今夏も猛暑が予想されます。ってインドの話ですが

日本も猛暑が話題となりますが、ここでは猛暑なんて呼ぶレベルじゃないです。

引用

インド、今年の夏も猛暑の予測 死者数増加の懸念

ニューデリー(CNN) インドの気象当局は25日までに、今年の夏の気候について、国内で最も暑い地域での平均気温が1度上昇するとの予測を発表した。ラジャスタン州やマハラシュトラ州では、今月時点ですでに45度を超える暑さを記録している。

インドはここ数年続けて記録的な猛暑に見舞われており、暑さや干ばつで多数の死者を出す事態となっている。2015年には2300人以上が死亡。16年も最高気温が51度に達する中、数百人が死亡した。

今年もそれに匹敵する暑さが予想される。今月18日、首都のニューデリーの最高気温は4月としては10年以来の暑さとなる43.7度にまで上昇した。

CNNの気象専門家、テイラー・ウォード氏は、3カ月に渡って平均気温が1度上昇すればその影響は「相当なものになる」と指摘。高温の期間がより長く続くことで、熱波による死者が増える可能性が出てくる。

国内で公衆衛生の研究機関に所属する専門家によれば、様々な州で暑さに対する早期警戒システムの導入や一般への注意喚起プログラム、医療人材の訓練強化といった取り組みを導入している。

ただ各地の熱中症の死亡事例を体系的に報告する仕組みはまだ確立されておらず、前年を大幅に下回った16年の死者数についても、「実際より極端に少なく報告された」結果である可能性が高いと、この専門家はみている。

インド自然災害管理局(NDMA)でコンサルタントを務めるアナップ・シュリバスタバ氏によると、現時点で今年の暑さへの対策を準備している州の数は11。多くの州はそうした計画を策定していないが、NDMAから地方政府に対して取り組みを強制することはできないという。

最終更新:4/25(火) 14:20 「CNN.co.jp」より
今夏の気候について、国内で最も暑い地域での平均気温が1度上昇すると発表したインドの気象当局、ここ数年の猛暑が問題となっているインドだけに、暑さとそれに伴う干ばつが深刻化してますが、うだるような猛暑がもたらすのは熱中症による死者の増加もあります。

現に首都ニューデリーでは4月にも関わらず、43.7度を観測した日もあるくらい、想像しただけでもゾッとする猛暑ですが、こう言うと「インドって年中暑いんだから当然じゃないの?」って大体思うでしょう・・・。

一年中日本の真夏状態であるインド、うだるような暑さもそうだし衛生インフラが不充分なことも深刻だけど、経済発展に伴い大気汚染もヒドいし、その対策をインド政府や自治体は積極的にやっているんでしょうか?
ニューデリーでこれなら、南インドなんてもっと暑いんだろうなって思います。

日本でも年々猛暑の時期があるけど、年がら年中ほとんど真夏日のインドとは比較になりませんね。
インド人の暑さ対策ってなんだろうな・・・。

theme : インド
genre : 海外情報

イスラム国家はバレンタインデーが嫌い?

本日はバレンタインデーですが、国がかわれば好意的な見方を持たれてないみたいです。日本とはえらい違いですねェ・・・。

引用

インドネシアでバレンタインデーに抗議=パキスタンでは禁止命令

 AFP通信によると、インドネシア第2の都市スラバヤで13日、イスラム学校の生徒がバレンタインデーに抗議するデモを展開した。

 デモには13~15歳の数十人が参加。バレンタインデーは不特定多数の相手との性交渉を助長すると訴え、「バレンタインに反対しよう」と呼び掛けた。隣国マレーシアでもイスラム青年組織が女性に対し、香水を過度に使用しないよう求めた。

 一方、パキスタンのイスラマバード高裁は13日、イスラマバードでバレンタインデーを公に祝うのを禁止した。「われわれの伝統と価値観に反する不道徳、裸、わいせつ(のまん延)を覆い隠すのに(愛が)利用されている」との訴えを受けた判断で、メディアに対しても、バレンタインデーを奨励する報道を控えるよう指示した。 

 最終更新:2/14(火) 9:16 「時事ドットコム」より
インドネシアで13日にイスラム学校に通う生徒が「バレンタインデー反対!」って抗議デモを起こしたけど、なぜバレンタインデーに反対するのかと言うと、イスラム教の伝統と価値観に反すると言う理由で抗議の声を挙げているみたいです。

またパキスタンでは首都イスラマバードの高等裁判所が、公の場でバレンタインデーを祝うことを禁止する条例を出しただけでなく、メディアに対してはバレンタインデーを持ち上げる報道を禁止するように指示したって言うから、正直「ここまでやる?」レベルです。

インドネシアやパキスタンで何でそこまでバレンタインデーに対して嫌悪感を示すんでしょうか?
理由として、バレンタインデーはキリスト教の風習でありイスラムの伝統と価値観にそぐわないと言うことだけど、欧米の文化や価値観に嫌悪感を持つ人も少なくないイスラム国家だけに、バレンタインデーを喜ぶことはイスラムの教えに反すると言う理屈なんでしょう。文化や習慣の違いがもたらしてるけどね。
パキスタンでは法律でバレンタインデーそのものを禁止するって言うから、サウジアラビアに倣ったのだろうかと思うね(サウジアラビアではバレンタインデーが法律で禁止されている)。

自分たちの文化や価値観にないと言うだけで公然と批判するのは、どこの国でも変わらないが、日本でも一部でバレンタインデーをよく思っていない人もいるからねェ・・・。ハロウィンにも通ずる話で変にそれを煽るメディアにも問題はあるけども。イスラム国家の反バレンタインデー感情はちょっと行き過ぎてる感はするが、インドみたいに実力行使沙汰になってもおかしくはないけど・・・

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

「ラシュカレトイバ」の幹部を拘束

アメリカのドナルド・トランプ政権による対テロ根絶政策の影響はこの国でも出ています・・・。
こうでもしなきゃトランプ政権に目をつけられる懸念があることも背景にあるのでは

引用

パキスタン、イスラム過激派設立者を軟禁 米新政権の影響か

【ニューデリー=岩田智雄】パキスタン当局は1月30日夜、イスラム過激組織「ラシュカレトイバ」の設立者ハフィズ・サイード幹部ら5人を反テロ法に基づいて拘束し、自宅に軟禁した。サイード幹部は拘束前、地元メディアに「米国がパキスタンに圧力をかけた」と非難しており、イスラム過激派によるテロを根絶する考えを明確にするトランプ米新政権の発足が影響した可能性がある。

 ラシュカレトイバは、インドやパキスタンが領有権を主張するカシミール地方のパキスタンへの帰属を訴え、2001年のインド国会議事堂襲撃事件や08年のインド・ムンバイ同時テロを起こしたとされ、インドはサイード幹部の処罰を求めている。

 ラシュカレトイバは02年、米国のテロとの戦いに協力したパキスタンのムシャラフ政権に非合法化され、現在は「ジャマート・ウッダワ」(JUD)と名乗り、公然と活動している。ラシュカレトイバを外国テロ組織に指定した米国は、JUD最高指導者となったサイード幹部の逮捕につながる情報に1千万ドル(約11億5千万円)の懸賞金を出すとしている。

 地元メディアによると、カーン内相は、「この組織は国連安保理の制裁対象にもなっており、義務を果たすための措置を講じなければならない」と明らかにした。また、トランプ米大統領は最近、モディ印首相とテロとの戦いで協力することで一致しており、サイード幹部は「インドと米国は恋愛関係にある。トランプはインドの主張に従った」と語った。

 一方、パキスタン軍報道官は米政府の圧力を否定。国防省幹部はロイター通信に、トランプ氏のイスラム国家への厳しい決定を「考慮した」と述べた。パキスタンは、これまで何度もサイード幹部を拘束しているものの、証拠不十分で釈放しており、インド政府は31日、確実な処罰を求めた。

 最終更新:2/1(水) 7:55 「産経新聞」より
パキスタン国内で暗躍しているイスラム過激派組織・ラシュカレトイバに対して、パキスタン政府はその指導者であるハフィズ・サイード幹部ら5人を反テロ法で拘束し自宅軟禁したけど、イスラム過激派によるテロに容赦ない態度を取るアメリカのトランプ政権が背景にあり、パキスタン政府としてはラシュカレトイバの幹部を拘束して軟禁することでパキスタンはテロ対策に積極的ですよ。とアピールしたかったんでしょう。

インドと領有権を争うカシミール地方の帰属を掲げ、インドにおいて2001年にインド国会議事堂襲撃事件、2008年にはムンバイ同時テロを起こしたラシュカレトイバ、2002年にパキスタン政府がアメリカの掲げる対テロ戦争に協力したことで非合法化されたが、名前を変えて暗躍して現在に至ります・・・。
TTP(パキスタン・タリバン運動)とは違った過激派組織だが、共通しているのはイスラム原理主義だからなァ・・・。

ラシュカレトイバのサイード幹部、拘束前に「米国がパキスタンに圧力をかけた」とアメリカによる干渉だと批判し、アメリカのトランプ政権がインドと対テロ対策で協力する姿勢を取ったこともあってか「インドと米国は恋愛関係にある。トランプはインドの主張に従った」と皮肉ったが、インドの肩を持つことで我々を潰そうとしていると言う反論に取れますし、かねてからイスラム教に対して不当な偏見を抱いているトランプ大統領のことだから、こうも言いたくなるだろうね。
パキスタン政府はアメリカの圧力を否定したが、これまでもサイード幹部を逮捕しても証拠不十分で釈放し続けただけに、アメリカだけでなくインドからも「ラシュカレトイバを取り締まれ」って指摘されたから、圧力をかけたのはアメリカではなくインドなのでは?

軟禁状態にしたところで根絶できるなんて甘い、下手すりゃラシュカレトイバの息がかかった者がパキスタン政府を標的としたテロを起こす懸念もあり、今までラシュカレトイバをのさばらせたパキスタン政府、思わぬ形でツケが回っていると言えます。

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

インドの環境汚染。これはヒドい・・・

経済成長の陰でこう言う事態に発生、かつての日本の高度経済成長期以上に深刻なレベルみたいです。

引用

インド首都、学校3日間休校に 大気汚染悪化で緊急措置

(CNN)インドの首都ニューデリーで大気汚染が深刻化し、デリー首都圏政府のケジリワル首相は6日、市内の学校全校を3日間休校にすると発表した。

ケジリワル首相は記者会見で、大気汚染から市民を守るための緊急措置を打ち出し、建設・解体工事は5日間にわたって禁止するとした。

それでも事態が改善しない場合は、車のナンバープレートの番号が偶数か奇数かで交互に使える日を割り当てる制度を導入する可能性もあるとしている。

休校の対象となる学校は5000校以上。市内ではこの1週間、大気汚染が極度に悪化しており、多くは同国の祝日ディワリを祝う爆竹や花火の影響を指摘していた。

ケジリワル首相は、パンジャブ、ハリヤナ、ウッタルプラデシュの各州の農家による作物の焼却など、複数の要因を大気汚染悪化の原因として挙げた。

市内は濃いスモッグに覆われて視界がかすみ、市民はマスクをして外出している。市民はツイッターに写真を投稿し、「大気に燃えるような臭い。息苦しい」「デリーのスモッグは正気じゃない」「目が痛い。致命的で危険」などと訴えている。

最終更新:11/7(月) 9:41 「CNN.co.jp」より
大気汚染が深刻な都市と言えば中国の北京や上海のイメージが強いですが、ところがどっこい、実はインドの首都・ニューデリーがその北京や上海以上に大気汚染が深刻みたいです。

そのインド・ニューデリーで、地域を管轄する地方政府・デリー首都圏政府は6日に市内の学校全校を休校すると言う措置をとったが、深刻な大気汚染を重く見てと言うか、学校を休校せざるを得ないほどここまでデリー周辺の大気汚染は進んでるってことですか、北京や上海ばっか報じるけどインドだって報じるべきだと思う。日本のメディアは。

市民を大気汚染から守る理由もあるが、建設及び解体工事、工場などを操業中止にして少しでも回復させようとする狙いでもあるんでしょうかね。
現にデリーでは濃いスモッグで覆われて市民はマスクを着用して外出するくらいだが、近年成長しているインドの問題を露呈したと思います。さらにディワリ(インドの祝日)で花火や爆竹がかなり使われたことでそれによる弊害も出てるかも知れないが、インド人の環境保護に対する意識はまだ低いってことですかねェ・・・!? スモッグ汚染の原因が何にあるのかの究明もテキトー、これでは中国とどっこいどっこいです。

日本はかつての高度経済成長期、経済成長の陰で水俣病やイタイイタイ病に代表される公害による病気が頻繁に起こって多数の犠牲者を出したけど、それを反省に立って環境保護への取り組みを進んでやってその問題を解決したように、インドもそれを見習ったらいかがですか!?

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

なりふり構わず「傍若無人」

これはリアル過ぎる「グランド・セフト・オート」です。秩序もヘッタクレもないです。

引用

<パキスタン>警察施設襲撃59人死亡 イスラム過激派か

【ニューデリー金子淳】パキスタン西部クエッタで24日夜、武装集団が警察の訓練施設を襲撃し、治安部隊と銃撃戦になった。地元民放ジオ・テレビによると、少なくとも警官ら59人が死亡、116人が負傷した。敷地内には当時、訓練生ら少なくとも200人が滞在していた。犯行声明は出ていないが、軍当局者は傍受した通信記録からイスラム過激派武装組織「ラシュカレ・ジャングビ」が関与したとの見方を示した。

 施設を襲撃したのは少なくとも3人で、自動小銃や自爆ベストなどで武装していた。正面ゲートから敷地内に侵入、訓練生の寮で無差別発砲したとみられる。25日未明までに2人は自爆、1人は治安部隊が射殺した。軍当局者は、実行グループが隣国アフガニスタン内から電話で指示を受けていたと述べた。

 ラシュカレ・ジャングビは、国内最大の武装組織「パキスタン・タリバン運動」(TTP)と連携する武装組織。主にイスラム教少数派シーア派や外国人を狙ったテロ攻撃を繰り返している。

 クエッタでは今年8月、弁護士ら70人が死亡する爆弾テロ事件があり、TTPの分派と過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行を主張。今月24日には北西部チャルサダで警察幹部が射殺され、TTPとISがそれぞれ犯行声明を出した。

 軍は2014年以降、北西部でTTPなどの掃討作戦を強化しており、これまでに3500人以上のメンバーらを殺害。9月にはISの支持者ら300人以上を拘束したと発表したが、その後も武装組織によるテロ事件が相次いでいる。

 毎日新聞 2016年10月25日 11時10分
パキスタン西部にあるクエッタ郊外で、武装勢力が警察施設を襲撃して治安部隊と銃撃戦に発展して59人が死亡、100人が負傷すると言う大惨事が起こったけど、パキスタン軍当局によればイスラム過激派武装組織「ラシュカレ・ジャングビ」が関与したと見解を出したみたいです。

パキスタン最大の武装組織・TTP(パキスタン・タリバン運動)と親密な関係にあるラシュカレ・ジャングビ、イスラム教スンニ派系武装組織でシーア派や外国人を狙ったテロを展開し、これまでパキスタン国内で暗躍を繰り返すなどパキスタン政府や軍と対立してるけど、軍がTTPなどを掃討すべく軍事作戦を展開している報復として今回警察学校を襲撃したと言えます。

最近では過激派によるテロと暴力ばかりが目立つパキスタン、秩序があってないような国に成り下がりつつあるこの状況にマヌムーン・フセイン大統領以下パキスタン政府は打つ手を考えているのだろうか。
隣国・アフガニスタンからおそらくテロリストが流入している懸念もあるが、イスラムファシズムを掲げる過激派の暗躍が目立っては滅茶苦茶です。警察施設まで襲撃するとはイスラム過激派はとことん傍若無人だな。結局これがイスラム教そのもののイメージ悪化を助長するだけだが。警察施設まで襲われたんじゃ、市民は余計テロへの恐怖に苛まれるだけでしかない。TTPにラシュカレ・ジャングビと国内に過激派組織を複数抱えるパキスタン、テロ対策が全然進んでいないような気が。下手すりゃかつてのアフガニスタンのようになるリスクもある。

theme : テロ
genre : ニュース

プミポン国王、崩御

70年もタイで強い影響力を保持し、安定に貢献した実績は評価すべきでしょう。

引用

支柱喪失、「未知の領域」へ=タイ国王死去

【バンコク時事】タイは「国王、宗教(仏教)、国家(民族)」を国是としてきた。

 70年にわたった在位中、国民から深く敬愛され絶大な人気を誇ってきたプミポン国王の死は、支柱の一つを失うことを意味し、歴史的転換点となる。国の将来に大きな影響を与えるのは必至で、「タイは未知の領域に突入する」(専門家)との声も上がる。

 プミポン国王は過去、国内で深刻な政治対立が起きた際には自ら乗り出し、強力な仲裁者として事態収拾を図ってきた。国民の国王への信頼感は絶大で、政情不安でたびたび危機が発生しても内戦などの致命的な分裂に至らなかったのは、国を一つにまとめる最後の歯止めとして、国王が果たしてきた役割が大きかった。

 そうした存在感はプミポン国王が長年かけて築き上げてきたもので、新国王がすぐに代わりを務めるのは困難だ。

 8月の国民投票で新憲法草案が承認されたのを受け、タイの政治は今後、長期にわたって軍の強い影響下に置かれる。このため、当面は大きな混乱が起きるとは考えにくい。

 ただ、地方の農民や都市部の貧困層を支持基盤とするタクシン元首相派と、軍や官僚などの保守派エリート、都市中間層を中心とする反タクシン派が対立する基本構図に変化はなく、政情混乱の火種はくすぶったままだ。

 タイ社会の分断状況が続く中、新国王がどういう役割を果たすことになるのか。プミポン国王時代とは異なる新たな王室像を模索していく必要に迫られそうだ。

 最終更新:10月14日(金)7時21分 「時事ドットコム」より
容体悪化で余談を許さな状況にあったタイのプミポン国王が13日夜、首都バンコクの病院で死去したって言うけど、回復を願うタイ国民の祈りは届かなかったと思うし、軍事政権でいつ不安定になってもおかしくないタイ情勢のこと、軍や保守層エリートとタクシン・シナワット元首相派の対立は続いており、そんな状況でも強力な影響力を駆使してこれまで何度も最悪の事態を回避してきたプミポン国王のこと、そのプミポン国王が死んだことで対立が一気に蒸し返すリスクが大きいです。

「タイは未知の領域に突入する」と指摘する声もあるが、タイにとって精神的な支柱であったプミポン国王を亡くしたことで、いつ政情不安いや最悪内戦が起こってもおかしくないだけに、予断を許さない状態にあります。かつてのユーゴスラビアのようになることも考えられるんですかね? 偉大な指導者を亡くしたことで押さえつけられた対立が一気に噴出すると言う展開がそうであるように。

次期国王にはワチラロンコン皇太子が就きそうだが、前任者が相当なカリスマ性を誇ってきただけにその代わりが務まるかは無知数でしょう。
プミポン国王死去に伴いタイ国内ではしばらく喪に服すモードに入りますが、長年国民の尊敬を集めてきたプミポン国王、事あるごとに政情不安が起こっても仲裁に入って丸く治め続けタイに安定をもたらし、経済発展にも貢献しただけにそれを失ったのはあまりにも大きいです。課題山積のまま次期国王にこれからのタイの行く末は委ねられそうだ。

theme : 訃報
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード