fc2ブログ

インド、モディ首相のお言葉は

グローバス・サウスのリーダーとして存在感を強めているインド、今の世界の混沌ぶりを憂いているんでしょうね。

引用

インドのモディ首相が寄稿「今は戦争の時代ではない」…協調して和平模索するよう訴え

 2023年の主要20か国・地域(G20)首脳会議で議長国を務めたインドのナレンドラ・モディ首相が本紙に寄稿した。ロシアのウクライナ侵略やパレスチナ自治区ガザでの紛争で不安定化する国際情勢について「今は戦争の時代ではない」と強調し、世界が協調して和平の道を模索するよう訴えた。

 モディ氏は各国が地政学的対立を乗り越え、敵意ではなく人道主義を体現することが大切だと説き、「テロリズムと市民の無差別殺傷は断固として認めない」と主張した。

 国際社会が直面する気候変動や金融不安などに世界が一致して解決策を探るため、インドがG20の議長国として「国内総生産(GDP)中心から人間中心型の進歩への転換策」などを提供し、弱体化している多国間主義の改革を図ってきたと述べた。

 その成果として、アフリカ連合(AU)のG20への加入、新興・途上国を中心としたオンライン会議「グローバル・サウスの声サミット」の2度にわたる開催などを挙げ、「世界的な課題や機会に対し、包摂的な対話が生まれている」と指摘した。

 気候変動対策では、G20首脳宣言で世界の再生可能エネルギーを30年までに3倍にする「野心的な目標」を掲げたと訴えた。デジタル公共インフラ(DPI)の導入推進や男女共同参画の実現、国連安全保障理事会などの国連改革を主導したと振り返った。モディ氏は「平和、繁栄を目指す足音が何年も響き続けることを願う」と強調した。

 2023/11/30 05:00 「読売新聞」より
読売新聞に対して「今は戦争の時代ではない」と寄稿したインドのナレンドラ・モディ首相、ロシアによるウクライナ侵攻やイスラエルとハマスの対立がもたらしたガザ紛争で混沌状態にある国際社会の現状を見て、こんな時だからこそ世界が協調して和平をと訴えたみたいです。

各国が地政学的な対立を乗り越えて人道主義に基づく価値観が正しいと説いているモディ首相、これ以上暴力の応酬は世界を不幸にするだけって訴えているみたいだけど、モディ首相の言葉は世界に届くかは微妙です。
まず地政学的な対立っていうけど、インドは長年地政学的にイギリスとロシアの鍔迫り合いの場になってきたことをモディ首相はどう考えているのかを聞きたいし、暴力の応酬は世界を不幸にするという理屈、かつて非暴力・不服従に基づく無抵抗主義で独立を掴んだ歴史を持つインドだからそう言えるけど、その後インドは何回もパキスタンと紛争してきた歴史を見てそう言ったんでしょうか? ただパキスタンとは未だに対立しているし、中国とも当然対立しているから、いつ暴力の応酬に発展してもおかしくない状況なのにそう言うのは説得力があるようでないような・・・!?

グローバス・サウスのリーダーとしてアジアやアフリカ諸国を牽引してグローバス・サウス諸国によるサミットを2回行うなど、影響力を強めているインド、多国間主義の改革も訴えているモディ首相であるけど、国内に目を向ければヒンズー・ナショナリズムが拡大している現状はどう見ているんですか?
「世界的な課題や機会に対し、包摂的な対話が生まれている」って、これはグローバル・サウス諸国が相手だから出来ても、欧米や日本には通用するんでしょうか。

今の世界はあらゆる改革が必要だと訴えるモディ首相だけど、国連改革というがまず国連そのものを解体して新しい国際機関を作ったほうがいいんじゃないの? もう「連合国」なんて仕組みはオワコン、即ち時代遅れ。デジタル公共インフラの導入推進って、デジタル先進国であるインドだから出来ても国によってはデジタルインフラが遅れている国もあるんだから、まずその国の現状を見るべきでは? 男女共同参画。って未だに男尊女卑な社会であるインド(情けないことに日本もですが)、まず自国のその現状を正してから訴えるべきなのでは?

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

児童婚は許さない

日本ではジャニーズの性加害問題がクローズアップされてますが、この国では・・・!?
どっちみち子供の権利に関わる問題だけに、考えさせるものです。

引用

インドで児童婚取り締まり、1000人以上逮捕

【10月4日 AFP】インド北東部アッサム(Assam)州で3日、児童婚の取り締まりが行われ、1000人以上が逮捕された。同州では2月にも取り締まりが行われ、児童婚を承認した親や当局者を含め4000人以上が逮捕された。

 ヒマンタ・ビスワ・サルマ(Himanta Biswa Sarma)州首相は、第2弾の取り締まりとして警察が未明に「特別作戦」を開始したと発表。X(旧ツイッター)で「逮捕者は現在1039人」で、「さらに増える見通しだ」と明らかにした。

 同氏は2026年までに州内の児童婚廃絶を公約に掲げている。

 インドでは18歳にならなければ結婚できないが、貧しい農村部を中心に大勢の子どもが18歳未満で結婚させられている。多くの親は経済的な安定を確保するために子どもを結婚させ、その結果、少女が夫に尽くして家事をするために学校を中退し、幼すぎる出産で健康を害するといった悲惨な事態を招いている。

 国連(UN)の統計によると、インドでは2億2000万人以上の女児が結婚させられているが、児童婚の件数は今世紀に入って急減している。

 インド最高裁は2017年、未成年の妻との性行為はレイプに当たるとする画期的な判決を下した。

 2023年10月4日 10:22 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
インド北東部のアッサム州(茶の産地として有名)で3日、児童婚に対する取り締まりが行われて1000人以上が逮捕されたけど、インドの法律では18歳にならないと結婚できないが、農村部では貧困故に子供が18歳未満で結婚を強制されているケースが目立っており、貧困問題に子供の権利の問題が相まってインドにおいて社会問題になっているみたいです。

子供から教育を受ける権利や人としての権利を奪っているに等しい児童婚、親も親で貧しいから収入欲しさに子供を早く結婚させているとしかいえないが、今まで2億2000万人以上の少女が結婚を強制させられているインド、これはインドのイメージ悪化を助長するだけでしかありません。未だに残るカースト制度にレイプ頻発と人権問題がこんだけ山積なのをインド政府は重く見ているんでしょうか?
「だからインドって遅れてんだよ。まともな国じゃないんだよ」って言われてもおかしくない。

児童婚なんて今の時代にそぐわない悪法以外の何物でもないし、常識や価値観が時代にアップデート出来ていない国は発展しない出来ない。発展しても周りからいい目で見られないってことだ。
児童婚を時代遅れだなんて思っていない古いインド人に対して「お前ら全員カレーにしてやろうかァァァ!!!」

theme : 人権
genre : 政治・経済

タクシン元首相帰国

権力の座を追われてから海外に逃亡していましたが、突然・・・。
今でもタイではこの人に対する評価は賛否割れてますからねェ・・・!?

引用

タクシン元首相がタイに帰国、収監へ

【シンガポール=森浩】タイのタクシン元首相(74)は22日、首都バンコクに帰国した。汚職罪などで計10年の実刑判決を受け、2008年8月から国外逃亡生活を送ってきた。5月の総選挙以降、混乱が続くタイ政治に影響を与える可能性がある。

今後、司法当局がタクシン氏の収監手続きに入る見通しだ。タイ国会では22日午後に首相指名選が行われ、タクシン派「タイ貢献党」を軸とする新政権の発足が確実視されている。タクシン氏は新政権発足後、国王の恩赦による減刑を期待しているもようだ。

2023/8/22 12:40 「産経新聞」より
22日にタイに帰国したタクシン・シナワット元首相、汚職罪などで10年に実刑判決を受けていることで2008年8月から国外で逃亡生活を余儀なくされていたけど、タイに帰れば収監されるのは火を見るよりも明らかなのにここに来て帰国したのはなにか狙いがあるみたいです。

奇しくもこの日の午後はタイの国会で首相指名選挙が行われて、タクシン元首相派勢力「タイ貢献党」を軸とする新しい政権が発足する可能性が高いことから、タイ貢献党政権が発足した場合ワチラロンコン国王から「恩赦」として減刑されるってことで帰国するなら今だってタクシン元首相は思ったんでしょう。
タイ貢献党からすればタクシン元首相の帰国は喜ばしい反面、タイ国内では未だにタクシン元首相をよく思っていない国民もおり、またタイの世論が真っ二つに割れそうな気がしてならないんだが。それとタイ貢献党は反軍部だったものの、親軍政党と連携していることで「また軍事政権の延長か!?」なんて不満も出そうだ。

今年5月の総選挙から政治的混乱が続いてきたタイ、タクシン元首相帰国は何を意味するのだろうか・・・? そこは仏のみぞ知る?

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

汚職の前首相に「5年間の被選挙権なし」

汚職した側に対してここまで厳罰を加えるのって、途上国ではあまりないんでしょうか?
先進国だろうと途上国だろうと汚職は許されるもんじゃない。

引用

パキスタン当局、汚職で実刑判決の前首相に5年間の被選挙権剥奪

[イスラマバード 8日 ロイター] - 汚職を巡る罪で禁錮3年の判決を受けて拘束されたパキスタン前首相のイムラン・カーン氏が8日、当局から向こう5年間の被選挙権を剥奪された。

選挙管理委員会の命令をロイターが確認し、政府高官の1人もカーン氏が実刑判決に基づいて政治活動の資格を失ったと認めた。

パキスタンの法律では、実刑判決を受けた人物は選挙管理委員会が定める期間中はいかなる公職選挙にも出馬できない。

カーン氏側近は「こうした流れが避けられないのは分かっていた」と述べた上で、同氏が率いる野党パキスタン正義運動(PTI)は裁判所に被選挙権喪失の異議申し立てを行うと説明。「この処分が覆されると確信している」と付け加えた。

最終更新:8/9(水) 7:39 「ロイター」より
首相在職中に土地の寄付を巡る汚職事件に関与したとして禁錮3年の実刑判決を受けたパキスタンイムラン・カーン前首相、そのカーン前首相に対して当局から5年間の被選挙権剥奪というペナルティを喰らったが、汚職に関与した政治家に対して厳罰を下すのは当然ではないでしょうかね? ましてや政治や司法がまともとは思えない途上国において、こういう措置を出すのは異例のことでは?

だがカーン前首相が率いる野党は裁判所に「この判決はおかしい」と異議申し立てを行うみたいだが、与党による政敵排除だって主張ですか?

パキスタンでは実刑判決を受けた人物は一定期間公職選挙に出馬できないという法律があるけど、法を犯した人間が政治参加することは認めないという常識に基づいてますが、日本でもこれは当たり前だと思います。じゃあ風力発電の利権を巡る汚職事件をやらかした秋本真利議員に対して議員強制辞職、一定期間の被選挙権剥奪というペナルティを下すべきです。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

教育界にも拡大? ヒンズーナショナリズム

草葉の陰でマハトマ・ガンジーが憂いてもおかしくない状況です。
今の政権はインドをどうしたいんでしょうか?

引用

進む教科書書き換え にじむヒンズー至上主義 現場から懸念と憤り・インド

【ニューデリー時事】インドの教科書から政権に不都合な記述が消えた。

 インドで支配的なヒンズー教の伝統を絶対視する政権の意向を反映したとみられる改訂も行われ、教育現場から影響を懸念する声が上がっている。

 「ヒンズー教徒とムスリム(イスラム教徒)の結束というガンジーの確固とした追求は、ヒンズー過激派を刺激した。彼らは幾度となく暗殺を試みた」。近代政治の教科書に長くあった記述が、今春の改訂版から消えた。教科書は日本の高校3年生に相当する12年生が学ぶ。

 イスラム教徒との融和を唱えたインド建国の父マハトマ・ガンジーは1948年、ヒンズー至上主義団体・民族義勇団(RSS)所属の男に暗殺された。RSSは現与党の支持母体で、モディ首相もRSS出身だ。改訂版からは「RSSのような組織は、しばらくその活動を禁じられた」との記述も無くなった。

 また、西部グジャラート州で2002年、イスラム教徒を中心に1000人以上が死亡した宗教暴動の項目も削除された。当時の州首相はモディ氏だ。歴史の教科書からはイスラム王朝に関する記述が大幅に割愛された。

 全国的なカリキュラム作成や教科書発行を担う「国立教育研究訓練評議会」(NCERT)は昨年、新型コロナウイルス禍における生徒の負担を減らすため、教科書の内容を一部削減すると発表している。ただ、削減部分を示したリストにガンジー暗殺に関する改訂は載っていない。

 政権の意向に沿った教科書の書き換えは、高校に限らずこれまでも進められてきた。

 首都ニューデリーの中学教師、プリヤンカ・アグラワルさん(47)は「私たちは過去を知ることで今後過ちを犯さないようにする。改訂は政治的な目的で行われており、間違いだ」と話す。キリスト教系の学校で教えるアムリタ・ラルさん(36)は「政府は手を突っ込むべきではない」と改訂に憤りを隠さない。公立学校の教師の多くはこの話題に触れることを恐れているという。

 デリー大学のマヤ・ジョン助教(歴史学)は「政府は歴史を意図的にゆがめ、特定の世界観を構築しようとしている。インドの民主主義が脅威にさらされている」と批判。改訂の撤回を求めている。大学の研究も政権からの圧力にさらされ警戒が強まっている。

 NCERTは時事通信の取材に応じていない。

 最終更新:7/4(火) 7:43 「時事ドットコム」より
ナレンドラ・モディ政権になって以降、ヒンズーナショナリズムが拡大しつつあるインド、その流れが教育界にも及んでいるっていうけど、ヒンズー教徒とイスラム教徒の融和を推進したガンジーはヒンズーナショナリストを刺激して何回も暗殺を試みた。ガンジーを暗殺したナトゥラム・ゴードセーはRSS(ヒンズー至上主義団体・民族義勇団)のメンバーだったことからRSSはその活動を禁止された。といった記述がインドの歴史教科書から抹消されたことに加え、イスラム王朝に関する記述も抹消されたというから、これって歴史の否定以外の何者でもないし、中国や韓国みたいに歴史を捏造しそうでならない。イスラム王朝はなかったことにするってムガル帝国を否定するんですか? ガンジーの非暴力・不服従・無抵抗主義に基づく独立運動の結果独立したもののイスラム教徒がパキスタンという国を作って分離独立したことについてもなかったことにするんだろうか? 下手すりゃイスラム教徒がパキスタンという国を作って分離独立したことや今も続くカシミール問題について「イギリスによる植民地政策のせい」なんて記述しそうでならない。

モディ首相は「インドはヒンズー教徒の国、ヒンズーじゃないのはインドの歴史に存在してはならない」なんて屁理屈で歴史の否定に及んだかも知れないが、自国の歴史を平気で否定してなかったことにしようなんて考えは中国共産党や韓国のやり方というか考え方、まともじゃありません。

イスラム教徒やシーク教徒、キリスト教徒などからすれば一方的な改訂に憤りを示しそうだが、インドにおける宗教対立を煽りかねません。モディ首相はインドで文化大革命を起こす気か?
GHQと日教組による自虐史観でおかしくなった日本や捏造した歴史観を植えつ付ける中国や韓国じゃないけど、ヒンズーナショナリズムに基づく歴史観を押しつけようとするインド、間違った歴史観の押しつけは国家を堕落させるものでしかないです。即ちこれはインドをおかしい方向に導く懸念が出ておかしくないです。

theme : 情報の後ろにある真実
genre : 政治・経済

タイで政権交代か?

軍部対野党という構図となった今回のタイの総選挙、勝者は果たして・・・!?

引用

タイ総選挙、2野党が過半数確保 政権交代に向け連立協議

【シンガポール=森浩】タイで14日、下院(定数500)総選挙の投票が行われた。選挙管理委員会の途中集計(開票率99%)によると、王室改革などを訴える革新系「前進党」が第1党、タクシン元首相派の「タイ貢献党」が第2党につけ、両党で過半数に達した。2014年のクーデターで実権を握った軍に近い政党は低調で、有権者の軍主導の政治への不満が反映された。

今後、前進党と貢献党を軸とした連立協議が本格化するが、民主的な政権が誕生するかが焦点となる。協議次第では親軍政党が連立与党の一角となり、軍が政治に影響を及ぼす構図は残る可能性がある。

選管によると、小選挙区では前進党が113議席、貢献党が111議席を獲得。比例区と合わせて両党で過半数を確保した。親軍政党は、現連立与党の中核である「国民国家の力党」が小選挙区で39議席にとどまった。

前進党は軍改革や王室への侮辱を禁じる不敬罪の改正を訴え、選挙戦後半に支持を急拡大させた。前進党のピタ党首は14日の記者会見で「協力可能な野党と交渉する」と述べ、連立協議を進める意向を示した。貢献党は事前の予想に比べ伸び悩んだ。

貢献党と前進党は不敬罪改正をめぐる対応など主張に隔たりがあり、連携は困難との見方がある。親軍政党と安易に手を組めば有権者の反発につながる恐れがあり、協議は容易ではなさそうだ。

2023/5/15 07:08 「産経新聞」より
14日に下院の総選挙が実施されたタイ、軍部主体の与党と王室改革を訴える革新系野党・前身党、タクシン・シナワット元首相派野党・タイ貢献党の2つの野党の争いとなったけど、2014年のクーデター以降政権与党だった軍部へのマンネリ感から前身党が第1党、タイ貢献党が第2党となるなど、与党への不満から野党に票が流れたといえます。こういうマシな選択肢があるだけいいことだが。

「軍部主導の政権では行き詰まり感しかない!! ここは政権交代しかない!!」ってタイの国民の半分以上は思ったんじゃ・・・?

ただ前身党とタイ貢献党を軸とした連立協議が上手く行くとは限らない。これまでタイでは民主的な政権が長続きした試しが皆無なことを考えれば・・・? また選挙結果で揉めて国中が混乱したケースもあり、また混乱するのでは・・・? って懸念もあります。下手すりゃ軍がまた政権を担うケースになるだろうし。
政権交代に向けた連立協議がうまく行けばいいのだが・・・!? それにタイ貢献党についてはタクシン・シナワット元首相派勢力だけに、反タクシン派からはいい目で見られていないと思う。

前身党とタイ貢献党では不敬罪を変えるべきかで揉めており、足並みが揃っていない感じもするけど、王室を巡る問題が政治にも関わるタイ、日本やイギリスみたいに皇室や王室は政治に干渉しないって習慣がないんでしょうか?
軍の改革及び不敬罪を改正しますと主張した前身党だが、政権第一党になってそれをホントに実現できるのか注視したいところだ。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

やりすぎたビルマ国軍

政権を奪還してからやりたい放題です。
やってることはアフガニスタンのタリバンみたいで絵に描いた残虐ぶりもいいところだ。

引用

国軍の空爆で民間人ら100人死亡か ミャンマー北西部

(CNN) ミャンマー北西部ザガイン管区の村で11日、国軍の空爆があり、民主派が設立した「国民統一政府(NUG)」によると女性や子どもを含む約100人が死亡した。

NUGの労働省は「罪のない数十人の民間人が亡くなり、子どもや妊婦を含む多数の負傷者が出た」とする声明を発表。「戦争犯罪」に相当する「卑劣な行為」だと非難した。

現地のニュースメディア「イラワジ」は、村の新庁舎の開所式に住民らが集まったところへ、国軍機が爆弾2発を投下したと伝えた。

軍事政権側はこの攻撃について、公式のコメントを出していない。

イラワジなどの地元メディアが公開した写真やビデオには、犠牲者の遺体や空爆で破壊された建物、車、がれきがうつっている。CNNは写真やビデオが本物かどうかを確認できていない。

NUGのマンウィンカインタン首相は、「航空機による虐殺」に打ちひしがれているとツイートした。

ミャンマーでは国軍が2021年のクーデターで民主派指導者のアウンサンスーチー氏らを追放して実権を握り、抗議デモを抑え込んできた。経済が崩壊状態に陥って食料、燃料が不足し、暴力と混乱が続いている。米国は先月、国軍関係者や関連事業に対する新たな制裁を発表した。

最終更新:4/12(水) 13:09 「CNN.co.jp」より
ビルマ北西部の村で11日に突然ビルマ国軍が空爆して100人が死亡するという大惨事が起こったけど、民主派勢力NUG(国民統一政府)に対する国軍による容赦ない抑圧としか思えないし、一昨年のクーデターでアウンサン・スー・チーら民主派勢力を権力の座から引きずり降ろして政権を奪還して以降、国軍による容赦ない弾圧が続くビルマですが、今度は一般市民を空爆で殺害、やりすぎというか一線を超えまくりもいいところです。一般市民に攻撃の矛先を向けるって狂気の沙汰ではありません。

NUG側は国軍のこのやり方を戦争犯罪に相当する行為と非難したけど、国軍側はダンマリだから、NUGと国軍の溝は深まりそうです。てか中国とロシアが国軍を支援していることでならず者国家がならず者を支援するという構図、相変わらずです。欧米は民主派勢力を支援している構図も変わらないが。

これについてICC(国際刑事裁判所)は調査しないんですか? ロシアによるウクライナへの残虐行為は調査してウラジミール・プーチン大統領に逮捕状を突きつけたのに、今回の一般市民虐殺行為を実行したビルマ国軍のトップ(ミン・アン・フライン)に対して逮捕状を突きつけるべきだ。あまりにも残虐極まりないこのやり方「極めて遺憾」なんて大甘なもんじゃないことは一目瞭然なり。てかここまで一般市民を抑圧してビルマ国軍は何をしたいのか? 絵に描いたド外道もいいところだ。

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

ムシャラフ元大統領死去

「テロとの戦い」でアメリカに協力姿勢を示したものの、その後国内を混乱させたことで賛否割れる人なのは間違いない。

引用

パキスタンのムシャラフ元大統領が死去、79歳 亡命先のドバイで

[イスラマバード/ドバイ 5日 ロイター] - パキスタンのムシャラフ元大統領が5日、ドバイの病院で死去した。79歳だった。

1999年の軍によるクーデターを主導して軍政に道を開いた後、最高行政官を経て、2001年から08年まで大統領を務めたムシャラフ氏は、パキスタンに外国から多額の投資を呼び込み、高い経済成長を実現した。その半面、反対派への厳しい弾圧姿勢でも知られ、メディアへの検閲や憲法停止などの強硬措置も実施。08年の総選挙で与党が敗北すると、次の政権下で弾劾圧力に直面し、大統領辞任に追い込まれた。

大統領の座を去ったムシャラフ氏はいったんロンドンに逃げた後、13年にパキスタンに帰国して国政に出馬しようとしたが、すぐにその資格を停止され、14年に反逆罪で起訴されたこともあり、16年にドバイへ事実上亡命していた。

外交面では、01年の米中枢同時攻撃を機に米国との協調姿勢を打ち出し、米軍に国際テロ組織アルカイダ掃討のための基地を提供し、国内でイスラム過激派の反発を強める事態も起きた。

シャリフ首相はツイッターで「ムシャラフ氏の遺族に哀悼の意を捧げる。同氏のご冥福をお祈りする」とコメントした。

最終更新:2/6(月) 7:13 「ロイター」より
パキスタンペルペズ・ムシャラフ元大統領が亡くなったというけど、軍によるクーデターを手動して再び軍政にして強権的な姿勢を取った一方で、アメリカ同時多発テロ事件を受けてアメリカと協力姿勢を取り、アメリカ軍にアルカイダ掃討の為の基地をパキスタン国内に提供したものの国内のタリバン支持派から反発を受けるという事態をもたらしたけど、考えてみればアメリカの対テロ戦争に置いて重要な人物の一人だったムシャラフ元大統領、コレってパキスタンが長年タリバンを支援したからアメリカにすればパキスタンを懐柔させる狙いがあったんでしょう。

外国からの投資を呼び込んでパキスタンに経済成長をもたらしたり、インドとこれ以上ドンパチするつもりはないアピールをして印パの緊張状態を緩和したりしたが、2007年に最高裁判所と対立して混乱をもたらして翌年に辞任に追い込まれ、ロンドンに逃げてすぐにパキスタンに帰国するも、国民から「アメリカの犬」「独裁者」のイメージは拭えず反逆罪で逮捕され、ドバイに亡命するという散々な晩年だったわけで、これがパキスタン国内において賛否割れるものになってるんですかね?
ただアメリカの対テロ戦争において協力姿勢を取らなかったら、アメリカに睨まれて制裁を受けてたでしょうね。そう考えればアメリカに睨まれたくないから仕方ない判断だったかも知れない。

「ムシャラフ氏の遺族に哀悼の意を捧げる。同氏のご冥福をお祈りする」とツイッターでムシャラフ元大統領に哀悼の意を示したシャバズ・シャリフ首相、パキスタン政府内でムシャラフ元大統領はどう評価しているんでしょうか。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード