FC2ブログ

イランの不気味な主張

安倍晋三総理イラン訪問に冷水をぶっかける事態が起こりました・・・!!

引用

日本に警告か=安倍首相、イラン訪問中-タンカー攻撃

【エルサレム時事】イランとオマーンに挟まれたホルムズ海峡付近で13日に起きた日本のタンカーなど2隻に対する攻撃は、安倍晋三首相がイランを訪問し、最高指導者ハメネイ師と会談するタイミングに合わせるかのように実行された。

 イランとトランプ米政権の仲介を図る日本に対する何らかの警告のメッセージだった可能性もある。

 12日付のイラン保守強硬派寄りの地元紙は「ミスター安倍、あなたは戦争犯罪者(米国)をどうして信用できるのか」という英語とペルシャ語の見出しを、原爆のキノコ雲の写真と共に大きく掲載。反米感情が強いイランの保守強硬派の間で、米国だけでなく安倍首相への不信感も存在することを示した。

 イスラエルのイラン専門家メイル・ジャベダンファル氏(イラン出身)は電話取材に対し、攻撃はイランによるものだと主張した。日本関連の船舶であることを知っていて実行したとすれば「イランの体制が安倍氏を『トランプ大統領の代理人』と見なし、信頼していないことを示唆する狙いがあった」と分析する。

 一方、イランのザリフ外相はツイッターで、攻撃について「ハメネイ師と安倍首相が友好的な会談を行っているさなかに起きた」と強調した。ハメネイ師は保守強硬派が敬愛する存在だ。ハメネイ師の顔に泥を塗りかねない今回の攻撃は、保守強硬派の行為としては不自然な面がある。

 イランでなければ、日本との関係を引き裂こうとする第三国・勢力の関与が疑われる。この場合も、イランと距離を置くよう促す日本への警告だったと考えられる。

 いずれにせよ、ハメネイ師は安倍首相との会談には応じたが「トランプを意見交換に値する人物とは考えない」と表明し、米国との対話を拒否する姿勢を鮮明にした。米国の対イラン制裁が緩和される見通しはなく、ホルムズ海峡やオマーン湾の緊張は今後も続きそうだ。

 最終更新:6/14(金) 14:16 「時事ドットコム」より
イランとオマーンの間にあるホルムズ海峡で13日に日本のタンカーが攻撃を受けた事件は、安倍総理がイランの最高指導者アリー・ハメネイとの会談に合わせたかのように起こしたと推測されるが、ハッキリ言ってアメリカとイランの仲介を買って出た日本に対する❝当てつけ❞と取れるものです。

「ミスター安倍、あなたは戦争犯罪者(米国)をどうして信用できるのか」と保守系のメディアは原爆のきのこ雲の写真と同時に掲載したけど、イランにしてみれば、広島と長崎に原爆を落としたアメリカを簡単に信用するような日本の姿勢は節操がないって思うのも無理はないです。ただでさえ反米感情が根強いイラン、そのアメリカにすり寄る安倍総理を見て反発を抱くのも当然かも知れないが、原爆投下を利用したとしか思えない。イランではアメリカは一貫して戦争犯罪国家であると教えてるんでしょう。

このタンカー襲撃事件はイランの関与が疑われるという点もそうだし、逆に日本に対してイランに関わるなと言う他国及びその勢力からの❝脅し❞にも取れるけど、日本とイランが接近することを快く思ってないってことか。

安倍総理との会談に応じたハメネイ師ではあるが「トランプを意見交換に値する人物とは考えない」とアメリカのドナルド・トランプ大統領と会談する気なしの姿勢を取っており、アメリカもまたイラン制裁を緩める気はなく、安倍総理のイラン訪問は無駄足に終わってしまうのだろうか・・・!?

原爆投下を利用して日本がなぜアメリカの肩を持つのかと疑問視する主張がイランにおいてあるってことを痛感するものだが、日本はイランから何も恨みを買うようなことをしていないのに。日本の総理として革命体制になってからは初のイラン訪問を実現した安倍総理、後味の悪いものになったら嫌だ。イランを巡る緊張は余計強まりそうな気がします・・・。

theme : 情報の後ろにある真実
genre : 政治・経済

イラン外相「アメリカとの対立は望んでいない」

アメリカから原油禁輸措置を喰らったことで、アメリカを批判するのかと思いきや・・・!?

引用

イラン外相、米との対立望まず ホルムズ海峡の封鎖は否定

【ワシントン共同】イランのザリフ外相は24日、トランプ米政権がイラン産原油の全面禁輸などで圧力を強めていることに関し「イランは対立を望んでいない」と述べ、事態を沈静化させたい意向をにじませた。ホルムズ海峡の封鎖はしないと明言した。米ニューヨークでロイター通信のインタビューに応じた。

 穏健派のザリフ氏には、一方的にイラン封じ込め策を続けるトランプ政権に冷静に対処する姿勢を強調し、国際社会の批判を米政権に向けさせる狙いがありそうだ。

 ザリフ氏は、米国による全面禁輸実施後も原油を輸出する方法を模索するとして「制裁を逃れる方法はいくらでもある。」とけん制した。

 最終更新:4/25(木) 12:24 「共同通信社」より
アメリカがイラン産原油を全面禁輸するなど、イランに対する締めつけを強めたことで原油価格高騰の気運が強まりつつある中、イランのモハンマド・ザリフ外相「イランは対立を望んでいない」と事態の沈静化を匂わせるコメントを出したけど、アメリカがイランの原油全面禁輸制裁に出たことで、イランがその報復としてホルムズ海峡封鎖という対抗措置に出るのではないかとも懸念をかわす意味で言ったのかも知れないです。

売られたケンカは買う的な態度ではなく、アメリカのドナルド・トランプ政権に対して、理性ある態度を取ってほしいとの訴えに取れるけど、我々を締め上げれば原油価格に悪影響が出る上に、中東情勢を混乱させるリスクもあるという主張をイランはしたかも知れません。
また最高指導者アリー・ハメネイは、原油輸出は行うと強気で、強気な態度を崩しておらず、ハッサン・ロウハニ大統領もまたアメリカによる高圧的な脅しに屈する我々ではないとこれまた強気な姿勢で、アメリカに対して強硬な態度のハメネイ師とロウハニ大統領に対し、ザリフ外相は違った姿勢を取ったことは私はハメネイ師やロウハニ大統領とは違うというアピールですかね?

これについてトランプ大統領が「イランは裏でよからぬことを企てているから信用ならん」って一蹴しそうな気がしてならないけど、ザリフ外相のこの発言は緊張を少しでもほぐす意味があればいいけど、アメリカがイランを一方的に封じ込めたら、原油価格に悪影響しかもたらさないことをアメリカも理解したほうがいいんじゃないのかなァ・・・!! そのしわ寄せを喰らうのが日本だし・・・。

theme : 情報の後ろにある真実
genre : 政治・経済

たわけ者の主張

ますます右傾化して調子に乗りそうです。
ゴラン高原併合をアメリカが認めたことで決定打になったとも思う。

引用

ネタニヤフ氏が勝利宣言 イスラエル総選挙、右派過半数か

【エルサレム高橋宗男】イスラエルの総選挙(国会、定数120)は9日、投開票された。右派のネタニヤフ首相率いるリクードを中心とする右派勢力の過半数獲得がほぼ確定した。5期目続投が確実となったネタニヤフ氏は10日未明、「偉大な勝利の夜だ」と宣言した。

 選挙管理委員会の発表(開票率97%)によると、政党別ではリクードと、ガンツ元軍参謀総長の中道政党連合「青と白」が35議席で並び、激しく第1党の座を争っている。ただ、連立の枠組みで見ると、右派勢力が過半数の計65議席で、中道・左派勢力の計55議席を大きく上回っている。

 ネタニヤフ氏は10日未明、テルアビブで支持者に向けて勝利宣言し、「右派ブロックは今後4年間イスラエルを率い続ける」と強調した。これまで4期約13年にわたって政権を率いてきたネタニヤフ氏の続投が現実となれば、イスラエルでは史上最長の首相となる。

 一方、投票終了直後のテレビ各社の出口調査では「青と白」がリクードと横並びか数議席上回るとの予想が出ていたため、ガンツ氏はこれを踏まえて「勝利宣言」し、「第1党が組閣を担当すべきだ」と強調した。

 最終開票結果は12日までに発表される予定。その後、リブリン大統領が議席を得た全政党から意見を聞いて決めた首相候補に組閣を指示する。次期政権の発足は早くても5月になる見込みだ。

 最終更新:4/10(水) 13:45 「毎日新聞」より
9日に総選挙が行われたイスラエル、右派勢力・リクード出身のベンヤミン・ネタニヤフ首相とリベラル勢力・中道政党連合「青と白」を率いるベニー・ガンツ氏の争いとなったが、リクードを中心とする右派勢力が過半数を獲得したことがほぼ確定し、これによりネタニヤフ政権続投が決まったけど、これについていネタニヤフ首相は「偉大な勝利の夜だ」と勝利宣言したみたいです。

右派が勝ったことで右傾化傾向が続くこととなるイスラエル、アメリカの庇護の元ゴラン高原併合を宣言するわ、パレスチナに抑圧的な姿勢を崩さないわで中東どころか国際社会を挑発してる感がするが、とんだたわけ者もいいところです。

4期13年と長期政権を敷いているネタニヤフ首相、「右派ブロックは今後4年間イスラエルを率い続ける」と強い国家をアピールする狙いはあるけど、自分についていけばイスラエルは安泰だと国民に呼びかけているとしか言えません。それにうんうんと頷くのは右派支持の国民ぐらいだが。
この結果にパレスチナ及びアラブ諸国にすれば好ましくない状況となる懸念がありそうだし、余計中東和平が遠のく懸念もあります。
「偉大な勝利」なんて抜かすネタニヤフ首相、所詮ユダヤ人は選民思想を持つ人種だけに、やってることはナチスと全く変わらない。この発言はたわけ者レベルもいいところじゃねェのか。急進左派路線で道を踏み外しまくる韓国と、右傾化まっしぐらで道を踏み外しまくるイスラエルは「どっちもどっち」、国際社会からいい目で見られなくなるのは避けられない。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

「ゴラン高原はイスラエルのものだとォ・・・!!」

アメリカのドナルド・トランプ大統領はまた中東を怒らせかねないことをしでかしたみたいです。

引用

中東、一斉に米国批判=ゴラン高原のイスラエル主権承認

【カイロ時事】トランプ米大統領が25日、シリア南西部のイスラエル占領地ゴラン高原でのイスラエル主権を正式に承認したことに対し、中東のイスラム諸国は一斉に猛反発した。
 
 イスラエルによる占領前はゴラン高原を領土の一部としていたシリアは「主権と領土的一体性への侵害だ」と批判。アラブ連盟(21カ国・1機構)のアブルゲイト事務局長も声明で「ゴラン高原は占領下のシリア領であり、米国の決定はその法的地位に何の変化も与えない」と強調した。イスラエルと平和条約を結んでいるヨルダンや、レバノンなども米国の一方的な主権認定を非難した。

 最終更新:3/26(火) 6:34 「時事ドットコム」より
1967年に起こった第3次中東戦争においてイスラエルシリアから主権を奪ったゴラン高原、イスラエルとシリア、ヨルダン、レバノンと国境を接していることから領土問題の一つでもあるけど、そのゴラン高原についてアメリカのトランプ政権が「ゴラン高原はイスラエルのものである」と承認したんだから、これに元々ゴラン高原の主権を主張していたシリアを始め中東諸国が一斉に激怒したみたいです。これを受けハマスがイスラエルにロケット弾を撃ち込んだが・・・!!

「ゴラン高原は占領下のシリア領であり、米国の決定はその法的地位に何の変化も与えない」アラブ連盟は声明でアメリカの姿勢を非難するなど、エルサレムをイスラエルの首都と見なしたことに強く反発した時を想起してます。
中東アラブ諸国にすれば、ゴラン高原はイスラエルのものであるなんて主張はパレスチナ同様自分たちの土地が奪われるようなものだし、屈辱に等しいものでしょう。

エルサレムに大使館を移転したケースと同様、また中東諸国を怒らせるようなことをしたトランプ政権、ハッキリ言ってユダヤ支持欲しさのスタンドプレーに他ならないが、ユダヤを助けアラブを冷淡に扱うという印象を強く発信したとしか思えないし、これには親米の立場を取るサウジアラビアなども「こればかりは断固として非難する!」でしょうね、ここで「極めて遺憾」じゃ「甘過ぎる!」って国民からブーイングだからな。

アラブは当然だが、ヨーロッパや日本なども「中東情勢を悪化させかねない行為で容認し難い!」って批判していいくらいです。
シリアと親しいイランがこの事実を受けて、イスラエルに対して戦争をふっかけてきそうなリスクも大いにあります。国際社会から非難されようがどこ吹く風で強気な態度のイスラエル、韓国とやってることが変わらない。韓国はバックに大国がいないけど、イスラエルはバックにアメリカがいるんだから余計タチが悪いんだよね。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

あのイラン革命から40年

親米から反米に転換して40年、その節目の年だから強気を装うんでしょうね。

引用

革命40年、反米で団結=大統領「難局克服」に自信-イラン

【テヘラン時事】イランは11日、急激な近代化を進めた親欧米路線のパーレビ王制を打倒した1979年のイスラム革命から40年の記念日を迎えた。

 イランを敵視するトランプ米政権による強力な経済制裁の再発動で苦境が深まる中、イラン各地で集会が開かれ、米国への抵抗が呼び掛けられた。

 首都テヘランの広場で開かれた集会には、雨中でも大勢の市民が参集。市民は前最高指導者ホメイニ師(故人)や現指導者ハメネイ師のポスターを掲げ、イラン国旗を振りかざして「米国に死を、イスラエルに死を」と気勢を上げた。演説したロウハニ大統領は「イラン国民は今後も経済的な困難に直面するだろうが、問題を乗り越える」と強調。「米国が勝つことはない」と訴えた。

 集会に駆け付けた清掃業、マフムードさん(27)は「今のイランの問題は、すべて米国の責任だ」と批判。配管工のアリさん(43)は「革命理念と最高指導者への忠誠を示すために来た。米国は最高指導者へのわれわれの信頼を悟るべきだ」と語った。

 イランは、イスラム教シーア派勢力への支援を通じて中東での覇権拡大の動きを強めているほか、弾道ミサイルの発射実験を繰り返している。

 国際社会からはこうしたイランの動きを懸念する声が高まっているが、ロウハニ大統領はこの日の演説で「イランはイラクやシリア、イエメンに支援を惜しまず、敵は勝てなかった」と近隣国での影響力強化を正当化。ミサイル開発など軍事力増強についても「防衛力向上のための許可は誰にも求めない」と述べた。

 最終更新:2/12(火) 7:34 「時事ドットコム」より
親米路線だったパーレビ王朝を打倒したあのイラン革命から40年を迎えたイラン、現在アメリカのドナルド・トランプ政権による最大限の圧力に基づく制裁の再発動もあって国際的に厳しい立場に置かれている中にも関わらず、11日には首都テヘランの広場に大勢の市民が駆けつけて「米国に死を、イスラエルに死を」とイラン国旗を掲げたり、あの革命を手動したアヤトラ・ルトラ・ホメイニ師や現在の宗教指導者アリー・ハメネイ師のポスターを掲げて気勢を上げれば、集会に出席したハッサン・ロウハニ大統領「イラン国民は今後も経済的な困難に直面するだろうが、問題を乗り越える」「米国が勝つことはない」とアメリカを改めて挑発したみたいです。これが穏健派なロウハニ大統領だからこの程度かも知れないが、もし強硬派の人間だったらもっと過激なものになってたでしょう(前任者マフムード・アフマディネジャドか?)。

現在中東において影響力を強めるイラン、各地のイスラム教シーア派勢力を支援したり、弾道ミサイル発射実験を行うなど周辺諸国やイスラエルを睨み返してますが、革命体制を維持する為の行動というより、アメリカなんか怖くない!! いくらアメリカが我々を締め付けようとそれに屈するイランではない!! と言う強気に取れます。

あの革命の理念と宗教指導者に忠誠を誓うことが今のイランのアイデンティティと言えるけど、周辺国のシーア派勢力に支援することは革命を輸出する目的なんでしょうかね? 即ち中東における盟主の座を得たいが為の。
「イランはイラクやシリア、イエメンに支援を惜しまず、敵は勝てなかった」とも述べたロウハニ大統領、イランの動向に国際社会から懸念の声も挙がってるけど、そんな声はどこ吹く風なんだろうね。

軍備を増強し緊張を煽るイラン、それに「待った」をかけたいアメリカとイスラエルだが、この対立が激しくなれば日本も他人事ではないです。石油などエネルギー資源確保に大きく関わる問題ですし、アメリカは日本に対してイラン産原油を買うなと圧力をかけてるけど、アメリカの一方的な圧力はかえってイランが強硬になるだけです。ロウハニ大統領も当初は穏健的だったものの、アメリカでドナルド・トランプ政権が誕生したことで強硬派の顔を覗かせるようになったのは何とも皮肉だ。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

サウジ・ムハンマド皇太子がアメリカの財務長官に接近

記者殺害事件で国際社会から批判を浴びている矢先、何をしたいんでしょうか・・・?

引用

サウジ皇太子、米財務長官と会談=記者殺害疑惑で意見交換

【カイロ、ワシントン時事】サウジアラビアのムハンマド皇太子は22日、首都リヤドでムニューシン米財務長官と会談した。

 財務省報道官によると、会談では、皇太子の関与が疑われるサウジ人記者ジャマル・カショギ氏の殺害疑惑について意見交換が行われた。ただ詳細は不明。

 国営サウジ通信(SPA)によると、皇太子は米国との戦略的協力関係が将来において重要な役割を担うと強調。米財務省によれば、テロ資金対策やイラン制裁の履行、サウジ経済に関しても話し合った。

 疑惑の発覚後に皇太子が米高官と会うのは、急きょ16日にサウジを訪れたポンペオ国務長官に続き2人目。ムニューシン氏は、23日からリヤドで開かれる国際投資会議の出席は取りやめたが、中東各国歴訪の一環でサウジを訪れた。

 最終更新:10/23(火) 7:10 「時事ドットコム」より
ジャーナリスト、ジャマル・カショギ殺害疑惑で国際社会から批判を浴びているサウジアラビア、そのカショギ氏の殺害に関与した疑惑があるムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、22日に首都リヤドでアメリカのスティーブン・ムニューシン財務長官と会談して、カショギ氏殺害疑惑について意見交換をしたみたいだけど、殺害疑惑の当事者にも関わらずなぜアメリカの財務長官と会談が出来るのか? 不思議です。

今サウジアラビアでは国際経済会議が開かれているけど、カショギ氏殺害事件によりサウジアラビアに対する反発が強まっているせいか、多くがボイコットしており(日本の企業もいくらかボイコット)、経済対話が出来ない状況にあることで、アメリカの財務長官が来たことは「渡りに舟」的なことでしょうか。

ただアメリカはサウジアラビアを重要なビジネスパートナーと見なしているだけに、カショギ氏の殺害疑惑の真相究明には踏み込まなさそうだが、他方でサウジアラビアを非難した英仏独との温度差もクッキリ見て取れます。
汚職だらけで権威主義的なところもあるムハンマド皇太子、アメリカに接近して会談することでこの事件に対する批判を抑えたいのだろうか? アメリカもそこまでしてサウジアラビアといい関係を持つことでなにかメリットはあるの? これじゃ韓国といい関係を持つことが正しいなんて抜かす日本の親韓派勢力と変わらないんだが。

theme : 情報の後ろにある真実
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード