ガンジー暗殺犯が密かに支持されている?

マハトマ・ガンジー暗殺から70年、インドにおいてその評価が割れているのは複雑だが、一部ではそのガンジーを暗殺した人物を支持する動きもあるみたいです。まるで安重根を崇拝する韓国と同レベルだ。

引用

ガンジー没後70年 くすぶる暗殺者崇拝 非暴力「消えつつある」

 インド独立の父、マハトマ・ガンジーが暗殺され、70年が経過した。痩躯(そうく)に眼鏡姿のガンジーはいまでも尊敬を集め、インドの象徴として世界中で広く知られている。「非暴力・不服従」に代表されるガンジーの思想も称賛されているが、インドでは「不寛容」が広がっていると指摘されている。1948年1月30日の暗殺から70年の時を経て、狂信的なヒンズー教徒だった暗殺者を崇拝する動きが小さくだが、広がりつつある。(ニューデリー 森浩)

                  ◇

 「ガンジーの思想は、インドで消えつつあるのかもしれない」

 ガンジーのひ孫に当たる西部ムンバイ在住の評論家、トゥシャール・ガンジーさんはつぶやいた。

 命日の先月30日には、ニューデリーで政府幹部が顔をそろえた追悼式典が行われた。参加したモディ首相は式典後に「バプー(ガンジーの愛称)に敬意を表した」とツイートした。“国父”を追悼する大規模な式典の一方でトゥシャールさんは、現代インドは、ガンジーが理想とした社会からほど遠いと感じている。「宗教間の融和、非暴力主義などガンジーの思想は優れたものだ。だが、極端な考え方を支持する人が増えていると感じる」と話す。

 ひとつの動きは暗殺者崇拝だ。昨年11月、インド中部マディヤプラデシュ州で、あるヒンズー教寺院の建立計画が持ち上がった。ガンジーを射殺したナトゥラム・ゴードセーをまつる施設だ。

 最終的に寺院は州当局によって開設を認められなかったが、主導したヒンズー至上主義団体「全インドヒンズー連盟」のプラカシュ・コシク代表は、取材に「ガンジーはイスラム教徒に譲歩し続けた。そのことがパキスタンの分離独立を招いた」とし、「ガンジーは非暴力を説くことでヒンズー教徒を弱体化させたかった」とまで言い切った。

 ゴードセーの弟の孫に当たるアジンキャ・ゴードセーさん(49)は、西部プネでオフィスを改装し、ゴードセーの資料館を立ち上げている。「インターネットによる影響なのかもしれないが、ナトゥラムを支持する人は確実に増えている」と語る。

 ゴードセーは、カースト最高位のバラモンの家系に生まれた敬虔(けいけん)なヒンズー教徒で、ヒンズー至上主義団体「民族義勇団」(RSS)に所属していた。RSSは現在の国政与党インド人民党(BJP)の支持母体で、モディ首相も青年期に入団していた。

 もちろん、モディ首相や政権幹部がガンジーを批判することはない。「ただ、ヒンズー色が強いBJPの思想は、ガンジーが打ち出した宗教間の融和とはなかなか相いれない」とは地元記者の分析だ。

 融和からは遠いといえるのが、牛を神聖視するヒンズー教徒がイスラム教徒など少数派の宗教の信者を襲撃する事件だ。インドのジャーナリズム市民グループ「インディアスペンド」によると、2010年から17年6月までの間に60回の牛肉(水牛を含む)に関連した襲撃事件があり、25人が殺害され、事件の大半がモディ政権が発足した14年5月以降に起きていた。

 ガンジーについて研究するアンベードカル大学のサリル・ミスラ教授(インド現代史)は「憎悪がむき出しになるインターネットの時代にこそ、ガンジーの融和の精神は重要性を増す。現代社会はもう一度、ガンジー思想を見直すべきだ」と話している。

 最終更新:2/2(金) 8:36 「産経新聞」より
「ガンジーの思想は、インドで消えつつあるのかもしれない」と語っているのはガンジーのひ孫に当たるトゥシャール・ガンジー氏、曽祖父の掲げた「非暴力・不服従」の理念が今のインドにおいて支持されている一方で、それを良しとしない声もあるみたいです。
「バプー(ガンジーの愛称)に敬意を表した」と先月30日に首都・ニューデリーで開かれた追悼式典でこう述べたナレンドラ・モディ首相、今もインドにおいて独立の父とされているガンジーだけに、モディ首相もガンジーの理念を忘れてはいけないと懸念を示したが、そうでないのが今のインドなんだよね・・・!?

ガンジーの理念を否定し、そのガンジーを暗殺したヒンズー・ナショナリスト、ナトゥラム・ゴードセーを崇拝する動きがヒンズー・ナショナリスト集団を中心に拡大してるけど、同じヒンズー教徒なのになぜそこまでしてガンジーを嫌悪してゴードセーを有難がるのか? 平たく言えばガンジーの融和の精神はイスラム教徒に妥協し、パキスタンの分離独立を招いたとしてインドを弱体化させたけしからんものだって理屈? 宗教対立はイギリスによる植民地政策がもたらしたものだが。

「ただ、ヒンズー色が強いBJPの思想は、ガンジーが打ち出した宗教間の融和とはなかなか相いれない」とあるメディアは報じてるけど、ヒンズー・ナショナリストであるモディ首相ですらガンジーの理念を受け入れるが、BJP(インド人民党)の支持母体であるヒンズー・ナショナリスト組織・RSS(民族義勇団)に青年期入党していたモディ首相、そのメンバーだったゴードセーについてはどう思ってんだろうか?
保守とリベラルは相容れないって点はインドでも同じなのか・・・。前者はヒンズー・ナショナリズムで後者はガンジーの理念。

モディ政権発足以降、インドではヒンズー・ナショナリストによるイスラム教徒襲撃事件が多発し、それを支持する普通のヒンズー教徒も増えていて寛容・融和とはかけ離れた状況になってますが、ネット時代に伴い過剰なナショナリズムが見えないところで拡大してることもまた困ったもんだよね・・・。ゴードセー支持拡大の動きもその影響かも知れないが。
「現代社会はもう一度、ガンジー思想を見直すべきだ」と警鐘を鳴らすインド現代史に詳しい識者、過激なナショナリズムとそれに伴う排外主義の拡大に歯止めをかけるにはガンジーの理念を見直さねばいけないって見解でしょうか。これはインドのみならず国際社会に向けても訴えるべきです。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

国軍だけじゃなく住民もロヒンギャを虐殺

こう見ると国ぐるみで少数民族を抑圧してるとしか思えない。

引用

ミャンマー国軍、ロヒンギャ殺害認める=住民も加担

【バンコク時事】ミャンマー国軍は10日、治安部隊が昨年9月にイスラム系少数民族ロヒンギャ10人を西部ラカイン州で殺害したことを明らかにした。

 8月25日に治安部隊とロヒンギャ武装集団の衝突が発生して以降、国軍がロヒンギャ殺害を認めたのは初めて。

 声明によると、治安部隊は9月1日、棒と刀で襲撃してきた武装集団200人のうち、10人を拘束。翌2日に10人を穴の中に並ばせ、家族を武装集団に殺害された仏教徒住民が刀で切り付けた上、治安部隊が銃撃した。国軍は、殺害に関与した治安要員や住民は法に基づいて処罰すると説明している。

 最終更新:1/11(木) 8:08 「時事ドットコム」より
少数民族・ロヒンギャに対する抑圧行為で非難を浴びているビルマ、昨年9月に西部のラカイン州で国軍がロヒンギャを10人殺害し、かつそこの住民も攻撃に関与したことが明らかになったけど、こう見ると軍だけでなく一般市民もロヒンギャ抑圧に関与してるって証拠を裏付けそうです。
ビルマ軍のしてることはかつてのルワンダかコソボのようなものだが、異民族に対して組織的な抑圧というか虐殺に及んでるってことはまさにそうだ。

これについて国軍は虐殺に関与した兵士や住民を処罰するというけど、処罰したところで済む問題ではない。

それとアウンサン・スー・チー女史、この問題に静観だけしてはどこが民衆の味方だ? 抑圧に屈しない被支配側にとって勇気づけられる存在だ? って言いたくもなります。かつて軍事政権に抑圧され長期軟禁された者とは思えないその姿勢はかえって失望しかありません。

かつては軍事政権による強権支配で非難され、今度はロヒンギャ抑圧で非難されてるビルマ、結局変わってなかったってこと?
この事実を欧米が見たら「ユーゴ紛争及びコソボ問題におけるセルビアを見ているようでおぞましい」とも言うだろうかね?

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

プミポン前国王に最後の別れ

崩御から1年、タイでは改めて喪に服しているみたいです。

引用

王宮前で前国王葬列=27日未明火葬―タイ

【バンコク時事】70年間にわたってタイの国家元首を務め、昨年10月13日に88歳で死去したプミポン前国王の火葬を前に、ひつぎが安置されていたバンコクの王宮周辺で26日午前、葬列が行われた。

 沿道には黒い服を着た多数の市民が詰め掛け、「国父」と慕われた前国王を追悼した。

 葬列には前国王の長男ワチラロンコン国王、次女シリントン王女ら王族のほか、プラユット暫定首相ら閣僚を含む約7000人が参加。王宮から火葬施設が設置された王宮前広場に向かった。

 伝統衣装に身を包んだ216人が引き手を務める高さ11.2メートル、全長18メートル、重さ13.7トンの巨大な黄金の木製車も登場。国民生活の向上に尽くした前国王は深く敬愛されており、王宮周辺の人出は30万人と見込まれている。

 集まった市民は木製車や王族が前を通るとひれ伏し、感極まって涙を流す人もいた。

 火葬行事は夕方に始まり、前国王は午後10時(日本時間27日午前0時)に荼毘(だび)に付される。秋篠宮ご夫妻のほか、ブータンのワンチュク国王、マティス米国防長官ら42カ国から皇族・王族、高官が参列。遺骨と遺灰は27日に集め、29日に王宮や寺に安置する。

 最終更新:10/26(木) 13:08 「時事ドットコム」より
昨年10月に亡くなったタイのプミポン前国王、遺体は王宮で大事に保管していましたが、26日に火葬式を行う為前国王の遺体を入れた棺を王宮から火葬施設に送る儀式が行われ、兵士が引く金色の山車に移された後別の出汁に移されて火葬施設までゆっくり練り歩くけど、国民からの絶大な支持を集めた前国王だけに、沿道に集まった国民に追悼の場を与えてやりたいと言う王室と政府の「お気持ち」でしょうか。

王宮から火葬施設に移送するまで大掛かりな作業を要するみたいだけど、遺体を1年も保存してたのってこれも大掛かりなものです・・・。

70年もタイで国家元首を努め、酸いも甘いもあったけど、タイ国民にとってプミポン前国王は国民生活を向上させた偉い人って印象が強いんでしょう。これがタクシン・シナワットとは違うところかも知れない。

25日から始まったプミポン前国王の葬儀、これに伴いタイでは商業施設などが臨時休業しただけでなく、テレビもその様子を中継する為タイは29日まで「自粛」ムードですかね・・・。
また葬儀が終わったらワチラロンコン新国王の戴冠式もあり、慌ただしいものです。

「国父」と謳われたプミポン前国王、これからのタイはワチラロンコン新国王にかかってると言えばそれまでだが、軍事政権である政府とどんな関係をとるのだろうか・・・。

theme : タイ
genre : 海外情報

インドで「中国製品は買うな!!」が拡大

中国と領有権問題を抱えている以上、このような問題が起こればすぐに対抗措置に打って出るのって日本も見習うべきでしょうかねェ・・・!?

引用

印で中国製品不買広がる ヒンズー団体主導 「売り上げ4割減も」

 今年6月に中国・インド両軍が国境付近で対峙(たいじ)したことなどを受けて両国の緊張関係が続く中、インドで中国製品をボイコットする動きが広がっている。ヒンズー教徒らの団体が不買キャンペーンを展開。19日に控えるヒンズー教の祭典「ディワリ」の商戦にも影響を与えそうだ。今回の事態は、拡大するヒンズー至上主義ともからみ、両国の対立関係の根深さを浮き彫りにしている。(ニューデリー 森浩)

 「私たちは大成功を収めている。多くのリポートによると、中国製品の販売は前年比で確実に減少した」

 ヒンズー教聖職者や教徒で作る世界ヒンズー協会(VHP)のスレンドラ・ジェイン事務局長は産経新聞に対し、不買運動の成果をこう強調した。VHPは1千万人近い会員を抱えるともいわれ、モディ首相の与党インド人民党(BJP)を支援する有力団体。不買運動は今後も継続させる方針で、ジェイン氏は「ソーシャルメディアや一般広告などを通じて働きかけている」と話す。

 運動が熱を帯びたきっかけは昨年9月、北部カシミール地方のインド陸軍基地がイスラム過激組織に襲撃されたテロ事件だ。インドはパキスタンが過激組織を支援しているとして「テロの母艦」と非難。パキスタンと蜜月関係を築く中国にも批判の矛先が向かった。今年6月、インド、中国、ブータン3カ国が国境を接するドクラム地区で中印両軍がにらみ合いを続けたことが拍車を掛けた。

 2014年5月のモディ政権誕生以降、インドではヒンズー至上主義が伸長しており、現地ジャーナリストは「反中感情と愛国心が混ざり合って不買を後押ししている」と分析する。

 VHPは最近、中国製品を買わないよう消費者に求める張り紙を市場に掲示。ディワリ前後には贈り物などで大量の消費が生まれるが、全インド商工会議所連合会は「中国製品の売り上げは昨年比で40~45%減少する可能性がある」と予想している。

 ディワリは電球などの明かりで街が彩られるため「光の祭典」といわれるが、電飾の多くが中国産であることをVHPなどは問題視。電飾ではなく、伝統的なインド産の素焼きの器に火をともすことを推奨する動きも出ている。

 また、8日付の印英字紙タイムズ・オブ・インディア(電子版)によると、インド政府は医療分野での中国依存を減らそうと模索している。インドは医薬品・医療機器の70~80%を中国製品に頼っており、関係がこれ以上悪化すれば「医療状況の悪化に直結しかねない」との判断からだ。両国の緊張関係は幅広い分野に影響しそうだ。

 最終更新:10/13(金) 8:38 「産経新聞」より
今年6月に中国と国境付近で対峙し緊張状態となったインド、昨年にはカシミール地方でまたドンパチがあってパキスタンを非難した上に、そのパキスタンを支援してるのは中国だと見なしていることで中印関係が一気にピリピリしたものとなってるけど、そのインドで中国製品不買運動が相次いでいるみたいです。

2014年にヒンズー・ナショナリストであるナレンドラ・モディ首相となってからヒンズー・ナショナリズムがインド全土で拡大し、宗教摩擦も起こってますが、インドのナショナリズムと中国に対する反発が混ざってこれが愛国心の効用につながっているのは複雑だ。

ただ中国製品不買運動が拡大している一方で、今月19日にヒンズー教の祭典「ディワリ」に与える影響が考えられると指摘する声もありますが、なぜかと言うと電飾で街を彩る演出があるディワリ、その電飾の大半が中国製品であることからインドの伝統行事に中国製品が関わっているのはけしからんとヒンズー・ナショナリストの反発もあり、中国で作ったものをディワリに使うな、昔からのやり方をすべきだと主張してますが、逆に自分たちの価値観を押し付けているようにも見えます。いくらヒンズー教徒が人口の8割を占めてるからって。
ディワリ商戦に影響もでるこの動き、これがインド経済に悪影響が出かねないリスクもあるが、中印関係の緊張がこのようなしわ寄せを招いたとなればそれをモロに喰らうのは国民でしょう。また医薬品や医療機器の80パーセントを中国に依存しており、医療レベル低下も招きそうだが、安全よりも金儲けを優先する中国のことだから、いっそインドにおいて経済面で中国依存を払拭するきっかけになればいい話。この動きを日本はどう見る?

theme : 中国問題
genre : 政治・経済

ホントにロヒンギャ問題に向き合うんだろうな?

かつての軍事政権とは違うと言うところをアピールしたいんでしょうか?
今から10年前の反政府デモ鎮圧における軍事政権の姿勢を「反面教師」にしてんだろと言いたくなるが。

引用

ロヒンギャ、平和解決表明 スー・チー氏、批判受け演説

【シンガポール=吉村英輝】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は19日、首都ネピドーで演説し、イスラム教徒少数民族ロヒンギャ問題を平和的な手段で解決すると表明した。国際社会から、大量のロヒンギャが隣国バングラデシュに逃れている現状が「民族浄化」と批判されていることを踏まえ、帰還を希望する避難民に対し、身元確認手続きを始めることも明らかにした。

 ただ、具体的な時期や人数には言及しなかった。

 ミャンマー西部ラカイン州では8月25日、ロヒンギャの武装集団が警察施設などを襲撃し、軍が掃討作戦を強化した。これまで400人以上が死亡し、推定で40万人以上がバングラデシュに逃れた。

 スー・チー氏は、今月5日以降は衝突がやみ、国軍の作戦は行われていないと主張。ロヒンギャに反発する国内世論に配慮してか謝罪などはせず、「全ての人権侵害を非難する」と述べて、法に基づき厳しく対処する方針を示した。

 また同氏は演説で、アナン元国連事務総長を委員長とする諮問委員会が宗教対立の緩和やロヒンギャの権利拡大を求めた勧告を実行する考えも示した。

 最終更新:9/20(水) 7:55 「産経新聞」より
少数民族・ロヒンギャに対する抑圧政策が「民族浄化」と国際社会から非難を受けているビルマ、そんな中今まで「静観」していたアウンサン・スー・チー女史が19日に首都・ネピドーで「ロヒンギャ問題を平和的に解決します」と表明したけど、今までロヒンギャ抑圧を見て見ぬふりしてきて何言ってんだこいつとツッコまれてもおかしくないです。
具体的な時期や人数に触れなかったことで、中身を伴っているとは思えないし、そこでも重い腰を上げないのかと言いたくなります。
民族浄化、かつてのボスニアやコソボ、ルワンダやスーダンだよ。

「全ての人権侵害を非難する」と述べたスー・チー女史ではあるものの、ビルマ軍と警察当局による抑圧政策について国内の世論を考慮して謝罪の意を示さないのはどうか? これでは10年前の軍事政権の姿勢と何ら変わらない。

宗教対立及び権利拡大に向けた勧告を実行すると言うけど「内政干渉だ!」って言えば軍事政権と変わらないし、勧告を受け入れることで批判を和らげようとするのが狙いでしかないです。

ビルマにおいて影響力が未だ強い軍や多数派を占める仏教徒との板挟みにあってるからと言えばそれまでだが、スー・チー女史の頭の中には「融和」と言う言葉がないんでしょうか? ロヒンギャを自国民として受け入れるという「寛容」の精神を持つべきではなかろうか!?

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

「インラック、逮捕する!!」

実兄・タクシン氏に続いて妹も国から犯罪者と見なされちゃったようです。

引用

タイ前首相、判決公判に出廷せず 最高裁は逮捕状発行へ

[バンコク/コーンケン 25日 ロイター] - タイの最高裁は25日、在任中のコメ買い上げ制度を巡り国に損害を与えたとして職務怠慢の罪に問われているインラック前首相が、この日に予定されていた判決公判に姿を見せなかったことを受け、国外に逃亡したか、もしくは、国内に隠れている可能性があるとの見方を示した。

最高裁は、耳の不調を理由に出廷できないとのインラック氏の説明は信じ難いとし、逮捕状を発行すると明らかにした。さらに、判決公判を9月27日に延期すると発表した。

判決で有罪となれば、最長10年の禁錮刑を科される可能性がある。

インラック氏の弁護士は、同氏が国内にいるかどうかは不明だと述べた。

一方、入国管理当局は、現時点でインラック氏が国境検問所を通過して出国したことは確認されていないと明らかにした。

最終更新:8/25(金) 14:19 「ロイター」より
首相在任中にコメの買い上げ制度について国に損害を与えた職務怠慢の罪に問われたタイインラック・シナワット前首相、そのインラック前首相は今月25日にタイの最高裁で判決を受ける予定でしたが、法廷に姿を見せなかったとして、国外逃亡したかタイ国内にひっそり身を隠しているとの見解を示してインラック前首相に逮捕状を発行みたいです。

法廷に姿を見せず雲隠れしているインラック前首相、実兄は国外で亡命生活を余儀なくされてますが、この裁判はおそらく軍事政権によるタクシン一族弾圧色もありそうです。

病気を理由に法廷に姿を見せないのはおかしいと最高裁は判断したが、だったらタイ全土の警察に対してインラック前首相を見つけるよう呼びかけたほうがいいのでは・・・!? それと最高裁、被告人に逃げられるのは裁判所の面子を汚されるようなものだが、軍事政権から「最高裁は何をやってんだ!!」って言われそう・・・。
国のトップから犯罪者に成り下がると言う顛末、インラック前首相がパククネと同じに見えてきた・・・。とは言えタイと韓国を一緒にしたくはないが。タイも韓国嫌いが多いって言うし・・・。

コメの買い上げ制度を巡って国に損害、国もそうだし農家や消費者にもどえらいことをしてくれたと言えます。
実兄は軍部によるクーデターで失脚し、妹は米を巡る問題で起訴される。タクシン一族もロクなもんじゃないな、ホント・・・!!

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード