FC2ブログ

刑務所無法地帯

平和? な日本ではあり得ないことが起こるのが世界のリアルです。

引用

刑務所で同時多発抗争、62人死亡 エクアドル

【サンパウロ時事】南米エクアドルで23日、3カ所の刑務所で同時多発的に犯罪組織間の抗争が発生し、当局によると受刑者少なくとも62人が死亡、数十人が負傷した。

 房内からは拳銃やナイフ、なたなどの武器や携帯電話が見つかった。地元紙ウニベルソなどが伝えた。

 最終更新:2/24(水) 14:54 「時事ドットコム」より
エクアドルの刑務所3件で同時多発的に犯罪組織間の抗争が発生し、受刑者62人が死亡、数十人が負傷するという大惨事が起こったけど、刑務所内でドンパチって南米においてよくあるケースだが、同時刻に複数の刑務所でそれが起こるのってよほど物騒としか言いようがないよ。

それと南米の刑務所って犯罪組織のコミュニティとなりやすいし、また看守が買収されやすいせいか犯罪組織のリーダー相手だとそっちの肩を持つようになるけど、犯罪組織がここまで影響力を持つような社会って腐敗してるんじゃないでしょうか?
貧富の差が激しく、貧しさから満足な教育を受けることなく大人になり、まともな働き口にありつけないことで犯罪に手を染めるケースも目立つ南米、エクアドルもそうだが南米諸国は貧困と犯罪が横行するのは教育が行き届いてないからだ!! って重く見ていないんでしょうかねェ・・・!?

政治や警察が正しく機能していないことも犯罪の横行や治安悪化という事態をもたらしているが、刑務所という犯罪者を収容する場所を無法地帯にするような社会って腐ってるとしか言い様がありません。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

まず政治家からか!? ワクチン接種は

医療従事者より先にワクチンを摂取するって、あり得ない。
典型的な「自分が助かればそれでいい」的な感じがする。

引用

元大統領含むペルー政府高官ら、ワクチン抜け駆け接種…487人が不当に入手

【リオデジャネイロ=淵上隆悠】南米ペルーで、元大統領を含む政府高官ら500人近くが、緊急使用が承認される前に中国製の新型コロナウイルスワクチンを接種していたことが発覚した。大量の抜け駆け接種に、国民からは批判が噴出している。

 フランシスコ・サガスティ大統領は15日、製薬大手「中国医薬集団」(シノファーム)が開発したワクチンを、閣僚や高官、保健省の職員ら487人が不当に入手し、接種していたと明らかにした。

 ペルーでは昨年、1万2000人がこのワクチンの臨床試験に参加。今年1月26日に緊急使用が承認され、2月9日から医療従事者らへの投与が始まった。

 ところが10日、汚職疑惑で昨年11月に罷免(ひめん)されたマルティン・ビスカラ元大統領が、在任中の10月に妻と一緒に接種していたと、地元メディアが報じた。さらに、保健相や外相らも接種していたことがわかり、辞任ドミノに発展した。

 サガスティ氏は、「立場を利用している」と強く非難し、487人のリストを捜査当局に提供したという。

 ペルーでは新型コロナの感染者が124万人を超え、約4万4000人が死亡している。

 最終更新:2/18(木) 10:42 「読売新聞」より
元大統領以下政府高官らがワクチンを承認する前に使ったとして国民から「ふざけるな!!」「特権階級というか上級国民は自分勝手で許せない!!」って大ブーイングが起こっているペルー、COVID-19感染者が124万人超で4万4000人が死んでいるだけに、承認なく政治家がワクチンを摂取するなんて我々を無視する愚行だと国民の怒りが爆発したといえます。

ペルーでは先月26日にワクチンの緊急使用が認められ、今月9日から医療従事者に投与が始まったが、昨年11月に汚職疑惑で罷免されたマルティン・ビスカラ元大統領が在職中の10月に承認なく接種したことが判明し、また閣僚も勝手に接種したことが判明したことで、議員特権を悪用した行為で許せないと国民が再び怒ったんでしょう。

医療従事者よりも勝手に先に接種したことは非難されるべき行為だが、逆に国会議員が接種してワクチンの安全性を国民に発信するのは悪いことじゃないのでは? って意見もあると思うけど。まず医療従事者が先でしょ? ワクチン接種は。
それと487人が不当入手したというから、これでワクチン不足にでもなればとんでもないことをやらかしたと思うね。議員の特権を利用してこのような行為をする。極めて情けない。

theme : 新型コロナウイルス
genre : 政治・経済

第三の大統領

 かつての日本は毎年のように総理がコロコロ代わってたけど、この国は一週間で3人目の大統領が出てきたみたいです。

引用

ペルー、1週間で3人目の大統領就任 政治の不安定さ露呈

(CNN) 南米ペルーで17日、フランシスコ・サガスティ国会議長(76)が暫定大統領に就任した。政治体制の崩壊が顕著な同国にあって、1週間で3人目の大統領となった。

 ペルーでは今月9日、ビスカラ元大統領が汚職疑惑を受けて罷免(ひめん)され、後任のメリノ暫定大統領も15日に辞任を発表していた。ビスカラ氏は疑惑について否定している。

 サガスティ氏は来年4月の大統領選まで大統領職を務め、情勢の安定化を図る。新型コロナウイルスの感染が猛威を振るうなか、ペルー国民は政争に明け暮れる政治家らへの不満を募らせている。

 ペルーの政局の危機的状況について、独ベルリンのフンボルト大学で政治学を専攻するデニス・ロドリゲスオリバリ氏は、大統領と野党が多数派を占める議会との4年にわたる対立の結果だと指摘する。

 ビスカラ氏の罷免後、憲法の規定に従い国会議長だったメリノ氏が暫定大統領となったが、国内ではこの動きに反発する大規模デモが発生。メリノ氏は就任からわずか5日での退陣を余儀なくされた。

 デモでは2人が死亡し、数十人が負傷した。ロドリゲスオリバリ氏はデモの要因として、民主主義が攻撃を受けているとの認識が国民に広まったと分析。国会議長が大統領に就任すれば、2つの政治権力の間でのチェック機能やバランスが失われる恐れがあるためだとの見方を示した。

 最終更新:11/19(木) 12:40 「CNN.co.jp」より
 マルティン・ビスカラ大統領が今月9日に自身の汚職疑惑により罷免、後任のマヌエル・メリノ国会議長が大統領に就任するも国民から大ブーイングを受け就任して15日にたった5日で辞任、その後任として元世界銀行職員にして国会議長のフランシスコ・サガスティ氏が19日に大統領に就任したペルー、この1週間に3人目の大統領が就任するという政治的大混乱、COVID-19の流行に加えて政治の混乱まで起こっているわけだから、政治崩壊に等しい状況です。

 なぜペルーでここまで大混乱となったのか? 大統領と野党が多数派を占める議会が長年確執状態にあり、ビスカラ元大統領の汚職疑惑が発覚したことでペルー国民の政治不信が一気に高まって、ビスカラ元大統領の後任だったメリノ氏もそのとばっちりを受けて就任してたった5日で大統領職を辞する事態となり、サガスティ氏にそのお鉢が回ってきたとしか言えないが、サガスティ氏は来年4月の大統領選挙まで大統領職を務める予定だが、またあっさり辞任なんてことにならなければいいのだが・・・?
 政争ばかりかまけて国民を軽視したツケがこういう痛い報いを受けたとしか思えないペルー政府、国民を見ない政治はこのような事態を起こすという教訓かも知れないが、日本はどうなんでしょうか?

 1週間に3人目の大統領が就任するという異例事態なペルー、この国の民主主義って欠陥があり過ぎるんじゃとすら思います。就任して5日で辞任。って日本の宇野宗佑や羽田孜もビックリだわ。1週間で3人目の大統領となったサガスティ氏、機能不全に陥ったペルー政局を正さないことには国民に受け入れられないと思うね。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

「ボルソナロウイルス」って当たってます!!

 COVID-19感染者が世界3位にまで膨れ上がったこの国の現状は・・・!?

引用

「ボルソナロウイルス」批判も ブラジルでコロナ死者急増、2万人超える

【5月22日 AFP】ブラジルの保健省は21日、新型コロナウイルス感染により直近24時間で過去最多の1188人が死亡し、国内の死者数は累計2万47人となったと発表した。

 人口約2億1000万人のブラジルではこのところ感染者数、死者数とも急増しており、南米最大の新型コロナ流行地となっている。感染者数は31万人を超え、米国とロシアに続き世界3位。死者数も、政府統計によれば過去11日間で倍増し、世界で6番目に多い。

 感染拡大のスピードに懸念が高まっているにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症を「軽いインフルエンザ」だと主張する極右のジャイル・ボルソナロ(Jair Bolsonaro)大統領は21日、低迷する経済の活性化のためロックダウン(都市封鎖)をやめるよう重ねて呼び掛けた。

 ブラジルでは全27州のうちほぼ全てが3月末から独自にロックダウン措置を講じており、市民の間には「ロックダウン疲れ」も見えている。

 感染拡大の影響を最も受けているのは経済と文化の中心地サンパウロ(Sao Paulo)州で、国内の感染者と死者の約4分の1が集中している。感染対策をめぐりボルソナロ氏とたびたび衝突しているジョアン・ドリア(Joao Doria)州知事からは、ブラジルは新型ウイルスと「ボルソナロウイルス」の両方と闘わなくてはならないとの批判も飛び出した。

 サンパウロやリオデジャネイロをはじめ、北部や北東部の複数の州でも、病院が医療崩壊の瀬戸際にある。当局は増床のため臨時の野外病院の設置を急いでいるが、患者数の増加に追い付いていない。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
 アメリカとロシアに続いて世界3位の感染者数が出ているブラジル、医療インフラの遅れもさることながらジャイル・ボルソナロ大統領の経済優先でCOVID-19対策をそっちのけな姿勢による「人災」がもたらしているわけだが、COVID-19を「軽いインフルエンザ」なんてナメきった態度からしてこうなったと思うと、後の祭。

 ブラジル全土で先々月末からのロックダウン(都市封鎖)状態が続いており、医療崩壊の危機にもあるわけだが、ロックダウンを止めろと一方的に訴えるボルソナロ大統領に対して中央政府や州政府からは反発も起こっているけど、最も感染拡大の煽りを受けているサンパウロ州では州知事が「COVID-19だけでなくボルソナロウイルスとも闘わなくてはならない」と現状を訴えているわけだが、COVID-19も厄介だがボルソナロ大統領の強気かつ現実を見ない姿勢も厄介、そのボルソナロ大統領をウイルスと評したことは、ボルソナロ大統領対してケンカを売ることも厭わない姿勢に取れるけども、こんな大統領のせいでブラジルはかつてない危機に晒されてんだ!! って怒りにも映ります。

 正直ボルソナロ大統領は金儲けしか考えない現実を見ない姿勢がいつしか嫌われてることを痛感したら? 今のブラジルはCOVID-19だけでなくボルソナロ大統領の強権的なポピュリズムにも苦しめられてるってことだ。あの「マラカナンの悲劇」「ベロオリゾンテの悲劇」以上にブラジルをどん底にまで追いやってるとしか思えないボルソナロ大統領、国民にウイルスとまで呼ばれて自業自得だわ。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

大統領自身が「身を削ります」

 COVID-19感染拡大のせいで経済が停滞している状況で、こういう思い切った判断をする政治家、それも大統領が行うのは偉いと思います。

引用

エクアドル大統領、月給27万円に 新型コロナで5割カット

【サンパウロ時事】南米エクアドルのモレノ大統領が、新型コロナウイルス感染対策の一助として、自身の給与5割カットを実施した。

 大統領の月給は約5000ドル(約54万円)だったが、カットで約2500ドル(約27万円)となった。副大統領や閣僚らも半額削減。

 モレノ氏は8日付の大統領令で「新型コロナにより歳入が減り、経済に悪影響が及んでいるので、大統領の給料を減らすのはやむを得ない」と説明した。

 最終更新:5/12(火) 8:33 「時事ドットコム」より
 COVID-19感染拡大対策に充てる資金を捻出する為、国会議員の月給を5割カットすることを実施したエクアドルレニン・モレノ大統領、国会議員はイザ知らず閣僚、そしてモレノ大統領自身も月給を5割カットするといいますから、COVID-19感染拡大対策の為にはやむ無し、というより政治家が身を削ってやらねば!! という表れに映ります。

 モレノ大統領の月給は約5000ドル(約54万円)で、それを5割カットで約2500ドル(約27万円)となるけど、大統領の月給が54万円というのは驚きだが、エクアドルの経済状況を考えたら普通ですかね。
 政治家、それも大統領が自らすすんで月給カットという身を削る動きを見せていることは偉いと言えばそれまでだが、他方日本、身を削る改革を公言しながら全然それをやらず、まして今COVID-19感染拡大という国難なのに自分たちで身を削ろうとしないのは利己的すぎるとしか思えない。政治家の議員報酬を一部カットしてそれをCOVID-19のあおりを受けた人たち(飲食店オーナーや経営者、学生、一人親家庭など)への補償に充てたほうが正しいと思うけどねェ・・・!?

 国を想って自分たちで身を削ると公言して実施に及んだモレノ大統領、こういう話題に日本の政治家は目を向けたらと言いたくなります。政治家が身を削る改革をすすんで実行に移すことは正しいことだと改めて思う。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

現実を見ないブラジルの大統領

 この人には新型コロナウイルス感染拡大という国際的な問題などどうでもいいと見てるんでしょうか?

引用

経済活動規制は「犯罪」 新型コロナ対策でブラジル大統領

【サンパウロ時事】ブラジルで新型コロナウイルス感染が急速に拡大する中、経済への影響を極力抑えようとするボルソナロ大統領が、自治体による商業施設閉鎖などの予防措置を「犯罪」呼ばわりし、猛反発を買っている。
 
 ボルソナロ氏は、かねて経済の首を絞めかねない感染対策の強化には後ろ向きで、新型ウイルス対策は自治体が先行。サンパウロ州やリオデジャネイロ市は24日から飲食店や商店の一斉閉鎖に踏み切っている。

 しかし、ボルソナロ氏は同日夜のテレビ演説で「われわれは生き続けなければならない。雇用を守らねばならない。普段通りに戻らなければならない」と主張。「(感染が)危険なのは60代以上。なぜ学校を閉めなければならないのか」と疑問を呈した上で、新型ウイルスを「軽い風邪」と表現した。

 さらに、25日朝には記者団を前に「他のウイルスの方がはるかにたくさんの死者をもたらしたのに、今回のような騒動は起きなかった」と強調。「何人かの知事や市長が行っていることは犯罪だ。ブラジルを壊している」とボルテージを上げた。

 これに対し、サンパウロ州のドリア知事は「これは軽い風邪などではなく、非常に深刻な問題だ。既に46人の死者が出ているし、まだ(感染ペースが)ピークにさえ達していない」と反論。これまでボルソナロ派とされていたゴイアス州の知事も強い調子で大統領を非難した。

 27州・連邦区のうち25州の知事は25日、それぞれ実施している規制措置の継続を表明。メディアもボルソナロ氏批判を強めており、同氏の孤立が深まっている。

 最終更新:3/27(金) 7:29 「時事ドットコム」より
 新型コロナウイルス感染拡大はブラジルでも問題となっており、各自治体が商業施設の閉鎖など対策を取っている一方で、ジャイル・ボルソナロ大統領が「犯罪行為だ」と噛み付いて批判を浴びているけど、相変わらず経済成長しか頭になく、経済活動に悪影響を及ぼすやり方には否定的なところをまた露呈したとしか言えないが、この非常事態に金儲けのことしか考えていないのかと言いたくなる。

「われわれは生き続けなければならない。雇用を守らねばならない。普段通りに戻らなければならない」と無駄に熱くなっているボルソナロ大統領、国民の安全や健康など考えてないもいいところだし「何人かの知事や市長が行っていることは犯罪だ。ブラジルを壊している」なんて言い草、各自治体のしていることにイチャモンを付けているとしか言えないし、これを自治体トップが聞いたら「今は経済活動より市民の安全を取るのが重要なことなのに、大統領はその現実を全く見ていない」って否定的なコメントを出すでしょう。

 昨年のアマゾン大火災の際も「環境保護団体による悪質なでっち上げ」とコメントして国内外から非難されたのに、また国内外から非難されるような言動をやらかした感じのボルソナロ大統領、新型コロナウイルスを「軽い風邪」なんて言うが、どこが軽いんだよ!! こいつはやっぱり頭がイカレているわ。新型コロナウイルス感染拡大が懸念されているのに夜な夜な繁華街で夜遊びする日本の若者よりも危機感がないったらありゃしない。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード