FC2ブログ

笑い事じゃないよ、インドの「トランプ神殿」

 ドナルド・トランプ大統領を崇拝してるのはアメリカの一部だけだと思ったが・・・!?

引用

インドに「トランプ神殿」、訪問心待ちにする熱狂的ファンたち

[コニー/ニューデリー(インド) 18日 ロイター] - トランプ米大統領は来週、2日間の日程でインドを訪問するが、現地では熱狂的な「トランプファン」が待ち受けている。自宅にトランプ氏を祭る神殿まで建ててしまったブッサ・クリシュナさんもその1人だ。

 クリシュナさんがトランプ氏を崇拝し始めたのは4年前のこと。不動産ブローカーのクリシュナさんはその後、自宅の庭に神殿を建てトランプ氏の等身大の像を設置。周囲の壁にはトランプ氏の名前がいくつも書かれている。

 クリシュナさんはロイターに対して「トランプ氏への愛は崇拝に変わった。それは私に大いなる幸福を与えてくれた。私は以来、他の神に祈るのではなく、トランプ氏に祈りを捧げるようになった」と語った。

 トランプ氏を崇拝するインド人はクリシュナさんだけではない。

 ニューデリーでは、右派系グループ「ヒンドゥー・セナ」のメンバーが、トランプ氏をたたえる歓迎の歌のリハーサルを始めたという。

 最終更新:2/19(水) 14:52 「ロイター」より
 来週インドを訪問する予定のトランプ大統領、そのトランプ大統領を祀る神殿を建てた人がニューデリーにいたみたいだが、何の目的でこんなもんを建てたんだかとすら疑問でしかないです。

 この神殿を建てた人は4年前からトランプ大統領を支持し、トランプ大統領に祈りを捧げるようになったっていうけど、他国の大統領を崇拝の対象にするなんてよほどの物好きでしかないが、こんなもんを建てた理由をそいつに聞かないメディアもどうかしてるよ。

 それに今のインドはヒンズー・ナショナリストが台頭しており、他の宗教に対する攻撃的な言動も目立つのに、アメリカの大統領なんか崇拝したらヒンズー・ナショナリストの攻撃対象になりかねないと思うんだが・・・!?
「他国、それもキリスト教原理主義国家であるアメリカの大統領を崇拝の対象にするとは何事か!?」ってね。

 それにしてもインドにおいてトランプ大統領支持者がいるってことは、中国やパキスタンに対して圧力をかけてくれる期待の表れってこと?
 トランプ大統領を祀る御殿を作ったこの人、好きが行き過ぎてこうなったんじゃ笑い話じゃ片付かない。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

兵士が立てこもって銃乱射? 物騒だ

 この兵士は気でもおかしくなったんでしょうか?

引用

タイ銃乱射、29人死亡 立てこもりの兵士は射殺

[ナコンラチャシマ(タイ) 9日 ロイター] - タイ東北部ナコンラチャシマ県で起きた乱射事件で、治安当局は9日、ショッピングモールで立てこもりを続けていた陸軍兵士の男を射殺した。この乱射事件では、少なくとも29人が死亡、57人が負傷した。

警察によると、容疑者は、地元の基地に所属するジャカパン・トンマ容疑者(32)。約12時間にわたりショッピングモールにたてこもり、犠牲者の大半はショッピングモールにいた買い物客など。

プラユット首相は記者会見で、容疑者の部隊長の親戚との間のもめごとが犯行の理由だと説明した。

現場は首都バンコクの北東約250キロ。現地時間8日午後3時(日本時間同5時)頃に容疑者は基地で上官らを銃撃して射殺し、車で逃走、その後、ショッピングモールに押し入った。

陸軍指揮官によると、容疑者は基地から銃や銃弾、軍用車などを盗み、犯行に使用した。

事件が起きる数時間前には、自身のフェイスブックに「不正行為により金持ちになり、他の人を利用している」などと批判的なメッセージを投稿をしていた。また、犯行中にもフェイスブックを更新していたが、その後、投稿は削除された。

タイでは、反政府活動が長引く南部を除き、銃乱射事件はまれ。

 最終更新:2/10(月) 7:51 「ロイター」より
 タイ東北部・ナコーンラーチャシーマー県のとある都市で陸軍の兵士が突然銃を乱射してショッピングモールに立てこもって銃をまた乱射して29人が死亡するという大惨事となったけど、兵士はその後治安部隊により射殺という結末を迎えたようです。

 なぜこの兵士はこのような事件を起こしたのか?
 プラユット・チャンオチャ首相は記者会見で容疑者の部隊長の親戚とトラブルになったとの見解を示したけど、人間関係によるトラブルからこんな事件を起こしたんじゃあまりにも幼稚というか身勝手である。
 ましてや軍用ライフルを市街地で乱射するなんて気が知れないし、商業施設に立てこもるというのは身勝手の極みだ。軍の兵士がこんなことをする、無関係の市民に対して銃口を向けるという無慈悲な行為です。

 最近では情勢が安定しつつあるタイにおいて、このような銃乱射事件が起こったことは信じ難いが、それも軍の兵士が起こすというのは国民の軍に対する不信感を助長する懸念もあります。プラユット首相はこの事件を受けて軍の信用に関わる大ごとだと懸念を示しそうだ。

theme : タイ
genre : 海外情報

ジャカルタ中心部が爆発騒ぎ

観光名所で爆発騒ぎ、これには日本でもし起こったらと勘ぐりたくもなります。

引用

ジャカルタ中心部で爆発、兵士2人負傷…発煙手りゅう弾か

【シドニー=一言剛之】インドネシア警察などによると、ジャカルタ中心部の独立記念塔広場で3日朝、爆発が起き、近くにいたインドネシア国軍の兵士2人が負傷した。警察は周辺の道路を封鎖し、爆発の原因を調べている。

 警察によると、爆発したのは発煙手りゅう弾とみられる。不審物を見つけた国軍兵士が手に取ったところ、爆発したとの情報もある。

 現場は「モナス」と呼ばれる独立記念塔の周辺に広がる公園で、大統領府に隣接し、多くの人が訪れる観光名所となっている。

 最終更新:12/3(火) 12:52 「読売新聞」より
インドネシアの首都・ジャカルタ中心部にある独立記念塔広場で3日、突然爆発騒ぎが起こりインドネシア軍の兵士2人が負傷するという事態が起こったけど、爆発の原因は発煙手榴弾だったことから、これを見つけた兵士が手に取ったところ爆発したと言うが、手に取った途端爆発したというのは、何者かが遠隔操作したとしか思えないが、大勢の人が行き交う場所で爆発騒ぎって物騒です。

それとこのような場所でなぜ発煙手榴弾が置いているのか? 物騒にも程があるしおそらくそれを仕掛けた者はここで爆破テロを企ててたんじゃと勘ぐりたくなります。
警察が周辺道路を封鎖して爆発原因を調査するけども、こんなところに爆弾を仕掛けるなんてトンデモナイを通り越してます。れと現場は大統領府に近い為か、おそらくジョコ・ウィドド大統領を狙ったとしか思えない。

ジャカルタはバリ島と並んで日本人に人気の高い観光名所だけに、心配でなりません。この事件、日本も他人事と見ないほうがいいです。

theme : テロ
genre : ニュース

スモッグ公害が最悪のニューデリー

中国以上に環境問題が深刻です・・・。急激な経済成長はこういう問題を起こすのはいつも時代も変わりません。

引用

過去数年で最悪レベル=スモッグ、インド首都覆う

【ニューデリーAFP時事】インドの首都ニューデリーは3日、過去数年で最悪のレベルとみられるスモッグに覆われた。

 車の排ガスと工場の煙に野焼きが加わって「耐え難い汚染」(ケジリワル・デリー首都圏首相)になった。

 極端な視界不良のため、航空会社は着陸時刻や目的地の変更に追われた。スモッグの中、政府に対策を求めるデモも行われ「目の前に何があるかも見えない」と訴えた。

 ケジリワル氏は、スモッグの主因を近隣州の野焼きと考え「首都をガス室に変えた」とハリヤナ州やパンジャブ州に対策を迫る。これに対し、政府のジャバデカル環境相は「両州を元凶に仕立てる印象操作だ」と非難、政府と自治体の間で責任のなすり合いに発展している。

 最終更新:11/4(月) 10:08 「時事ドットコム」より
インドの首都・ニューデリーが過去数年で最悪レベルのスモッグ被害であることを3日に公表したけど、モータリゼーションの台頭及び工場から出てくる煙、そして伝統的な野焼きもあって中国よりも深刻なスモッグ被害となったと言うけど、これはニューデリーのみならずインド全体が抱える問題だと思うね。

スモッグ被害のせいで航空会社の運営に悪影響が出ており、またニューデリー近郊のハリヤナ州・パンジャブ州に対してスモッグ対策しろとインド政府は訴えてるけど、一方でこの2州が悪い的なデマを発信していると政府から非難も出ており、公害問題で一枚岩になっていないことを露呈しています。
インド政府と州自治体で対立に発展してるけど、中央政府と地方自治体でケンカしたところで事態はかえって悪くなる一方、国民の公害問題に対する理解も全く得られないでマイナスだ。

経済成長の一方で公害問題、何だか高度経済成長期の日本を見ているようだが、環境問題より経済成長を優先してきたツケがニューデリーが最悪レベルのスモッグに陥ったことにあるのではないでしょうか? ニューデリーのみならず他の大都市(デリー・ムンバイ・ハイデラバードなど)も同じ問題を抱えているかも知れません。

theme : 地震・天災・自然災害
genre : ニュース

ガンジー生誕150周年

非暴力・不服従を掲げてインドを独立に導いたあの人が誕生して150年が経つんですねェ・・・!!

引用

ガンジー生誕150年、インド各地で祝う 巨大な糸車を設置

[ムンバイ 2日 ロイター] - インド各地で2日、「独立の父」とされ、平和の推進者だったマハトマ・ガンジーの生誕150周年を記念する式典などが行われた。

モディ首相はニューデリーにある記念碑を訪問し、祈りをささげた。他の政治家や市民らも記念碑を訪れた。

ガンジーは1869年に生まれ、インドの英国からの独立で重要な役割を果たした。1948年1月30日にヒンズー教原理主義者に暗殺された。

この日は、生誕150周年を記念するため清掃活動や映画上映などが行われた。ニューデリー郊外では、政府当局者がプラスチックごみから作られた巨大な糸車(重さ1650キロ)を設置。ガンジーは、独立や自給自足の意味を込めて糸車で自身の衣類の糸を紡いだことで知られる。

またチェンナイの学校では、交通安全の認識を高めるため、ヘルメットをかぶった生徒たちがガンジーの顔の形に並んで人文字を作った。

最終更新:10/3(木) 12:52 「ロイター」より
2日にインド各地でインド独立の父、マハトマ・ガンジーの生誕150年を祝う式典が行われたけど、生誕150周年ということでガンジーの偉大さを改めて説く意識はあるけど、首都ニューデリー郊外ではプラスチックごみを集めて巨大なチャルカ(糸車)を作って設置するという試みも会ったけど、イギリス製品ボイコット・国産の綿をチャルカで紡いで自給自足を訴えたエピソードもあるガンジーだけに、ガンジーの偉大さを改めて知ってもらおうとプラスチックごみで巨大なチャルカを作ったと思います。ましてチャルカはインドのシンボルでもあるし。

ただ最後はヒンズー・ナショナリストの凶弾に倒れたガンジー、今のインドはヒンズー・ナショナリズムが暗躍するなどガンジーの理念とはかけ離れつつあるわけだが、ナレンドラ・モディ首相からしてガンジーを暗殺したナトゥラム・ゴードセーがいたRSS(民族義勇軍)の活動家だけに、ガンジーに対する思いは複雑でしょうね。
モディ首相はニューデリーにあるガンジーの記念碑に献花したけど、改めてガンジーの理念を伝える為にも宗教間対立を煽ってはならない。

「憤怒は人を地獄へと導くもの・・・、今一度我が身を振り返ってみよ」

theme : インド
genre : 海外情報

モディ政権のこの姿勢は・・・!!

領有権を主張している場所の自治権を取り上げるという姿勢、考えられないレベルなんですが・・・!!

引用

印モディ政権、カシミール自治権剥奪の2つの理由

 インドのモディ政権が、ジャム・カシミール州の自治権を剥奪した背景には、インドが抱える内外の2つの理由がある。

 第1は、アフガニスタン情勢への懸念だ。米国とアフガンのイスラム原理主義勢力タリバンの和平協議は詰めの段階にある。両者が合意すれば、米軍のアフガンからの撤収に道筋がつく。その場合、タリバンを背後で支えるパキスタン軍は、インドと領有権を争うカシミール地方に戦力を集中させることができる。

 カシミール地方で印パを隔てる実効支配線(停戦ライン)では、両国軍の間で小規模な衝突が頻発している。インド側では、イスラム過激組織によるテロ攻撃もたびたび発生しており、インドはパキスタンが背後にいると非難してきた。

 米タリバンの和平が達成されるのを前に、インドとしてはカシミール地方の実効支配を強化することが迫られていたといえる。

 もう一つは、停滞するインド経済への国民の不満を政府からそらすことだ。

 インドでは今年、大規模州マハラシュトラ州、首都近郊ハリヤナ州といった重要州で議会選が予定される。

 ヒンズー至上主義を掲げるモディ首相の与党、インド人民党(BJP)は自治権剥奪をマニフェストに挙げてきた。イスラム教徒が多数派のジャム・カシミール州をヒンズー教徒主導の連邦政府の完全統治下にすれば、ヒンズー教徒の支持が強まる。州議会選で勝利し、州議会議員による間接選挙で決まる上院での過半数確保を来年にも達成したいとの思惑があったといえる。

 ただ、パキスタンの反発は大きい。独立以来3度の戦火を交え、核武装する両国の緊張が地域に不安を与えることは確実だ。対印テロの激化も懸念される。

 カシミール地方の一部地域でインドと領有権を争い、パキスタンと蜜月にある中国も不満を募らせており、自治権剥奪が最近の中印関係改善の動きに水を差すことになりかねない。ジャイシャンカル印外相は11~13日の訪中で、中国側に説明を求められそうだ。

 最終更新:8/9(金) 2:44 「産経新聞」より
インドが領有権を巡ってパキスタンと対立しているカシミール地方、そのカシミール地方のインド側にあるジャム・カシミール州の自治権をナレンドラ・モディ首相が突然取り上げたことでカシミール問題が再び蒸し返しそうな懸念が出てきたけど、かねてからカシミールは我々のものだと言ってはばからないインドがこんな姿勢に及んだのは、インドが抱える2つの問題にあったみたいです。

まずアフガニスタン情勢、アメリカとアフガニスタンで暗躍しているイスラム原理主義勢力・タリバンの和平協議が秘密裏で進んでおり、これが実現すればアメリカがアフガニスタンから撤退し、タリバンを支援しているパキスタンにとってもカシミール問題で軍をカシミールに回しやすくなるとしてインドとしてはこれまでジャム・カシミール州においてイスラム過激派によるテロが相次いでおり、インドとしてはパキスタンがカシミールに軍を増派すればまた印パ戦争に発展する懸念からインドとしては実効支配を強めたいが為に、ジャム・カシミール州の自治権を取り上げて実効支配を強めねばと危機感を抱いたんでしょうね。
アフガニスタン情勢はインドにとって対岸の火事じゃないってことか。そりゃ背後にパキスタンがいたんじゃねェ・・・!?

もう一つはインド国内の状況、モディ首相が率いるBJP(インド人民党)はジャム・カシミール州の自治権剥奪をマニフェストとしていることから、ジャム・カシミール州からイスラム教徒を排除してヒンズー教徒主導の政府下に置けばインドで多数派を占めるヒンズー教徒の支持が集まるということだけど、ヒンズー・ナショナリズムが拡大しつつあるインド、ジャム・カシミール州の自治権剥奪は「イスラム教徒をここから追い出してヒンズー教徒を移住させる」って理屈に他ならないが、これがインド国内のイスラム教徒やパキスタンを刺激するリスクも大いにあります。
テロ根絶を名目にジャム・カシミール州の自治権剥奪、モディ首相のイスラム教徒憎しがエスカレートしてなりません。パキスタンとはあらゆる会談に応じないという強硬な姿勢まで取っちゃって、また印パ紛争にでもなったらどうすんだか。

ヒンズー・ナショナリズムを傘にイスラム教徒に強硬な姿勢を取るモディ首相、国際社会から懸念視されかねません。
「今のインドは歪んだナショナリズムが支配している」なんて思われかねないです。

theme : 領土・領海・・経済水域
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード