FC2ブログ

グアイド議長「アメリカ、助けてくれ!!」

政情不安が続くベネズエラ、この状況に反旗を翻した方は自力で政権を奪うより他国に頼るんでしょうか?

引用

グアイド国会議長、米軍からの支援を模索か 米南方軍との協議要請

(CNN) 政情不安が続く南米ベネズエラの反マドゥロ派のグアイド国会議長は13日、これまで以上に米国からの支援を求める姿勢を明らかにした。

グアイド議長が駐米大使に指名したカルロス・ベッキオ氏は13日に公開された書簡の中で、米南方軍とグアイド議長側の代表者との間での協議を要請した。書簡は米南方軍のファラー司令官にあてたものとなっている。同司令官はかねてグアイド議長の行動を支持する考えを明らかにしていた。

ベッキオ氏は書簡の中で、「戦略的な計画立案を歓迎する」と指摘。そうすることで、ベネズエラ国民への憲法上の義務を果たすことができるようになるとしている。ただ、軍事行動を明確に求めることはなかった。

米国はここ数カ月、グアイド議長支持に向けた軍事行動の可能性について排除していない。

グアイド議長については、米国をはじめとする50カ国以上が正統な大統領と認めている。ベネズエラ国内で定期的に開催される全国規模の抗議活動にも停滞の動きが見えており、グアイド議長は変革に向けた新しい戦略を模索し始めている。

マドゥロ政権側は今回の書簡を一蹴。ロドリゲス副大統領は「ベネズエラへの軍事介入を要請すること」は国の不安定化を目指す試みだと指摘した。

最終更新:5/14(火) 13:19 「CNN.co.jp」より
アメリカなどから支持を得ているベネズエラのフアン・グアイド国会議長が13日にアメリカに対して「助けてくれ」と支援を呼びかけたって言うけど、未だニコラス・マドゥロ大統領側に回っている軍を懐柔できず、四苦八苦している状況を見てだったらアメリカ軍に助けてもらおうってことで、アメリカと共同でマドゥロ政権を打倒しようと考えたと思います。

ただアメリカはグアイド議長を支持しても、ベネズエラに軍を派遣することについて今のところ動いていないが、アメリカにすれば「我々に頼らなくても自分たちでやれ」ってグアイド議長の訴えを保留しているとしか言えないけど、アメリカはまずグアイド議長側の動きを見てるんでしょうね。

今では全国規模でのマドゥロ政権反対活動は鳴りを潜めており、変革に向けた新たな戦略を練っているグアイド議長ではあれど、マドゥロ大統領を倒して今後のベネズエラをどうするか考えてるんでしょう。

ただこの動きに当然快く思っていないのがマドゥロ大統領側、アメリカが介入すればベネズエラが混乱に陥ると見なしてるけど、そのベネズエラを混乱させた張本人が何言ってんだこいつはって反論したくなる。国外に逃げる国民は増えるわ、軍内部ではモチベーション低下によりマドゥロ大統領離れを起こす者が出てもおかしくないのに、その現実にすら目を向けずに強気なのは、ロシアがバックにいるから変に強気を装えるかも知れないけど、米露代理戦争の様相となったベネズエラ情勢、グアイド議長がアメリカに対して軍を派遣するよう訴えたのは、結局軍を味方にできなかったからアメリカ軍に頼るという他力本願的な考えに他ならないが、コロンビアやブラジルなど近隣諸国では頼りないのかなァ・・・!? 自分の国の情勢不安を解決するのに他国に頼るのはかえってリーダーとしてどうなのかと指摘されそうな感じがします。グアイド議長。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

マドゥロ大統領、悪あがきもいい加減にしろ!!

韓国のムン・ジェイン及びムン・ヒサン同様態度がロクでもないったらありゃしないです。改めて。

引用

ブラジルとの国境封鎖を発表 ベネズエラ、支援阻止狙い

【ククタ(コロンビア北部)共同】南米ベネズエラからの報道によると、反米左翼マドゥロ大統領は21日、隣国ブラジルとの国境を同日夜から封鎖すると発表した。ブラジル北部ロライマ州は、ベネズエラの野党連合が国際社会に呼び掛けた人道支援物資の通過点の一つ。マドゥロ政権は「人道危機は存在しない」との立場から、搬入を阻止する狙い。

 マドゥロ氏は、やはり物資の通過点となる予定のコロンビアとの国境封鎖も検討するとした。「活気のある自由な国境を望んでいるが、挑発や攻撃がないことが前提だ」と強調した。

 最終更新:2/22(金) 7:13 「共同通信社」より
国際社会からの人道支援物資を「生物兵器」呼ばわりして隣国コロンビアとの国境を封鎖するなどムダに強気を装うベネズエラニコラス・マドゥロ大統領、今度は隣国ブラジルとの国境を封鎖すると発表したけど、他国からの援助物資を入れないどころか隣国との国境封鎖という暴挙に出たことで、マドゥロ大統領に対する批判は余計強くなるでしょう。

「人道危機は存在しない」なんて屁理屈を抜かすマドゥロ大統領、自分でそんな状況を作っといてよくそんな世迷言が言えるものだと言いたくなるし、どこまで自分こそがベネズエラの大統領だと言わんばかりなその態度、現実逃避も甚だしいし、挑発や攻撃がないことが前提なんて、人道支援は攻撃か? 挑発か? 自分の失政のせいで国民が大勢逃げるような状況にしといて屁理屈抜かしてんじゃねェ!!

自分の権力しか考えず周囲を見ないマドゥロ大統領の姿勢、かつてのエーリッヒ・ホーネッカーやニコラエ・チャウシェスクと重なる部分大ありです。左派系は権力の亡者とよく言ったものだ。ホーネッカーもチャウシェスクも最終的に市民によって権力から引きずり降ろされたが(ホーネッカーは自分からあっさり降りた)、マドゥロ大統領もああなってほしいわ。これ以上ムダな悪あがきを止めて支援物資を受け入れろ!! これ以上ベネズエラ国民を苦しめるな!!

貧困に苦しむ国民を無視して自分の権力と保身だけ考えるマドゥロ大統領、反日プロパガンダを展開してでけェ面をするムン・ジェインもそうだが、左翼系トップは正直ロクな奴がいないです。かつての民主党政権もそうだったような・・・!?
韓国の外相は国連人権理事会にて慰安婦問題を取り上げろって言ってるけど、そんなものを取り上げるよりベネズエラ危機を取り上げるべきだ。国連人権理事会は。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

人道支援物資を「生物兵器」だとォ・・・!?

韓国同様、屁理屈抜かして何を訴えたいんでしょうか!? ここまで来れば機能不全レベル。

引用

米人道支援物資は「生物兵器」=発がん性物質入りと非難-ベネズエラ副大統領

【サンパウロ時事】ベネズエラからの報道によると、同国のロドリゲス副大統領は12日、米国が深刻な生活必需品不足に苦しむベネズエラ国民向けに送った人道支援物資について、毒性物質に侵された「生物兵器」だと非難した。
 
 ロドリゲス氏は科学的な調査結果として「ベネズエラに送られている物資は汚染され、毒が入っている」と主張。発がん性物質が含まれており、「人道支援と称して国に持ち込まれようとしているのは、生物兵器だと言える」と決めつけた。

 ベネズエラでは独裁的な反米左派のマドゥロ大統領と反体制派のグアイド国会議長の対立が激化。グアイド氏を「暫定大統領」と認める米政府などは同氏の求めに応じて食料や医薬品などの物資を送ったが、マドゥロ氏は受け入れを拒否。物資は隣国コロンビアの対ベネズエラ国境で足止めされている。

 最終更新:2/14(木) 9:21 「時事ドットコム」より
現在ニコラス・マドゥロ大統領と反体制派で暫定大統領を宣言したフアン・グアイド国会議長の対立が激化しているベネズエラ、グアイド氏はアメリカなどの承認を得てベネズエラに食料品や医薬品など国民生活に助けになるべくアメリカに人道支援物質を送ってほしいと訴えたけど、それをマドゥロ大統領が拒否してコロンビアの対ベネズエラ国境で足止めを喰らってるみたいです・・・。そんなにアメリカからの受け入れを拒否してまで強気なマドゥロ大統領、国民なんてどうでもいいのか?

それだけじゃない、ベネズエラの副大統領がアメリカからの人道支援物質を「人道支援と称して国に持ち込まれようとしているのは、生物兵器だと言える」などと言いがかりをつけたんだから、マドゥロ政権にすればアメリカからの支援物資はアメリカによるベネズエラ経済の乗っ取りだと勝手な理屈ですか!? ホント自分たちの保身というか主義主張だけ優先して周りを見ないその態度は韓国と全く同じだ。生物兵器なんて言い草、頭おかし過ぎます。

マドゥロ政権は正直腐敗しまくっているのを国内外に発信するようなもので、ムン・ジェイン同様頭おかしいを通り越してます。まして今回人道支援物質を「生物兵器」なんて抜かした副大統領の姿勢は「天皇陛下自ら慰安婦に謝罪しろ」なんて抜かした韓国の国会議長と同レベルです。ベネズエラはここまでおかしくなったのか? マドゥロ政権のムダな強気のせいで国民が苦しみ、ある者は国を捨ててどこかへ行く始末なんだから、そんな状況に歯止めをかけようとグアイド氏がアメリカに助けてくれと訴えたのも無理はないが、日本はそのグアイド氏を支持したほうがいい。マドゥロ大統領は独裁者、独裁者を支持するのは日本の感覚が疑われます。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

どっちがホントの大統領かで荒れているベネズエラ

誰がホントの大統領かで揉めているみたいです。
とはいえこの国の今の大統領はムン・ジェインと並んで頭がおかしいと思うけど。

引用

ベネズエラ国会議長が「暫定大統領」宣言 マドゥロ氏は米国と断交

【ニューヨーク=上塚真由、ワシントン=住井亨介】南米ベネズエラのグアイド国会議長は23日、首都カラカスで開いた集会で、反米左翼のマドゥロ大統領に代わり、自ら暫定大統領に就任すると宣言した。国会は野党連合が多数派を占めているが、独裁体制を確立するマドゥロ氏によって権限を剥奪されている。AP通信などが報じた。

 これを受け、トランプ米大統領は23日、グアイド氏を暫定大統領として承認するとの声明を発表した。

 マドゥロ政権は野党勢力への弾圧を強めており、トランプ氏は軍事的選択肢の可能性について問われ、「あらゆる選択肢を検討している」と答えた。ホワイトハウス高官も電話記者会見で「マドゥロ氏が暴力に訴え、国会議員らに危害を加えるなら米国はあらゆる選択肢を取る用意がある」と述べた。

 マドゥロ氏は23日、カラカスでの演説で米国との国交断絶を表明した。深刻な経済危機にひんする同国で、混乱や地域不安が一層深まっている。

 グアイド氏は数十万人が集まった反政府集会で「私は(マドゥロ政権の)強奪を止めるため、(暫定)大統領の行政権を正式に引き受ける」と強調。国際社会の協力を求め、再選挙への機運を高めたい考えだ。

 一方、野党連合の呼びかけで23日には全土で反政府デモが行われ、一部で治安部隊が催涙弾を使うなどして騒動の鎮圧にあたった。スペインのメディアによると、少なくとも8人の死者が出ているという。

 マドゥロ氏は昨年5月の大統領選で、有力野党候補を排除する強硬な手段を取り、再選を果たした。今月10日に2期目の就任式を行ったが、欧米や日本など多くの国は「不公正だった」として政権の正当性を認めていない。

 最終更新:1/24(木) 13:09 「産経新聞」より
ニコラス・マドゥロ大統領の強権的な政権運営で国際社会から批判を浴びているベネズエラ、そのベネズエラで国会議長を務めるフアン・グアイドが23日に首都カラカスで集会を開き「私がベネズエラの正当なる大統領だ」と就任宣言をしたけど、マドゥロ大統領を権力から引きずり下ろして混乱が続くベネズエラ情勢を改善するのが狙いみたいです。
これには長く距離を置いてきたアメリカや、マドゥロ政権のやり方に反発して政権の正当性を認めなかった他の中南米諸国から歓迎の声が出ており、グアイド氏を暫定大統領として認める方向みたいです。

ただ同日、マドゥロ大統領は「アメリカが我々を敵視するならばアメリカと国交を断絶する!」と一方的にアメリカとの国交断絶を発表するなど、自分こそベネズエラの大統領だと言う主張に他ならないが、ムダな強がりというか屁理屈抜かして自分自身の正当性を訴えてるだけでしかない。まるで韓国と同レベル。

野党連合の呼びかけでベネズエラ全土で反政府デモが行われたけど、治安部隊をけしかけて鎮圧したマドゥロ大統領側、やったところで国内外から「言論弾圧だ」って批判されるだけで事態を余計悪くするだけでしかない。ICC(国際刑事裁判所)から逮捕状を突きつけられそうな確率が高くなるだけ。

「私は(マドゥロ政権の)強奪を止めるため、(暫定)大統領の行政権を正式に引き受ける」と息巻くグアイド氏、経済危機もあり情勢悪化に歯止めがかからない状況に蹴りをつけたくて再選挙してホントの大統領になろうと目論んではいるものの、その道程は平坦じゃないです。
正直ウゴ・チャベス路線を踏襲したはいいが、原油価格下落もあり経済が不振だったことで国民からの反発を恐れてか、強権的なやり方に走ったマドゥロ大統領、権力の座に固執すれば腐敗するというのをうまく表したとしか今となっちゃそう思うね。

theme : 情報の後ろにある真実
genre : 政治・経済

ベネズエラ、今年のインフレ率は1000万パーセント?

政治が混迷すれば経済も混迷するっていうけど、ここまで来れば手の施しようがないです・・・。

引用

インフレ率、170万%=IMF「今年は1千万%」―ベネズエラ

【サンパウロ時事】南米ベネズエラの国会は9日、2018年のインフレ率が170万%に達したと発表した。

 国際通貨基金(IMF)は今年のインフレ率を1000万%と予測している。

 ベネズエラは有数の産油国だが、原油相場低迷やマドゥロ政権の価格統制などの失敗により経済が破綻。近年200万人もの市民が国外に脱出した。マドゥロ大統領は8月にデノミ(通貨呼称単位の変更)を実施したが、混乱は収まらなかった。

 最終更新:1/10(木) 11:30 「時事ドットコム」より
原乳相場の低迷とそれに伴う経済危機にあえいでいるベネズエラ、そんな中ベネズエラの国会で2018年のインフレ率が170万パーセントに達したというけど、IMF(国際通貨基金)によると今年は1000万パーセントに達すると推測しており、破綻状態にあるベネズエラ経済のこと、こうなるのも時間の問題みたいです・・・。

強権的なニコラス・マドゥロ大統領の失政もあって経済は破綻状態、200万人もの国民が国外に逃げると言う事態まで起こったり、窮余の一策として昨年8月にはデノミを行うも収拾には至らずで現在170万パーセントあるインフレもいずれ1000万パーセント台になるんなら、完全なるハイパーインフレもいいところです。軍も軍で上層部はいい思いをしても一般兵士は給与ももらえず食べていけない状態になりかねないし「もう我慢の限界だ! マドゥロを権力から引きずり降ろさねば!!」ってクーデターに発展しておかしくない。
「お金がないならじゃんじゃん紙幣を刷れ」って言ってこうなったんじゃ、ジンバブエの二の舞だな。

ジンバブエもそうだが、強権独裁的で経済に疎い人間が権力に就けば最悪の事態になるってことを痛感します。
国際社会から見放されつつあるマドゥロ大統領だが、それでも強気を装うのだろうか・・・!? 石油がある国は裕福なんて真っ赤なウソ、石油価格が下落すれば一気に収入が減って国の経済が振るわなくなるという事態に陥るってことか・・・!? 即ち石油収入に依存した経済は諸刃の剣的なものがあります。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

笑い事じゃないよ「ブラジルのトランプ」

既存政治に対する不満は先進国で急増してるけど「新興国」にも拡大してるみたいです。

引用

<ブラジル大統領>右翼のボルソナロ氏が当選確実

【サンパウロ山本太一】テメル・ブラジル大統領(78)の任期満了に伴う大統領選の決選投票は28日、投開票された。選管当局によると、同日午後7時20分時点(開票率94.44%)で極右、社会自由党のジャイル・ボルソナロ下院議員(63)が55.54%を得票し、44.46%にとどまる左派、労働党のフェルナンド・アダジ元教育相(55)を破り初当選を確実にした。任期は2019年1月から4年間。

最終更新:10/29(月) 11:14 「毎日新聞」より
現職の任期満了により大統領選挙が行われたブラジル、28日に行われた決選投票で極右・社会自由党候補のジャイル・ボルソナロ下院議員と労働党候補フェルナンド・アダジ元教育相の一騎打ちとなったけど、結果は「ブラジルのトランプ」ことボルソナロ氏が当選みたいです。

経済の低迷に伴い、格差が拡大して犯罪が多発し、政府内では汚職が横行するようになったブラジル、なぜブラジル世論はボルソナロ氏を選んだのか?
それはボルソナロ氏はアメリカのドナルド・トランプ大統領よろしく「自国ファースト」を掲げ、中国への警戒心を持ち出すことで国民の支持を集め、あのルラ・ダ・シルバ元大統領のやり方は間違いだったと言わんばかりで「そうだそうだ!」って中間層や富裕層の支持を集めたけど、貧困層に偏った政策では国が良くならないってことですか?

またマイノリティや女性に対する差別発言も目立ち、批判も出てるけど、アメリカのトランプ大統領の真似っこではかえって二極化を起こしそうです。
ハッキリ言って、性格っていうか人間性もトランプ大統領と同じだが、人間的に見たらボルソナロ氏はブラジル人だけどあのディエゴ・マラドーナと同じだ。

それと、新興国でもポピュリズムを掲げる人間が政権に就くって笑いごとじゃないです。それだけ既存政治っていうか政党への不満がポピュリズムにつながるってことを痛感すべき事実だ。

theme : 大衆迎合政治(ポピュリズム)
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード