「ドラえもん」は「有害図書」である(その10)

怠惰で軟弱な主人公、いじめや差別・依存症を助長しかねない表現、それらのオンパレードである「ドラえもん」、にも関わらず批判的な意見が強まらないのはなぜだろう? 正直あんな漫画を日本を代表する漫画とは認めたくないし、子供たち、いやさ日本社会の堕落と腐敗の一因でもあるのになぜそれを日本を代表する漫画と見なされるのか?

暴力的・刺激的な表現が少ないから健全だって、あの漫画のどこが健全と言えるのか?
「ドラえもん」は戦後教育、て言うか日教組教育同様日本人を劣化させたコンテンツであり、日本人の倫理観をダメにした要因でもあります。誰かに寄りかかれ、自分は手を出すななんて他力本願を正当化しかねないが、自分で努力せずすぐに他者に頼ってなんとかしてもらうなんて理屈、自分自身で問題解決能力が欠如しているとしか言えない。
確かに誰かに頼るのはいい、だが場合によっては自分で問題を解決しなければいけないことだってあるのだ。即ち依存症人間になっては自分自身をダメにするだけでこれじゃいつまでも人間的にも精神的にも成長しない。「ドラえもん」は日本人のアイデンティティを低下させたと言うか骨抜きにしたってことだ。戦後教育同様その罪は重い。不健全という点ではパチンコと同じ、ひみつ道具に頼ってそれで調子に乗って痛い報いを受けるのび太と同様、パチンコにハマったが為に自分の金はもとより家族の金にも手を出したり、家族や知人、挙句には消費者金融に借金してまでもやってしまい、結果として周りに多大な迷惑をかけ、莫大な借金を背負うという傾向に陥るのだから、結局自分自身をダメにするだけで何もいいことはない。

すぐに他者に頼る傾向、自分より弱い人間をいじめや差別を持って威圧・抑圧する優越感丸出しの理屈、愛情が感じられない接し方、努力もしないで楽して夢を叶えようとする甘えの構造、「ドラえもん」はそれらを全て内包しているとしか言えないが、こんなもん子供たちはもとより日本人全体の人格形成に悪影響でしかない。
「ハレンチ学園」などはあれだけ批判したのに、なぜ「ドラえもん」は名指しで批判しないのか? 「ドラえもん」のほうが教育上問題大ありな表現のオンパレードなのに、表立った批判が少ないのはおかしい。

7年前に東京都で「不健全図書指定制度」の議論がきっかけで再燃した青少年健全育成条例改正案において、青少年に悪影響とみなされる漫画やアニメ、ゲームなどが名指しされたけど、なぜ「ドラえもん」がそこで名指しされなかったのかと今となっては疑問。
「すぐに誰かに頼って成長しない人間が主人公の漫画は子供の人格形成に悪影響だ」「いじめや差別・パワハラとしか見れない親や教師の叱り方が多くて不快極まりない」って批判の声が挙がってもおかしくなかったのに・・・。性的表現が多い漫画を一方的に批判して「ドラえもん」を批判しなかったのはいわば差別。

「日本を取り戻す」なんて言うけど、だったら戦後教育・日教組教育と「ドラえもん」に毒された思想を正さなければいけないです。どこかの自治体で「ドラえもん」を有害指定する動きが出てくることを願っております。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9

theme : 伝えたい事
genre : ブログ

「時間よ止まれ」「ふれあい」「太陽がくれた季節」「ギャバン」・・・。

昭和を代表する作詞家の一人がまた天国へと旅立ちました・・・。
この人の作品も名曲揃いでしたからねェ・・・!?

引用

「時間よ止まれ」「聖母たちのララバイ」作詞 山川啓介さん死去

 矢沢永吉「時間よ止まれ」や岩崎宏美「聖母たちのララバイ」を手掛けた作詞家の山川啓介(やまかわ・けいすけ、本名井出隆夫=いで・たかお)さんが24日午前7時5分、肺がんのため長野県佐久市の病院で死去した。72歳。長野県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻満(みつる)さん。

 関係者によると、今年に入って肺がんが見つかったという。

 矢沢はスポニチ本紙に「あの“時間よ止まれ”、作曲・矢沢永吉、作詞・山川啓介、この作品の盟友が亡くなったんだなあとしみじみ感じました」とコメントし、追悼した。

 フォークグループ「青い三角定規」の「太陽がくれた季節」、中村雅俊(66)の「ふれあい」「時代遅れの恋人たち」など多数のヒット曲を作詞。ゴダイゴの「銀河鉄道999」では奈良橋陽子さん(70)と共作した。アニメ「勇者ライディーン」や特撮ヒーロー番組「宇宙刑事ギャバン」などの主題歌も多数手掛けた。

 流行歌だけでなく、本名ではNHKの幼児番組「おかあさんといっしょ」内の人形劇「にこにこ、ぷん」「ドレミファ・どーなっつ!」の脚本や作詞を担当。童謡「北風小僧の寒太郎」「ありがとう さようなら」も作詞した。晩年は、由紀さおり(68)安田祥子(75)姉妹の童謡コンサートをプロデュースしていた。

 [ 2017年7月27日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
♪悲しみに出会うたび~「ふれあい」。♪幻で構わない、時間よ止まれ~「時間よ止まれ」。などの名曲を輩出してきた作曲家・山川啓介が今月24日に亡くなったって言うけど、数々の名曲を世に送り出した山川氏、昭和の音楽を代表する一人だったと思います。

歌謡曲だけでなく童謡・アニメ・特撮ヒーローものの主題歌も手掛けるなど多岐に渡って活動したように、実にジャンルは幅広かったといえます。

特撮ものの主題歌も手がけた山川氏、中でも「宇宙刑事ギャバン」などメタルヒーローシリーズの主題歌の大半は山川氏の作詞だったから、ある意味メタルヒーローシリーズに欠かせない人物だったといえます。

ご冥福をお祈りします。数々の名曲をありがとうございました。です。

theme : 音楽
genre : 音楽

「ドラえもん」は「有害図書」である(その9)

私は漫画は結構好きなほうだが、主人公がいわゆるダメ人間なものはあまり好きではない。
怠惰で甘えに満ちており、自分で努力して成長すると言う意識がないキャラが主人公の漫画は正直言って子供の人格形成に悪影響を及ぼしかねないのだ。即ちぬるま湯体質と価値観に浸かりきり向上心など磨かれずに怠惰でも許されるなんて考えは大間違いであり自分自身をダメにするだけである。

人間は必ずしも努力して成長する、そして多少の失敗も経験してそれを糧にするはずなのに、そんな人間の常識を否定してるのが「ドラえもん」であることは否めない。
自分で努力もせず、すぐに人に頼って、て言うかドラえもんのひみつ道具に頼ってそれでちょっと自分は出来るんだと思い上がるのび太は楽して夢や目標を叶えると言う甘えの精神の象徴であり、完全なるダメ人間もいいところですし、こんな奴が子供たちのロールモデルになどとんでもない!! 楽して夢や目標を叶える? これはテストでカンニングをしてまでいい点を取ろうとすることであり、スポーツで勝ちたいからと言う理由でドーピングなど不正行為に走るのと同じ理屈で、そこまでして自分は目標を達成したいのかと言いたくなるが、見方によっちゃ周囲から卑怯と言われておかしくない言動だ。
無論それをやったところで見返りは大きいが「こち亀」にも当てはまることで、調子に乗ってやり過ぎたり悪いことをすれば必ず痛い見返りを受けると言う論理と言うか教訓です。

人間の常識を否定し、ダメ人間でもいいなんて甘えの理屈を助長する「ドラえもん」、それ以外にも「ちびまる子ちゃん」「丸出だめ夫」などもあるが、とにかくダメ人間が主人公の漫画は子供に悪影響ではないでしょうか? エロ・暴力・犯罪に当たる表現を問題視するならそれ以上に怠惰で軟弱な表現が多いものを叩くべきだよ。
「ドラえもん」にも当然エロ・暴力・犯罪に当たる表現はあるけども。

私は思うに努力して成長する、多少の失敗も経験してそこから這い上がる、周りの励ましや支えもあれど最終的には自分の力で目標を勝ち取る。そんな主人公の漫画こそ子供にいい漫画だとは思います。努力無くして成長なし!! そういう意識をすすんで持つことこそが立派で正しいことです。
そういう意識を否定してもおかしくない「ドラえもん」は「百害あって一利なし」もいいところ。言うなればダメ人間助長コンテンツだ。こんなものを有難がってはいけない。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。→ その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

「ジャンプ」人気低下が止まらない

昔も今も少年漫画誌のトップランナーとして君臨する「週刊少年ジャンプ」、その「ジャンプ」が2017年1月から3月までの発行部数が何と200万部を割ったと言う結果が最近出たけど、他誌(「マガジン」「サンデー」)が100万部割れしたのに比べれば大したことないと言うが、かつては653万部と言う数字を記録したのと比べれば「まさかあの『ジャンプ』がここまで落ちたとは」でしょうね。

なぜここまで発行部数が落ちたのかと言えば、単にキラーコンテンツと呼ばれる作品が全盛期と比べて少なくなったことだろう。
1980年代には「キン肉マン」「キャプテン翼」「北斗の拳」「聖闘士星矢」「ハイスクール奇面組」「ドラゴンボール」「ジョジョの奇妙な冒険」などの爆発的ヒット作を多数輩出し、90年代には「スラムダンク」「るろうに剣心」「遊☆戯☆王」「テニスの王子様」「ワンピース」(現在も連載中)などのこれまた爆発的ヒット作を多数輩出、2000年代に入っても「アイシールド21」「銀魂」(現在も連載中)「DEATH NOTE」「トリコ」「黒子のバスケ」などのヒット作を輩出したことで他誌を圧倒的に引き離す人気と売上を記録したが、最近では現在も連載中の「ワンピース」や「斉木楠雄のΨ難」「食戟のソーマ」などぐらいで、全盛期と比べると少ないほうだ。
かつてはキラーコンテンツだらけで他誌に圧倒的に差をつけていた「ジャンプ」であれど、全盛期と比較すれば物足りないって言うか、原因はそれだけではない。

主な読者層は小学校高学年から中学生が大半を占める「ジャンプ」だけに、年を取るに伴い「ジャンプ」を卒業する傾向が強いのも一因かも知れないけど、少子化で15歳以下の人口が年々低下傾向にある現状を見ても、部数の低下の理由は強ち的を得ている。大体高校生ぐらいまでが「ジャンプ」に熱心に見る世代だが、成長するに伴いヤング・大人向けに鞍替えすることもある(集英社で言えば「ヤングジャンプ」「グランドジャンプ」か)。いつまでも少年漫画を見るとは限らないのだから。
もう一つ、電子書籍の普及もあり「ジャンプ」本誌を買うまでもない傾向が強いことも挙げられる。携帯アプリに登録すればいつでも見れるからねェ・・・。

昨年40年も連載した「こち亀」(こちら葛飾区亀有公園前派出所)が終了したことで、その余波が及んでいることも挙げられるが、キラーコンテンツが終わっても別のキラーコンテンツが出てくると言う「ジャンプ」独自の特徴も今や揺らいでいると言っていいでしょう。いくら長寿かつキラーコンテンツであってもいずれ終わるときは来ますから。まして「ジャンプ」の場合、編集部の意向と言うか独断で連載を引き伸ばされるケースもあります。
「ワンピース」などが終われば多分決定的になりかねないが。特定の作品の人気だけにそれに依存しては、後になってその弊害が図り知れないってこと。それが終わったせいで廃刊に追い込まれた雑誌もいくらかありますし。

少子化・電子書籍の普及・成長に伴う少年漫画離れ・キラーコンテンツ依存もあり年々部数が低下傾向にある少年漫画誌、そのトップランナーである「ジャンプ」の200万部割れと言う事実もまた、現在少年漫画誌が抱える課題をも浮き彫りにしたと言えます。

theme : 週刊少年ジャンプ全般
genre : アニメ・コミック

「ドラえもん」は「有害図書」である(その8)

海外にも展開している「ドラえもん」、アジア圏では人気を博す反面欧米においてはあまり広まってないと言うか人気がないってことだが、なぜ欧米で人気がないと言う点では「ドラえもん」の内容が欧米人の目には共感できない部分が多いってことも挙げられるけど、う言うとほとんど「お国柄と言うか価値観が異なるから当然」って単純な応えが返ってくるけど、正直現地の子供たちの人格形成に悪影響でしかないってことでしょう。

フランスでも放送されたが、地元の教育関係者から「ドラえもんのような奴がいると子供がいつまで経っても成長しない」「すぐに他者に頼って自分で努力しないのび太のような奴は子供に悪影響でしかない!」ってボロカス批判されたけど、フランスの教育者ってなんかまともだと思ったね。日本ではあまり「ドラえもん」に対して批判的な考えを持つ識者がいないからねェ・・・。
フランス人にとって「ドラえもん」は子供の人格形成に悪影響を及ぼす有害なコンテンツって言うイメージが強いってことだ。日本の漫画が人気を博すフランスで「ドラえもん」が受け入れられないってことは、フランスがまともに見えてきた(他方「北斗の拳」は賛否割れたし「キン肉マン」はブロッケンJrが問題視されて放送禁止となったけど)。ただ放送禁止になったって噂はガセだったけど、フランス人の大半は「ドラえもん」を好意的に見ていないことは確かだ。

フランスよりも「ドラえもん」に対して否定的な見方を持っているのがアメリカ、アメリカではテッド・ターナーが放送権を取ったものの放送に至らなかったって言うが、努力もせず怠惰極まりないのび太のキャラクターもそうだし、ドラえもんが何とかしてくれると言う依存症を助長しかねない表現、親や教師の叱り方に愛情が感じられない、むしろパワハラにしか映らない表現、いじめや差別に当たる表現も多い、ここまでアウトな表現ばかりじゃ子供に悪影響でしかないとアメリカの有識者が否定的な見方しか持てないのは無理もない。
アメリカもイザ知らず、イギリスやドイツでもあまり「ドラえもん」は受け入れられていないのが事実だ(イギリスやドイツでは放送すらされていない)

イギリス、ドイツ、そしてアメリカに共通しているところは、プロテスタント国家ってことだけど、勤勉と努力が尊ばれるプロテスタントだけに、それと間逆な「ドラえもん」はプロテスタントの価値観に反するものでしかないと言うが、そもそも「金儲けは罪」「教会に寄付すれば救われる」と言うカトリックの価値観を否定し、努力と勤勉こそ神のご意思に叶うと見なして宗教改革を起こして出来た経緯があるからねェ・・・。
ちなみにフランスはカトリック国家ではあれど、宗教改革の影響が強かったせいでプロテスタントの影響と言うか価値観を少なからず受け入れてるってことだけど。
だったら努力して成長する人間が主人公の漫画のほうが、プロテスタント国家ではウケるって理屈だけどね。

プロテスタント国家で、プロテスタントの精神と言うか価値観に著しく反する「ドラえもん」など通用するとは思えないし、しいては日本のイメージに関わると思えば「日本の子供たちはこんなものを有難がっているのか!?」「日本人はこんなものを有難がってるからいつまで経っても人間的に成長してない」って言われておかしくないし、日本人として顔から火が出るものでしかない。

私が思うに日本人の劣化と腐敗を助長しかねない有害コンテンツでしかない「ドラえもん」、海外、特に欧米プロテスタント国家においては否定的な見方しかないだけに「ドラえもん」の存在は日本のイメージにだって大いに関わるし、日本の倫理観が疑われかねないと思うね(日本人にすれば「ザ・コーブ」「アンブロークン」「愉快なイスラム教徒」はアメリカ人の倫理観を疑いたくなるものだが)。外から見れば。

このシリーズ記事についてはこちらも見て下さいませ。→ その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

”LOVe”

この漫画も私が一時期良く見ていた漫画の一つで、内容が実に爽快感溢れると言うかコメディ的な要素もあったり本気の勝負があったり、色んな要素が盛り合わせられているもので実に面白いものです。
その名は「”LOVe”」、「週刊少年サンデー」にて1993年から1999年まで連載されていた作品です。
この漫画の作者は石渡治、「B・B」で有名な漫画家ですけどね。
90年代のテニス漫画を挙げよと言われたらば私は迷わず本作を挙げたいです。
「Happy!」(浦沢直樹)なんてナンセンス。

ストーリーは幼少の頃から父親と世界各地を飛び回ってきた12歳の少女・高樹愛が、宇宙に赴いた父親と交信したくて小笠原諸島に向かっていたけどその船の中で鯨岡洋平と言う少年及びテニスに出会い、テニスを始めて洋平と対戦する機会を夢見ていたけどその洋平が小笠原を去り東京のテニスの強豪校に行ってしまい、諦めきれない愛は性別と年齢を偽ってテニスの強豪校に入学、全ては洋平と対決する為にと言うものだが、初めてテニスに出会い、ライバルとなる少年にも出会ってその少年と対決したいが為に性別と年齢を偽って男子校に入ると言う破天荒なストーリーって「ここまでやるか」とすら思いました。
主題の「”LOVe”」が「ラブ」とも言うのってテニスにおいて0に抑えるラブを意味するものかそれとも・・・。

進学した学校のテニス部の面子も個性的と言うか、そして対戦するライバルたちもまた個性的でどこか面白いが、対戦の際に出てくる技の数々はスポ根的と言うか一昔前のスポーツ漫画でよくあるプロットと言うべきで、話に彩りを加えることは確か。

それとこの漫画、あの「B・B」の続編と言いますから、前作の主人公で愛の父・高樹翎は序盤の愛の回想と終盤のワンシーンしか出てこないが、世界各地を飛び回って宇宙にも行くと言うのって、どえらく出世したとビックリしたし「やはり『B・B』はスゴイ奴だ」と思ったね。前作のような怒涛かつ予想だにしない展開のオンパレードとは打って変わって本作ではそう言った展開は抑え目ですけども。

冒頭で本作を「90年代を代表するテニス漫画」と表記し「『Happy!』なんてナンセンス」と言ったけど、本作は「Happy!」とは違って内容が爽快かつ性格が悪いキャラもそんなにいないってこと。にも関わらず本作はどうも評価が低いような気がするんだけども・・・。

theme : 週刊少年サンデー全般
genre : アニメ・コミック

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード