FC2ブログ

ジャカルタ中心部が爆発騒ぎ

観光名所で爆発騒ぎ、これには日本でもし起こったらと勘ぐりたくもなります。

引用

ジャカルタ中心部で爆発、兵士2人負傷…発煙手りゅう弾か

【シドニー=一言剛之】インドネシア警察などによると、ジャカルタ中心部の独立記念塔広場で3日朝、爆発が起き、近くにいたインドネシア国軍の兵士2人が負傷した。警察は周辺の道路を封鎖し、爆発の原因を調べている。

 警察によると、爆発したのは発煙手りゅう弾とみられる。不審物を見つけた国軍兵士が手に取ったところ、爆発したとの情報もある。

 現場は「モナス」と呼ばれる独立記念塔の周辺に広がる公園で、大統領府に隣接し、多くの人が訪れる観光名所となっている。

 最終更新:12/3(火) 12:52 「読売新聞」より
インドネシアの首都・ジャカルタ中心部にある独立記念塔広場で3日、突然爆発騒ぎが起こりインドネシア軍の兵士2人が負傷するという事態が起こったけど、爆発の原因は発煙手榴弾だったことから、これを見つけた兵士が手に取ったところ爆発したと言うが、手に取った途端爆発したというのは、何者かが遠隔操作したとしか思えないが、大勢の人が行き交う場所で爆発騒ぎって物騒です。

それとこのような場所でなぜ発煙手榴弾が置いているのか? 物騒にも程があるしおそらくそれを仕掛けた者はここで爆破テロを企ててたんじゃと勘ぐりたくなります。
警察が周辺道路を封鎖して爆発原因を調査するけども、こんなところに爆弾を仕掛けるなんてトンデモナイを通り越してます。れと現場は大統領府に近い為か、おそらくジョコ・ウィドド大統領を狙ったとしか思えない。

ジャカルタはバリ島と並んで日本人に人気の高い観光名所だけに、心配でなりません。この事件、日本も他人事と見ないほうがいいです。

theme : テロ
genre : ニュース

スモッグ公害が最悪のニューデリー

中国以上に環境問題が深刻です・・・。急激な経済成長はこういう問題を起こすのはいつも時代も変わりません。

引用

過去数年で最悪レベル=スモッグ、インド首都覆う

【ニューデリーAFP時事】インドの首都ニューデリーは3日、過去数年で最悪のレベルとみられるスモッグに覆われた。

 車の排ガスと工場の煙に野焼きが加わって「耐え難い汚染」(ケジリワル・デリー首都圏首相)になった。

 極端な視界不良のため、航空会社は着陸時刻や目的地の変更に追われた。スモッグの中、政府に対策を求めるデモも行われ「目の前に何があるかも見えない」と訴えた。

 ケジリワル氏は、スモッグの主因を近隣州の野焼きと考え「首都をガス室に変えた」とハリヤナ州やパンジャブ州に対策を迫る。これに対し、政府のジャバデカル環境相は「両州を元凶に仕立てる印象操作だ」と非難、政府と自治体の間で責任のなすり合いに発展している。

 最終更新:11/4(月) 10:08 「時事ドットコム」より
インドの首都・ニューデリーが過去数年で最悪レベルのスモッグ被害であることを3日に公表したけど、モータリゼーションの台頭及び工場から出てくる煙、そして伝統的な野焼きもあって中国よりも深刻なスモッグ被害となったと言うけど、これはニューデリーのみならずインド全体が抱える問題だと思うね。

スモッグ被害のせいで航空会社の運営に悪影響が出ており、またニューデリー近郊のハリヤナ州・パンジャブ州に対してスモッグ対策しろとインド政府は訴えてるけど、一方でこの2州が悪い的なデマを発信していると政府から非難も出ており、公害問題で一枚岩になっていないことを露呈しています。
インド政府と州自治体で対立に発展してるけど、中央政府と地方自治体でケンカしたところで事態はかえって悪くなる一方、国民の公害問題に対する理解も全く得られないでマイナスだ。

経済成長の一方で公害問題、何だか高度経済成長期の日本を見ているようだが、環境問題より経済成長を優先してきたツケがニューデリーが最悪レベルのスモッグに陥ったことにあるのではないでしょうか? ニューデリーのみならず他の大都市(デリー・ムンバイ・ハイデラバードなど)も同じ問題を抱えているかも知れません。

theme : 地震・天災・自然災害
genre : ニュース

ガンジー生誕150周年

非暴力・不服従を掲げてインドを独立に導いたあの人が誕生して150年が経つんですねェ・・・!!

引用

ガンジー生誕150年、インド各地で祝う 巨大な糸車を設置

[ムンバイ 2日 ロイター] - インド各地で2日、「独立の父」とされ、平和の推進者だったマハトマ・ガンジーの生誕150周年を記念する式典などが行われた。

モディ首相はニューデリーにある記念碑を訪問し、祈りをささげた。他の政治家や市民らも記念碑を訪れた。

ガンジーは1869年に生まれ、インドの英国からの独立で重要な役割を果たした。1948年1月30日にヒンズー教原理主義者に暗殺された。

この日は、生誕150周年を記念するため清掃活動や映画上映などが行われた。ニューデリー郊外では、政府当局者がプラスチックごみから作られた巨大な糸車(重さ1650キロ)を設置。ガンジーは、独立や自給自足の意味を込めて糸車で自身の衣類の糸を紡いだことで知られる。

またチェンナイの学校では、交通安全の認識を高めるため、ヘルメットをかぶった生徒たちがガンジーの顔の形に並んで人文字を作った。

最終更新:10/3(木) 12:52 「ロイター」より
2日にインド各地でインド独立の父、マハトマ・ガンジーの生誕150年を祝う式典が行われたけど、生誕150周年ということでガンジーの偉大さを改めて説く意識はあるけど、首都ニューデリー郊外ではプラスチックごみを集めて巨大なチャルカ(糸車)を作って設置するという試みも会ったけど、イギリス製品ボイコット・国産の綿をチャルカで紡いで自給自足を訴えたエピソードもあるガンジーだけに、ガンジーの偉大さを改めて知ってもらおうとプラスチックごみで巨大なチャルカを作ったと思います。ましてチャルカはインドのシンボルでもあるし。

ただ最後はヒンズー・ナショナリストの凶弾に倒れたガンジー、今のインドはヒンズー・ナショナリズムが暗躍するなどガンジーの理念とはかけ離れつつあるわけだが、ナレンドラ・モディ首相からしてガンジーを暗殺したナトゥラム・ゴードセーがいたRSS(民族義勇軍)の活動家だけに、ガンジーに対する思いは複雑でしょうね。
モディ首相はニューデリーにあるガンジーの記念碑に献花したけど、改めてガンジーの理念を伝える為にも宗教間対立を煽ってはならない。

「憤怒は人を地獄へと導くもの・・・、今一度我が身を振り返ってみよ」

theme : インド
genre : 海外情報

モディ政権のこの姿勢は・・・!!

領有権を主張している場所の自治権を取り上げるという姿勢、考えられないレベルなんですが・・・!!

引用

印モディ政権、カシミール自治権剥奪の2つの理由

 インドのモディ政権が、ジャム・カシミール州の自治権を剥奪した背景には、インドが抱える内外の2つの理由がある。

 第1は、アフガニスタン情勢への懸念だ。米国とアフガンのイスラム原理主義勢力タリバンの和平協議は詰めの段階にある。両者が合意すれば、米軍のアフガンからの撤収に道筋がつく。その場合、タリバンを背後で支えるパキスタン軍は、インドと領有権を争うカシミール地方に戦力を集中させることができる。

 カシミール地方で印パを隔てる実効支配線(停戦ライン)では、両国軍の間で小規模な衝突が頻発している。インド側では、イスラム過激組織によるテロ攻撃もたびたび発生しており、インドはパキスタンが背後にいると非難してきた。

 米タリバンの和平が達成されるのを前に、インドとしてはカシミール地方の実効支配を強化することが迫られていたといえる。

 もう一つは、停滞するインド経済への国民の不満を政府からそらすことだ。

 インドでは今年、大規模州マハラシュトラ州、首都近郊ハリヤナ州といった重要州で議会選が予定される。

 ヒンズー至上主義を掲げるモディ首相の与党、インド人民党(BJP)は自治権剥奪をマニフェストに挙げてきた。イスラム教徒が多数派のジャム・カシミール州をヒンズー教徒主導の連邦政府の完全統治下にすれば、ヒンズー教徒の支持が強まる。州議会選で勝利し、州議会議員による間接選挙で決まる上院での過半数確保を来年にも達成したいとの思惑があったといえる。

 ただ、パキスタンの反発は大きい。独立以来3度の戦火を交え、核武装する両国の緊張が地域に不安を与えることは確実だ。対印テロの激化も懸念される。

 カシミール地方の一部地域でインドと領有権を争い、パキスタンと蜜月にある中国も不満を募らせており、自治権剥奪が最近の中印関係改善の動きに水を差すことになりかねない。ジャイシャンカル印外相は11~13日の訪中で、中国側に説明を求められそうだ。

 最終更新:8/9(金) 2:44 「産経新聞」より
インドが領有権を巡ってパキスタンと対立しているカシミール地方、そのカシミール地方のインド側にあるジャム・カシミール州の自治権をナレンドラ・モディ首相が突然取り上げたことでカシミール問題が再び蒸し返しそうな懸念が出てきたけど、かねてからカシミールは我々のものだと言ってはばからないインドがこんな姿勢に及んだのは、インドが抱える2つの問題にあったみたいです。

まずアフガニスタン情勢、アメリカとアフガニスタンで暗躍しているイスラム原理主義勢力・タリバンの和平協議が秘密裏で進んでおり、これが実現すればアメリカがアフガニスタンから撤退し、タリバンを支援しているパキスタンにとってもカシミール問題で軍をカシミールに回しやすくなるとしてインドとしてはこれまでジャム・カシミール州においてイスラム過激派によるテロが相次いでおり、インドとしてはパキスタンがカシミールに軍を増派すればまた印パ戦争に発展する懸念からインドとしては実効支配を強めたいが為に、ジャム・カシミール州の自治権を取り上げて実効支配を強めねばと危機感を抱いたんでしょうね。
アフガニスタン情勢はインドにとって対岸の火事じゃないってことか。そりゃ背後にパキスタンがいたんじゃねェ・・・!?

もう一つはインド国内の状況、モディ首相が率いるBJP(インド人民党)はジャム・カシミール州の自治権剥奪をマニフェストとしていることから、ジャム・カシミール州からイスラム教徒を排除してヒンズー教徒主導の政府下に置けばインドで多数派を占めるヒンズー教徒の支持が集まるということだけど、ヒンズー・ナショナリズムが拡大しつつあるインド、ジャム・カシミール州の自治権剥奪は「イスラム教徒をここから追い出してヒンズー教徒を移住させる」って理屈に他ならないが、これがインド国内のイスラム教徒やパキスタンを刺激するリスクも大いにあります。
テロ根絶を名目にジャム・カシミール州の自治権剥奪、モディ首相のイスラム教徒憎しがエスカレートしてなりません。パキスタンとはあらゆる会談に応じないという強硬な姿勢まで取っちゃって、また印パ紛争にでもなったらどうすんだか。

ヒンズー・ナショナリズムを傘にイスラム教徒に強硬な姿勢を取るモディ首相、国際社会から懸念視されかねません。
「今のインドは歪んだナショナリズムが支配している」なんて思われかねないです。

theme : 領土・領海・・経済水域
genre : 政治・経済

インドがジャム・カシミールの自治権を剥奪?

印パ対立の象徴であるあの地域が再びキナ臭くなりそうです。
日韓と同様、この国同士の対立はいつもの通りです。

引用

印政府のカシミール自治権剥奪、印パ対立激化や反乱の懸念

【8月6日 AFP】インド政府は5日、インドとパキスタンが領有権を争うカシミール(Kashmir)地方の印支配地域、ジャム・カシミール(Jammu and Kashmir)州に70年にわたって付与されていた特別自治権を剥奪した。また同州を二つの地域に分割し、中央政府の直轄支配とする法案を提出した。

 インド政府のこうした動きが、同じく核保有国でインドと敵対するパキスタンを激怒させ、イスラム教徒が多数を占めるカシミール地方でさらなる反乱が勃発するのではとの懸念が高まっている。

 印パ両国が1947年に独立して以降、カシミール地方は両国によって分割されている。インド側のジャム・カシミール州では、武装組織や多くの住民らが独立、もしくは隣国パキスタンへの編入を求め、過去30年にわたって反政府運動を展開しており、その間、数万人が死亡している。

 最近行われたインド総選挙では、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相率いる与党・インド人民党(BJP)が議席の大多数を占めた。BJPは、長年約束してきた特別自治権法の廃止を実行すると明言していた。

 そのため、カシミール地方の住民の間では特別自治権が剥奪されるのではないかと懸念が高まっていた。多くの住民らは、インド政府がヒンズー教徒を主とする非カシミール人らに土地を買わせて住まわせ、カシミールの人口構成を変えようとしているのではと恐れている。

 インド政府の措置は、すでに流血の事態が起きているカシミールの反乱をさらに激化させそうだ。また、3度の印パ戦争のうち2度はカシミールをめぐる交戦だったパキスタンの長年の敵意を深めることとなるだろう。ジャム・カシミール州の元高官はAFPに対し、「カシミール地方では強い反発があるだろう。この地方はすでに混乱状態にあり、これでは状況を悪くするだけだ」と非難した。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
インドパキスタンが長年領有権を争っているカシミール地方、その中でインドが支配するジャム・カシミール州についてインド政府が自治権を剥奪するという措置に出たけど、ヒンズー・ナショナリストであるナレンドラ・モディ首相のこと、イスラム教徒の多いジャム・カシミール州からイスラム教徒を排除してヒンズー教徒を入植させて、カシミールの人口構成を変えようとしていることで現地住民から懸念も出ているみたいです。だったらやってることはパレスチナ人を追いやってユダヤ人入植地を作ろうとするイスラエルと何ら変わらないよ。

ジャム・カシミール州を2つに分割して中央政府の直接支配とする法案を出したインド、当然パキスタンが黙っているわけがなく、イスラム教徒のインドに対する不信を煽ってまた印パ紛争ということになりかねないです。反日を煽る韓国のムン・ジェインとは違うが、ヒンズー・ナショナリズムを煽ってカシミールからイスラム教徒を排除しようとするのは❝扇動❞でしかありません。

これまで3回起こった印パ紛争、そのうち2回はジャム・カシミール州が発端となっており、再びカシミールが流血の事態となりそうな気がしてなりません。
カシミールから自治権を奪うことはイスラム教徒を刺激しかねない行為だが、カシミールはインドのものだと主張しながらこのような行動、モディ首相以下インド政府は一体何を考えているのか・・・!? 何かモディ首相は宗教対立を煽っているとしか思えないけど、カシミールにまでそれが及んだとすれば、気でも狂ったのか。

theme : 領土・領海・・経済水域
genre : 政治・経済

ヒンズー・ナショナリズムを選択?-インド総選挙-

世界最大の規模を誇る選挙として有名なインドの総選挙、中国の影に隠れているとは言え国際社会からの関心は強いけど・・・!!

引用

ヒンズー至上主義に危機感=「強さ」求める国民感情鼓舞-インド総選挙

【ニューデリー時事】ヒンズー至上主義を掲げるインド人民党(BJP)を中心とする与党連合のモディ政権下では、国是の宗教的多様性が脅かされる恐れがあるとして危機感が高まった。

 少数派のイスラム教徒が殺害されたりキリスト教徒が拘束されたりする事態が発生。社会の分断が深まった。

 インドメディアによれば、モディ政権が発足した2014年以降、ヒンズー教徒が神聖視する牛の保護を掲げる「自警団」などに少なくとも44人が殺害された。17年には、中部マディヤプラデシュ州で賛美歌を歌っていたキリスト教徒約40人が「改宗を強要した」として警察に拘束される事件が起きた。

 また同年、モディ氏の後継候補の一人とされる北部の州首相が、17世紀のイスラム王朝時代の遺跡で世界遺産の「タージマハル廟(びょう)」を州の観光マップから外し、物議を醸した。今回の総選挙では、BJP候補者が、イスラム教徒との融和を説いた建国の父マハトマ・ガンジーの暗殺犯を「愛国者」とたたえ、モディ氏が釈明に追われる場面もあった。

 ヒンズー至上主義の浸透が進んだ理由について、デリー大のアショク・アチャリャ教授は、イスラム教を国教とする隣国パキスタンを念頭に「国民が『強さ』を求める中、BJPや支持母体は、インドの宗教的多様性が『敵』を利する結果になったという考えを浸透させることに成功した」と分析する。

 政治評論家カマル・チェノイ氏は、有権者が14年の総選挙でBJP政権に期待したのは経済成長や汚職対策だったと語り、「ヒンズー至上主義の台頭は予想外だったはずだ。与党連合が再び政権に就けば、教育分野でも浸透が進む恐れがある」と警告した。

 最終更新:5/24(金) 7:20 「時事ドットコム」より
投開票に7日間も要するなど大規模な集計が終わり、やっと結果が出た今回のインド総選挙の結果は、ナレンドラ・モディ首相が率いるBJP(インド人民党)の与党連合が政権維持する見通しみたいだが、BJPが最近支持率を上昇させている要因として、ヒンズー・ナショナリズムが拡大しつつあることだけど、国内に多数の宗教を抱えるインド、宗教的な多様性が脅かされるのではと言う懸念もあります。

近年のインドではヒンズー・ナショナリズムの拡大に伴い、イスラム教徒などが理由もなく殺害されたり迫害されるケースも多々あるが、これが社会の分断を招いているという見解もあるけど、人口の8割がヒンズー教徒のインド、隣国パキスタンの脅威というか存在から、イスラム教徒を敵視する姿勢を掲げる者もおり、それが支持を集めてるとしか言えないけど、ヒンズー教徒以外インドに必要ないって理屈? この考えは排外主義的でヨーロッパの極右政党と同類だ。ましてやイスラム教徒を矛先に向けているところは共通してるし。それと韓国における親日派狩りのようなものでもある。

インドを代表する建築物「タージ・マハル」を観光マップから削除したり、今回の総選挙に立候補したある候補は、あのマハトマ・ガンジーを暗殺したヒンズー・ナショナリスト、ナトゥラム・ゴードセーを愛国者と称える主張をして、モディ首相がその釈明に追われたって言うけど、そこまでイスラム教徒が嫌いか? ヒンズー教徒でありながら他の宗教に対して寛容の精神で接する者が嫌いか? と言いたくもなる。ましてインドのシンボルの一つでもあるタージ・マハルを批判、イスラム教徒に支配された歴史を美化するもので不快だって考えですか?

前回の総選挙でBJPには汚職撲滅や経済成長、格差是正を期待したのに「ヒンズー至上主義の台頭は予想外だったはずだ。与党連合が再び政権に就けば、教育分野でも浸透が進む恐れがある」と憂う識者もいるが、モディ首相以下BJPはガンジーの精神を改めて学んではどうか。宗教的な多様性が敵を利する結果となったなんて主張、それを鵜呑みにして信じ込んだ一部のヒンズー教徒による暴走をモディ政権は黙認しているとしか言えませんね。これがパキスタンを刺激してまた戦争にでもなればとんでもない事態を招くことを危惧してはどうか、モディ首相。
BJPの勝利に終わった今回の総選挙でインドがおかしい方向に行かなければいいけども・・・!?

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード