「ジャンプ」人気低下が止まらない

昔も今も少年漫画誌のトップランナーとして君臨する「週刊少年ジャンプ」、その「ジャンプ」が2017年1月から3月までの発行部数が何と200万部を割ったと言う結果が最近出たけど、他誌(「マガジン」「サンデー」)が100万部割れしたのに比べれば大したことないと言うが、かつては653万部と言う数字を記録したのと比べれば「まさかあの『ジャンプ』がここまで落ちたとは」でしょうね。

なぜここまで発行部数が落ちたのかと言えば、単にキラーコンテンツと呼ばれる作品が全盛期と比べて少なくなったことだろう。
1980年代には「キン肉マン」「キャプテン翼」「北斗の拳」「聖闘士星矢」「ハイスクール奇面組」「ドラゴンボール」「ジョジョの奇妙な冒険」などの爆発的ヒット作を多数輩出し、90年代には「スラムダンク」「るろうに剣心」「遊☆戯☆王」「テニスの王子様」「ワンピース」(現在も連載中)などのこれまた爆発的ヒット作を多数輩出、2000年代に入っても「アイシールド21」「銀魂」(現在も連載中)「DEATH NOTE」「トリコ」「黒子のバスケ」などのヒット作を輩出したことで他誌を圧倒的に引き離す人気と売上を記録したが、最近では現在も連載中の「ワンピース」や「斉木楠雄のΨ難」「食戟のソーマ」などぐらいで、全盛期と比べると少ないほうだ。
かつてはキラーコンテンツだらけで他誌に圧倒的に差をつけていた「ジャンプ」であれど、全盛期と比較すれば物足りないって言うか、原因はそれだけではない。

主な読者層は小学校高学年から中学生が大半を占める「ジャンプ」だけに、年を取るに伴い「ジャンプ」を卒業する傾向が強いのも一因かも知れないけど、少子化で15歳以下の人口が年々低下傾向にある現状を見ても、部数の低下の理由は強ち的を得ている。大体高校生ぐらいまでが「ジャンプ」に熱心に見る世代だが、成長するに伴いヤング・大人向けに鞍替えすることもある(集英社で言えば「ヤングジャンプ」「グランドジャンプ」か)。いつまでも少年漫画を見るとは限らないのだから。
もう一つ、電子書籍の普及もあり「ジャンプ」本誌を買うまでもない傾向が強いことも挙げられる。携帯アプリに登録すればいつでも見れるからねェ・・・。

昨年40年も連載した「こち亀」(こちら葛飾区亀有公園前派出所)が終了したことで、その余波が及んでいることも挙げられるが、キラーコンテンツが終わっても別のキラーコンテンツが出てくると言う「ジャンプ」独自の特徴も今や揺らいでいると言っていいでしょう。いくら長寿かつキラーコンテンツであってもいずれ終わるときは来ますから。まして「ジャンプ」の場合、編集部の意向と言うか独断で連載を引き伸ばされるケースもあります。
「ワンピース」などが終われば多分決定的になりかねないが。特定の作品の人気だけにそれに依存しては、後になってその弊害が図り知れないってこと。それが終わったせいで廃刊に追い込まれた雑誌もいくらかありますし。

少子化・電子書籍の普及・成長に伴う少年漫画離れ・キラーコンテンツ依存もあり年々部数が低下傾向にある少年漫画誌、そのトップランナーである「ジャンプ」の200万部割れと言う事実もまた、現在少年漫画誌が抱える課題をも浮き彫りにしたと言えます。

theme : 週刊少年ジャンプ全般
genre : アニメ・コミック

「ドラえもん」は「有害図書」である(その8)

海外にも展開している「ドラえもん」、アジア圏では人気を博す反面欧米においてはあまり広まってないと言うか人気がないってことだが、なぜ欧米で人気がないと言う点では「ドラえもん」の内容が欧米人の目には共感できない部分が多いってことも挙げられるけど、う言うとほとんど「お国柄と言うか価値観が異なるから当然」って単純な応えが返ってくるけど、正直現地の子供たちの人格形成に悪影響でしかないってことでしょう。

フランスでも放送されたが、地元の教育関係者から「ドラえもんのような奴がいると子供がいつまで経っても成長しない」「すぐに他者に頼って自分で努力しないのび太のような奴は子供に悪影響でしかない!」ってボロカス批判されたけど、フランスの教育者ってなんかまともだと思ったね。日本ではあまり「ドラえもん」に対して批判的な考えを持つ識者がいないからねェ・・・。
フランス人にとって「ドラえもん」は子供の人格形成に悪影響を及ぼす有害なコンテンツって言うイメージが強いってことだ。日本の漫画が人気を博すフランスで「ドラえもん」が受け入れられないってことは、フランスがまともに見えてきた(他方「北斗の拳」は賛否割れたし「キン肉マン」はブロッケンJrが問題視されて放送禁止となったけど)。ただ放送禁止になったって噂はガセだったけど、フランス人の大半は「ドラえもん」を好意的に見ていないことは確かだ。

フランスよりも「ドラえもん」に対して否定的な見方を持っているのがアメリカ、アメリカではテッド・ターナーが放送権を取ったものの放送に至らなかったって言うが、努力もせず怠惰極まりないのび太のキャラクターもそうだし、ドラえもんが何とかしてくれると言う依存症を助長しかねない表現、親や教師の叱り方に愛情が感じられない、むしろパワハラにしか映らない表現、いじめや差別に当たる表現も多い、ここまでアウトな表現ばかりじゃ子供に悪影響でしかないとアメリカの有識者が否定的な見方しか持てないのは無理もない。
アメリカもイザ知らず、イギリスやドイツでもあまり「ドラえもん」は受け入れられていないのが事実だ(イギリスやドイツでは放送すらされていない)

イギリス、ドイツ、そしてアメリカに共通しているところは、プロテスタント国家ってことだけど、勤勉と努力が尊ばれるプロテスタントだけに、それと間逆な「ドラえもん」はプロテスタントの価値観に反するものでしかないと言うが、そもそも「金儲けは罪」「教会に寄付すれば救われる」と言うカトリックの価値観を否定し、努力と勤勉こそ神のご意思に叶うと見なして宗教改革を起こして出来た経緯があるからねェ・・・。
ちなみにフランスはカトリック国家ではあれど、宗教改革の影響が強かったせいでプロテスタントの影響と言うか価値観を少なからず受け入れてるってことだけど。
だったら努力して成長する人間が主人公の漫画のほうが、プロテスタント国家ではウケるって理屈だけどね。

プロテスタント国家で、プロテスタントの精神と言うか価値観に著しく反する「ドラえもん」など通用するとは思えないし、しいては日本のイメージに関わると思えば「日本の子供たちはこんなものを有難がっているのか!?」「日本人はこんなものを有難がってるからいつまで経っても人間的に成長してない」って言われておかしくないし、日本人として顔から火が出るものでしかない。

私が思うに日本人の劣化と腐敗を助長しかねない有害コンテンツでしかない「ドラえもん」、海外、特に欧米プロテスタント国家においては否定的な見方しかないだけに「ドラえもん」の存在は日本のイメージにだって大いに関わるし、日本の倫理観が疑われかねないと思うね(日本人にすれば「ザ・コーブ」「アンブロークン」「愉快なイスラム教徒」はアメリカ人の倫理観を疑いたくなるものだが)。外から見れば。

このシリーズ記事についてはこちらも見て下さいませ。→ その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

”LOVe”

この漫画も私が一時期良く見ていた漫画の一つで、内容が実に爽快感溢れると言うかコメディ的な要素もあったり本気の勝負があったり、色んな要素が盛り合わせられているもので実に面白いものです。
その名は「”LOVe”」、「週刊少年サンデー」にて1993年から1999年まで連載されていた作品です。
この漫画の作者は石渡治、「B・B」で有名な漫画家ですけどね。
90年代のテニス漫画を挙げよと言われたらば私は迷わず本作を挙げたいです。
「Happy!」(浦沢直樹)なんてナンセンス。

ストーリーは幼少の頃から父親と世界各地を飛び回ってきた12歳の少女・高樹愛が、宇宙に赴いた父親と交信したくて小笠原諸島に向かっていたけどその船の中で鯨岡洋平と言う少年及びテニスに出会い、テニスを始めて洋平と対戦する機会を夢見ていたけどその洋平が小笠原を去り東京のテニスの強豪校に行ってしまい、諦めきれない愛は性別と年齢を偽ってテニスの強豪校に入学、全ては洋平と対決する為にと言うものだが、初めてテニスに出会い、ライバルとなる少年にも出会ってその少年と対決したいが為に性別と年齢を偽って男子校に入ると言う破天荒なストーリーって「ここまでやるか」とすら思いました。
主題の「”LOVe”」が「ラブ」とも言うのってテニスにおいて0に抑えるラブを意味するものかそれとも・・・。

進学した学校のテニス部の面子も個性的と言うか、そして対戦するライバルたちもまた個性的でどこか面白いが、対戦の際に出てくる技の数々はスポ根的と言うか一昔前のスポーツ漫画でよくあるプロットと言うべきで、話に彩りを加えることは確か。

それとこの漫画、あの「B・B」の続編と言いますから、前作の主人公で愛の父・高樹翎は序盤の愛の回想と終盤のワンシーンしか出てこないが、世界各地を飛び回って宇宙にも行くと言うのって、どえらく出世したとビックリしたし「やはり『B・B』はスゴイ奴だ」と思ったね。前作のような怒涛かつ予想だにしない展開のオンパレードとは打って変わって本作ではそう言った展開は抑え目ですけども。

冒頭で本作を「90年代を代表するテニス漫画」と表記し「『Happy!』なんてナンセンス」と言ったけど、本作は「Happy!」とは違って内容が爽快かつ性格が悪いキャラもそんなにいないってこと。にも関わらず本作はどうも評価が低いような気がするんだけども・・・。

theme : 週刊少年サンデー全般
genre : アニメ・コミック

「ドラえもん」は「有害図書」である(その7)

道徳的にも倫理的にも問題が多あり過ぎる「ドラえもん」、にも関わらずなぜ批判されないのか? 私がかねてから疑問に思うが、それでいて教育現場で用いられることについても不思議でしょうがない。

保護者や教師の感想に「『ドラえもん』は他の漫画やアニメと違って暴力的・刺激的な表現がなく健全だ」ってあるけど「どこがだ!?」ってツッコミたくなる。一方で「楽して夢を叶えようとする表現は問題だ」と批判的な意見もあるが、批判意見は他にもあるんじゃないのかと思う。
怠惰や依存症を助長する、いじめや差別に当たる表現が少なからずあり青少年の人格形成に悪影響を及ぼしかねない。って意見があってもいいと思うんだけどねェ・・・!?
「ドラえもん」など子供に健全だとは言い難い。

また大学入試の問題において「『ドラえもん』のひみつ道具を一つ選んでそれが実現できるかどうかを検討せよ」って問題もあったり、一般的な知識として取り入れているが、こんなものを教育分野に取り入れること自体おかしいんじゃねェのか。どこが教育にいいのよ? こう言う問題を考える人間の神経を疑いたくなる。
内容が倫理的に問題が大あり過ぎる「ドラえもん」、こんな問題作を平気で教育分野に入れていること自体日本社会の倫理観を疑いたくもなるし、こう言うものを平気で有難がる風潮もまた問題です。ドラえもん」は日本人の道徳及び倫理観を低下させている一因でしかない。子供たちに道徳や倫理をしっかり身につけることも教育の常識なのに、それと真逆極まりない「ドラえもん」を教育に取り入れることはあり得ないもあり得ない。社会において麻薬を平気で容認するようなものだ。

戦後教育と言うか日教組教育で日本人は劣化したと言う指摘もあるが、その劣化に加担しているのが「ドラえもん」なんじゃねェのかと思う。怠惰で軟弱、堕落に満ちた内容でかついじめや差別、依存症を助長しかねないのに、それを平気で教育に導入するのはいかがなものか? 日本人が余計ダメになって社会が堕落する一方だ。こんなことが許されていいものか。
「ドラえもん」は戦後教育と並んで日本人をダメにした元凶以外の何物でもない。

このシリーズ記事を見たいならこちら → その1 その2 その3 その4 その5 その6

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

嘉門達夫、「森のくまさん」の替え歌問題に言及

替え歌と言えば間違いなく出てくるこの人ですが、それに絡む問題についてはごもっともな立場です。

引用

「森のくまさん」問題、嘉門達夫が引っ張りだこ

 お笑い芸人パーマ大佐(23)による童謡「森のくまさん」の替え歌の芸を収録したCDがオリジナルの日本語訳詞者の権利を侵害しているとされる問題で、替え歌の第一人者として知られるシンガーソングライターの嘉門達夫(57)が「手順にミスがあったかなー」とコメントした。

 「森のくまさん」の日本語の歌詞を手掛けた大阪府の馬場祥弘さん(72)が18日、替え歌の芸を収録したCDで著作者としての人格権を侵害されたとして、パーマ大佐と制作、販売したユニバーサルミュージックに慰謝料300万円の請求を通知した。パーマ大佐のCDでは、本来と別の詞やメロディーが加えられ、クマと恋に落ち警察から逃げる内容になっており、訳詞者として馬場さんの名前が記載されている。

 嘉門は同日更新したブログで、「著作権問題でコメントラッシュ!」と引っ張りだこになっていることを明かした。替え歌については「とても事務的で丁寧に取り組むべき問題です」とし、パーマ大佐の芸について「パロディとしてはとても上質です」と評価しつつも、「手順にミスがあったかなー 穏便に着地してもらいたいです」とつづった。

 嘉門は同日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」に電話出演。自身が替え歌を発売する際には「楽曲の権利を管理している出版社に『この楽曲のこの部分をこういうふうに変えていいですか』というのを明確に送りまして、OKが返ってきたものに限ってCD化している」とし、さらに元の楽曲の権利者や歌詞に出てくる人物にも許可を取っているとした。

 また、自身も過去に「森のくまさん」の替え歌を発売したことがあるが、オリジナルの日本語訳詞は一切使用していない。「曲の方にはもう権利がない。メロディーを使って全く違うことを言うのはOKなんです」と語った。

 ユニバーサル社広報は「適正な手続きを踏み販売している」とコメント。パーマ大佐が所属する太田プロ広報部は「手続きはレコード会社に委ねている」としている。

 [2017年1月19日9時2分 「nikkansports.com」]より
お笑い芸人・パーマ大佐の「森のくまさん」の替え歌を収録したCDについて、日本語訳の歌詞を手がけた馬場佳弘氏が「著作者としての人格を傷つけられた!」と抗議してパーマ大佐と制作及び販売したユニバーサル・ミュージックを相手取って損害賠償を起こしたって言うけど、この問題について「替え唄メドレー」でお馴染みの嘉門達夫が言及したようです。

「手順にミスがあったかなー」とコメントした嘉門、確かに替え唄メドレーをリリースする際には許可をとってそこからだから、今回の問題は不手際が招いたとも言えます。
当の嘉門、楽曲の権利を持っている出版社に説明して許可されたものに限ってCDとして出すこともそうだし、元の楽曲の権利者及び歌詞に登場する企業や人物にも許可を取ってから出すと言うルールを守ってますが、パロディとして出す以上元の権利側に許可を取るのは常識だってことです。権利関係に対して不勉強だとこう言う問題になると言うことだ。

許可なく勝手にパロディ化して営利目的でこの歌を出したことが問題、パーマ大佐もユニバーサル・ミュージックも著作権はちゃんと守りましょう!!

「仮面ノリダー」みたいに勝手にパロディにしたことで権利を持つ側が気分を害されたように、パロディにする以上は権利を持つ側への配慮も必要だと思います。

theme : 最新音楽ニュース
genre : 音楽

えっ? 実はこの人も今年亡くなっていた

2016年も残り僅か、今年もまた数々の有名人が亡くなったけど、改めて一時代の終わりを告げるものですが、大々的に取り上げられた人もいた一方で人知れず亡くなった知る人ぞ知る有名人がいるのも事実です。

今年人知れず亡くなった有名人と言えば? 私は思うにこの2名を取り上げたいです。

まず山田満郎、今年6月5日に肝臓がんで死去したけど、山田満郎と言えば伝説の“お化け番組”「8時だヨ!全員集合」において舞台セットデザインを手掛けたことで有名ですが「TBSの美術に『不可能』の文字はない」と強気な発言をして、数々の奇抜なデザインを披露して高視聴率に貢献したのは承知の事実。
山小屋を360度回転させるようにしたり、タイミングに合わせて木材や電柱などが倒れる演出を設計したり、パトカーを屋根の上に飛び込ませると言う今ではまず無理を通り越したものが多く、それもまた「全員集合」の魅力でした。中でも幽霊屋敷の階段や壁などから顔が現れて音楽に乗って歌い出すシーンは伊藤熹朔賞をバラエティ番組出始めて受賞したほど印象に残っている。
「8時だヨ!全員集合」と言えばプロデューサーでもある居作昌果もだが、セットデザインを手がけた山田満郎も忘れてはならない。

続いて佐野正幸、今年3月21日に死去したけど、この人はスポーツライター兼ノンフィクション作家で、中でもプロ野球に関する書籍が多く、中学時代に仲間うちで野球ゲームをして阪急ブレーブスを担当したことで当時監督だった西本幸雄氏にファンレターを送ったことがその始まりで、当初阪急を応援したものの後年西本が近鉄バファローズの監督に就任したことに伴い近鉄に鞍替え、大学卒業後近鉄百貨店に就職して近鉄の応援を続けたものの、2004年の球界再編騒動で近鉄がオリックス・ブルーウェーブと合併して無くなって以降はプロ野球関連本を出したり講演活動を続けたことでつとに有名、プロ野球史はもとより雑学、裏事情などマニアックな内容が多く、プロ野球好きなら見る価値はあります。

テレビプロデューサーやデザイナー、作家や漫画家などあまり表に出ない人物ほど有名なようであまり知られていない有名人もいますが、亡くなったとなればこういう人だったんだと思いますね。

theme : 訃報
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード