FC2ブログ

どこが「安全保障に影響ない」だよ!?

また北朝鮮のミサイルが飛んできたのに、日本政府は相変わらずのんき過ぎます!!

引用

北朝鮮の飛翔体で日本政府「安全保障に影響なし」

 政府は16日午前、北朝鮮による飛翔(ひしょう)体発射について「わが国の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、現時点で安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていない」と発表した。

 最終更新:8/16(金) 9:05 「産経新聞」より
台風10号上陸中の中、突然またミサイルを発射してきた北朝鮮、日本政府としては直ちに危機意識を持たなければいけないが、これについて日本領域及びEEZ(排他的経済水域)に飛来していないのを根拠に「安全保障に影響がない」と発表したが、相変わらずな想定内過ぎる見解を発表した上に、日本に何の影響もありませんでしたじゃ片付かないレベルですよ!!
「もし日本に落下したらどう対処すんだよ!!」「政府は危機意識が全くなさ過ぎ!!」って思われてもおかしくないわ。

2年前に「国難突破解散」と銘打って北朝鮮の危機に向き合わねばいけないと言った安倍晋三総理、この言葉は嘘偽りだったのかと言いたくなるし、政府がこんなのんきでは国民もそうなるわな。平和ボケ過ぎたツケがこういう形で回ってきてるというか・・・!!

もうこうなったら専守防衛なんて考えは捨てて、国防意識を高めて軍事力を高めるべきではないでしょうか。
こう言うとすぐに「また戦争になる!」「軍靴の足音が~」なんて騒ぐ人たちも出てくるけど、憲法改正や軍備増強とそれに伴う抑止力・報復力強化をすぐに戦争に結びつけようとする単純思考だからダメなんだと反論したくなるし、こんな甘っちょろい考えは他国だったら鼻で笑われるだけだ。
永世中立国を謳うスイスですら、自前の軍は持っているし危機意識と国防意識だって強いんだから、日本も見習うべきだよ。

兎にも角にも、北朝鮮のミサイルと核は日本にとって❝脅威❞である以上、危機意識と国防意識を令和の時代になった今だからこそ改めて強く持つべきだと思います。

theme : これからの日本について
genre : 政治・経済

鬼-韓国に更なる制裁を-

韓国ホワイト国から除外したことで韓国もその報復として日本と同じことを実行するみたいだが、日本としてはここからは一切の妥協も忖度も許されません。

引用

日本政府、強気崩さず=韓国措置の影響見極め

 韓国が日本の輸出管理厳格化への事実上の対抗措置を発表したことを受け、日本政府は措置の内容を精査し、日本経済への影響を見極める方針だ。

 ただ、影響は限定的との見方が強く、元徴用工問題で韓国に善処を迫るという強気の姿勢を崩していない。

 佐藤正久外務副大臣は12日、韓国の措置を受けてツイッターに「どのような理由なのか細部確認する。ただ韓国から日本への機微な戦略物資はほとんど無いのでは?」と書き込んだ。

 日本政府関係者は「詳細が分からない以上、何とも言いようがない」と述べ、在韓国大使館などを通じて情報収集を進める考えを示した。

 財務省の貿易統計によると、2018年度の韓国からの輸入額は約3兆4800億円で、国別で第5位。日本政府内には「影響はない。騒ぐことではない」(経済産業省関係者)との声が広がる。外務省幹部は「状況は変わっていない」と述べ、元徴用工問題での「国際法違反状態」の是正を引き続き韓国に求めていく考えを示した。

 最終更新:8/13(火) 8:33 「時事ドットコム」より
韓国が日本に輸出する際に管理を厳格化するという日本の真似っこをやらかすけど、日本政府は措置の内容を見てこれが日本経済に与える影響を見極める方針だけど、詳細が分からないことで在韓日本大使館などを通じて情報収集するみたいだが、まだ大使館や領事館関係者を帰してなかったんだろうかと思うし、自前の情報網がないことがここでも問題になっていると思うよ。

今回の日本政府の見解、影響は限定的で日本経済に与える影響は少ないというけど、 元徴用工問題において国際法違反をやらかした韓国、交わした約束も国際法も守らない国に対して是正を求めても無駄、これでは妥協に等しい気もします。

ここで妥協してはダメ、追加制裁措置を考えねば今後の日本の国益と尊厳に関わることは必至、まずやることは韓国政府関係者や企業の日本国内における資産の凍結、韓国の金融機関との取引禁止という経済的な制裁ではないでしょうか? 自国の利益と尊厳を脅かす国には鬼になれ!!
あとダラダラやっては各方面にも悪影響が出るから、直ちに案を出してそれを実行するのみ。

恩を仇で返すような国には鬼になれ、それだけです。
即ち「これまでの恩を忘れたかのように慇懃無礼の限りをしやがって、許さん!! ぶっ潰してやる!」ってケンカを厭わない姿勢です。韓国に対しては鬼と化さねばならん。日本政府は。

theme : 日本を正常な国に戻したい
genre : 政治・経済

「山田」じゃなく「山本」に流れた票

さきの参議院選挙で話題となった一つに「れいわ新選組」の台頭もあるけど、そのトップである人に票がこんなところに流れて問題になったことは記憶に新しいです。

引用

「山本」太郎に流れた「山田」太郎票 発覚は“オタク”の直訴

 それぞれの思いを託した清き一票。選挙離れが進む今、こんな「うっかりミス」が許されるはずがない。静岡県富士宮市で7月21日に行われた参院選比例代表の開票作業で、自民党の山田太郎氏=当選=に投じられた515票が誤って、れいわ新選組の山本太郎氏=落選=の票に計上された。「思い込み」「ヒューマンエラー」。市選挙管理委員会はこう釈明するが、山田氏に投票した市民からは徹底的な再調査を求める声が上がる。ミスは「氷山の一角」なのだろうか。

 ■「私もオタク」人生初の投票で…

 《投票が死票になった》《山田さんに入れたのにおかしい》

 投開票翌日の22日から、SNS上では不可解な得票を指摘する声が相次いでいた。根拠となったのは、県選管が公表した県内の自治体別の得票結果。全国で50万票以上を集めたはずの山田氏の得票が、人口約13万人の富士宮市で「0票」になっていたためだ。

 指摘を受けた富士宮市選管が調査を開始し、間もなく集計ミスが発覚。当初、山本氏が1453票、山田氏は0票としていたが、山本氏938票、山田氏515票に訂正した。

 2人の当落に影響はなかったが、「せっかくの一票。選管には大切に扱ってほしかった」と話すのは、山田氏に一票を投じた女性(19)。漫画やアニメの「表現の自由」を守ると訴えた山田氏の姿勢に共鳴したといい、「私もいわゆる『オタク』。山田氏の政策に感銘を受けた」という。

 女性にとって、今回が人生で初めての投票だった。「選管が早く再集計したことはよかった」としつつ、「他の自治体でも同じミスが起きている可能性がある。全国的に調査してほしい」と求めた。

 山田氏は23日に更新したツイッターでミスについて「民主主義の基本である選挙ではあってはならない」と苦言を呈した。

 ■ダブルチェックでも気づかず

 信じられないミスはなぜ起きたのか。

 市選管によると、開票作業は、まず機械で候補者ごとに票を仕分け、100票または千票単位で束ねた後に、職員が候補者名や票数を記載した「有効投票点検票」を添付する。これを別の職員がパソコンでシステム上に票数を入力し、集計する流れだ。

 今回のミスは山田氏の票の束に、誤って一字違いの山本氏の点検票を付けてしまったことが原因だった。

 さらに点検票を付けたりパソコンで入力したりする際は複数の職員で候補者名や票数に誤りがないかチェックする決まりがあるが、いずれの過程でも誤りに気づく職員はいなかった。

 市選管の担当者は「職員の完全な思い込みによるヒューマンエラーだった」と釈明。再発防止策を検討するとした。

 ■「ネット投票進めるべき」

 氏名が似ている山田氏と山本氏。市選管も「事前に十分注意していた」としながらも、イージーミスを防ぐことができなかった。

 過去の国政選挙では、投票総数よりも票が足りないと思い込んで白票を水増したりした選管職員が、公職選挙法違反罪などで有罪判決を受ける事件も起きている。SNS上ではこうした事件を念頭に、山田氏支持者から「意図的なのでは」「本当に過失なのか」との指摘も上がった。

 一方、千葉県の鴨(かも)川(がわ)、いすみ両市では、山本氏の「案分票」を山田氏に割り振るミスが発生。富士宮市のケースとは票の流れが逆だったが、「名前が似ていて間違えてしまった」(県選管)という理由は同じだった。

 「全国で『山田太郎』と『山本太郎』の票を数え直したら、当落を変えるほどではなくても、必ず今の得票数とは異なる結果が出る」と話すのは選挙制度に詳しい東洋大の山田肇(はじめ)名誉教授。「富士宮市などで発覚したことは氷山の一角」とみている。

 山田名誉教授は、投票の際、候補者の名前を投票用紙に書く「自書式」が、集計ミスなどを誘発していると指摘。ミス防止や投票率向上のために「インターネット投票の導入などを進めていくべきだ」と述べた。

 最終更新:8/12(月) 8:01 「産経新聞」より
静岡県富士宮市で先月21日に行われた参議院選挙の開票作業で、自民党の山田太郎氏に投じられた515票がれいわ新選組の山本太郎氏に流れるという信じられないミスが発覚したけど、富士宮市の選挙管理委員会はなぜこんなあり得ないミスをしでかしたのだろうか?

当初山本氏に1453票、山田氏に0票というあり得ない集計となったが、静岡県の選挙管理委員会が公表した自治体別の得票結果で全国で50万票も集めた山田氏の票が富士宮市だけ0票なんて有権者から「おかしい」と指摘を受けて山本氏に938票、山田氏に515票と訂正したけど、開票作業では機械で候補者別に票を仕分けて100または1000票単位で束ねてから、選挙管理委員会のスタッフが候補者名及び票数を記載する「有効投票点検票」を添付して、別のスタッフがパソコンでシステム上に票を入力して集計するけど、山田氏と一字違いの山本氏に間違って点検票をスタッフがつけてしまったことで山田氏の票が0という信じられないミスに発展したけど、このスタッフはとんでもないことをしたと思うし、他のスタッフもまた「おかしい」と指摘しなかったことは問題だ。名前を間違えるなんて考えられないし、同姓同名の候補者がいたわけでもないのにこんなミスをするかねェ・・・!?

名前が似ているからって間違えるのはあり得ない、これで落選でもしたら候補者にとっては気分が悪いを通り越してます。おそらく富士宮市だけでなく他の自治体でも同様のミスがあるんじゃと勘ぐりたくなります。

こんな事態を引き起こした背景として、未だ日本の選挙における投票形式が候補者または政党名を投票用紙に記入する自書式な為に、こんな間違いが出やすいと指摘する識者もいるけど、小中学校において生徒会役員を決めるのと変わらないんだよね、これじゃ。
だったら投票形式を自書式ではなく、電子投票にするかマークシート方式にしたほうがいいと言う意見も出てくるけど、前者は不正投票や得票操作という問題が出てくる為これも問題。だったら投票所にタブレットを置くのがいいか。電子投票方式に消極的な議員が多いのも問題だが、これには高齢者への❝忖度❞?

theme : 選挙
genre : 政治・経済

日韓会談したけりゃ約束を守れ!!

国家間で交わした合意を守れない国には毅然とかつ厳しい態度で臨むのが普通です。

引用

安倍首相、日韓会談は約束履行が条件=対立の長期化必至

 安倍晋三首相は徴用工訴訟問題に関する韓国への不満を重ねて表明し、1965年の日韓請求権協定を同国が順守しない限り、文在寅大統領との会談には応じない姿勢を鮮明にした。

 韓国側にも軟化の兆しは見えず、日韓対立は長期化必至だ。

 首相は6日、広島市内で記者会見に臨んだ。文氏と対話する意思を問われると、「韓国には日韓請求権協定をはじめ、国と国との関係の根本に関わる約束をまずはきちんと守ってほしい」と述べ、約束を履行するのが先決との立場を強調した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に無条件での会談を呼び掛けているのとは対照的だ。

 徴用工訴訟で、韓国最高裁は韓国政府の従来見解を覆し、請求権協定で「解決済み」とされた個人の請求権を認定。日本政府は協定に基づく2国間協議、さらに第三国を交えた仲裁を求めたが、韓国政府は期限までに回答しなかった。首相の発言は、こうした対応に不満をぶつけた形だ。

 日韓首脳会談は昨年9月に米ニューヨークで行われたのが最後。今年9月の国連総会をはじめ、年内の国際会議で両首脳が顔を合わせる機会はいくつも想定される中、首相が会談に条件を付けたことで実現へのハードルは高まった。

 首相が日韓関係に言及したのは、政府が輸出管理の優遇対象国から韓国除外を決定した後初めて。韓国はこの措置に猛反発し、日本製品の不買運動や日本への旅行を中止する動きも拡大している。経済界の懸念は強まるものの、首相が支持基盤とする保守層の安定を図るには「弱腰」な姿勢は見せられない。

 強硬姿勢に世論の支持を求めるのは文氏も同様。日本の植民地からの解放記念日である15日の韓国「光復節」での文氏の発言や、韓国軍が月内にも予定する「独島(島根県・竹島)防衛訓練」によって、両国関係がさらに悪化する恐れがある。

 最終更新:8/7(水) 7:50 「時事ドットコム」より
「韓国には日韓請求権協定をはじめ、国と国との関係の根本に関わる約束をまずはきちんと守ってほしい」徴用工訴訟という日韓請求権協定に反する言動をした韓国を改めて批判した安倍晋三総理、日韓請求権協定に基づく2国間協議にも仲裁委員会の呼びかけにも応じなかった韓国だけに、話し合いに持ち込みたかったら国家間で交わした合意及び国際法を遵守しろって訴えに取れます。

国家間合意も国際法も守れない国とは話し合いなど出来ないが、ましてや自尊心だけ高い自己愛性人格障害、責任転嫁とゴリ押し、言いがかりに長けている韓国とはまともに話し合いなど出来るわけがありません。
韓国側もお決まりの反日気運を持ち出すなど、平行線な感じだけど、日本は忖度してはならない。いっそ韓国政府及び企業の日本国内における資産を凍結するという経済的な制裁を実行すべき、聞き分けのないガキには痛い目に遭わせたほうがいいのだ。アメリカはベネズエラに対して今度は政府のアメリカ国内における資産を凍結したんだから、それを見習えよ。

日韓請求権協定を遵守しない限りムン・ジェインとは会談しないと強気な安倍総理、それがいい。

それと経済界から懸念もあるけど、マスコミのそんな見解などどこ吹く風で韓国に対する無視と締め付けを強化すべきです。外交というのは友好関係の強化以上に自国の利益と尊厳を重視すべきなのだ。それはどの国でもやっていること。

theme : 日韓関係
genre : 政治・経済

「ホワイト国」から完全❝除外❞で与野党の反応は

韓国に対して強硬な態度を示した与党だが、それに批判的な野党、韓国に対する扱いで改めて与野党の温度差があるみたいです。

引用

与党、優遇除外「韓国信頼できず」=野党は対話要求-日韓関係

 政府が2日、輸出管理の優遇対象国から韓国を除外したことをめぐり、与党からは「韓国は信頼できない」などと支持する声が相次いだ。

 野党は悪化する日韓関係に懸念を示し、政府に対し改善に向けた対話を求めた。

 自民党の甘利明選対委員長は記者団に、輸出管理に関する定期協議を拒否してきたとして韓国を批判。「『政治的に対立しているから』と言うが、貿易管理とは別問題だ。信頼できる国ではないと自ら証明している」と厳しい表情で語った。

 同党の岸田文雄政調会長も記者団に「輸出管理を適切に実施するための見直しで、自由貿易とも矛盾しない」と指摘。公明党の斉藤鉄夫幹事長は「韓国の輸出管理に不備があるのは事実だ」と述べた。その上で、韓国側が民間交流を相次いで中止していることについて「やりすぎだ」と苦言を呈した。

 野党では、立憲民主党の福山哲郎幹事長が政府の説明を「一定の理がある」としつつ、「関係がこれ以上悪化しないよう対話と議論を進めてほしい」と強調。共産党の志位和夫委員長は談話で、「徴用工問題の解決に貿易を使うのは道理がない」と安倍政権を批判し、「決定を撤回し冷静な話し合いで事態の解決を図ることを強く求める」と訴えた。

 社民党の吉川元幹事長は談話で、「韓国に強硬姿勢をとることで参院選でのアピールにつなげる目的があった」と断じた。

 最終更新:8/3(土) 8:48 「時事ドットコム」より
2日に韓国を輸出管理の優遇対象国、いわゆる「ホワイト国」から除外したことについて、事あるごとに国際法というか国家間合意を破る韓国の態度に与党が「韓国は信頼するに値しない!」という意見が殺到してこうなったけど、一方で野党は何を思ったのかこれ以上関係をこじらせてはいけないと対話による解決を主張したが、度々韓国に煮え湯を飲まされただけに与党はもう我慢がならんと見て今回の強硬措置に及んだけど、野党は度々煮え湯を飲ませる韓国に対して許せない! ってここまで来てそう思わないのかが疑問だ。

対話をしても解決の糸口は見えず、勝手にゴールを延ばして問題をややこしくしようとする韓国の姿勢には与野党関係なく強硬な態度を取るべきです。自国の利益を考えたらばこれが正しいこと。
これではアメリカにおけるイランに対する姿勢よりも温度差があります(共和党は最大限の圧力に基づく強硬な姿勢、民主党は対話による解決を望む姿勢)。

もう対話による解決は期待できない、これからは北朝鮮に対してと同様「最大限の圧力」に基づく姿勢で韓国を締め上げることが日本政府に求められます。大体徴用工訴訟の解決に貿易を利用するのは道理がないなんて言うけどさ、国家間合意を守らない国には制裁するのが普通なのに、それを理解していないんでしょうかね?
ホワイト国完全除外は対韓国制裁の第一歩だと思います。これまで忖度を重ねたことで韓国をつけ上がらせた日本政府、もう韓国を甘やかすのは止めよう。日韓議員連盟もこれを機に解散しよう!!

theme : 日本を正常な国に戻したい
genre : 政治・経済

河野外相、またカン・ギョンファと会談?

「話せば分かる」が通用しない相手にまた話し合いをするとは、どういうことやら。

引用

「両国の懸案、しっかり議論を」 菅官房長官、日韓外相会談で

 菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、タイ・バンコクで始まった河野太郎外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との日韓外相会談について「両国間の懸案について、しっかり議論を重ねていくことが大事だ」との認識を示した。河野氏から「従来の主張をしっかりと韓国側に伝えると報告を受けている」とも語った。

 日韓外相による会談は、日本が7月4日に半導体材料の韓国向け輸出管理を厳格化して以降、初めて。

 最終更新:8/1(木) 13:31 「産経新聞」より
タイ・バンコクにて韓国カン・ギョンファ外相と会談に応じた河野太郎外相、先月4日に半導体材料の韓国向け輸出を規制というか管理を厳格化して以降、閣僚レベルでの会談が行われなかったけど、今ここで話し合いをすることに意味があるんだろうか。

相手を理解せず、自分の尺度でしかものを見ず、ゴリ押しも厭わない韓国とはまともな話し合いなど出来るわけがないのに、菅義偉官房長官は1日に記者会見で「両国間の懸案について、しっかり議論を重ねていくことが大事だ」と述べたけど、日本の主張を訴えたところで韓国がそれを理解するとは思えないし、議論しても平行線な結果で終わるのがオチだから、余計こじれるリスクがあります。
韓国は事実と向き合わず(156件の不正輸出について見て見ぬ振り)、虚勢だけを張り(日本より下の立場にあることを認めたくないから)、交わした約束も反故(徴用工判決は日韓請求権協定に反する)にするようなことをしておいて変に強気なんだから、幼児性丸出しなナルシストとはまともに会談できないし、話し合いで解決など出来ないと本心では思ってるんじゃ、河野外相。

それでいて「ホワイト国除外を撤回して欲しい」なんていう韓国、不正輸出を平然とするなど輸出管理が出来ない国をホワイト国とは認めたくないし、安全保障上の理由からって理由で韓国を除外することは国益にかなってます。
今回の結果次第では韓国の日本大使館や領事館がまた攻撃されかねないだけに、大使館及び領事館関係者とその家族を直ちに日本に帰還させることを外務省は考えたほうがいいと思います。

theme : 韓国について
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード