや相撲協会には「看板力士である大関が、出場したり休場したりするのは非常に申し訳ない思いがあります」と、謝罪した。それでも「再出場は間違っていなかったと思う。言い方はおかしいが、こういう経験をして、逆によかった。本人は今でも土俵に上がりたい気持ちはあると思う。でも責任も感じている。『心苦しい』というようなことも言っていた。とにかく早く治して、治療に集中して、さらに強くなった貴景勝のいい相撲を見せたい」と、心身ともに一回り成長することを期待していた。また、再々出場の可能性については「一切ありません」と話していた。

[2019年5月20日11時0分「nikkansports.com」]より
4日目に対戦した御嶽海戦で右膝関節内側側副靭帯を損傷し、約3週間の治療と安静を要すると診断された大関・貴景勝、しかしその後痛みが引いたという貴景勝の訴えを師匠の千賀ノ浦親方及び医師が認めて、8日目に再出場したもののこの日対戦した碧山に立ち合い変化を喰らってあっさり敗れたけど、やはり右膝に力が入らずあっけなく敗れたかも知れないが、強行出場するべきじゃなかったとすら思います。

それに加えて、今度は右骨骨挫傷まで起こし、約3週間の治療を要する見込みと医師からの診断書を受け、その診断書を日本相撲協会に提出して、9日目から再び休場することを決めたようです。

ハッキリ言って、御嶽海戦後に右膝関節内側側副靭帯を損傷した時点で休場したまではいい、だったら何で痛みが引いたと直訴して強行出場したのか? ケガしたのに無理して出てそれで古傷となって今後の相撲人生に後遺症が残れば短命力士になりかねない懸念もあります。
それとちょっとケガしたくらいでも無理して出てそれでケガを悪化させたんじゃ本人の為にならないし、ましてや右膝関節内側側副靭帯損傷に加えて骨挫傷ですから、今は治療に専念して次の場所には何事もなく出場できるような状況を作るべきです、貴景勝。

あと角界もスポーツ医学などを取り入れてはどうか? 変に精神論や根性論にこだわって時代の流れに抗うような姿勢では力士ファーストとは言い難いです。
碧山に敗れて花道に引き下がる貴景勝を見て私は「右膝関節をケガしたのに何でまた出たんだよ!? 休んで治療に専念しろよ!!」とも思いました。

theme : 大相撲 注目の力士
genre : スポーツ

貴景勝、今場所は❝全休❞したほうがいいのでは?

令和最初の本場所ですが、その❝主役❞候補はきなりケガで途中休場という事態だけど・・・!?

引用

貴景勝「自分の相撲を取れます」親方が再出場認める

大相撲の新大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が、東京・両国国技館で行われている夏場所に再出場することが決まった。

18日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で、朝稽古後に師匠の千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)が明かした。

貴景勝は15日の4日目の小結御嶽海戦で右膝関節内側側副靱帯(じんたい)を損傷し「全治3週間の加療を要する」との診断書を提出。翌16日の5日目から休場していた。不戦敗を含め、3勝2敗2休の状態から、19日の8日目に出場し、残る8日間で5勝以上を挙げて勝ち越しを目指すことになる。

千賀ノ浦親方によると、17日深夜「日付が変わる手前」の午後11時過ぎに、貴景勝が部屋を訪れて話し合ったという。16日夕方から痛みが劇的に引いたため、本人から「大丈夫です」と、再出場を直訴された。師匠の部屋に招かれた際には、実際に目の前で膝の曲げ伸ばしを繰り返させた。「(部屋に)来る前は絶対に休ませるつもりでいたけど(膝の曲げ伸ばしを)見ている限り、無理をして、我慢してやっている表情ではなかった。相撲を最後まで取りたい気持ちが大きいのでしょう」と、再出場を認めた。

同親方は貴景勝から、高気圧酸素カプセルや注射、複数のトレーナーらの施術により、痛みがなくなったと説明された。「腫れも引いていた。半月板の損傷も全然ない。そんきょも大丈夫」ということで「御嶽海戦のように差したり余計なことはするな。突き、押しのいつもの自分の相撲を取って、絶対に下がるな。下がると痛みが出る」と、取り口にも念を押し、再び痛みが出た際には半ば強制的にでも休ませることを条件に提示。貴景勝から「自分の相撲を取れます」と力強い返答があったという。

「心配といえば心配。相撲を取って、ダメだなと思ったら休む。『絶対に無理はするな』。これは約束してくれと言った」。19日の朝稽古の参加については「分からない」と、ぶっつけ本番の可能性があることも明かしていた。

[2019年5月18日10時17分「nikkansports.com」]より
令和になって最初の大相撲となる今年の夏場所、令和最初の場所の❝主役❞候補に挙がっている新大関・貴景勝、15日に行われた4日目に対戦した御嶽海戦で右膝関節内側側副靭帯を損傷し、全治3週間と医師から診断されたことで翌日の5日目から休場したけど、その貴景勝が何と18日になって再出場するみたいです。

18日の朝稽古後に師匠の千賀ノ浦親方が明かしたけど、その前日の夜遅く千賀ノ浦親方のところに貴景勝が来て、痛みが引いたから再出場させてくれと志願してそれを千賀ノ浦親方が認めたと想うけど、親方も容認には苦渋の判断だったんじゃ・・・?
「全治3週間と言われたのに無理をするのか!? 稀勢の里みたいになるぞ!!」って反対してもおかしくなかったが。

「(部屋に)来る前は絶対に休ませるつもりでいたけど(膝の曲げ伸ばしを)見ている限り、無理をして、我慢してやっている表情ではなかった。相撲を最後まで取りたい気持ちが大きいのでしょう」と貴景勝が千賀ノ浦親方の目の前で膝の曲げ延ばしを繰り返したことで容認したかも知れないが、貴景勝本人の責任感とケジメの強さを尊重したと想うね。くれぐれも無理をしてほしくはない。

とはいえ右膝関節内側側副靭帯損傷は重傷レベルだけに、休んで治療に専念すべきだと思うけど。衣笠祥雄や金本知憲とは違うんだよ!! 無理して出てそれが古傷にでもなって今後の相撲人生に後遺症が出かねないことを考えたら、千賀ノ浦親方はそこらへんを考えてほしかったです。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

「武士道精神」で

平成最後の大関が誕生したようです。
考えてみたら、平成になってから大関に昇進した力士ってこれで26人目なんですけど。

引用

貴景勝「もう一つ上を」通説覆し押し相撲で横綱へ

大相撲の新大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が27日、大阪市内で会見した。

伝達式に続いて行われ「武士道精神」「感謝の気持ち」「思いやり」などの言葉を選んだ口上については「点数は自分で付けるものじゃない」と話したが「決意をしっかりと言えた」と、納得した様子で振り返った。言葉は、24日まで行われた春場所千秋楽からほどなく、誰かに相談するわけではなく、自分で決めたという。

今後については「結果で残すしかない」と、力強く話した。22歳とあって「もう一つ上を目指したい」と、横綱への思いものぞかせた。相撲界には、横綱を務めた力士のほとんどが四つ相撲を得意とし、貴景勝が得意とする押し相撲は、横綱としては通用しないのではないかという通説がある。それについては「そう言われることが頑張れる材料。もともと十両も無理だと言われていた。攻撃パターンも多くないけど、信じて(応援して)くれた人の気持ちに応えたい」と、緊張した様子を見せず、力説した。

また「両親と約束した夢は、まだかなっていない。まだ途中。ただ、一つの扉は開いたかなと思う。これからも、もっともっと相撲道に精進して、親孝行したいなと思う」とも語った。この日の伝達式、会見の様子を見守った両親に、次は横綱として口上を述べる姿を見せることを誓っていた。

[2019年3月27日11時32分「nikkansports.com」]より
さきの春場所で10勝を挙げ、優勝した昨年の九州場所で13勝、今年の初場所で11勝と合計34勝と直近3場所で33勝をあげることが大関昇進となるのを1つ超えたことから、大関昇進を決めた貴景勝、伝達式で「武士道精神」「感謝の気持ち」「思いやり」と言う表現を用いたようです。

武士道精神を重んじと述べた貴景勝、いかに相撲道に精進するという姿勢を強調したけど、四字熟語を使わない伝達式というのも異例っちゃ異例です。

22歳で大関に昇進するというのはスピード出世に他ならないけど、得意の押し相撲でここまで成長したことは大きいが、四つ相撲を得意とする力士が多い今の角界、押し相撲だけでは限界があると思うけども、当の貴景勝は「そう言われることが頑張れる材料」と批判を逆手に取って見返すと言う姿勢もいいところです。
初土俵から28場所目での大関昇進、元師匠である貴乃花を超えてますが(貴乃花は30場所目で昇進)、口上で述べた武士道精神という言葉、自分で決めたというからこれも真っすぐなところがあります。

次は新元号となって初となる場所ですが、そこからが勝負です。

theme : 大相撲 注目の力士
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード