ボストンで「白人至上主義は要らない!」を叫ぶ

バージニア州での衝突から1週間が経ち、アメリカ全土で反人種差別気運が強まっています。

引用

ボストン4万人デモ 米各地で「白人至上」反対

【ニューヨーク=上塚真由】南部バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者と反対派の衝突事件から1週間となった19日、米各地で差別主義に反対するデモが行われ、最大規模となった東部マサチューセッツ州ボストンでは4万人(警察発表)が参加した。

 ボストンではこの日、「言論の自由」を掲げた集会が企画され、白人至上主義者とみられる保守派グループの数十人も姿を現した。これに対し、差別主義に反対する人々は「ネオナチは米国から出ていけ」などと書かれたプラカードを掲げ、大行進。目立った衝突はなかったが、警察官に暴力を振るったなどとして33人が逮捕された。

 ボストンの大規模デモに対し、トランプ氏はツイッターに「警察に敵対する扇動者が大勢いるようだ」とやゆするような内容を投稿したが、続けて「偏見や憎悪に対して声を上げた、たくさんの人々を称賛したい」と差別を容認しない姿勢を強調した。

 南部テキサス州オースティンでも19日、白人至上主義に反対する抗議デモが行われ、米メディアによると、千人以上が参加した。

 最終更新:8/21(月) 7:55 「産経新聞」より
19日に全米各地で差別主義に反対するデモが相次いだけど、中でもマサチューセッツ州・ボストンでは4万人が参加する大規模なものとなりましたが、言論の自由を掲げた集会だったものの、警察と衝突して33人が逮捕されたみたいです。

「ネオナチは米国から出ていけ」「KKK(クー・クラックス・クラン)など白人至上主義者はアメリカの汚点だ!!」と書かれたプラカードを掲げて行進したけど、人種差別=忌み嫌うもの。と言う意識から行動したと言えますが、このようなソフトな行動ならいいものの奴隷制を指示した旧南軍の指導者の像を壊すのは過激だと思う。慰安婦像こそ壊せと言いたくもなるが。
KKKのような狂信者などアメリカの国民とは見なしたくない。アメリカの恥だ。ってこれがアメリカ人の本心だといいけど。

憎悪や偏見はかえって対立をもたらすだけで、国家の分断をも招きかねない事態にもなるだけに、自由の国・アメリカのイメージを壊したくない!! この国、いやさ世界から人種差別を根絶しなければいけない!! ってやっと人種差別の愚かさに気づいたかとも言いたくなります。
そもそも人種差別の根源は創造論に代表されるキリスト教右派主義にもあるんじゃなかろうか!?

theme : ナショナリズム
genre : 政治・経済

また数名、トランプの元から離れてく

バージニア州での暴動は人種問題が背景だが、ドナルド・トランプ大統領の対応には賛否が割れてます。
正直アメリカの「分断」はどこまで行くのだろうか?

引用

白人至上主義衝突 米産業界がトランプ氏に三くだり半 大統領は助言組織を廃止

【ワシントン=小雲規生】トランプ米大統領は16日、自ら設立した大企業のトップらによる2つの助言組織「製造業評議会」と「大統領戦略・政策フォーラム」を廃止したと明らかにした。両組織のメンバーからは、トランプ氏の白人至上主義者擁護ともとれる発言への異論が噴出しており、トランプ氏は産業界から三くだり半を突きつけられた形だ。

 トランプ氏は16日午後、ツイッターへの投稿で「どちらの組織も終わらせる。みなさん、ありがとう!」と表明した。

 しかし実態は産業界が自ら「解体」を選んだといえる。製造業評議会では14日以降、トランプ氏の発言への抗議が噴出。16日朝までに、約30人のメンバー中、少なくとも7人が辞任を発表していた。

 また、米メディアによると、戦略・政策フォーラムのメンバーは16日朝に電話会合を開き、トランプ氏に「組織を解散する」との見通しを伝達。「不寛容や人種差別、暴力は米国に存在する余地のない、米国の核心的な理念への侮辱だ」とする声明を発表し、白人至上主義への明確な反対を表明した。

 トランプ氏はバージニア州で白人至上主義を掲げる団体と反対派が衝突し、反対派の女性が死亡した事件を巡り、「両方の側に責任がある」と発言していた。

 最終更新:8/17(木) 8:56「産経新聞」より
北朝鮮の対応についてツイッターで「賢い選択」と述べた一方で、バージニア州の暴動について白人至上主義者と反人種差別を訴える市民の衝突で死者が出たことについて「両方の側に責任がある」として人種差別を非難しなかったことでまたも批判を浴びているトランプ大統領、そのトランプ大統領に対し2つの大統領に対する助言組織から反発も起こってますが、人種問題が背景にあるのになぜ人種差別及び白人至上主義を非難しなかったんだ!? 人種差別を擁護する言動で許し難い!! ってトランプ大統領に対して怒りが沸いたんでしょう。

この余波で助言組織の一つ・製造業評議会では7人が辞任するという事態となったが、聞く耳を持たない分からず屋のトランプ大統領には言ってもムダ、そんな人のもとではやりたくない!! ってことでしょう。

これに対してトランプ大統領は製造業評議会大統領戦略・政策フォーラムを廃止すると言ってますが、自分に異を唱える者は許せないという当てつけに取れますし、現実を見てないもいいところです。これでは韓国と何ら変わらない。

自身の独善的な言動で周りからは蜘蛛の子を散らすように一人また一人と去っていく状態となったトランプ大統領、産業界から三行半を突きつけられたことで結局自分で自分の首を絞めたとしか言い様がないです。そして自身への苦言と権力の暴走を監視する組織を廃止、やってることは独裁者レベルです。
人種差別には断固として非難しなければいけないのに、それすらしないトランプ大統領、正直言って人種問題というか人権問題に鈍感すぎます。そんな姿勢だから周りや支持者もどんどん離れていくで悪循環もいいところだ。そういう人間がいるからアメリカって白人至上主義というがん細胞を除去できないんじゃないかとすら思います。

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

ホント、アメリカって国は・・・!!

白人至上主義、この世界で最も悪辣ながん細胞もいいところだが、それを根絶する気があるんでしょうか・・・!?

引用

トランプ氏対応に批判=白人至上主義批判せず―反対派との衝突事件・米

【ワシントン時事】米南部バージニア州シャーロッツビルで12日、白人至上主義団体などと反対派が衝突し、多数の死傷者が出た事件をめぐり、トランプ大統領が人種差別主義に対する批判を明言しなかったことが波紋を広げている。

 ホワイトハウスは13日、白人至上主義も非難の対象だと釈明したものの、トランプ氏の問題認識の欠如に批判が強まっている。

 事件では、反対派が集まっていたところに車が高速で突っ込み女性1人が死亡、重体の5人を含め19人が負傷した。警察によると、亡くなったのは同州出身の法律事務所職員、ヘザー・ヘイアーさん(32)と確認された。

 米メディアによれば、車を運転していた20歳の男は殺人容疑などで逮捕され、連邦捜査局(FBI)が動機などの捜査を始めた。米紙ワシントン・ポストは、男の高校時代の教師の話として、男がナチス・ドイツやヒトラーの思想に共鳴していたと伝えた。

 一方、トランプ氏は12日、事件を受けて「多くの側面での憎悪と偏見と暴力の表れを最も強い言葉で非難する」と表明した。だが、人種差別主義批判には直接言及せず、反対派にも非があったとも受け止められる「多くの側面」と述べたことで、与党・共和党を含め批判の声が上がった。

 最終更新:8/14(月) 9:32 「時事ドットコム」より
ドナルド・トランプが大統領になってから人種対立が蒸し返し、公民権運動とその前の時代に逆戻りした感がする最近のアメリカ、南部バージニア州・シャーロッツビルで12日、白人至上主義団体と反人種差別を訴える市民が衝突し、3人が死亡するなど大勢の負傷者を出すという痛ましい事件があったけど、これについてトランプ大統領は「多くの側面での憎悪と偏見と暴力の表れを最も強い言葉で非難する」と事件を非難したものの、問題の背景である人種差別主義というか白人至上主義に触れなかったことで、与野党から批判の声が挙がったみたいです。

それにしても、ヘイトクライムに当たる衝突事件でしかないが、反対派が集まった場所に車で猛スピードで突っ込むんだシーンなんて狂気の沙汰でしかないし、普通じゃない。頭が相当イカレてる。

ハッキリ言ってアメリカも進歩しない国だってのを曝け出すものでしかない、公民権法が出来ても未だに人種差別というか白人至上主義なるイカレた思想が根付いてるんだから、人種差別及び偏見・白人至上主義=忌み嫌うもの。っていつになったら理解するんだろうか!? これはアメリカに限らず欧米白人国家全般に当てはまることだが。
そんな国が他国の人権問題を批判したところで説得力などない。

車を運転していた男は殺人容疑で逮捕されたが、その男はヒトラーやナチズムに共感してたって言いますから、思いっきり危険思想もいいところだし、監視対象に値する危険人物もいいところだよ。
白人至上主義などこの世で最も邪悪なる考えであり、そんな思想を有難がるような人間など断固として許せないです。

人種差別を非難しないトランプ大統領、これだからアメリカって進歩しない国なんだよ!! あの悪名高きKKK(クー・クラックス・クラン)だってゴキブリの如くしつこく蔓延ってんだから。
白人以外は人として見なさないその理屈、そんな思想を有難がるような人間など存在する価値などない!! 改めて人種差別主義者は社会から放逐すべきだ!!

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

国防長官が北朝鮮に「脅しに似た警告」?

アメリカとしては北朝鮮にいい加減鉄槌でも加えておかしくないけども・・・!?

引用

マティス米国防長官、北に「自国民の破滅回避」を警告 トランプ大統領の「炎と怒り」発言受け

【ワシントン=黒瀬悦成】マティス米国防長官は9日、北朝鮮情勢に関し声明を発表し、ミサイル発射などの挑発行為を続ける金(キム)正(ジョン)恩(ウン)体制に対し「体制の終(しゅう)焉(えん)や自国民の破滅につながるような行動を検討するのをやめるべきだ」と警告した。「自らを孤立させる道を選ぶことをやめ、核兵器を追い求めるのを断念しなくてはならない」とも指摘し、核・ミサイル開発の放棄を迫った。

 マティス氏が北朝鮮に対して強硬なメッセージを発するのは異例。トランプ大統領が8日、北朝鮮が米国を脅迫し続ければ「炎と怒りに見舞われる」と軍事攻撃を言明したのに一定の歩調を合わせた。

 マティス氏はまた、米国と同盟諸国は「地球上で最も適切かつ準備万端で強固な防衛能力と攻撃能力を備えている」と強調しつつ、北朝鮮の脅威に対しては「米国務省が外交的解決を目指し全力を尽くしている」と指摘し、米政権が現段階では外交解決を目指す方針であることを改めて打ち出した。

 一方、ティラーソン国務長官は9日、東南アジアから米領グアムに向かう機中で記者団に対し、トランプ氏の発言は「外交的な表現を理解しているとは思えない金正恩(朝鮮労働党委員長)が理解できる言葉を使って、北朝鮮に強いメッセージを送ったのだと思う」と説明した。

 国務省のナウアート報道官は9日の記者会見で「米政府の立場は一致している」と主張。一方、複数の米当局者はCNNテレビに対し、8日のトランプ氏の発言は「アドリブだった」と語っており、両長官の発言は、同氏の「爆弾発言」と政権の方針に一貫性を持たせるため、つじつま合わせを図ったとみられる。

 最終更新:8/10(木) 9:02 「産経新聞」より
弾道ミサイルを同時に4発もグアムに目がけてぶっ放す計画を企てている北朝鮮、その北朝鮮に対してアメリカのジェームズ・マティス国防長官は9日「体制の終焉や自国民の破滅につながるような行動を検討するのをやめるべきだ」「自らを孤立させる道を選ぶことをやめ、核兵器を追い求めるのを断念しなくてはならない」と脅しと取れる発言をし、また核とミサイルを放棄しろと警告したみたいです。

国防長官が特定の国を名指しで批判するのは異例だが、ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮に対して8日に「これ以上北朝鮮がアメリカを脅して挑発するならば、炎と怒りに見舞われる」と軍事攻撃も辞さない姿勢を取ったことで、マティス国務長官がそれに追随した感に見えます。
ハッキリ言って北朝鮮は一線を越えまくってるのに、アメリカは口だけで非難して表立った行動に出てないから(中国企業に対する制裁を含め)、正直北朝鮮とアメリカの構図ってプロレスのマイクパフォーマンスにしか見えない。相手をこき下ろすセリフの応酬ばっかで全然中身を伴わない。まるで子供の口喧嘩レベルだ。

「米国務省が外交的解決を目指し全力を尽くしている」と対話による解決も示唆したマティス国防長官ではあるが、あの国相手に対話で解決なんて出来ません。核とミサイルを捨てよなんて言っても馬耳東風でしかないし、相手をだまくらかしていい気になる国ですからね(ロシアに対して「平和利用するから原子力発電を認めて」なんて言って容認を得ると、すかさず核開発に手を出したように)。

即ち、北朝鮮に対してこれ以上核とミサイル開発を続ければ国際的に孤立して自国民を不幸にするだけだと言う警鐘を鳴らしたが、それでも北朝鮮が聞く耳をもたなければ・・・!? イラクみたいに国連決議をスルーして軍事介入なんてシナリオになりそうです。
今の時点では外交的な解決を望んでいるアメリカではあるが、本音では我慢の限界でしょう。

theme : 北朝鮮問題
genre : 政治・経済

トランプ大統領への「当てつけ」? 米下院がロシア制裁強化法案

ロシア・ゲート疑惑もあることだし、アメリカ政府としてはドナルド・トランプ大統領とは別でロシアに対する姿勢を見せねばいけません。

引用

対ロシア制裁強化法案を米下院が可決 トランプ氏のロシア接近に足かせ イラン、北朝鮮にも制裁

【ワシントン=加納宏幸】米下院は25日の本会議で「ロシア・イラン・北朝鮮制裁法案」を賛成419対反対3の圧倒的な賛成多数で可決した。制裁を解除する際に議会の承認を求める内容で、対露関係の改善を模索するトランプ大統領への足かせとなる。

 今回可決した法案は、上院で6月に可決したロシア、イランに対する制裁法案に、下院で5月に可決した北朝鮮に対する制裁法案を統合したもの。上院でも可決する見込みで、トランプ氏は月内にも法案に署名するか否かの判断を迫られる。拒否権を使っても上下両院の3分の2以上による再可決で法案は成立するため、トランプ氏が署名する公算が大きくなっている。

 法案は、ロシアによる米大統領選干渉疑惑について、プーチン露大統領が米国の同盟国を含めた世界各地の選挙に影響を及ぼすことへの「警告」になったと指摘し、サイバー攻撃への制裁を盛り込んだ。シリアのアサド政権に対する支援や、ウクライナ南部クリミア半島併合や同国東部紛争への関与に対する制裁も強化する。

 また、ロシアから欧州に天然ガスを運ぶ「ノルト・ストリーム2」計画に反対するとし、パイプライン建設に投資する企業を制裁対象にできるとしている。

 法案はイランが続けている弾道ミサイル開発や、外国のテロ組織を支援しているとされるイラン革命防衛隊に対する制裁強化を盛り込んだ。北朝鮮に対しては、外国に派遣された北朝鮮労働者の雇用者との取引禁止や、北朝鮮での強制労働によって作られた物品の輸入禁止などの制裁措置が定められた。

 最終更新:7/26(水) 11:26 「産経新聞」より
アメリカ議会下院で、25日の本会議においてロシア・北朝鮮・イランに対する追加制裁法案を賛成多数で可決したけど、ロシアによる大統領選挙干渉疑惑、即ちロシア・ゲート疑惑への警告な上に、またシリア内戦でシリア政府を支援していること、クリミア半島を一方的に併合したことも盛り込んでアメリカ議会としては「もっとロシアを締め付けねばいかん」として、下院でこの法案を出して可決したが、上院でも可決しそうだけども、トランプ大統領はホントにロシアに対して厳しい態度を取れるのか注目です・・・。
対ロシア締め付けもそうだが、ロシアと親密ぶりな姿勢を取るトランプ大統領に対する当てつけとも取れる今回の動き、大統領と政府内でロシアに対する温度差が出てると言えます。それか中国よりもロシアを締め付けたほうがいいと思ってるんじゃ・・・!?

確かにロシアとつるんで大統領選挙を操作したと思われる疑惑、オバマ政権下で冷えきった米露関係を回復する為には親ロシア的な立場を取る者がなったほうがいい、なら私こそ適任者だとトランプ大統領は言ってるかも知れないけど、政府内ではロシアに対していい目を持ってない勢力もいるだけに(特に共和党)、裏目に出たとしか言い様がない。

ロシアのみならず北朝鮮やイランにも追加制裁を下したアメリカ、北朝鮮はイザ知らずイランもですか? まァイラン敵視政策は変わってないからでしょう・・・。

自国の利益と尊厳を脅かしかねない国には厳重な制裁を持って処すのが常識の国際社会、だったら日本も同じことをすればいいと思う。日韓合意を反故にしようとする韓国の動きに対して日本政府内から「韓国に厳しい制裁を課すしかない!!」って思わないのか!?

theme : アメリカお家事情
genre : 政治・経済

マケイン氏が脳腫瘍でどうなる?

ドナルド・トランプ大統領になって半年、批判的な見方が強いみたいですがその一方で共和党内部では・・・!?

引用

マケイン議員が脳腫瘍=不在長期化なら政権に影響―米

【ワシントン時事】米共和党の重鎮ジョン・マケイン上院議員(80)の事務所は19日、同議員が脳腫瘍を患っていると明らかにした。

 14日に頭部の血栓を除去する手術を受けた後、検査で初期段階の脳腫瘍が判明したという。

 事務所によれば、マケイン氏と家族は医師団と、化学療法や放射線療法を含む今後の治療法について協議中。上院への復帰時期については「病院側とさらに協議して決める」と説明した。

 上院(定数100)で共和党は52議席。医療保険制度改革(オバマケア)見直しが共和党の一部議員の「造反」で頓挫の危機に直面する中、マケイン氏の不在が長期化すれば、他の重要法案審議を含め、トランプ大統領の議会対策に大きな影響を及ぼしかねない。

 最終更新:7/20(木) 11:10 「時事ドットコム」より
共和党の重鎮であるジョン・マケイン上院議員脳腫瘍を患っていることが明らかになったけど、頭部の血栓を除去する際に脳腫瘍が見つかったってことで治療に専念するみたいだが、マケイン氏の不在はアメリカ議会に波紋を呼びそうな気がします。

現在議会上院ではオバマケア見直しについて共和党から造反者が出るなど、意見不一致な状態にあり、オバマケア見直しのみならず他の重要法案の審議についても影響が出そうで、トランプ大統領の議会運営に悪影響を及ぼしそうだけど、共和党にとってマケイン氏の離脱はトランプ政権のブレーキ役がいなくなると言う痛手にもなって、ハッキリ言ってトランプ大統領のやりたい放題に拍車をかけそうで怖いです。

上院復帰は病院側と協議して決めると言ってますが、その病院も相当なプレッシャーでしょう・・・。相手は共和党の大物中の大物ですから。
過去2回も腫瘍が見つかっていずれも回復したマケイン氏、今回はどうなるのやら・・・。

トランプ大統領のやりたい放題に頭を抱えてきただけに、脳に相当なストレスが溜まってこうなったんでしょうか・・・? ベトナム戦争時にベトコンの捕虜になりながらも解放された経歴もあるように、この逆境を乗り越えてほしいものです。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード