FC2ブログ

イランが再び怒りを露に

 今年初めにアメリカイラン革命防衛隊の最高幹部(カセム・ソレイマニ氏)を殺害した話題は記憶に新しいが、今度はあの国が行ったみたいです。

引用

イラン、核科学者暗殺で報復宣言 イスラエル関与「重大な形跡」

[ドバイ 27日 ロイター] - イランの国営メディアは27日、首都テヘラン近郊で核科学者のモフセン・ファクリザデ氏が暗殺されたと報じた。自動車に乗っていたところ何者かに襲撃され負傷。搬送先の病院で死亡した。同氏はイランの核開発で中心的役割を担っていたとされる。

 最高指導者ハメネイ師は国営メディアで報復を宣言。ハメネイ師の軍事顧問を務めるデフガン氏はツイッターで「殺人者を急襲し、その所業を後悔させる」と述べた。

 ザリフ外相はツイッターで、暗殺にイスラエルが関与したことを示す「重大な形跡」があるとした上で、国家ぐるみのテロ行為を非難するよう西側諸国に要求した。

 メッセージアプリ「テレグラム」のイラン革命防衛隊系アカウントによると、国家安全保障最高評議会が軍司令官らを交え、緊急会合を開いたという。

 こうした中、国連のグテレス事務総長は広報を通じて「ファクリザデ氏暗殺に関する報道に留意しており、地域の緊迫化につながるような行動を回避し、自制するよう求める」と表明した。

 イスラエルや米ホワイトハウス、米国防総省、米国務省、米中央情報局(CIA)、バイデン氏政権移行チームは、いずれもコメントを控えた。

 ファクリザデ氏は、イランが秘密裡に進めていた核兵器開発のトップと目されてきた。国際原子力機関(IAEA)は2015年の報告書で、同氏が「核開発の軍事的側面」を支援するための活動を監督していると指摘。ただ、イラン側は長らく核兵器開発を否定している。

 オバマ前大統領のイラン担当顧問を務め、バイデン陣営にも非公式に協力しているロバート・マリー氏は、ファクリザデ氏の殺害について、トランプ政権の末期に起きた一連の動きの一つと指摘。「一つの目的は、イランの経済や核開発にできる限りのダメージを与えることで、もう一つの目的はバイデン氏にイランと外交関係や核合意を容易に再開させないための試みと言える」と分析。誰が暗殺に関与しているかについては明言を避けた。

 最終更新:11/28(土) 7:10 「ロイター」より
 イランの核科学者が27日に首都テヘラン近郊で暗殺されたと言うけど、イランの核開発において最重要人物である人物だけにイランとしては今年初めにアメリカによって革命防衛隊の幹部が殺害されただけに、怒りがまた再燃する危険性が出てきました。
「殺人者を急襲し、その所業を後悔させる」アリー・ハメネイの軍事顧問はツイッターで報復宣言をしたけど、ハメネイ師自身も報復に乗り気ですからねェ・・・!!

 イラン政府は今回核科学者を暗殺したのはイスラエルだと裏付け、これはイスラエルによるテロだとして西欧諸国に非難するよう呼びかけたが、どうなりますか。

 今回の暗殺についてイスラエルもアメリカもコメントを控えているけど、両国共に「してやったり」的な態度を隠してるんじゃとすら思うね。お互いイランを❝危険分子❞と見なしており、秘密裏に行ったと思えばそれは考えられる。
 とはいえイランにとってはまた国の重要人物が暗殺されたことで「アメリカ及びイスラエルはまた❝一線を超えた❞」って怒りを露にしそうで、中東に駐留しているアメリカ軍を標的とした軍事攻撃に踏み切りそうな感じもしてきたわ。

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

パレスチナが怒るのも無理はない・・・!!

 UAE(アラブ首長国連邦)に続いてバーレーンイスラエルと国交正常化したもんだから、パレスチナにとっては気が気じゃありません。

引用

ガザからロケット弾 正常化に抵抗か、2人負傷 イスラエル

【エルサレム時事】イスラム組織ハマスが実効支配するパレスチナ自治区ガザから15日、イスラエル領内にロケット弾が発射された。

 米ホワイトハウスでは同じタイミングでイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの国交正常化の調印式が行われており、抵抗の意思を示す狙いがあった可能性もある。

 イスラエル軍などによると、ロケット弾は2発確認され、このうち1発が南部アシュドッドに着弾。少なくとも2人が負傷した。 

 最終更新:9/16(水) 8:17 「時事ドットコム」より
「UAEだけでなくバーレーンとも国交を結ぶなんて許せん! イスラエル!」と言わんばかりにロケット弾攻撃を行ったイスラム原理主義組織・ハマス、アメリカの仲介でイスラエルとUAE、そしてバーレーンの国交正常化を行ったもんだから、パレスチナにすれば今回の正常化はアメリカによる我々を孤立化させようとする謀略だとして、抗議の意としてロケット弾しかけたと言えます。

 マフムード・アッバス議長からしてUAEとバーレーンがイスラエルと国交を結んだことについて「裏切り行為」と名指しで非難しているけど、同じアラブ民族なのにイスラエルの肩を持つなんて許せない。と感じるのも当然です。アッバス議長の不満をハマスが利用してイスラエルにロケット弾攻撃。分かりやすい動機だが、逆にイスラエルが倍にして返しそうな気がする。

 UAEのみならずバーレーンもなぜイスラエルを国交正常化に至ったのか?
 アメリカにすればイスラエルを認めさせようとする目論見に映るし(アラブ諸国及びイランはイスラエルを認めていない)、また中東において影響力を増しているイランの脅威を見てか、イラン包囲網をしく為にはアラブ諸国の反イラン感情を利用して「お前たちの敵はイスラエルではなくイランだ。イスラエルと国交を結ぶことで中東の安定化につながる」とイスラエルとの国交正常化を勧めたんでしょうが、パレスチナの怒りを買うことで中東和平に悪影響を及ぼすことは考えてなかったんでしょうね。パレスチナを冷淡に見ているアメリカのトランプ政権のことだから、自然とそうなるわな。

 UAEに続いてバーレーンもイスラエルと国交正常化、パレスチナにまた禍根を残しかねない事態となるのは避けられないな。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

あの大爆発から1ヶ月、課題ばかりの日々

 あの大爆発から1ヶ月が経った今のレバノンは・・・!!

引用

遠い復興、疲労限界…宗派対立懸念も レバノン爆発1カ月ルポ

 レバノンの首都ベイルートの市民生活を打ち砕いた大規模爆発は、4日で発生から1カ月が過ぎた。高層ビルは爆風が貫通して廃虚と化し、かつてにぎわっていた食堂街ではがれきを除去するボランティアの姿ばかりが目につく。政府の怠慢が引き起こした爆発への怒りと、先が読めない将来への不安。市民の疲労は限界に達している。(ベイルート 佐藤貴生)

 ■移住したい

 「家族の写真など大切な記録をすべて失った。もうここには住めない」。自宅内を案内しながらスロールさん(43)が言った。爆発があった港湾から約500メートルしか離れておらず、窓ガラスは粉々に割れ、壁や天井に穴が開いた。

 アラブ首長国連邦(UAE)の建設会社に勤めていたスロールさんら一家は約1年前、レバノンに戻った。米ドルの預金はあるが経済悪化で政府が引き出しを禁じ、子供の学費や自宅の修繕費もままならない。

 爆発は政府が危険物を放置したことが原因との見方が強い。が、補償の話はまったく聞かない。「政府は汚職に漬かって寝ているようなもの。別の国に移住したい。ここよりひどい国はない」。スロールさんは目に涙を浮かべて語った。

 ■PTSD

 会社員のトニーさん(35)の自宅では爆発の際、6歳の娘の目の前に家具が倒れてきた。「娘はそれから眠れなくなり、怖がって家から出ようとしない。家族の今後を考えると私も眠れない」と話した。

 爆発から時がたつにつれ被災者の「心のケア」が深刻な課題となっている。

 ベイルート・アメリカン大学医療センターの精神科医、バルキルオテオさん(41)は、爆発で不眠や不安の高まりなど精神の不調を感じた人は国民の6割に上ると推測する。統計上、このうち10%ほどは症状が悪化して心的外傷後ストレス障害(PTSD)になる傾向があるとした上で、「失職や将来に対する不安が長引けば、PTSDの割合はさらに増える」との見方を示した。

 ■ヒズボラの影

 レバノンは1975年から15年に及ぶ内戦を経験し、脆弱(ぜいじゃく)な体制に付け入る形で周辺国が次々と介入してきた。米国と対立するイスラム教シーア派の大国イランもその一つだ。イランが支援するレバノンのシーア派民兵組織ヒズボラは2006年夏、イスラエルと千人以上が死亡する激戦を繰り広げた。

 爆発で傷ついた市民を刺激するのを避けるためか、ヒズボラに目立った動きはなかった。だが、ベイルート南郊のハルデ地区では8月27日、シーア派とスンニ派の住民同士が小銃やロケット弾で数時間に及ぶ戦闘を展開、2人が死亡した。事件にはヒズボラが関与したとの見方がある。

 地元の男性(28)は「経済低迷と爆発で国内の緊張が高まっており、今後はこうした争いが深刻化すると思う」と話した。爆発はレバノンをいっそう不安定にしつつある。

 【レバノンの大規模爆発】 8月4日に首都ベイルートの港湾地区で発生。約190人が死亡、約6500人が負傷した。爆薬の原料になる硝酸アンモニウム2750トンが6年間、保安措置なしに倉庫で保管されていたのが原因とみられ、政府の怠慢や機能不全が表面化した。損害額は推計150億ドル(約1兆6千億円)。

 最終更新:9/4(金) 12:55 「産経新聞」より
 先月4日に首都・ベイルートの港湾地区で起こった大爆発事故から1ヶ月が経ったこの頃、ベイルート市民からは政府への不満と将来への不安の声がチラホラ聞こえるみたいです。

 イスラム原理主義勢力・ヒズボラの暗躍、経済危機にある状況、政府の怠慢。とベイルート市民どころかレバノン国民からは嘆きの声も聞こえるわけだが、そもそも今回の大爆発事故は政府が2750トンもの硝酸アンモニウムの保管をいい加減にしていたことで起こったわけで、政府がいい加減だからこの大爆発事故が起こったと怒るのも当然なのだ。平和な日常を一変させたあの大爆発事故、かつて15年に及ぶ内戦で疲弊した歴史があるレバノン、それと同じ轍を繰り返すのだろうか・・・!?

 これ以上レバノンにいても希望がない、他国に移住するしかないと嘆く人もおり、これが人口流出につながるわけだが、政情不安は人の生きる希望を奪い国を想う気持ちまで奪うのだから、政府の罪は重い。政府への不満につけ込んでヒズボラが暗躍して反政府勢力と結託して軍事衝突、内戦というシナリオも考えられる。

 国民の生きる希望を奪い、恐怖と不安だけが拡大した大爆発事故がもたらした顛末、レバノンは一体どこに向かうのか・・・!? 復興の動きが見られない現状をレバノン政府はきちんと直視してるんだろうか!! 国民の怒りと苦しみを放置してのうのうとしてるんじゃ全くもってふざけんなこの野郎と言いたくなる。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

イスラエルとUAEが国交正常化

 ペルシャ湾岸諸国と初めて国交を築いたってのは驚きでしかないです。

引用

イスラエル、UAEと国交正常化で合意 ヨルダン川西岸併合停止も

【カイロ=佐藤貴生】トランプ米大統領は13日、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)が国交正常化で合意したと述べた。AP通信によると、合意にはイスラエルが進める方針を示していた占領地ヨルダン川西岸地区の併合を停止することも含まれているという。

 アラブ諸国でイスラエルと国交を結ぶのはエジプト、ヨルダンに次いで3カ国目で、ペルシャ湾岸諸国では初めて。

 トランプ氏が双方の仲介を果たしたとされ、敵対するイランの封じ込めを強化する狙いもうかがえる。湾岸諸国では、イランと対立するサウジアラビアなどもイスラエルとの関係強化に動いているといわれる。

 UAEは国交がないにもかかわらず、同国で開かれる国際会議にイスラエルの政治家を招待するなど接近していた。イスラエルのIT(情報技術)の導入にも期待を寄せているもようだ。

 最終更新:8/14(金) 6:29 「産経新聞」より
 パレスチナ問題もあってかアラブ諸国とは対立し続けてきたイスラエル、アラブ諸国と国交があるのはエジプトとヨルダンぐらいだったけど、そのイスラエルがUAE(アラブ首長国連邦)と国交を結ぶことを発表したわけだが、これにはアメリカが仲介によるものだけど、アメリカはイスラエルとアラブ諸国との関係を良くすることでイランを牽制する狙いがあるのだろうかと思うね。
 また湾岸諸国もイランを警戒するあまりイスラエルと関係強化に動いており、今回UAEがイスラエルと国交正常化したことでじゃあ我々もって動きそうだが・・・!?

 湾岸諸国と初めて国交正常化したイスラエルだが、パレスチナ問題という課題が未だ残る中長続きするとは限らないことを危惧したほうがいい。

 国交正常化の条件としてヨルダン川西岸地区の併合中止が含まれており、イスラエルにすればそこを実効支配化したいけどそれを拒否すればUAEとの関係がこじれるし、イランを封じ込める対策に悪影響も出かねないとして難しい選択を迫られたと思います。
 ただイスラエル国内、強硬派のベンヤミン・ネタニヤフ政権の支持率に影響は出かねないし(汚職事件の真相が有耶無耶)、UAEもイスラエルと国交正常化したことで国内の保守派から「シオニストに接近するとは何事か」って反発も起こりそうで、どうなりますかね・・・!? カタールみたいに他の湾岸諸国から嫌われなければいいけど。
 今回の両国の国交正常化がアメリカの目論見だとすれば、アメリカがまた中東に首を突っ込んだ感がしてならないのだが。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

ベイルートで爆発、テロかそれとも・・・?

 中東において爆発騒ぎが起こるとまたテロかと勘ぐりたくなりますが・・・。

引用

ベイルートの大規模爆発 死者70人超、2700人以上が負傷 ロイター報道

【カイロ=佐藤貴生】レバノンの首都ベイルートで4日発生した大規模な爆発で、ロイター通信は70人以上が死亡し、2750人を超える負傷者が出たと伝えた。原因は特定されていないが、内務当局は現場周辺に発火しやすい物質が数年前から保管されていたとしている。

 爆発は4日夕、ベイルートの市街地に近い港湾部で発生した。カタールの衛星テレビ局アルジャジーラは、ベイルートの上空で大きな煙が上がる映像を放映した。

 新型コロナウイルスの感染者への対応に追われるなかでベイルートの病院だけでは対応できず、負傷者は市外にも搬送された。同国のディアブ首相は「責任がある者には代償を支払わせる」と述べ、原因を徹底究明する方針を示した。被害の大きさから非常事態宣言の発令も検討されているもようだ。

 レバノンでは昨秋以降、破綻状態の経済に反発するデモが頻発している。同国ではイランに近いイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラが影響力を維持し、隣国イスラエルとしばしば交戦しているが、イスラエルの当局者は爆発への関与を否定、支援の用意があると表明した。

 最終更新:8/5(水) 7:31 「産経新聞」より
 レバノンの首都・ベイルートで4日大規模な爆発騒ぎが起こり、70人以上が死亡、275人以上が負傷する事態となったけど、現場はベイルートの市街地に近い港湾部の倉庫で、その倉庫には爆薬などに使われる化学物質が大量に保管されており、火災が起こってそれが引火して大規模な爆発につながったと思うと、倉庫の管理責任者はこの物質を保管してそのまま放置してたのかと思います。

 被害が相当なだけにレバノン政府は非常事態宣言を出す方針だが、今回の爆発騒ぎでまたテロかと不安がる国民も少なくないです。
 ただレバノン国内で影響力を増しているヒズボラの仕業説も、そのヒズボラと敵対するイスラエル軍がヒズボラ掃討目的で攻撃した説もなく、テロの可能性は低いってことか。

 経済破綻の上にヒズボラの台頭で平穏とはいい難いレバノン、今回の爆発騒ぎは化学物質の保管が厳重でなかったと思うね。それと爆発直後の映像の凄まじさを今朝のニュースで見たけど、衝撃の一言しかありません。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

3度も総選挙してやっと新政権も・・・!!

 長期政権となりつつあるのは日本の安倍内閣にも通ずるけど、この国はすったもんだの末に継続ですからねェ・・・!?

引用

ネタニヤフ新政権、多難な船出 汚職事件で来週初公判 イスラエル

【エルサレム時事】イスラエルで17日、1年間で3度の総選挙の末、ネタニヤフ首相率いる新たな連立政権が発足した。

 新型コロナウイルスの脅威に対処する「挙国一致内閣」という位置付けで、ネタニヤフ氏は1年半後に政敵だったガンツ元軍参謀総長に首相の座を渡す。通算約14年間首相を務めてきたネタニヤフ氏の求心力には陰りも見え、24日には汚職事件の初公判も抱える。新政権が多難な船出となるのは避けられない。

 新政権には、首相の右派政党リクードとガンツ氏率いる中道政党連合「青と白」、ユダヤ教超正統派の2党などが参加。「次期首相兼国防相」のガンツ氏は、来年11月にネタニヤフ氏に代わって首相に就任する方針。外相にはガンツ氏の前任の参謀総長だった「青と白」のアシュケナジ氏が起用された。「挙国一致」というものの、17日の国会(120議席)の信任投票での賛成は73票にとどまった。

 ネタニヤフ氏は当初、パレスチナ問題で強硬なリクードを中心とする右派・宗教勢力による政権樹立を目指したが、同勢力は直近の3月の総選挙で過半数を獲得できず、「青と白」との協力を余儀なくされた。これに伴う閣僚ポストの配分をめぐる不満などから、同勢力の一部有力議員が新政権に参加せず、リクード内からも不満が噴出した。

 一方、総選挙で「ネタニヤフ打倒」を訴えてきたガンツ氏の代償も大きかった。「青と白」の所属議員の多くがガンツ氏の方針転換を「裏切り」と見なして離党し、野党に回った。

 ネタニヤフは収賄など3件の汚職事件を抱えていて、「最終的には有罪を免れないのではないか」(政治アナリスト)という見方も出ている。公判は長期化する見通しで、法律上、在任中の首相は有罪が確定するまで辞任する必要はない。ただ、裁判の展開次第で求心力低下が加速化し、野党側が勢いづく可能性もある。

 最終更新:5/19(火) 7:18 「時事ドットコム」より
 昨年3回も総選挙を実施したイスラエル、ベンヤミン・ネタニヤフ政権継続という形で再出発するわけだが、ネタニヤフ首相はパレスチナ問題で強硬な姿勢を取りたいせいか当初は自らが所属するリクードなど右派中心の政権を発足させたかったものの、3度の総選挙で過半数を取れずベニー・ガンツが率いる中道系の「青と白」との協力を余儀なくされ、また閣僚ポストの配分を巡って対立するなどリクード・青と白双方でまとまらずゴタゴタを抱える中での再出発となるみたいです。

 ただネタニヤフ首相3件の汚職事件持ちで、来週にはその初公判を控えており、裁判次第で求心力低下は免れない為野党にすれば格好の政権降ろしの道具に使われる懸念もあり、長期政権によるマンネリ感も出ているせいか、いきなり苦境に立たされてることは間違いないです。

 ガンツ氏もまた総選挙で「ネタニヤフ政権を打倒しよう」と言いながらネタニヤフ首相に妥協してすり寄った姿勢で身内から造反者が相次いだことで、求心力低下をもたらしたのは間違いない。
 そりゃあれだけ総選挙で現政権を倒して新しい政権を作ろうじゃないかと言いながら、この変わり身には節操がないと身内やその支持者から総スカンを喰らうのは目に見えてるわ。

 挙国一致内閣なんて掲げているネタニヤフ新政権、自身の汚職など脛に傷持ち状態で先が思いやられそうだが、これには検察庁法改正案をゴリ押そうとする安倍総理にも当てはまるものだけど(結局それは先送りしたが)、自身の問題を隠す為にパレスチナ問題で強硬な姿勢を取ろうとしてるけど、これが裏目に出る懸念は大いにある。
「ネタニヤフはもうたくさんだ」「他に有能なのはいないのか」ってイスラエル国民からそんな声が出てもおかしくないけど。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード