「この国にはユダヤ人しか認めない!」

パレスチナ、ていうか全アラブの怒りの火に油を注ぎかねないリスクが大アリです。
改めてユダヤ人選民思想なる危険な考えを持ってんだなと言いたくなります。

引用

イスラエル国会、ユダヤ国民国家法案可決 2国家共存封じ

【カイロ=佐藤貴生】イスラエル国会(一院制、定数120)は19日、アラビア語を公用語から除外することなどを盛り込んだ「ユダヤ国民国家法案」を賛成62、反対55で可決した。イスラエル有力紙ハーレツ(電子版)などが伝えた。

 同法は憲法に準ずる基本法と位置付けられる。ヘブライ語だけを公用語に規定し、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植活動を拡大する方針を示している。

 また、エルサレムは「統一された首都」だとし、東エルサレムを「将来の独立国家の首都」と定めるパレスチナ自治政府の主張を退けて、イスラエルとパレスチナの「2国家共存」案を封じ込める狙いを明確にした。

 国会審議は8時間以上に及び、可決されるとアラブ系議員らは、「ユダヤ人優位の法で私たちを常に二級市民とするものだ」などと議場で立ち上がって抗議した。イスラエルの人口約900万人のうちアラブ系は2割を占めている。

 トランプ米政権は、昨年12月にエルサレムをイスラエルの「首都」と認定し、今年5月には米大使館をエルサレムに移転した。イスラエルのネタニヤフ政権は、トランプ氏の支持を背景に右傾化を強めている形だ。

 最終更新:7/20(金) 7:55 「産経新聞」より
イスラエルの国会で19日に「ユダヤ国民国家法案」が採決されて可決されたけど、その中身は何と「ヘブライ語(ユダヤの言語)を公用語とし、アラビア語を公用語から除外する」というもので、ヘブライ語だけをイスラエルの公用語とすることでイスラエルによる実効支配を強め、パレスチナとの「2国家共存」を思いっきり否定するものだが、この地にはユダヤ人しか認めない、アラブ人は排除して構わないということか!?

エルサレムを「統一された首都」と見なし、将来独立した際に首都とすることを目指すパレスチナ自治政府の主張を一蹴するイスラエルのこの理屈、この地はもともと我々のものだ、後から来たアラブ人に権利などないと言わんばかりも甚だしいが、その理屈は選民思想に基づく考えもいいところだ。

今年5月にアメリカが大使館をエルサレムに移転したことで、ベンヤミン・ネタニヤフ首相はドナルド・トランプ大統領の庇護のもとに右傾化を強めてるわけだが、アメリカが我々の主張を受け入れたということで調子に乗ってんじゃねェのか? ネタニヤフ首相は。

ネタニヤフ首相は正直「ユダヤ人こそこの国の国民だ! パレスチナ人など排除してしまえ!」と言わんばかりだが、このやり方はかつてナチスがユダヤ人から市民権を剥奪した「ニュルンベルク法」を想起するようなものです。やっぱりやってることがナチスだと指摘されかねないが、ドイツにおいてネットにて反ユダヤ的な書き込みが相次いでるのも無理はないです。

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

パレスチナの怒り再燃

エルサレムに大使館を移転したアメリカ、当然パレスチナが怒るのは目に見えてます。

引用

ガザ、4万人デモ…52人死亡、2千人以上負傷

【エルサレム=倉茂由美子、金子靖志】米大使館のエルサレムへの移転に、東エルサレムを将来の首都としたいパレスチナ側は強く反発し、パレスチナ各地で14日、激しい抗議デモが繰り広げられた。

 パレスチナ自治区ガザではデモが4万人規模に膨らみ、イスラエル軍の発砲などでパレスチナ人の女性や子供を含む少なくとも52人が死亡、2000人以上が負傷した。

 「イスラエルの占領を許すな」――。ガザのイスラエルとの境界近くでは抗議する多数のパレスチナ人が集結。境界沿いのフェンスを乗り越えようとしたり投石したりする人びとにイスラエル軍が発砲した。同軍報道官によると、軍はガザ内の7か所を空爆するなどしており、死傷者がさらに増えるのは確実だ。

 2018年05月15日 08時21分 読売新聞
国際社会の反発を無視してエルサレムに大使館を移転したアメリカ、これはエルサレムをイスラエルの首都と見なすという主張であり、東エルサレムを将来の首都と見なすパレスチナにとって「一線を越えた」挑発でしかなく、パレスチナ各地で大規模な抗議デモや集会に発展したようです。

そんな中毎回抗議デモや集会が頻発するガザ地区では4万人規模のデモとなり「イスラエルの占領を許すな」と声を上げて抗議したものの、イスラエル軍は容赦なく発砲して52人が死亡、2000人以上が負傷する惨事となったが、かつてアリエル・シャロンが岩のドームをゲリラ訪問した時よりも対立の溝を深める様相となったパレスチナ問題、3つの宗教の聖地を巡る争いは余計混沌となったみたいです・・・。

イスラエル建国70年と言う節目の年に大使館をエルサレムに移転したアメリカ、パレスチナ人どころかアラブに対する一方的な挑発でしかないが、そのアラブもイランの脅威もあってか一枚岩になれないジレンマを抱えており、今回ばかりはアラブの足並みが揃わずイスラエルの目論見通りとなりそうだ・・・。
「イランのおかげでアラブが我々をようやく認めて接近してきそうだ」ベンヤミン・ネタニヤフ首相がほくそ笑んでそうです。イスラエルにせよアラブ諸国にせよイランを「共通の敵」と見なしているからなァ・・・。敵の敵は見方って理屈だ。アラブにとってはイスラエルに接近するよりまずはパレスチナ人を助けるべきなんじゃないの?

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

ヒズボラが政権掌握?

これで余計中東が荒れる可能性が出たようです・・・。

引用

<レバノン総選挙>シーア派が勝利宣言 イランの勢力拡大か

【カイロ篠田航一】レバノンで6日、国民議会(1院制、定数128)の総選挙が行われた。隣国シリアの内戦による混乱の影響で議会任期は度々延長され、総選挙は2009年以来9年ぶり。7日夜までの地元メディアの暫定集計によると、イランが支援するイスラム教シーア派組織ヒズボラとその支持勢力が躍進する見通しだ。

 ヒズボラ指導者のナスララ師は7日、「私たちの政治的勝利だ」と勝利宣言した。一方、スンニ派のハリリ首相率いる陣営は議席を減らす見通し。

 中東では、スンニ派国家サウジアラビアとシーア派国家イランによる覇権争いが激化。イランは隣国イラクからシリアを経てレバノンまで影響力を及ぼす「シーア派三日月地帯」を形成しつつあり、今回のヒズボラ躍進で、イランの勢力拡大がさらに進む可能性がある。

 1975年から90年まで内戦が続き、多くの宗教・宗派が混在する「モザイク国家」レバノンでは勢力均衡を図るため、イスラム教勢力64議席、キリスト教勢力64議席とあらかじめ議席配分が決められている。この中で躍進した勢力が連立交渉を優位に進める。慣例として首相はスンニ派、国会議長はシーア派、大統領はキリスト教マロン派から選出する。

 最終更新:5/8(火) 10:41 「毎日新聞」より
イラク同様他宗派な上にキリスト教徒も存在するモザイク国家・レバノン、そのレバノンで国民議会総選挙が実施され、イランが支援するイスラム教シーア派組織でイスラム原理主義勢力の一つであるヒズボラ及びその支持勢力が躍進する結果となったが、今や中東において影響力を高めつつあるイラン、同じシーア派であるヒズボラが躍進したことはイランにとっては「我々の影響力が拡大して好都合だ」とほくそ笑んでるかも知れないが、イランと対立しているスンニ派のサウジアラビアにすれば「イランの影響力拡大は中東のバランスを滅茶苦茶にする上に、我々の地位も脅かされる」と懸念でしかなく、中東全域がまた荒れそうです。内戦が続くシリアとイエメンやパレスチナ問題もあってか。

「私たちの政治的勝利だ」と高らかに勝利宣言したのはヒズボラのリーダー・ナスララ師、一方でスンニ派のサアド・ハリリ首相の陣営は議席を減らしたから、ハリリ首相にすれば「ヒズボラに政権を牛耳られる」と懸念でしょうし、ナスララ師が国会議長にでもなれば大変なリスクになりそうです(レバノンでは首相はスンニ派・国会議長はシーア派・大統領はキリスト教マロン派から選出する為)。

ヒズボラの躍進にもっと神経を尖らせているのがイスラエル、ハマス同様テロ組織と見なしている為、ヒズボラがハマスと手を組めばパレスチナ問題がますますヒドくなるからねェ・・・。とは言えイスラエルの行き過ぎたやり方にもあるが。
イランにすればウハウハ、サウジとイスラエル・アメリカにすれば好ましくないものとなった今回のレバノン総選挙の結果、注意深く見たほうがいいかも知れない。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

ロシアの呼びかけもアサド政権には「聞く耳を持たない」

IS(イスラム国)は弱体化してもこの国の情勢は一向に良くなりません。

引用

露提案の限定的停戦、早くも頓挫 シリア内戦、見えぬ終息

 ■政権軍攻撃で少年1人死亡か

【カイロ=佐藤貴生】シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区では27日、ロシアのプーチン大統領が求めた限定的な停戦の発効期日を迎えたが、戦闘が続いて初日から頓挫した形となった。民間人の避難経路確保や救助、物資搬入などを目的とした人道措置だとされるが、戦闘行為の完全停止を目指したものではなく、3月で8年目に入る内戦が終息に向かうかは見通せない。

 ロイター通信によると、アサド政権やロシア政府は27日、反体制派が避難経路に迫撃弾を発射し、住民を足止めしたと非難した。一方、住民らはアサド政権軍の軍用機などが空爆していると証言した。停戦発効後、政権軍のロケット弾で少年1人が死亡し7人が負傷したとの情報もある。

 国連当局者は、戦闘が続く中では支援物資の搬送や負傷者の救出は不可能だと述べた。ロシアのラブロフ外相は27日、今後も支援物資を東グータに届けるよう努める意向を表明したが、国連関係者らからは実現を疑問視する声も出ている。

 プーチン氏は27日から毎日、現地時間午前9時から午後2時までの5時間、戦闘を停止するよう命じた。東グータには約40万人が居住。国際テロ組織アルカーイダ系のヌスラ戦線(シリア征服戦線に改称)の関連組織など、イスラム過激派を含む反体制派が政権軍と戦闘を繰り広げてきた。シリア人権監視団(英国)は先週には500人前後が死亡したとしている。

 シリア北部では1月以降、トルコ軍が越境して少数民族クルド人の民兵組織と交戦。2月中旬にはイスラエル軍が、アサド政権を支援するイランの軍事拠点だとするダマスカス周辺の施設などを空爆した。各地で戦闘が続く中、政権側はダマスカスの防衛に不可欠だとみて近接する東グータへの攻勢を強め、25日には化学兵器の塩素ガスが使用された疑いも指摘された。

 国連安全保障理事会は24日、シリア全土で30日間の停戦を求める決議を採択した。しかし、戦闘はやまず、グテレス国連事務総長は26日、停戦の即時実現を訴えていた。

 最終更新:2/28(水) 8:07 「産経新聞」より
シリアの首都・ダマスカス近郊の東グータ地区で27日にドンパチが起こりバッシャール・アサド大統領率いる政府軍が起こした説と、反政府勢力が起こしたという説もあり、このドンパチで少年1人が死亡、7人が負傷するという事態となったが、どっちがドンパチを引き起こしたのか? 謎だ・・・。

このドンパチの前にアサド政権を支援するロシアが限定的な停戦を呼びかけたんだから、ロシアの呼びかけも結局ムダだったといいますか、ロシアの主張は信憑性がないってことを裏付けるものです。

今年に入ってトルコ・イスラエル・クルド勢力が干渉するようになり、また複雑怪奇となったシリア情勢、戦闘行為の完全停止ではなく限定的な停戦の呼びかけって、正直中途半端感が否めません。
国連がいくら停戦を呼びかけても、アサド政権も反政府勢力も一向にその呼びかけに応じず血で血を洗うヤクザの抗争よりヒドい暴力の応酬を繰り返してんだから、安保理が無力なのか聞く耳を持たないアサド政権と反政府勢力に問題があるのか・・・。

ここまでヒドい状況のシリア、この状況にICC(国際刑事裁判所)はアサド大統領に対して逮捕状を取らないのも疑問です。そんなにロシアに配慮してんのかとも言いたくなるが。

theme : シリア情勢
genre : 政治・経済

イラン政府もさすがに焦る

年をまたいで大混乱となってますが、新年早々中東から荒れる話題が出たみたいです。

引用

イラン政権、巻き返し 「反米」で体制引き締めへ 反政府デモ鎮圧に部隊派遣

【カイロ=佐藤貴生】イラン全土に拡大した反政府デモについて、英BBCテレビ(電子版)などは3日も西部ハマダンなどで行われたもようだと伝えた。国内に大きな影響力を持つ革命防衛隊の司令官は、デモが多発している地方に部隊を派遣したとし、「扇動」は失敗に終わったと述べた。デモの発生から4日で1週間。改革派からも米国やデモ隊に批判的な意見が出ており、政権側は「反米」を旗印に体制の引き締めを図る方針とみられる。

                  ◇

 3日のハマダンのデモでは、数百人がイスラム教シーア派最高指導者ハメネイ師について、「神のように振る舞っている」などと批判した。カスピ海に近い北部ノウシャハルでもデモが起きたもようだ。

 一方、政権側も巻き返しに本腰を入れ始めた。革命防衛隊のジャファリ司令官はデモで犠牲者が多く出たハマダンや中部イスファハン、西部ロレスタンの3地方に兵力を送ったとし、「敵」の狙いは失敗したと述べた。ハメネイ師が米国やイスラエル、サウジアラビアなどを念頭に批判したのと同じ論理だ。

 3日には反政府デモに対抗して政権支持派のデモが複数の都市で行われ、数千人が参加した。当局は反政府デモを扇動したと認定すれば、死刑適用の可能性もありえると示唆するなど、鎮静化に向けてさまざまな手を打っている。

 今回の反政府デモをめぐっては、改革派からもデモ隊に対して冷ややかな見方が出ている。1997年から2005年まで大統領を務めた改革派の重鎮ハタミ師も、「日和見主義者らがデモにより問題を作り出そうとしている」との見方を示した。

 イランの政界や聖職者には、保守強硬派だけでなく穏健派や改革派も存在するが、1979年のイスラム革命により成立した体制を堅持する-という点では一致しているとされる。

 トランプ米大統領がしばしばデモを鼓舞する発言をしているが、2015年の核合意の破棄をちらつかせるなどイランを批判しており、民衆の間でも反感が強いとされる。政権が「反米」の名の下に、デモの幕引きを図る可能性が出てきた。

 最終更新:1/5(金) 7:55 「産経新聞」より
昨年大晦日から大規模な反政府デモや集会が頻発しているイラン、イランにおけるデモといえば反米・反イスラエルが大半だったけど、今回はイラン政府及び最高指導者アリー・ハメネイ師にまで非難の矛先を向けているみたいです。
なぜこうなったかと言うと、一昨年欧米と結んだ核合意で制裁が解除されたと思いきや実はそうでなかったことで、物価高など一般市民の生活が厳しくなったことから「我々の生活を考えてない!!」「政府やハネメイ師は我々のことを考えるべきだ!!」って不満が拡大してイラン全土で大規模なデモや集会につながっていると取れます。

大概のイラン国民にすれば、欧米からの制裁解除を期待したのにそれが見事に裏切られてガッカリしてその反動で怒りが爆発したと思うけど、悪いのはアメリカじゃない。変に意地を張る政府と宗教指導者こそ悪いってことに気づいたんでしょうか?

このデモで大勢の市民が逮捕されたけど、反政府デモを煽ったという理由で重罪に処せられそうです。
非難の矛先を向けられたハメネイ師だが「このデモはアメリカが煽っている」とお決まりの「反米」を利用しそうだが、守りたいのはイスラム革命体制なんでしょう。
保守強硬派も穏健派もイスラム革命体制だけは維持するというけど、反米を保持したいのは強硬派勢力だから、穏健派のハッサン・ロウハニ大統領にとっては板挟みでしかない。改革派からもこのデモとアメリカに対して批判的な考えもあるし。アメリカもアメリカでこのデモを賞賛する意見が出てるが、自分たちに批判的な革命政権が倒れて親米的な政権ができれば都合がいいからだろうか。

今まではアメリカと仲良くしようと訴えていたロウハニ大統領、ここに来て突然方向を転換して反米に回ってしまうのだろうか? 核合意を巡る認識と国内問題で頭を抱えるイラン政府、焦りの色が出てきたような・・・? この騒動に便乗してマフムード・アフマディネジャド前大統領がしゃしゃり出てこなければいいけど・・・。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

パレスチナ問題、また再燃?

アメリカのこの決定を、中東諸国が怒らないわけがありません。

引用

中東諸国、非難相次ぐ=「一方的で無効」「挑発的」―パレスチナ

【カイロ時事】イスラム教徒が多数の中東各国は6日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めたと発表したことを受けて「決定を拒否する」と相次ぎ非難した。
 
 ヨルダンは「新たな現実を押し付けようとするすべての一方的な動きは無効だ」と批判。パレスチナ問題を重視するエジプトも外務省声明で、中東和平交渉への悪影響に懸念を示した。イスラエルとの断交も辞さないと強硬なトルコは「否定的な結果になりかねない欠陥だらけの決定の再考を求める」(外務省)と訴えた。

 イスラエルの生存権を認めないイランは、「中東の安定が混乱する理由は、米国がシオニスト(イスラエル)を偏向的に支持し、エルサレムを首都とするパレスチナ独立国家を認めないからだ」(外務省)と指摘、「挑発的で愚かな決定」と酷評した。イスラエルと敵対するシリアも「エルサレムの将来は一国の大統領が決められず、その歴史とパレスチナの大義が決める」(大統領府)と反発した。

 レバノン、カタール、チュニジア、モロッコなども非難を表明。一方、サウジアラビアの国営通信はトランプ氏の演説後、サルマン国王とトルコのエルドアン大統領が電話で今後の対応を協議したと伝えた。

 最終更新:12/7(木) 7:39 「時事ドットコム」より
「エルサレムに大使館を移転する」と爆弾発言を行ったアメリカのドナルド・トランプ大統領、これは現在国連管理下にありどこの首都とも見なしていないエルサレムをイスラエルの首都とすることを認める言動だが、これに激怒しているのが中東諸国、エルサレムは我々の聖地だと言ってはばからないイスラム教徒だけに、今回の言動は断じて容認できないレベルでしょう。

アメリカ・トランプ政権の今回の発言に対し中東諸国は一斉に非難声明を出し、今回の発言は一方的で無効だとか我々にケンカを売る行為だとかシオニストの肩を持ったとか怒り心頭で、アメリカに対する怒りを露わにしたといえます。
アメリカ国旗やトランプ大統領の写真を燃やす人もいたように。

アメリカのこの言動はアラブどころか全イスラム教徒を敵に回しかねない上に、対テロ対策に悪影響も出かねない懸念もありますが、とりわけパレスチナ、この発言で一斉にアメリカとイスラエルに対する反発を招いて再びインティファーダが起こる懸念もあります。マフムード・アッバス議長以下パレスチナ自治政府は怒ってるがもっと怒ってるのはハマス。
パレスチナを守れ! シオニストとアメリカからエルサレムを取り戻せ! って中東諸国が一斉蜂起しそうだが、サウジアラビアとイランの対立がそうであるように一枚岩でない為足並みは揃わないでしょう・・・。

再びパレスチナ問題が蒸し返しそうな事態になったが、トランプ政権は中東に混沌をさらにもたらすことになったのは間違いない。イギリスもこれに懸念してますが、イギリスに懸念する資格はあるのか!? 中東問題の元凶なのに。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード