今度は豊田議員ですか・・・。

中川俊直(重婚疑惑)、今村雅弘(暴言)、大西英男(これまた暴言)、と不祥事続きの自民党、またやらかしたようです。それもまた「2回生」が!!

引用

秘書に暴力 自民離党届 豊田真由子議員認める 「この、ハゲーっ!」罵り殴る

 自民党の豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=が22日、秘書に暴力を振るってけがを負わせた責任を取り、事務所を通じて自民党に離党届を提出した。豊田氏の事務所は暴行や暴言を認めた上で、議員辞職についても「考えないといけない」と含みを残した。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は22日、官邸で下村博文幹事長代行から報告を受け「やむを得ない」と述べた。党執行部は23日告示の東京都議選を控え、早期に離党届を提出させて幕引きを図ったが、下村氏は記者団に「都議選への影響はないとはいえない」と述べた。下村氏によると、豊田氏は入院したという。

 事務所などによると、豊田氏は5月20日、50代の男性秘書の運転する自動車の後部座席に座り「この、ハゲーっ!」などと大声で罵(ののし)り、頭部を数回殴ったという。「週刊新潮」は秘書が録音した音声をインターネット上に公開した。豊田氏は謝罪したが、秘書は警察への被害届提出を検討しているという。秘書は通常国会閉会日の18日付で退職した。

 民進党の蓮舫代表は22日の記者会見で「国会議員の資質があるとは到底思えない」と述べ、豊田氏の議員辞職を求めた。自民党の都選出議員は「刑事事件になれば議員辞職は避けられない」と語った。

 豊田氏は東大卒業後、旧厚生省に入省。平成24年の衆院選で初当選し、現在2期目で、27年10月から昨年8月まで文部科学・内閣府・復興政務官を務めた。

 最終更新:6/23(金) 8:36 「産経新聞」より
秘書に対して「この、ハゲーっ!」と罵倒するわ、暴力を振るってケガを負わせたわで、完全なる「度が過ぎたパワハラ」以外の何物でもない言動で世間を騒がせた豊田真由子衆議院議員、暴行と暴言の事実を認めた上で謝罪したけど、謝罪して済むレベルじゃありません!! 自民党に離党届を提出したけど、それで済む問題でもありません!!議員辞職に値する問題行為ですし、傷害罪と侮辱罪で訴えられてもおかしくない行為です!
その秘書が警察に被害届を出すことも検討してるみたいだけど、言うまでもないです。

自民党内では都議会選挙への影響を考えて離党届を出すことで幕引きを図るみたいだけど、またも身内が不祥事を起こしたことをどう思ってんだろうかねェ、ホント・・・!!

豊田議員のしたことは政治家として以前に大人として最低な言動もいいところであり、意に沿わないことやすぐに暴力やパワハラに訴えると言う幼児性を曝け出したとしか思えません。今村氏や大西氏の例を見ても分かるように、言葉を選べない・言動に責任を持てない・すぐに感情的になる。で政治家、それも国会議員が務まるのって首を傾げたくなります。豊田議員も今村氏や大西氏同様中身がクソガキなんじゃねェのか・・・!?
まして豊田議員は2期生、これまで自民党議員の不祥事は2期生に目立つけど、また2期生が不祥事を起こしたとなれば、自民党の自浄能力と言うか議員教育の不充分さを露呈するようなものです。

一強なのをいいことにそれに甘えて天狗になり、自分が正しいから何をしても許されると言う驕りがもたらしたとしか言えないが、最近の自民党はホントそれが躊躇に出ています。国民よりも自分たちしか見ないその近視眼的な考えで国会議員をやっていかがなものか。こんな人間に票を入れた有権者の責任もあるけども。
まして秘書に暴言及び暴力、言語道断の一言しかないが、日本の政治家の質が疑われておかしくない。

「国会議員の資質があるとは到底思えない」と民進党・蓮舫代表はこう批判したけど、二重国籍者であるあなたがそんなこと言えますか?

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

「申し訳ない」って言うけどねェ・・・!!

今回の通常国会は、安倍晋三総理の為の国会だったとしか思えません。

引用

首相会見 加計論戦に時間「申し訳ない」

 安倍晋三首相は19日の記者会見で、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画などをめぐる国会論戦について「政策とは関係ない議論ばかりに多くの審議時間が割かれてしまった。国民の皆さまに大変申し訳なく感じている」と謝罪し、反省の言葉を述べた。

「総理のご意向」などと記された文書が文部科学省の再調査で見つかったことに関しては「二転三転し、時間がかかった。国民の皆さまの政府への不信を招いたことは率直に認めなくてはいけない」と説明した。

「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法や森友学園をめぐる問題などについても「政府として説明を重ねてきたが、残念ながら必ずしも国民的な理解は得られていない」とした上で、「今後、何か指摘があれば政府としてはその都度、真摯(しんし)に説明責任を果たす」と語った。

 最終更新:6/20(火) 7:55 「産経新聞」より
19日午後6時頃に記者会見を行った安倍総理、今回の通常国会はテロ等準備罪新設及び加計学園問題ばっかに費やしてばかりで、正直言って与野党ともに国民を無視した論争に終始した印象しかありませんが、これについて安倍総理は「政策とは関係ない議論ばかりに多くの審議時間が割かれてしまった。国民の皆さまに大変申し訳なく感じている」と陳謝したけど、ホントに国民に対して悪かったって思ってるんでしょうか。

加計学園問題で注目を集めた「総理のご意向」なる文書の問題、文部科学省の再調査で見つかったが「二転三転し、時間がかかった。国民の皆さまの政府への不信を招いたことは率直に認めなくてはいけない」と言ったけど、当初その問題を否定するような態度を取っておいて、見つかるや否やこう言う態度をとるのって節操がないと言いますか・・・。どちらかと言えば自分に都合の悪い問題からは目を背けようとする姿勢で、ロシア・ゲート疑惑で批判を浴びているアメリカのドナルド・トランプ大統領とどっこいどっこいもいいところだよ。

テロ等準備罪新設に伴う組織犯罪処罰法改正も、充分な説明もないままに自分たちの独断だけで一方的に決めて強行採決同然で決めたんだから、いくら日本の安全の為とは言え国民に向けて充分な説明がなければ理解を得られないことぐらい分からないんでしょうか? 自分が正しいからと言う理屈で一方的にことを強行するのはイラク戦争を起こした時のジョージ・ウォーカー・ブッシュを彷彿させます。
「今後、何か指摘があれば政府としてはその都度、真摯(しんし)に説明責任を果たす」と言ったけど、ホントに反省しているかどうかすら怪しいです。

申し訳ないとは言うものの、今国会はどうも安倍総理の為にあったようなもので、ハッキリ言って国民を無視した内容もいいところです。だから支持率だって下がるんじゃないでしょうか。
与党の批判ばっかだった野党の責任も大きいが。

議員定数削減などの身を削る改革、子供の貧困など格差問題、年金問題など重要な課題は棚上げしまくって自分のしたいことばかり熱心に取り組む安倍総理、こんな利己的な姿勢でいかがなものかと改めて思いますね。
そして自民党内、その安倍総理に苦言を言える人物があまりおらずイエスマンばかりでいかがなものか。これでは組織としての体を問いたくなります。だから一強の驕りが出るのだ。

theme : 安倍晋三を斬る。
genre : 政治・経済

有耶無耶なままの「総理のご意向」

森友問題以上にややこしくなった感がします。
どっちがホントなんだと言いたくなるし、正直言って国民無視の下らない論争以外の何物でもないです。

引用

加計問題「総理のご意向」内閣府・文科省が水掛け論 「強い口調」文書反映か

 学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、「総理のご意向」などと記した文書に関する内閣府の調査結果が16日に公表されたが、前日に文部科学省が明らかにした再調査結果との矛盾が目立った。問題の突破口となり得る核心発言に対する双方の認識は「水掛け論」の様相で、平行線をたどったままだ。

 安倍晋三首相の知人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設の早期開設に向け、首相の意向はあったのか-。内閣府は今回の調査結果で、文科省が確認した「内閣府の回答」文書などに記された「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」の文言について、「発言した者はいない」と完全に否定した。

 ただ、内閣府の調査結果には歯切れの悪さも残る。公式の会合などで繰り返される首相の制度改革全般に対する強い意向を踏まえ「関係省庁との議論を行う際に言及することはあった」と説明したからだ。そうした意味では、「総理のご意向」と似た発言が内閣府と文科省の間で飛び交った可能性はくすぶる。

 内閣府は文書の発言に関する認識の食い違いにも言及。特区制度など各省庁の利害が激しく対立する政策で、内閣府職員がときおり使う「強い口調」が文書に反映された可能性を指摘した。

 中央省庁間の駆け引きでは珍しくないとされる恫喝(どうかつ)まがいの発言を、文科省職員が「真に受けた」という見方だ。文科省職員も「同じ趣旨の発言はあったと思うが、真意は分からない」としており、双方の認識が一致することはなさそうだ。

 今回の問題の発端となった藤原豊内閣府審議官らと文科省担当課長らの打ち合わせ概要を記した文書(昨年9月26日)。文科省が存在を確認したこの文書について、内閣府はこれまでの国会答弁と同様、ヒアリング対象者全員が「見たことがない」と回答した。

 文書に記された「官邸の最高レベル」という文言についても、内閣府職員の一人は「変わった言い方であり、実際に使われたら印象に残るはず」と指摘し、表現ぶりからも否定した。

 萩生田光一官房副長官の指示で新設条件の文言が修正されたとするメールについては、内閣府側が「(萩生田氏に)報告に行けば職場で名前が出て、ご指示があったことにもなり得る」として、庁内での曖昧な情報が異なる内容の一因となったとの見方を示した。

 最終更新:6/17(土) 8:22 「産経新聞」より
加計学園の獣医学部新設を巡る疑惑は政府・文部科学省との間で揉めに揉めてますが、この問題において重要な手がかりである「総理のご意向」と記載された文書の有無について揉めているようだけど、内閣府が「そんなものはない」と否定するのに対し文部科学省は「ある」と平行線な姿勢です。

特区制度と言う各省庁の利害がぶつかる政策を巡る問題まで浮き彫りになってるけど、内閣府が調査した結果が充分説明されていないこともまた有耶無耶になっている要因じゃなかろうか。
「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」と文科省が言ってるのに、内閣府がそれを否定する。どっちがウソを言っているのかと思うし、偽証罪レベルですよ。

内閣府職員がよく使う「強い口調」が、問題の文書に反映されたように見えますが、政府内でこの問題をよく見ていないと言うか役人のせいにして自分たちは悪くありませんなんて責任転嫁も甚だしいし、自分たちに都合の悪い情報をもみ消そうとするあざとい手口以外の何物でもないです。
内閣府と文科省の水掛け論にまで発展した加計学園の疑惑、問題の「総理のご意向」文書の問題こそ最もたる原因ではないでしょうか。そして突然の幕引きに打って出た政府与党、都合の悪いことからは平然と逃げると言う印象を与えかねないです。グルになって疑惑と言うか真相をもみ消そうとするなら正直な話が共謀罪レベルだ。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

テロ等準備罪成立

特定機密保護法案成立の時と同様、最後は数の論理で押し切った感がします。

引用

テロ準備罪法が成立…自・公・維などの賛成多数

 テロ等準備罪の創設を柱とした改正組織犯罪処罰法は15日朝の参院本会議で、自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。

 与党は本会議での採決にあたり、委員会での審議・採決を省略する「中間報告」という手続きを取った。民進党など野党4党は強く反発し、与野党の攻防は14日から日をまたいで続いた。

2017年06月15日 07時52分 読売新聞
14日夕方から日付をまたいで審議したテロ等準備罪創設目的の改正組織犯罪処罰法を巡る論戦、15日朝になって参議院本会議にて自民・公明・維新の会などの賛成多数で可決及び成立したって言うけど、委員会で審議及び採決をするまでもなく中間報告と言う形でことを進めたように、どうも数の論理で一方的に決めた感がします。

今や世界各地でテロが頻発する状況だけに、テロ等準備罪成立は必要だけど、ただ国民に充分な説明もせず自分たちの独断だけで賛否を決めるのは正直世論が不安になるだけであり、後味の悪い結果でしかありませんし、安倍政権の実績作り目的で作ったと言われておかしくないです。

テロが起こってからでは遅い。テロリストに「逃げ道」を与えてはいけない。諸外国と情報共有してテロを根絶しなければいけない。テロや凶悪犯罪から市民を守ることは正しい。概ねそうですが、野党4党は相変わらずそこら辺を理解してないって言うか、世界の現状を全く見てないなと吐き捨てたくもなります。
監視社会化する懸念、プライバシーや表現の自由が制限されるって言うけど、普通の一般市民がそうなるわけがありません。むしろ監視対象にすべきはテロや凶悪犯罪などを企てかねない危険な思想を持った人物ですし、ヤクザなど市民生活を脅かしかねない集団もです(あとは人種差別や排外主義的な思想にもだが)。表現・言論・思想の自由って言っても限度と是々非々ぐらいあります。

TOC条約に加盟しやすくなったって言うが、あとは国連特別報告者に対して理性的な反論をすべきです。

theme : これからの日本
genre : 政治・経済

譲位特例法が出来たけど・・・。

天皇陛下の「お気持ち」を反映する中身なんでしょうか・・・?

引用

譲位特例法成立 安倍晋三首相「国家の基本あると改めて実感」

 安倍晋三首相は9日午前、天皇陛下の譲位を可能にする特例法案が参院本会議で可決、成立したことについて、「光格天皇以来、実に200年ぶりに退位を実現するもので、この問題が国家の基本、そして長い歴史、未来に関わる重要な課題であることを改めて実感した」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 その上で「政府としては、国会における議論、そして委員会の付帯決議を尊重しながら、遺漏なくしっかり施行に向けて準備を進めていく」と強調した。皇位継承に関しては「安定的な皇位の継承は非常に重要な課題だ。付帯決議を尊重して検討を進めていく」と語った。

 また、安倍首相は「法律の重要性に鑑み、衆参両院の議長、副議長に尽力をいただき、また会派の皆様の協力をいただき、静謐な環境の中で速やかに成立させていただいたことに対して感謝を申し上げ、改めて敬意を表したい」と述べた。

 最終更新:6/9(金) 12:14 「産経新聞」より
参議院本会議にて天皇陛下の譲位を可能とする特例法案が可決したけど、これについて安倍晋三総理「光格天皇以来、実に200年ぶりに退位を実現するもので、この問題が国家の基本、そして長い歴史、未来に関わる重要な課題であることを改めて実感した」と述べたが、これからの皇室のあり方と言うか国家としての基本に関わる課題だって言いたいかも知れないけど、政府として皇室の問題にも向き合わねばってことなんでしょう。

「安定的な皇位の継承は非常に重要な課題だ。付帯決議を尊重して検討を進めていく」と皇位継承についてこう述べた安倍総理ではあるが、皇位継承は男系男子しか認めないなんて単純思考かつ男尊女卑的な姿勢丸出しで何言ってんだって思うし、固定概念に固執過ぎるもいいところだ。
安定的な皇室の継承って、だったら男系男子しか認めないなんて考えを改めろ!!

今まで皇室に関与しなかった政府だが、安倍総理は将来の皇室をどんな方向に持って行きたいのかと思うし、これが国民、いや政府の総意だって言っても微妙です。中には天皇制を否定する左翼勢力及び支持者もいるんだから。
それと今回の特例法案、加計学園の問題から目をそらす目的でやっているとすれば、あざといもいいところだと思う。安倍総理自身の問題から世論の目をそらす為に皇室を利用したと言われておかしくないです。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

相変わらず与党「テロ等準備罪成立!」野党「内閣不信任案!」

加計学園の問題もあって引き伸ばしとなってしまいました・・・。

引用

国会会期延長不可避 与党、テロ準備罪優先し1~2週間

 今月18日に会期末を迎える通常国会の会期延長が不可避な情勢となった。与党は共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案と性犯罪を厳罰化する刑法改正案の成立を確実にするため、1~2週間程度確保する方向だ。内閣不信任案提出など野党の出方を見極めながら最終判断する。

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は7日の会談で、両改正案を今国会で確実に成立させることを決めた。刑法改正案は7日の衆院法務委員会で可決された。8日に衆院を通過し、参院に送付される。

 一方、参院法務委員会で審議中の組織犯罪処罰法改正案は、民進党が秋野公造委員長(公明)の解任決議案を提出して審議が停滞。決議案は7日の参院本会議で否決されたが、これまでの審議は約10時間にとどまっている。8日も参院法務委で6時間の審議を行い、与党は採決の目安としている20時間以上の審議時間を確保したい考えだ。

 しかし、その後は18日の会期末まで法務委の開催定例日は2日しかなく、野党側は近く金田勝年法相の問責決議案を参院に提出するなど“時間切れ”を狙う。さらに、民進、共産など4野党は8日に党首会談を行い、安倍晋三内閣不信任決議案の提出も検討する。

 このため、与党は延長は不可避との判断に傾いた。ただ、6月23日告示の東京都議選までには刑法改正案を成立させ、事実上閉会させたい考えだ。

 最終更新:6/8(木) 7:55 「産経新聞」より
テロ等準備罪の成立及び性犯罪の厳罰化に踏み込みたい与党と、金田勝年法務省の問責決議及び安倍内閣不信任決議案を提出したい野党の構図が相変わらずの今国会、加計学園の問題が降って湧き、そこに時間が割かれたことにより会期中にそれが出来るのか微妙なところでしたが、どうも会期延長は避けられないようです。

与党としては早くこの課題をクリアして、今月23日に告示される東京都議会議員選挙のことを考えねばいけないが、野党が加計学園の問題にこだわって追及ばかりするせいで大幅に遅れた感がするけど、中身の無い議論やどうでもいいような追及にかまけて、正直言って国民を無視したいい加減極まりない姿勢にも他なりません。

与党も与党で、テロ等準備罪成立を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正及び憲法改正ばかり熱心になって、他のことを棚上げしまくって全然見向きもしない姿勢にも問題があります。
議員定数削減はどうした!? 子供の貧困対策はどうした!? って改めて言いたくもなります。
性犯罪の厳罰化は賛成の立場ですし(去勢手術を受けるかGPSを取り付けて監視対象にしたほうがいい)。組織犯罪処罰法改正も賛成だけど、それよりも重要な課題はたくさんあるんだからそれにも目を向けてほしいです。ホントに!!

自分たちがしたいことばかり熱心になる与党、内閣のアラ探しばかりやってまともに議論しない野党、いつまでこんな中身が伴わないと言うか伝わらない机上の空論ばかりやってんだかと思います。

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード