FC2ブログ

ナワリヌイ氏をまた拘束

毒殺しようとした上に療養先から帰国したところでまた拘束と、どこまでロシアはイカレてんだか!?

引用

露政権、帰国した反体制派ナワリヌイ氏を即時拘束 収監も 欧米諸国から批判

【モスクワ=小野田雄一】何者かに毒物で襲撃され、ドイツで治療を受けていたロシアの反体制派指導者、ナワリヌイ氏は17日夜(日本時間18日未明)、航空便でロシアに帰国した。露司法当局は同日、過去の事件で執行猶予中だったナワリヌイ氏が定期的な出頭義務を無視したとして、到着したモスクワ郊外の空港で同氏を拘束。当局は同氏の執行猶予を取り消して実刑に切り替える手続きも進めており、同氏はこのまま収監される可能性がある。

 ロシアは今年9月に5年に1度の下院選を予定。ナワリヌイ氏は帰国して反体制派勢力を応援する意思を表明していた。露国内外では、支持率が低迷するプーチン政権が毒物襲撃事件から生還して存在感を高めたナワリヌイ氏の本格的排除に動いたとの見方が強い。

 ナワリヌイ氏の乗った航空機は当初、モスクワ郊外のブヌコボ空港に到着する予定だったが、着陸直前に同じ郊外のシェレメチボ空港に変更された。空港側は「別の旅客機が滑走路からはみ出したため」と説明したが、ブヌコボ空港では多くのナワリヌイ氏の支持者らが出迎えのために集まっていた。露人権監視団体によると、当局側の指示に従わなかったなどとして支持者ら60人以上がブヌコボ空港などで一時拘束された。

 ナワリヌイ氏は離陸前、機内で妻のユリアさんと座る映像とともに「家に帰る」とインスタグラムに投稿。到着後、入国審査カウンターでユリアさんと抱き合った後、待ち構えていた当局側に連行された。

 ナワリヌイ氏をめぐっては、執行猶予を実刑に切り替えるかを決める審理が近く予定されている。イタル・タス通信によると、司法当局は「裁判所の決定まで勾留する」と発表した。

 ロイター通信によると、米国や欧州連合(EU)、EU各国はロシアを非難し、即時釈放を求める声明を相次いで発表した。

 ナワリヌイ氏は「17日に帰国する」と13日に表明。露司法当局は14日、執行猶予中の出頭義務違反を理由に昨年末に同氏を指名手配したと公表した。捜査当局も昨年末、同氏が自身の団体「汚職との戦い基金」などへの寄付金5億8800万ルーブル(約8億3千万円)の一部を私的流用したとする詐欺罪で刑事訴追した。

 ナワリヌイ氏は昨年8月、露国内線の旅客機内で意識不明となり、露病院を経て独病院に移送。欧米側の調査機関は、同氏が旧ソ連開発の神経剤「ノビチョク」系の毒物で襲撃されたとの分析結果を公表した。英調査報道団体は12月、「露連邦保安局(FSB)が事件を実行した」とする独自調査結果を発表した。

 露政権は「欧米側の反露情報工作だ」とし、事件への関与を否定している。

 最終更新:1/18(月) 7:31 「産経新聞」より
ウラジミール・プーチン政権を度々批判してきた反体制指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏、昨年8月にロシア国内線旅客機の中で突然意識不明となり、その後ロシアからドイツの病院に移送されてナワリヌイ氏重体について欧米側の調査期間が調べたところ、旧ソ連時代に開発した神経剤「ノビチョク」系の毒物で襲撃されたとの見解を示し、FSB(ロシア連邦保安局)による犯行と断定したのは記憶に新しいが、そのナワリヌイ氏が療養先のドイツからロシアに17日の夜に帰国したわけだが、その時空港でロシア当局によって突然身柄を拘束されるというまた不条理な扱いを受けたんだから、どこまでロシアはナワリヌイ氏を不当に扱うのか? 政権批判は許さないという強権的なプーチン政権への批判は高まりそうです。

ロシア当局はナワリヌイ氏が過去の事件で執行猶予判決を受けた際、定期的な出頭義務を無視したから拘束したっていうけど、ロシア当局っていうかプーチン政権による不当な圧力による拘束でしかないし、毒殺未遂から生還したナワリヌイ氏の存在はプーチン政権にとって❝目の上のたんこぶ❞以外の何物でもないから、本格的な排除という力による言動に走ったとしか言い様がない。

またも不当にナワリヌイ氏を拘束したロシア、欧米諸国からの批判の火に油を注いだことに変わりはないが、当のロシアはというと「欧米側の反露情報工作だ」と事件はでっち上げ、関係ねェよって態度としか見えません。欧米諸国はまたナワリヌイ氏を不当拘束したことでそれに関与したロシア政府関係者やFSB関係者らを制裁対象とすることは確実で、欧米とロシアの溝はさらに深まりそうだ。

権力に居座って自身に異を唱える者には抹殺も厭わない、プーチン大統領は所詮KGBだからそうかも知れないが、中国同様国際社会からブーイングを浴びてもどこ吹く風で振る舞うのか?

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

選挙結果を巡る混乱で首相が辞任、キルギス

 ベラルーシ同様国家元首に対する反発が起こってますが、こちらは・・・!!

引用

キルギス首相辞任、後任に野党指導者 改憲や大統領辞任要求、混乱も

 議会選の結果を巡る混乱が続く中央アジアのキルギスで6日、ボロノフ首相が辞任した。議会は臨時会合を開き、野党指導者で元議員のジャパロフ氏を後任に選んだ。タス通信などが伝えた。組閣名簿などを整えた上で改めて新首相として正式承認される見込みという。野党勢力はジェエンベコフ大統領の辞任も求めており、混乱が続く可能性がある。

 タス通信などによると、ジャパロフ氏は2017年、過去の無許可集会で人質を取った罪などで有罪判決を受け、収監されていたが、6日に野党勢力によって解放され、その後最高裁が無罪と認めた。ジャパロフ氏は6日、今後2~3カ月のうちに憲法を改正した上で、議会選と大統領選を行う方針を明らかにした。中央選管は4日に投開票された議会選の結果は無効だと認定し、再選挙を行うことを決めている。

 一方、ジェエンベコフ氏は「今は私が正当な大統領だ」と述べて、辞任を拒否する姿勢を示している。野党勢力には対話を呼びかけているが、協議が成立するかは不透明。首都ビシケクでは6日も野党の集会に閃光(せんこう)弾が撃ち込まれるなど不安定な状況が続いており、地方でも金や銅の鉱山の奪取が伝えられるなど混乱が広まっている模様だ。

 議会選を巡っては、議席獲得を認められなかった野党勢力が5日から選挙の不正を訴えて抗議活動を展開。政府や議会の庁舎を一時占拠し、収監されていた政治家らを解放した。

 最終更新:10/7(水) 9:01 「毎日新聞」より
 議会選挙の結果を巡って反政府デモや集会が相次いでいる中央アジアのキルギスで、現職のクバトベク・ボロノフ首相が辞任して、その後任に野党指導者であるサドゥイル・ジャパロフ氏が就任したけど、キリギス国民は首相の辞任だけに飽き足らずソーロンバイ・ジェエンベコフ大統領の辞任も要求するなど、事態の収拾はつきそうにありません。

 なぜキルギスで最近このような混乱が起こってるか? 議会選挙の結果について野党勢力が「ジェエンベコフ大統領による不正があった」と主張しており、この選挙はインチキだ。やり直せ! って抗議の声を上げたことでこうなったと思えば、典型的な選挙を巡る混乱としか思えないです。そう言えばキルギスは過去にも大統領に対する抗議活動が起こって大統領が最終的に失脚したけど、それが繰り返されそうなんだが。
「憲法変えろ!!」「ジェエンベコフ大統領は辞任せよ!!」と抗議の声を上げ、政府や議会庁舎を選挙して反体制派の政治家などを解放するなど野党勢力の活動はエスカレートしてますが、野党勢力に対して政権側は武力行使もするなど、溝が埋まる気配が全くないです。
 ベラルーシほど政権が力を用いて政権批判を取り締まってはいないが、キルギスも元はソ連の一部、強権的な体制を止められないんでしょうか? 近隣諸国と比べて民主的ではあるが、ロシア的な体質だけは変わらない。これじゃ国が発展しないのも無理はない。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

「これ以上ルカシェンコ政権を許さない!」は続く

 第2の香港と化していることは間違いないです。

引用

4週連続で大規模デモ 10万人参加、200人近く拘束 ベラルーシ

【モスクワ時事】ベラルーシのルカシェンコ大統領が6選を決めたとされる大統領選の結果に抗議するデモが6日、首都ミンスクで行われ、インタファクス通信によると、10万人超が参加した。

 日曜日の大規模デモは4週連続。一方、人権団体によると、デモ参加者190人以上が治安当局によって拘束された。

 現地からの報道によれば、デモ隊の進入を阻止しようと主要道路には盾を持った多数の治安部隊が並び、大統領官邸付近には複数の装甲車が配置された。それでもデモ参加者は反政権派の象徴となっている白と赤の旗を掲げ、「ベラルーシ万歳」などと連呼しながら行進した。反政権派幹部は「われわれが勝利するまで抗議は続く」と強調した。

 ただ、ルカシェンコ政権は反政権派弾圧の姿勢を崩していない。治安当局はこの日、行進を終えたデモ参加者も拘束した。また、5日には反政権派組織「調整評議会」の幹部がポーランドに逃れた。この幹部は無許可集会を計画したとして8月に拘束されていたが、当局に出国しなければ長期投獄になると脅されたという。

 最終更新:9/7(月) 7:45 「時事ドットコム」より
 アレクサンドル・ルカシェンコ大統領が6選を果たしたベラルーシの大統領選挙、その結果を不服とする人たちが抗議デモや集会を連日のように展開し、治安当局によって100人以上が拘束されるケースも相次いでますが、改めてルカシェンコ政権を許さないという気運が高まっていることは間違いない。

「ベラルーシ万歳」「われわれが勝利するまで抗議は続く」と反政権派幹部は政府や治安当局がどれだけ弾圧しようが負けないと強気ですが、反政権派弾圧を止めないルカシェンコ政権も強気で、独裁者対民衆という独裁国家における反乱の構図の典型例としか思えません。
 反政権派組織の幹部がポーランドに逃げたことも明らかになってますが、度々集会を開いたことで治安当局に睨まれ、出国しなければ長期投獄と脅されたから止むなく逃げたと思うけど、いっそ「亡命」してそこで反ルカシェンコ政権運動を指示したほうがいいのではと思うね。香港みたいに治安当局が干渉してきて不当拘束なんてことはないだろうが・・・。
 ロシアが後ろ盾となって強気のルカシェンコ政権、なぜそこまでロシアはルカシェンコ政権の肩を持つのか? やはりロシアにすれば自国と国境を接する国は自分たちに都合のいい政権でなければいけないという体質なんだろうか? ウクライナに度々干渉しているのも頷ける。

 もはや国民に支持されているとは言えないルカシェンコ大統領、これ以上権力の座に居座って何をしたいのだろうか? 権力は腐敗するという格言を知らないんだろうな。だったら現実が見えていない。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

ムダに強気を装うルカシェンコ

 不正選挙だと周囲から批判されてもムダに強気なようです。
 国家元首にはこれくらいのメンタルが必要なんだろうか・・・!?

引用

ベラルーシ大統領、自動小銃手に防弾服姿…反政権デモを上空から視察し「事態掌握」

【モスクワ=田村雄】ベラルーシの国営通信ベルタは23日、アレクサンドル・ルカシェンコ大統領が、首都ミンスクの大統領公邸周辺を警備する治安部隊を防弾服姿で激励する動画を配信した。反政権派への譲歩を拒む姿勢を誇示する狙いとみられる。

 動画でルカシェンコ氏は自動小銃も手にしている。ミンスクでは23日、10万人規模が抗議のデモ行進を行ったが、国営通信によると、ルカシェンコ氏は上空からヘリコプターで視察した。大統領報道官は、ルカシェンコ氏が「事態を掌握していた」と述べた。

 デモ行進で反政権派は、ルカシェンコ氏が圧勝したとする大統領選の開票結果の不正を訴え、辞任を求めた。ルカシェンコ政権は、事前に「違法で参加者は処罰する」と警告していたが、デモ隊の一部は大統領公邸の周辺にも押し寄せた。

 最終更新:8/24(月) 12:56 「読売新聞」より
 大統領選挙の結果において不正があった疑惑が持ち上がり、連日抗議デモや集会が相次いでいるベラルーシ、その矛先は言わずもがなアレクサンデル・ルカシェンコ大統領「ルカシェンコは辞任せよ」「選挙をやり直せ!」と批判的な国民からシュプレヒコールを浴びてますが、そのルカシェンコ大統領はというと首都ミンスクの大統領公邸周辺を警備する治安部隊を激励する動画を配信し、反政権派に一切妥協しない強気な姿勢を取っているみたいです。

 その動画でルカシェンコ大統領は防弾服姿の上に自動小銃を手にしてますが、明らかに反体制派に今にも銃口を向けそうな気がして過激な感じがします。やってることはロシアのウラジミール・プーチン大統領と変わらんな。
「違法で参加者は処罰する」と反政権派を脅してはいるものの、ルカシェンコ体制に辟易している反政権派には「それがどうした!」って反論しそうな気がします。

 反政権デモや集会を力でねじ伏せたところで香港同様国際社会から非難しか来ないが(ロシアはルカシェンコを支持、中国はノーコメントか?)ルカシェンコ政権は国際社会から孤立しつつあることだけは確かだ。ルカシェンコ大統領のムダな強気も今自分が置かれている現実を直視していないだけにしか映らない。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

まだ権力の座に居座る気か? ルカシェンコ

 まともじゃない国でトップを決める選挙ほどまともな結果にならないのは当然のことではないでしょうか?

引用

ベラルーシ大統領選、現職再選確実 治安当局、抗議デモを強行排除

【モスクワ=小野田雄一】ロシアの隣国、ベラルーシ大統領選(任期5年)は9日、投票が行われた。同国中央選管は暫定開票の結果、1994年から独裁体制を敷く現職のルカシェンコ大統領(65)が圧倒的多数の支持を集めた一方、独裁打倒を訴えた反体制派側候補、チハノフスカヤ氏(37)は低い支持にとどまったと発表。ルカシェンコ氏の6選が確実な情勢だ。正式な開票結果は後日公表される。

 9日夜に公表された政権側公認の出口調査では、ルカシェンコ氏は79・7%の支持を獲得。チハノフスカヤ氏は6・8%だった。

 ロイター通信やイタル・タス通信などによると、首都ミンスクや各地の都市では同日夜、不正選挙を訴えるデモが開かれ、排除に乗り出した治安部隊との間で衝突が発生。治安部隊は放水車や催涙弾、ゴム弾などを使用し、民衆側に少なくとも数十人の負傷者が出ているほか、100人以上が拘束された。現時点で死者が出たとの情報はない。

 1994年以降、5期26年にわたって同国に君臨し、「欧州最後の独裁者」との異名を持つルカシェンコ氏は近年、経済低迷や強権統治の長期化で人気が低下。さらに新型コロナウイルス対策を実質的に放棄し、国内流行を招いたことで国民の反発を呼んだ。

 反政権機運の高まりの中、反体制派側で唯一、立候補が認められたチハノフスカヤ氏が支持を拡大。今回の大統領選は過去にない盛り上がりとなっていた。

 最終更新:8/10(月) 12:18 「産経新聞」より
「ヨーロッパ最後の独裁者」として君臨するベラルーシアレクサンドル・ルカシェンコ大統領、強権的な政治姿勢で欧米から批判の対象でしかありませんが、そのベラルーシで9日大統領選挙が行われたけど、ルカシェンコ大統領が圧倒的多数の支持を集めて6選が確実となるみたいだが、1994年からずっと権力の座に座り続けるルカシェンコ大統領、まだ大統領職に居座る気だろうか・・・!?

「この選挙はインチキだ!! 認めない!!」と選挙結果を不服とする国民は首都ミンスクなどで抗議デモや集会を開いたものの、治安部隊による武力鎮圧に遭い100人以上が拘束されたけど、治安部隊のやり方は香港と全く変わらないです。

 長期政権と経済の低迷により国民にソッポを向かれようが、何食わぬ顔で振る舞うルカシェンコ大統領、こいつも所詮現実が見えていないとしか思えないけど、ベラルーシという国が❝名ばかり❞民主主義国家でしかないことは確かだ。
「私を権力の座から引きずり降ろせる者がいるとしたら神だけだ」なんて世迷い言を言いそうだが、お前はロバート・ムガベかっての。
 今回の選挙結果に欧米は「不正の匂いがプンプンする」と批判コメントを出しそうだが、ルカシェンコ大統領の後ろ盾であるロシアは「まともな選挙」って正当化しそうでならないけど、ここにも欧米とロシアの対立の匂いがプンプンしそうです。

 長期政権になればなるほど閉塞感と腐敗だらけになるのはどの世界でも同じことだが、ルカシェンコ政権もそれに当てはまることも確かだ。

theme : 妄執政治を斬る。
genre : 政治・経済

目的はやはりプーチン「続投」

 権力に固執したいが為に憲法を改正するのは国民よりも自分が大事としか思えませんが・・・。

引用

露改憲、成立確実 7割超が賛成票 プーチン氏続投に道

【モスクワ=小野田雄一】ロシア全国で1日、プーチン大統領の続投を可能にする憲法改正の是非を問う国民投票が行われ、開票作業が進められている。露中央選管によると、開票率80%時点での賛成率は77%超に上り、投票者の過半数の賛成を条件とする改憲の成立は確実な情勢だ。投票率は約65%。新憲法は既に議会などでの承認手続きを終えており、投票結果の確定次第、速やかに発効される見通し。

 旧憲法は大統領任期(1期6年)を「連続2期まで」と制限しており、現在連続2期目(通算4期目)のプーチン氏は2024年の次期大統領選には出馬できなかった。しかし新憲法は、大統領の任期制限を「最大2期まで」に変更する一方、旧憲法下での大統領経験者の過去の任期数を帳消しにする規定が盛り込まれた。これによりプーチン氏は次期大統領選への出馬が可能になった。

 仮にプーチン氏が24年の大統領選に出馬して勝利すれば、36年まで最大2期12年にわたり再び大統領を務められる。プーチン氏は24年の出馬の可能性を否定しない一方、「まだ何も決めていない」と述べている。

 新憲法は大統領経験者への不逮捕特権や退任後の終身上院議員資格の付与など、大統領の権限を強める内容。領土の割譲を原則的に禁じる条項も新設され、日露間の北方領土帰属交渉への悪影響が懸念されている。結婚は男女の結びつき▽神への信仰▽祖先の偉業への追憶-など、ロシアの保守的価値観を強調する記述も盛り込まれた。

 露中央選管によると、1週間の期日前投票期間中に有権者の約55%が投票。今回の国民投票では、これまでの選挙では試験段階にとどまっていた電子投票がモスクワなど一部地域で正式実施された。

 最終更新:7/2(木) 8:11 「産経新聞」より
 大統領任期が連続2期(1期6年で最長12年)までとなっているロシアの憲法、現在連続2期目のウラジミール・プーチン大統領は現行だと2024年の大統領選挙に出馬できないのだが、最大2期までに大統領任期を変えるべく憲法改正の是非を当国民投票がロシア全土で実施され、開票率80パーセント時点で賛成が77パーセントと改憲に前進しているみたいです。

 2024年の大統領選挙に出馬した際に勝利すれば2036年まで大統領職を務めることとなるプーチン大統領、ここまで来ると完全に王朝というか独裁路線まっしぐらです。当のプーチン大統領は出馬について決めていないと述べているが、自らの大統領職への固執目的で憲法を改正するだけに出馬しそうな気もするんだが・・・!?

 大統領退任後に大統領経験者の不逮捕特権、退任後の就寝上院議員資格保持、大統領権限を強める内容など旧ソ連さながらの権威主義的なものにしようとしているプーチン大統領、香港の自治を事実上反故にする中国とは違うが、自身の権力の為なら法律や憲法を都合のいいように変えるのって改悪に等しいんじゃないの?
 ツァーリズムの時代から強権体質は変わらないロシア、それと今回の憲法改正には領土の割譲を禁じる条項も載っており、北方領土問題に悪影響が出かねないし、またクリミア半島問題でも同じことが言える。

 自らの大統領職続投目的で改憲に動いたプーチン大統領、自分の権力欲と保身の為だけに憲法を変えるのは権力の暴走でしかない。今回の改憲について反プーチン派は抗議の声を挙げないのか? 疑問でしかない。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード