FC2ブログ

感染者の遺体かどうかで「放置」?

 中国に匹敵するくらい新型コロナウイルス感染拡大が懸念されているみたいです・・・。これは日本の話ではありませんが。

引用

安置所に遺体が「山積み」、新型コロナ対応に苦慮 イラン

 (CNN) 黒い袋に包まれ安置所の床に並ぶ数十の遺体。その間を縫って、防護服とマスクを着用した職員が忙しく歩き回る――。

 イラン中部コムにある遺体安置所の内部をとらえた映像の内容だ。この中に新型コロナウイルス感染者の遺体があるのか、あるとすればどの遺体なのかは分からない。

 イランにとっての問題はまさにこの点にある。イランは中国以外で感染規模が最悪となっている国の一つで、当局によると3500人以上が感染、少なくとも107人が死亡している。

 イランのイスラム教の伝統では通常、遺体は石けんと水で洗い清められた後、埋葬に付される。しかしコムの医療従事者2人はCNNの取材に、一部では感染拡大への予防措置として、埋葬に関する伝統的なイスラムの教えを守れないケースも出ていると明かした。

 死亡時に感染が確認されていた人の場合、埋葬先の墓地の土壌にウイルスがまん延する事態を防ぐため、代わりに生石灰による消毒が行われるという。

 これらの情報筋は治安部隊による報復を恐れ、匿名で取材に応じた。

 国営イラン放送(IRIB)は安置所の責任者の話として、ウイルス検査に時間がかかって埋葬が遅れ、遺体が「山積み」になる事態を招いていると伝えている。

 この責任者は「ウイルスによる死者とそれ以外の死者では埋葬に関する指示が異なることから、我々は対応を迫られている」と説明。「検査結果が出るまで1日か2日、遺体を預かって欲しいという家族もいる」とも明かした。

 前出の動画について、IRIBは安置所の内部で撮影されたものだと確認した。動画を流出させたとして1人が逮捕されている。イランの半国営通信ISNAによると、この件は司法当局に付託されたという。

 最終更新:3/6(金) 13:45 「CNN.co.jp」より
 中国や韓国、そして日本に匹敵するくらいの新型コロナウイルス感染拡大の猛威にあるイラン、感染者及びそれに伴う死者も増えてますが、その遺体をどう処理するかという新たな問題が降りかかっているみたいです。

 イラン中部にあるコムという町にある遺体安置所では新型コロナウイルス感染者かどうか分からない為、その処理に困っているみたいだが、放置している理由は他にもあるみたいです。
 イスラム教では遺体を石鹸と水で清めてから埋葬するのが常識だけど、遺体が感染者の場合生石灰による消毒を行い、そこから埋葬することも視野に入れてはいるものの「こんなことはイスラムの教えに反する!」という治安部隊、革命防衛隊からの見えない圧力もありうまく行かないのが現実です。

 ウイルス検査に時間がかかるせいで埋葬が出来ず、遺体が山積みとなりこれが感染拡大につながるリスクもあるから、遺体安置所の職員にとって頭の痛い問題です。
 新型コロナウイルス感染者かどうかが不明な上にウイルス検査に時間がかかる、さらにイスラムの教えに抵触するかというジレンマを抱えているイランの新型コロナウイルス問題、とりわけイスラム国家であるイランはイスラムの教え第一だから、戒律や伝統が障害となっていることは確かだ。

 それとイラン政府は感染者数が3500人以上、それに伴う死者数107人と発表しているけど、この数字はホントなのか? 

theme : 新型コロナウィルス感染症
genre : ニュース

パレスチナ「こんな和平案は認めない!!」

 相変わらずイスラエルに肩入れするアメリカのやり方には、パレスチナの怒りだけしかもたらしません。

引用

米和平案の受け入れ拒否 抗議デモで負傷者も パレスチナ

【エルサレム時事】パレスチナのアッバス自治政府議長は28日、トランプ米大統領の中東和平案発表を受けて声明を出し、和平案の受け入れを拒否する考えを示した。

 パレスチナ自治区のガザやラマラ近郊などで和平案に対する抗議デモがあり、AFP通信によると、イスラエル軍との衝突で負傷者も出た。

 アッバス議長は和平案について「米国とイスラエルの陰謀」と指摘。トランプ氏が一方的にエルサレムをイスラエルの「不可分の首都」と表明し、東エルサレムの主要部分にパレスチナの主権が及ぶ可能性を排除したことについて「エルサレムやわれわれの権利は、売り物ではない」と反発した。

 アッバス議長の政敵で、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスも「エルサレムはパレスチナ人の土地だ」と主張、和平案については議長と足並みをそろえて非難した。

 最終更新:1/29(水) 7:44 「時事ドットコム」より
 アメリカのドナルド・トランプ政権が28日に発表したイスラエルとパレスチナの和平案、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と共同で作ったものだが、この案がどうもイスラエルの利益を重視しパレスチナの主張が無視されたようなものであるとして、パレスチナ側からは大ブーイングみたいです。

 これについてパレスチナのマフムード・アッバス議長「アメリカとイスラエルによる陰謀」と非難し、トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの不可分の首都だとする主張が盛り込まれ、東エルサレムにあるパレスチナの主権が侵害されていると見なして反発したわけだが、イスラエルもパレスチナもエルサレムは我々のものだと相変わらずのケンカを続け、平行線のまま現在に至るのも無理はないけど、この和平案は和平とは名ばかりでイスラエルびいきで我々の権利を蔑ろにしているとパレスチナにすれば言いたくなるんでしょう。

 アメリカのトランプ政権はウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判から世論の目をそらす為に今度はパレスチナ問題を片付けようと和平案を持ち出したし、イスラエルはネタニヤフ政権の汚職問題がありそれで世論から批判が出ていることで双方がそれをかわす為にこの和平案を持ち出して批判かわしに利用したと思うと、パレスチナはスケープゴートにされたとしか思えない。

 今回の和平案を認めたくないパレスチナ、またパレスチナ問題が日韓問題同様ややこしくなるリスクが大いにあるけど、正直アメリカのトランプ政権は中東にまた混乱をもたらすことをやらかしたと思うね。アッバス議長と対立しているイスラム原理主義組織・ハマスもこの和平案を認めないって意見で一致しており、事態がまたややこしくなるわな。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

バグダッドが騒々しい。っていつものことだが

 現在政府不信で大混乱ってレバノンだけに限った話ではありません。

引用

イラク首都で反政府デモ、3人死亡 一連の死者約460人 米大使館近くにはまたロケット弾

【1月21日 AFP】イラクの首都バグダッドで20日、大規模な反政府デモが行われ、デモ参加者3人が死亡、50人以上が負傷した。AFPの集計によると昨年10月以降、一連のデモで約460人が死亡している。

 イラクでは昨年10月からデモが相次いでいるが、宗派間の緊張が高まる中で反政府行動の勢いが失われることを懸念したデモ隊は、1週間前の今月13日、政府に対し20日までに要求に応じるよう求め、これが実現しなければデモを激化させるとしていた。

 20日は一連のデモの主な開催地となっているバグダッドのタハリール広場(Tahrir Square)以外の場所でも突発的なデモが行われた。

 現地にいるAFP記者によると、タハリール広場に近いタヤラン広場(Tayaran Square)では、デモ隊と衝突した治安部隊が催涙弾と実弾を発射してデモ隊を排除した。

 医療関係者がAFP記者に語ったところによると、実弾に当たった2人と、催涙ガスのキャニスターが首に刺さった1人の計3人が死亡したほか、50人以上が負傷した。

 当局は一連のデモによる最新の死傷者の数を発表していないが、AFPの集計によると昨年10月以降、約460人が死亡し、2万5000人が負傷している。

 ■米大使館近くにまたロケット弾

 治安筋によると、21日未明、ロケット弾3発がバグダッドの米大使館近くに着弾した。負傷者の情報はない。米国などの大使館があるグリーンゾーン(Green Zone)にロケット弾などが撃ち込まれる事例が数か月前から相次いでいる。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
 昨年10月から連日反政府デモが相次ぐイラク、今月20日にも首都バグダッドで大規模な反政府デモが行われ、そこで治安部隊と衝突してデモ参加者3人が死亡、50人以上が負傷する大惨事となったわけだが、宗派間対立もあり政府としては反政府デモを抑え込みたいけど、国民には全くそれが届いていないみたいです。

 一連のデモで当局は最新の死傷者数を公表していないけど、実際は460人が死亡、2万5000人が負傷しているという見解もあり、イラク当局の見解はごまかしだと思うけど、ホントの数字というか事実を伝えないんじゃ中国と何ら変わりません。
 常に混乱がつきまとうバグダッド、宗派対立が原因で起こる衝突には、いかにイラクが複雑な宗教構図であることを裏付けるけども、今のイラク政府は宗派対立をなるべく煽らないよう四苦八苦しているとしか言い様がありません。

 この混乱のどさくさに紛れてバグダッドのアメリカ大使館にロケット弾が撃ち込まれたわけだが「アメリカ軍は出ていけ!!」「お前たちの存在は我々に不快なものでしかないし、イランを刺激するだけだ!!」って理屈で撃ち込んだんだろうか?
 連日の反政府デモに加えてアメリカ大使館や軍施設への攻撃、バグダッドの混乱は収束が見えません。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

ロウハニ大統領、ウラン濃縮再開で

 ウクライナ機撃墜で政府などに対する不信感が拡大する中、この態度は❝開き直り❞でしょうか?

引用

イラン大統領「核合意前より多くのウラン濃縮」…米欧に屈しない姿勢強調か

【テヘラン=水野翔太】イランのロハニ大統領は16日、テヘランでイラン中央銀行の関係者らを前に演説し、「我々は(2015年の)核合意前よりも(ウランを)多く濃縮している」と述べ、ウラン濃縮の能力が向上していると強調した。1日あたりの濃縮量などの詳細は明らかにしなかった。

 大勢の死者を出したウクライナ旅客機の撃墜事件で指導部の威信が揺らぐ中、ロハニ師の発言は、国威を発揚して国民の結束を図ると同時に、米欧に対し、圧力に屈しない姿勢を示す狙いがあると見られる。

 イランは5日、核合意が定める制限を事実上全て撤廃すると宣言した。英仏独は14日、合意違反だとして、合意の下で停止していた国連制裁の再開を視野に、関係国と協議を始めると表明した。

 最終更新:1/17(金) 8:54 「読売新聞」より
 ウクライナ機を撃墜したことを謝罪しながらアメリカのせいにして国内外で顰蹙を買ったイランハッサン・ロウハニ大統領、そのロウハニ大統領は「我々は(2015年の)核合意前よりも(ウランを)多く濃縮している」とウラン濃縮能力の向上をアピールしたみたいだけど、即ちこれは核開発を再開するという強行ですか?

 これは2015年にアメリカ・イギリス・フランス・ドイツなどと交わした核合意を反故にするようなものだし、ウクライナ機撃墜事件でロウハニ大統領のみならず、アリー・ハメネイ師にも非難の矛先が向けられていることから、ロウハニ大統領とすればそれを抑える為に国威発揚としてウラン濃縮再開を持ち出したとしか思えないが、欧米に強気な姿勢を見せることで非難を和らげようとするのはこの事件の話題から反らしたいが為にやってるだけでしかない。これではすぐに反日に走る韓国政府と同レベルです。

 核合意に反する言動だとイギリス・フランス・ドイツはイランに対して制裁を発動しかねないが、ムダに強気を装ったところで痛い目に遭うリスクも考えられる。ロウハニ大統領やハメネイ師のこの姿勢は開き直りに等しいものだと思います。
 合意を反故にしてまでムダな強気に及んだイラン、国際社会からの反発は避けられないが、自分から袋小路に入るような自殺行為にもなりかねないだけに、事態を余計悪くするだけだと思います。ウラン濃縮再開→アメリカなどが反発して制裁→イラン国民にそのしわ寄せが来る。ということにまたなりそうだ。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

ウクライナ機撃墜を謝罪したイランだが

 他国の民間機を撃墜するという愚行をやらかしちゃいました・・・。

引用

「悲劇、許されない過ち」イラン大統領、撃墜認める

【カイロ=佐藤貴生】イランの首都テヘランで8日に墜落したウクライナの旅客機について、イラン国営テレビは11日、誤って撃墜したことを認める軍当局の声明を発表した。旅客機が革命防衛隊の施設の近くを飛行したために起きた「人的ミス」で、撃墜の意図はなかったとしている。

 ロウハニ大統領はツイッターに「大きな悲劇で許されない過ちだ」と投稿し、「深い哀悼」の意を表明した。イラン側が撃墜を認めたことで、国際社会を巻き込んだ問題は収束に向かう見通しとなった。

 撃墜されたのはウクライナ国際航空のキエフ行きボーイング737-800型機で、現地時間の8日早朝にイランの首都テヘランの空港を離陸した直後に墜落、乗員乗客176人全員が死亡した。

 カナダのトルドー首相は9日、同盟国など複数の情報機関の分析として「イランから地対空ミサイルが発射され、撃ち落とされたことを示す証拠がある」と述べ、原因究明を要求。トランプ米大統領も「誰かが間違いを犯した可能性がある」と撃墜の可能性を示唆していた。欧米の疑念が強まるなか、イラン側は「イランに対する心理戦だ」などと関与を否定していた。

 イランは革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍に殺害された報復として、旅客機墜落の約5時間前の8日未明にイラク駐留米軍を弾道ミサイルで攻撃。当時、イランは米軍による反撃に警戒を強めていた。

 墜落現場を取材した米メディアは、機体の破片が撤去されているなどとして、イラン側が証拠隠滅を図っている可能性を指摘していた。

 最終更新:1/11(土) 14:35 「産経新聞」より
 イランの首都・テヘランを出発したウクライナの旅客機が離陸してすぐに墜落した事故は、イラン軍によるミサイル発射が原因で起こったことでイランに対する風当たりが厳しくなったわけだが、この事故を受けてハッサン・ロウハニ大統領はツイッターで「大きな悲劇で許されない過ちだ」と事故の犠牲者に哀悼の意を示し、軍による誤射だったと謝罪したけど、謝罪したところでイランに対する不信感が消えたわけではありません。

 その上ロウハニ大統領以下イラン政府は「アメリカによる覇権主義が起こした人為的なミス」といかにもアメリカが悪い的な姿勢を取ったんだから、まるで韓国と同様自分たちに非はない的な態度で余計国際社会を怒らせるだけです。
 ましてやこの事故で自国民が犠牲になってんだから、それで他国のせいにしてやり過ごすなんて考えは下らな過ぎます。イランは韓国と違って責任転嫁なんて下らない考えを持っていないはずだが・・・!?

 カナダやウクライナとの関係をこじらせかねないことをしたイラン、旅客機撃墜という愚行をやらかしてそれを謝罪してもこんな態度じゃ謝罪にならないし、イラン政府は自分で自分の首を絞めたとしか思えません。おそらくカナダとウクライナではイラン大使館前で今回の事故でのイラン政府の対応に対する抗議デモが起こってもおかしくないです。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

イラクの米軍基地を報復攻撃

 自国の司令官が殺されて怒らないわけがないからねェ・・・。かねてからアメリカに対する「恨」の精神もあるし。

引用

イラン、米軍を報復攻撃 イラク駐留基地にミサイル 司令官殺害で本格衝突も

【ワシントン、ベイルート時事】米国防総省は7日、イランが弾道ミサイル十数発を発射し、イラクにある駐留米軍基地少なくとも2カ所を攻撃したと発表した。

 被害状況は調査中だが、米兵の死者はなかったとみられる。イラン精鋭部隊「革命防衛隊」は8日、イラクの駐留米軍基地に向け、地対地ミサイルを発射したと明らかにした。革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官が今月初め、イラク国内で米軍に殺害されたことへの報復措置で、作戦名を「殉教者ソレイマニ」と名付けた。

 イランが弾道ミサイルの発射という直接的な軍事攻撃を実行したことで、米軍がさらなる反撃に出る可能性は捨て切れない。米イラン関係の緊張はさらに高まり、本格的な軍事衝突に発展する恐れもある。

 国防総省の声明によると、米東部時間7日午後5時半(日本時間8日午前7時半)ごろ、イランがイラク駐留米軍に向けて十数発の弾道ミサイルを発射した。バグダッド西方にあるアサド空軍基地と北部のクルド人自治区の主要都市アルビルにある基地が標的になった。イラクにある複数の基地には、米兵計5000人余りが駐留している。

 ホフマン国防総省報道官は「これらのミサイルがイランから発射されたのは明白だ」と指摘。「状況分析の上、米国の人員とパートナー、同盟国を守るために必要なすべての措置を取る」と強調した。

 トランプ大統領はホワイトハウスでエスパー国防長官やポンペオ国務長官らと対応策について協議。その後、ツイッターに「全員無事だ!」と投稿し、米兵に死傷者はないとの見解を示した。また、被害状況の検分が続いているとしつつも、「今のところは問題ない」と述べた。8日朝にイランの攻撃に関して演説するという。

 トランプ氏は5日、「イランが再び攻撃すれば、米国はイランがかつて経験したことがないほど強くたたく」とツイッターに投稿。その上で「米軍基地や米国人を攻撃すれば、ためらうことなく美しい最新鋭兵器を派遣する」と警告していた。

 一方、イランのメディアによると、革命防衛隊は8日、米軍が駐留するアサド空軍基地に向けて多数の地対地ミサイルを発射したと明らかにした。一部メディアは攻撃で米兵に死傷者が出たと伝えているが、確認はされていない。

 革命防衛隊は声明で、米軍が駐留する国々に対し、イランを攻撃するため米軍の施設利用を認めれば「標的となり得る」と警告。また、さらなる損失を防ぎ、米兵の生命を危険にさらさないよう、中東からの米軍全面撤退を要求した。

 最終更新:1/8(水) 13:06 「時事ドットコム」より
「アメリカに死を!!」「アメリカは我々の恨みを思い知れ!!」革命防衛隊の特殊部隊・コッズ部隊カセム・ソレイマニ司令官が隣国イラクでアメリカ軍の空爆で殺害されてから一気に緊張状態となったアメリカとイラン、ソレイマニ司令官の葬儀では大勢の国民が詰めかけてソレイマニ司令官を悼む声に続いてアメリカへの恨みと怒りの声も殺到してますが、報復としてアメリカ軍施設及びアメリカ人を標的とした軍事攻撃をちらつかせたわけで、7日にイランは弾道ミサイルを発射してイラクにあるアメリカ軍基地を攻撃するという行為に出たようです。

「殉教者ソレイマニ」と銘打ってアメリカ軍基地を攻撃してきたイラン、イランにすれば自分たちの司令官が憎むべき対象であるアメリカによって殺されたんだから、怒りが爆発したくなるのも当然だけど、これでアメリカが本気でイランを武力攻撃しそうな気がしそうです。
 イランにすればアメリカと全面戦争だと強気な意見が圧倒的だが、戦争になれば事態は余計悪化するという現実主義者もいたりで割れてますが、イランの世論が分断されるリスクも大いにありそうです。

 それとイラクだけでなくアメリカ軍基地がある周辺諸国に対して「アメリカ軍基地を撤退するよう行動しろ」と声明を出しているイラン、自分たちへの包囲網を崩す目的かも知れないが、中東からアメリカ軍を全部追い出すことで何を訴えたいのだろうか?
 そうなるとまずサウジアラビアが狙われそうな気がするし、これが現実のものとなれば中東情勢は一気に緊迫化して世界経済にも悪影響が出そうで困った問題です。

 アメリカに対する「恨」の精神を振りかざしてアメリカ軍への報復に出たイラン、その発端がソレイマニ司令官殺害だとすれば、アメリカは❝一線❞を超えたように見えます。

theme : 中東問題
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード