主将の父親が誘拐されてたって!?

ロシア・ワールドカップで1次リーグ敗退となったあの国で、信じられない事件があったみたいです。
それも選手の家族がこのような事件に遭っていたなんて・・・!!

引用

ナイジェリア主将の父親、誘拐されていた 事実隠してプレー

ナイジェリア・ラゴス(CNN)サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場したナイジェリア代表の主将、ミケルが3日声明を発表し、大会参加中に自身の父親が本国で誘拐されていたことを明らかにした。警察は2日に父親を救出したが、代表の試合直前に誘拐について知ったミケルは、その事実を周囲に隠したままプレーしていた。

声明の中でミケルは、救出に当たった警察と支援の言葉を寄せてくれた人々に対して感謝を述べた。父親は現在家族とともに過ごしているという。

警察の発表によると、父親を誘拐した犯人がミケルに連絡したのはナイジェリアが1次リーグ突破をかけてアルゼンチンと戦う試合の数時間前。ミケルは父親を解放する条件として1000万ナイラ(約300万円)の身代金を払うよう要求されたと明かす。

しかしチームメートにも監督にも誘拐の事実は告げなかった。メディアの取材に対しミケルは「混乱して、どうしたらいいかわからなかった。けれども最後には、1億8000万人のナイジェリア国民を落胆させるわけにはいかないと考えた」と試合に集中しようとした胸の内を語った。

警察は3日、誘拐犯との「銃撃戦」の後、父親を救出したと発表。救出された父親は警察に感謝の言葉を告げたという。

ミケルの父親は2011年にも自宅で誘拐に遭い、翌日に救出されていた。

最終更新:7/4(水) 13:11 「CNN.co.jp」より
1次リーグ敗退に終わったナイジェリア、チームの主将を務めたジョン・オビ・ミケルについて、何と大会中に父親が誘拐されたというショッキングな出来事があったみたいです・・・。

グループステージ3戦目のアルゼンチン戦前に父親が誘拐され、身代金を要求されたということだが、自身の父親が何者かに拉致されて精神的に苦痛を受けているハズだったけど、ミケル自身は「1億8000万人のナイジェリア国民を落胆させるわけにはいかないと考えた」とチームメイトや監督にその事実を隠してプレーしたのだから、複雑だったでしょうね。

父親はその後警察によって保護され、無事に家族のもとに戻ったけど、これについてミケルは警察などに感謝の言葉をかけたみたいです。

父親が無事だったのはいいが、それにしても選手の家族を誘拐して身代金を要求するなんて極めて悪質もいいところだが、チームの主力で主将を務める人物の家族に危害を加えようとした犯人は許せんわな。もしこれでミケルが「父親を解放しなければ試合に出ない」って姿勢に出たらどうなってたのだろうか・・・!?

ただこれが初めてではなかった、何とミケルの父親は過去にも拉致された経験があるっていうから、またも同じ事件に見舞われたとしか言えないけど、ミケルに限らず、ナイジェリアでは過去にも代表選手の家族が誘拐など凶悪事件に巻き込まれたケースが多く、ハッキリ言って代表選手へのリスペクトがなさ過ぎるとしか言い様がないです。こう見るとナイジェリアも物騒な国だよね。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

モロッコがイランと「国交断絶」

中東・北アフリカは常に情勢が不安定なのだが、それに拍車をかけそうです。

引用

モロッコ、イランと断交=「西サハラに軍事支援」と批判

【カイロ時事】モロッコ政府は1日、イランとの外交関係断絶を表明した。

 モロッコが領有権を主張する西サハラ(旧スペイン領)の独立派組織「ポリサリオ戦線」に対し、イランが軍事訓練や武器支援を行っているというのが理由。

 モロッコのブリタ外務・国際協力相は、隣国アルジェリアにあるイラン大使館やレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラを経由して、地対空ミサイルがポリサリオ戦線に渡っていたと批判。これに対し、ヒズボラは声明で「モロッコは米国、イスラエル、サウジアラビアの圧力に屈し、虚偽の嫌疑を持ち出した」と反発した。

 最終更新:5/2(水) 8:23 「時事ドットコム」より
昨年イランと国交断絶という強行措置に踏み切ったサウジアラビア、イランを封じ込める意味でやったけど、それと同じ措置に出たのが北アフリカのモロッコ、1日になってモロッコ政府は「イランと国交を断絶する!!」と一方的にイランとの国交断絶に踏み切ったけど、なぜこうなったのか?

それは、モロッコがかねてから領有権を主張している西サハラで、モロッコからの分離独立を目指す組織「ポリサリオ戦線」にイランが軍事的な支援をしているとの理由で「イランは我が国の領土を奪おうと画策している」西サハラ問題などないと主張するモロッコにすれば、イランは独立派組織であるポリサリオ戦線を煽り、自国の主権を脅かしてると思い込んだんでしょう。

イランだけでなくレバノンで暗躍を続けるイスラム教シーア派組織・ヒズボラも関与しているとモロッコは批判したが、ヒズボラもこれに反発するなど、緊張状態になりつつあるけど、イランとサウジの対立同様結局宗派間対立がここにも飛び火したとしか言わざるを得ない。イエメン内戦と同様だ。宗派が違うってだけで対立を繰り返すイスラム教、だから国家として未熟なまんまじゃないの?

こう見るとモロッコもイランを「脅威」と見なしてるかも知れないが、自国の主権と尊厳を脅かす相手にはここまでやるのが「常識」かも知れないけど、日本でこれを見ると事あるごとに反日ヘイトを繰り返す韓国とは国交を断絶したほうがいいと言う声も出るんだよね。日韓とモロッコ・イランとでは次元が違うが。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

あのマンデラ元大統領の妻だった女性

夫と共にアパルトヘイトと闘い、それを撤廃させた功労者であることは間違いないです。彼女もまた南アフリカ現代史にその名を残すでしょう。

引用

故マンデラ氏の前妻、ウィニー氏死去 反アパルトヘイトの象徴

(CNN) 南アフリカの反アパルトヘイト(人種隔離)運動家で、故ネルソン・マンデラ元大統領の妻だったウィニー・マディキゼラ・マンデラ氏が、ヨハネスブルク市内の病院で死去した。81歳だった。

遺族によると、ウィニー氏は長年にわたって闘病を続けており、今年に入ってからは入退院を繰り返していた。

1936年に生まれ、58年にマンデラ元大統領と結婚。夫が獄中にいた27年間を含め、38年間連れ添った。

夫の解放を求める運動では先頭に立ち、白人至上主義のアパルトヘイト政策と闘って「国家の母」と呼ばれた。

国外では元大統領の妻として知られているが、南ア国内では、人種差別政権と闘った困難な闘争の象徴だった。

マンデラ氏が南アフリカ初の黒人大統領に就任した2年後の1996年に離婚。マンデラ氏は2013年に死去した。

現職の国会議員でもあり、3月にはラマポーザ大統領とともにヨハネスブルク郊外のソウェトを地区訪問して、来年の大統領選挙への投票を呼びかけていた。

ラマポーザ大統領は2日に声明を発表し、「我々の解放を求める闘争の暗黒の時代の中で、ウィニー氏は自由を願う人々のシンボルだった」としのんだ。

11日には追悼式が行われ、14日には国葬が営まれる。

最終更新:4/3(火) 9:44 「CNN.co.jp」より
あのネルソン・マンデラ元大統領の一時期妻であり、アパルトヘイトと闘った運動家の一人で、現職の国会議員でもあるウィニー・マンデラが2日にヨハネスブルクの病院に死去したけど、これについてシリル・ラマポーザ大統領は「我々の解放を求める闘争の暗黒の時代の中で、ウィニー氏は自由を願う人々のシンボルだった」と偲んだけど、マンデラ氏同様南アフリカの象徴として見てるんでしょう。

1958年にマンデラ氏と結婚し、その後夫がロベン島に流刑されても常に付き添いアパルトヘイト闘争を呼びかけ、アパルトヘイトをしく白人至上主義丸出しの政府の横暴に挫けない姿勢を取り、アパルトヘイトに虐げられる黒人を勇気づける象徴として支持を集めたことでアパルトヘイトは撤廃、後年「国歌の母」と評されるまでになったんだから、南アフリカにおいてはマンデラ氏やデズモンド・ツツ大司教と並ぶ「賢人」と見ていいんでしょうか。

その後国会議員に転身し、所属するANC(アフリカ民族会議)の女性同盟議長も務めるなどマンデラ氏とは違った活動を展開し(マンデラ氏とは1996年に離婚している)、貧困層を中心に支持を集めるなど存在感を示したけどね・・・。

いつの時代も人種差別政策と闘いそれを撤廃させるに至った運動家の偉大さは変わらないが、ウィニー氏もまたその一人と見ていいでしょう。マンデラ氏もだがウィニー氏の功績もまた後世に伝えるべきだと思う。その功績を称えて銅像でも立てるべきですけど。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

ムガベ前ジンバブエ大統領夫人、今度は象牙密輸

夫は権力の座から降りるハメとなっても、夫人の強欲ぶりは健在です。

引用

失脚したムガベ前大統領の夫人、象牙密輸で捜査 ジンバブエ

【3月26日 AFP】アフリカ南部ジンバブエで昨年退陣するまで37年間にわたり独裁体制を敷いていたロバート・ムガベ(Robert Mugabe)前大統領の妻、グレース(Grace Mugabe)夫人が、象牙を海外の闇市場へ密輸出した疑いで警察の捜査対象となっていることが分かった。国営紙サンデー・メール(Sunday Mail)が25日、報じた。

 報道によると、グレース夫人は数百万ドル相当の象牙を中国、アラブ首長国連邦(UAE)、米国をはじめとする各国市場へ密輸したとされる。国立公園・野生動物保護当局の捜査官が証拠書類を警察に提出したという。

 警察は証拠書類が提出されたことを認めたが、AFPの取材に対し詳細は明らかにしなかった。

 サンデー・メールによれば提出された書類は、グレース夫人が各国首脳への贈り物とするため象牙の輸出許可を自分に与えるよう当局者に命じたと非難する内容。「いったんジンバブエ国外に出た『贈り物』は、他の物品と一緒に闇市場に流れていく」と同紙は伝え、警察が近くグレース夫人から聴取を行うだろうとの見通しを示している。

 グレース夫人はかつてムガベ氏の後継大統領の最有力候補として名前が挙がるほど権勢を誇り、ぜいたくな生活スタイルから「グッチ・グレース(Gucci Grace)」の異名をとった。

 ジンバブエでは象牙目的のゾウの密猟が問題となっており、同国北西部のワンゲ国立公園(Hwange National Park)では2013~15年に少なくとも400頭のゾウが毒殺された。だが、国立公園関係者によると昨年11月にムガベ氏が軍のクーデターで失脚して以降、密猟は減ったという。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
昨年37年間も独裁体制をしいてきたものの、軍によるクーデターで失脚の憂き目を見たジンバブエロバート・ムガベ前大統領、その発端となったのがムガベ前大統領の夫人であるグレース・ムガベに権力の座を移譲するとしたことでクーデターにつながったわけだが、そのグレース夫人が今度は同国で密猟されたとされるゾウの象牙を闇市場に売り込んだとして、当局の捜査対象にされたけど、贅沢三昧で貧困にあえぐ国民を無視して批判の声には過激な手段に訴えるなど傍若無人の限りを尽くしたグレース夫人、今度は象牙を闇で売りさばこうとしたんだから、またお騒がせを提供したと言えます。

ジンバブエの国立公園や野生動物保護局側が証拠書類を警察に届けたことで発覚した象牙密輸、グレース夫人が主導したとなればグレース夫人が違法象牙ビジネスの首謀者なんじゃと思います。

象牙目的での密猟が問題となっているジンバブエ、昨年のクーデター以降は密猟が減ったとは言うけれど、ムガベ前大統領は違法象牙ビジネスでも私腹を肥やしてたんじゃ・・・!? その象牙が日本に出回ってると思うとゾッとするよ。ただでさえ日本は象牙の問題で批判されてんだから。
エマーソン・ムナンガグワ大統領は、前政権をジンバブエ国内に生息するゾウを象牙ビジネスの為に犠牲にしたとネタにしそうだが。強欲で金だけ自分だけ丸出しなグレース夫人、権力乱用及び今回の違法象牙ビジネス主導で裁判にかけたほうがいいのでは?

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

辞めろと言われても~♪「辞めない!」

身内から突き上げを喰らっているのに変に強気です。
ロバート・ムガベと全く変わらないような・・・!?

引用

与党、南ア大統領に辞任要求 ズマ氏、即時退陣拒否

【カイロ=佐藤貴生】数多くの汚職疑惑で批判が高まっている南アフリカのズマ大統領(75)の進退をめぐり、与党のアフリカ民族会議(ANC)の幹部は13日、記者会見を行い、ズマ氏に辞任を求めたことを明らかにした。ズマ氏は即時の退陣は拒否しており、双方の協議の行方に注目が集まっている。

 会見したANC幹部によると、ズマ氏は退陣要求は受け入れたものの、3カ月から半年の間に辞任する意向を示した。ANCはこれを拒否し、対話を続ける方針だと話した。

 ANCは首都プレトリアで12日から13日にかけて幹部会議を行った。副大統領でANC議長のラマポーザ氏(65)らが直接話し合った結果、ズマ氏が早期の退陣を拒んだため、党として辞任要求の方針を固めたという。

 ANCはズマ氏の出身母体で、決定には大統領を辞任させる法的拘束力はない。ただ、協議が長引けばANC自体に対する国民の批判が拡大しかねず、22日に予定される不信任投票の前に、党の主導で決着を図りたいものとみられる。ズマ氏は訴追免除など辞任に際しての条件を提示しているとの情報も出ている。

 最終更新:2/14(水) 7:55 「産経新聞」より
汚職まみれで批判を浴びている南アフリカジェイコブ・ズマ大統領、そんなズマ大統領に対し与党・ANC(アフリカ民族会議)「ズマは大統領職を降りるべきだ」と辞任要求を突きつけたけど、当のズマ大統領は辞任要求を受け入れるもすぐには辞めないと強気な態度を取っているみたいです。

首都プレトリアで幹部会議を行ったANC、ズマ大統領の母体であり協議が難航する可能性もあるが、議会で不信任投票を実施する前にズマ大統領を円満に辞めさせたいANCだが、ズマ大統領は訴追免除などの「特例」を認めるようANC内部に提示してますが、協議が難航すればANCは国民からの批判が殺到するでしょうね。

汚職まみれで腐敗している感のズマ大統領、辞任要求を受け入れてもすぐ辞めないと言う姿勢は明らかに権力に固執してるだけでしかないが、アフリカの指導者あるあるもいいところだよ。
公費で自分が所有する邸宅にプールや来賓用住宅などを作るわ、国のお金は俺のものと言わんばかりに振る舞ってるとしか言えないが、ANCにすればやりたい放題してるズマ大統領に我慢ができなくなったんでしょう。このままでは南アフリカの経済は悪化して格差が拡大するという懸念から辞任要求に及んだと思うが、昨年ジンバブエでロバート・ムガベを権力から引きずり降ろしたことも影響してるんでしょうか?

theme : 妄執政治を斬る。
genre : 政治・経済

あのジョージ・ウェアが大統領に!!

アフリカ人で初めてバロンドールを獲得したレジェンドが、国のトップになったみたいです。

引用

リベリア大統領選、元サッカー選手ウェア氏勝利=平和賞サーリーフ氏の後任

【ロンドン時事】西アフリカのリベリアで26日に行われた大統領選決選投票で、同国選挙委員会は28日、開票率約98%の段階で元サッカー選手のジョージ・ウェア上院議員(51)が約62%を得票して勝利したと発表した。
 
 ウェア氏は、アフリカ初の女性民選元首で2011年にノーベル平和賞を受賞したサーリーフ大統領(79)の後任となる。対立候補のボアカイ副大統領(73)の得票率は約39%だった。決選投票は11月初旬の予定だったが、第1回投票で敗れた候補が不正を申し立て、調査のため延期されていた。

 欧州各国のサッカーリーグで1990年代に活躍したウェア氏は、内外で抜群の知名度を誇る国民的英雄。現役引退後、05年の大統領選に出馬し、決選投票まで進んだもののサーリーフ氏に敗北した。Jリーグ入りを目指して08年に設立された福島県のサッカーチーム、バリエンテ郡山の総監督を一時務めるなどする傍ら政治活動を続け、14年末に上院議員に当選した。

 最終更新:12/29(金) 8:07 「時事ドットコム」より
西アフリカのリベリアで26日に行われた大統領選挙で、得票率98パーセントの時点で約62パーセントを得票したジョージ・ウェアが勝利したとリベリアの選挙管理委員会が発表したようです。

1990年代に颯爽と現れて、超人的なプレーでサッカーファンを大いに沸かせたウェア、95年にはアフリカ人で初めてバロンドールを獲得するなど「リベリアの怪人」と評され(現在もアフリカ人ではウェアだけ)、引退後は内戦で疲弊した母国の再興に貢献しようと2005年には大統領選挙に出馬するもエレン・ジョンソン・サーリーフに敗れ力不足を痛感、その後上院議員に当選して政治家に転身、政治家として実績を積んで今回大統領選挙に臨んでそれに勝利したとなれば、ウェアの挑戦はいいことだったのではないでしょうか。

リベリアの国民的英雄であるウェア、大統領選で勝利し今後のリベリアの行く末を担うわけだが、政権移譲が円満なものであればいいけど・・・。
リベリアでウェアが大統領になったってことは、そのうちコートジボワールでディディエ・ドログバが大統領になりそうな気もするが、考えすぎでしょうかね・・・。本人が政治に関心があるかどうかにもあるが。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード