FC2ブログ

カリフォルニア州で「外出禁止令」

 感染拡大を懸念して思い切ったこの措置は最大の水際対策かも知れません。日本もこういうアイデアが出ても良かったのに・・・!!

引用

米カリフォルニア州全土に外出禁止令 4000万人対象 新型コロナ

【ロサンゼルス時事】米西部カリフォルニア州のニューサム知事は19日、新型コロナウイルスの感染対策として、約4000万人の全住民に対し、食料の買い出しや通院など必要な場合を除き自宅にとどまるよう命じた。

 感染が住民の半数以上に広がる恐れがあるとして、医療体制の崩壊を防ぐため、期限を定めずに大規模な外出禁止に踏み切った。

 サンフランシスコ市と周辺郡が17日から住民の不要不急の外出を制限しているが、これを州全土に拡大した。重要インフラは維持し、食料品店、薬局、銀行などは営業を認められる。米メディアによると、同州では900人以上の感染が確認されており、ニューヨーク州などに次いで全米で3番目に多い。

 知事は、今後8週間でカリフォルニア州の人口の56%が感染するという予測を提示。病院の収容能力を2万人近く上回る入院患者が発生すると指摘し、「われわれが行動を変えれば、流行のピークを抑えることができる」と住民に協力を呼び掛けた。

 また、米海軍の病院船マーシーを9月1日までロサンゼルス港に配備するよう要請する書簡を18日付でトランプ大統領に送ったことも公表した。もう1隻の病院船コンフォートは、多数の感染者が出ているニューヨーク市に派遣される見通し。

 最終更新:3/20(金) 15:03 「時事ドットコム」より
 アメリカ・カリフォルニア州が19日に新型コロナウイルス感染拡大を懸念して、4000万いる全住民に対して外出禁止令を出したけど、既にサンフランシスコとその周辺が17日に住民に対して不要不急の外出をしないよう出したけど、それを州全体に拡大したということは、これ以上新型コロナウイルス感染者を増やしてはいけないという危機感の表れと言えます。既にカリフォルニア州で900人以上が感染しているという報告があるし。

 アメリカでも州レベルで外出禁止令という措置が出るまでになった新型コロナウイルス感染拡大、思い切った対策に映るし、日本はこの動きを見てこれ以上感染者を増やさまいと自治体レベルでいいから不要不急の外出禁止令を出すとか出来ないんでしょうか? 大阪と兵庫間でこの週末の往来自粛だけではダメだと思います。

 感染者が増えれば医療体制崩壊をもたらしかねないし、ましてアメリカ、医療保険に入っていない国民も少なくないから莫大な医療費が嵩んで借金苦というリスクも孕んでおり、なお更です。
「われわれが行動を変えれば、流行のピークを抑えることができる」と州知事は言うけれど、市民一丸となって感染拡大を防ぐことは今や当たり前のことです。

 日本はこの動きを見て少しでも見習ってほしいものだ。それとアメリカ西海岸をしばらくの間渡航自粛対象にすべきです。

theme : 新型コロナウィルス感染症
genre : ニュース

今回の「スーパー・チューズデー」の勝者は

 アメリカ大統領選挙において最も重要な日「スーパー・チューズデー」、今回の民主党候補者指名争いを制したのは、この人でした。

引用

バイデン氏が支持広げる8州で勝利 民主予備選

【ワシントン支局】米大統領選の民主党候補指名争いは3日、14州の予備選などが集中する「スーパーチューズデー」を迎え、中道派のバイデン前副大統領(77)が支持を広げている。

 米主要メディアによると、バイデン氏は8州で勝利を確実にした。南部のバージニア、ノースカロライナ、アラバマ、オクラホマ、テネシー、アーカンソーの6州に加え、東部マサチューセッツ州と中西部ミネソタ州を制した。

 左派のサンダース上院議員(78)は、地元である東部バーモント州と西部のコロラド州、ユタ州の3州で勝利を確実にした。

 最終更新:3/4(水) 14:37 「産経新聞」より
 ピート・ブディジェッジ氏が降りたことで事実上ジョー・バイデン前副大統領バーニー・サンダースの一騎打ち感となった民主党候補者指名争い、両者にとって重要なスーパー・チューズデーでどれだけ勝利を重ねるか見ものでしたが、バイデン氏が14州のうち8州をものにするという結果となったけど、やはりバイデン氏はバラク・オバマ前大統領の❝右腕❞だっただけに、アラバマやアーカンソーといった黒人有権者が多い南部諸州での人気は高かったんでしょうね。

 片やサンダース氏は地元であるバーモント州や西部コロラド州、ユタ州、さらに大票田であるカリフォルニア州を制したけども、人口が多い州をモノにすれば勝機はあるんでしょうかね? サンダース氏の陣営は。
 それにアメリカは大学の学費が日本とは比較にならないくらい額で、これが学生にすれば溜まったもんじゃないから、学費を無料にしますというサンダース氏の主張を支持しやすいんでしょうかね。

 14州のうち8州を制して優位に立ったバイデン氏、4つ制したもののそのうちの一つが大票田であるカリフォルニアを制したことで自身をつけているサンダース氏、この2人の争いとなるのは確実です。今回の民主党候補者指名争いは。てことはエリザベス・ウォーレン上院議員やマイケル・ブルームバーグ氏は撤退確実でしょうね・・・。
 今回の民主党候補者指名争いの最重要日であるスーパー・チューズデーをドナルド・トランプ大統領はどう見ているのやら・・・!?

theme : アメリカ大統領選
genre : 政治・経済

ブディジェッジ氏が降りる

 当初は台風の目だったけど、スーパー・チューズデーを前にちょっとした波乱です。

引用

ブティジェッジ氏、民主指名争い撤退へ…米メディア

【ワシントン=横堀裕也】米大統領選の民主党指名候補争いを巡り、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などは1日、ピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)が撤退する方針を固めたと報じた。

 最終更新:3/2(月) 8:57 「読売新聞」より
 先日に南部・サウスカロライナ州での予備選挙はジョー・バイデン前副大統領が圧倒的な勝利を収めたアメリカ大統領選挙民主党候補者指名争い、バイデン前副大統領の反撃及びバーニー・サンダース氏の巻き返しが予想される中、ここにきてピート・ブディジェッジが撤退するという思いがけない事態が起こったみたいです。

 アイオワ州での党員集会で勝利したものの、その後のニューハンプシャー・ネバダ、そしてサウスカロライナでの予備選挙でモノに出来なかったことから、力不足を痛感して自分はまだ大統領選挙に出るほどの力はなかったとして大統領選挙候補者指名争いから身を引こうとブディジェッジ氏は思ったけど、唯一の30代が撤退して、民主党候補者指名争いは70代だらけになった気がします。

 バイデン前大統領とサンダース氏のどちらかで決まりそうな可能性も出てきたが、ここに来て若い候補者がいなくなるのは若年層支持者にとって複雑な気もしてなりません。

 今週は大票田であるスーパー・チューズデーを控えており、それを前に台風の目なブディジェッジ氏の撤退は民主党にとって思いもよらぬものとなりそうです。ただブディジェッジ氏についてだが、いっそ上院議員選挙に立候補するのが先立ったんじゃとすら思います。

theme : アメリカ大統領選
genre : 政治・経済

「クアーズ」「ミラー」の敷地が乱射事件の現場に

 アメリカを代表するビールメーカーの敷地内でこんなことが起こるなんて、やはりアメリカだと言わざるを得ない。

引用

米で銃乱射、5人死亡 「クアーズ」「ミラー」醸造のビール大手

【ニューヨーク=上塚真由】米中西部ウィスコンシン州ミルウォーキーにある米ビール醸造大手「モルソン・クアーズ」の敷地内で26日午後(日本時間27日早朝)、銃乱射事件があり、地元警察によると、従業員5人が撃たれて死亡した。容疑者の男も現場で死亡した。

 モルソン・クアーズは「クアーズ」や「ミラー」などのブランドを持つ米ビール老舗大手。事件が起きた同社の敷地内には複数のオフィスや工場が併設され、600人以上が勤務しているという。容疑者はミルウォーキーに住む51歳の男で、複数の米メディアは同社の従業員と伝えた。地元警察や米連邦捜査局(FBI)が動機などを捜査している。

 現場は、ミルウォーキーの中心部から西に約5キロ離れた学校などが並ぶ地区で、多数の警察車両や救急車両が駆けつけて騒然となった。トランプ米大統領はホワイトハウスでの記者会見で「ひどいことだ」と述べ、哀悼の意を示した。

 最終更新:2/27(木) 11:05 「産経新聞」より
 中西部のウィスコンシン州・ミルウォーキー(MLBブリュワーズのホームタウン)にあるビール醸造メーカー「モルソン・クアーズ」の敷地内で突然何者かが銃を乱射して従業員5人が死亡するトンデモ事件が起こったけど、一体なぜ誰が・・・!?

 容疑者はミルウォーキー在住の51歳の男で「モルソン・クアーズ」の従業員だったというけど、この男はモルソン・クアーズ社に何かしら不満があったのだろうか・・・!? 不満があったにせよ銃乱射という凶行に及ぶのは普通じゃないを通り越してます。

 日本でもお馴染みの「クアーズ」「ミラー」、それをリリースしているモルソン・クアーズ社、ビール産業で有名なミルウォーキーを代表する企業といっていいけど、こういう事件が起こると企業及び製品イメージに悪影響が出そうでなりません。
 アメリカって大手企業の敷地でも銃乱射事件が起こりやすいってことだけど、やはり銃社会ゆえにそうなりやすいってことだが、日常的に銃乱射事件が被害者及び犠牲者が増えているのにそれを正そうとしないのは、銃所持は国民の自衛の権利って意識が強いアメリカだけに銃規制したくても出来ないってこと?

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

バーニー・サンダース氏の巻き返し

 ピート・ブティジェッジ氏の勢いは止まらないが、この人の勢いはその上を行ってます。これが実績の差でしょうか?

引用

急進派サンダース氏に警戒感 大増税と規制強化 米大統領選

【ワシントン時事】秋の米大統領選に向けた野党民主党の候補者指名争い第2戦の東部ニューハンプシャー州予備選挙で、急進左派のサンダース上院議員(78)が接戦の末、中道派の最若手ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長(38)を下して勝利した。

 サンダース氏は格差是正を掲げて富裕層や大企業への増税を提唱。「反ビジネス」色が最も強く、民間の自由な経済活動が損なわれるとの懸念が台頭している。

 米投資調査会社の推計によると、国民皆保険制度の導入を目指すサンダース氏の政策実現に必要な増税額は10年間で約28兆ドル(約3075兆円)。「トランプ減税」を撤廃して連邦法人税率を35%へ戻すほか、富裕層に対して新たな課税を導入する。一方、政府の財政負担は他候補を圧倒。北欧諸国に匹敵する世界有数の「大きな政府」となる。

 銀行と証券業務を分離する「グラス・スティーガル法」復活、金融街の投機取引税、環境汚染につながるシェールガス採掘法や石炭輸出入の禁止―。訴える政策構想には規制強化がずらりと並び、議会を経ずに「大統領令」で強行するリスクもくすぶる。中国に対する制裁関税を支持しており、幅広い業種の株価に下落圧力がかかりそうだ。

 「未検証の大規模な実験は絶対にするべきではない」。民主党のオバマ前大統領の首席経済顧問を務めたサマーズ元財務長官は、サンダース氏の提案を「空想」と切り捨てた。経済界は「誰よりも踏み込んだ『革命家』」(ドイツ銀行のストラテジスト)と警戒する。アイオワ州の初戦に続いて第2戦も左派と中道派が接戦を繰り広げたため、先行き不透明な状況が続きそうだ。

 最終更新:2/13(木) 7:21 「時事ドットコム」より
 アメリカ大統領選挙に向けた民主党候補者指名争い第1戦のアイオワ州ではブティジェッジ氏が僅差で1位となったけど、11日に行われた北東部・ニューハンプシャー州での予備選挙では、民主社会主義者を称するバーニー・サンダース上院議員がブティジェッジ氏と僅差の末に1位になったみたいです。

 格差是正・大企業や富裕層への増税・公立大学の授業料無償化・国民皆保険制度導入。などアメリカらしからぬ政策を掲げて若者の支持を集めるサンダース氏、銀行と証券業務を離すグラス・スティーガル法の復活も訴えるサンダース氏、市場主義経済支持者がグラス・スティーガル法を廃止したせいでマネーゲームが横行してサブプライムローンやリーマンショックにつながった。それを繰り返してはならないと言う訴えでしょうか?さらにシェールガス採掘法も廃止、石炭の輸出入も廃止。とドナルド・トランプ大統領に対する❝当てつけ❞的なマニフェストも掲げてますが、かえってやり過ぎ感もして一部から懸念の声も挙がっているみたいです。

 格差社会に苦しむ若年層の支持を集めるのも、今のアメリカが先進国最悪の格差社会でそれを正してくれるのはサンダース氏など左派しかいない。ってことだけど、やはり若年層の支持が集まらないことには政治は変わらないってことです。それに引き換え日本は野党に思い切った政策を掲げる者はおらず、ただ与党の揚げ足取りばかりで何もしてないも同然、これでは支持が集まらないし自民党しかまともだと思われないから、野党は与党の揚げ足取りや批判ばっかしてないで若年層支持につながるような対策を取ってはどうか?

 国民皆保険制度導入には相当なお金がかかるけど、それには富裕層や大企業にかなりの税をかけてそこから予算を捻出するということですか? それにオバマケアが頓挫したも同然なのに国民皆保険制度導入ってアメリカにおいては夢物語レベルだと思うが・・・!?
 大増税に規制強化で大きな政府樹立を目指すサンダース氏に政府内から「経済活動の自由に悪影響」「アメリカの価値観とは相容れない」と言う懸念も声も出てますが、税金に対する拒否反応が強いアメリカ社会だけに賛否が割れてることは間違いない。

 ニューハンプシャー州で勝利して巻き返しに出たサンダース氏、ただ候補者指名争いはまだまだ序盤、来月のスーパー・チューズデーでどれだけ支持を集めて勝利できるかがカギだと思うし、そのスーパー・チューズデーを重視する候補もいる以上、そこがキーポイントか?

theme : アメリカ大統領選
genre : 政治・経済

トランプ大統領は「シロ」ウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判はあっけなく❝終焉❞

 アメリカ議会を大いに揺るがしたあの問題はあっけなく終わったみたいです。
 日本の「桜を見る会」問題もいい加減終われよって言いたくなるが。

引用

トランプ氏に無罪評決 米上院弾劾裁判

【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる上院の弾劾裁判は5日、2つの弾劾訴追条項に関してそれぞれトランプ氏を無罪とする評決を出した。裁判は終結し、トランプ氏は罷免を免れた。ただ、疑惑が完全に払拭されたとはいえず、11月の大統領選や同時に行われる上下両院選に向けて与野党間の対立が激化しそうだ。

 大統領の弾劾裁判は21年ぶりで史上3人目だった。トランプ氏は第17代アンドリュー・ジョンソン大統領、第42代クリントン大統領と同様、有罪・罷免を免れた。

 上院(定数100)は与党・共和党が多数を占めており、陪審員役の上院議員による採決で賛成が3分の2に満たなかった。

 採決は2つの弾劾条項それぞれについて行われた。トランプ氏が大統領選を有利にするため対ウクライナ外交を利用したとする「権力乱用」(有罪48票、無罪52票)と、下院委員会の弾劾訴追調査を妨げたとする「議会妨害」(有罪47票、無罪53票)で、弾劾は成立しなかった。

 共和党からはトランプ氏に批判的なロムニー議員が造反し、「権力乱用」について有罪に賛成票を投じた。

 ウクライナ疑惑は、情報当局関係者が昨年8月に内部告発し、米メディアが報じて明らかになった。

 ロシアの脅威に対峙(たいじ)するために米国の支援を必要としていたウクライナ政府に対し、トランプ氏が凍結した対ウクライナ軍事支援の再開や首脳会談の開催を引き換えに、大統領選で野党・民主党の有力候補であるバイデン前副大統領に関して調査するよう圧力をかけたとされる。

 トランプ氏は疑惑を否定してきたが、民主党が多数派の下院は昨年12月18日にトランプ氏の弾劾訴追を決議。今年1月16日から弾劾裁判が開かれていた。

 最終更新:2/6(木) 8:20 「産経新聞」より
 ビル・クリントン以来となる弾劾裁判にかけられたドナルド・トランプ大統領、ウクライナ疑惑を巡る上院の弾劾裁判だが、上院では与党・共和党が多数派なことから採決では反対多数で否決となり、これによりトランプ大統領は罷免を免れるという結果になったみたいです。

 ロシアを牽制する為にウクライナ外交を利用して大統領選挙における民主党の有力候補の一人、ジョー・バイデン前副大統領に圧力をかけた疑惑は、結局トランプ大統領はシロだったってことかも知れないが、上院での採決は共和党が幅を利かせてんだから廃案になる率は一目瞭然です。

 この結果を受けてトランプ大統領が「こんな茶番で議会を混乱させた民主党の罪は大きい」なんてツイッターに書き込みそうだが、今年の大統領選挙及び上下院選挙にしこりを残しそうな気もします。
 民主党にすればトランプ大統領を弾劾して大統領選挙で優位に立とうとした目論見はもろくも崩れたと思うが、民主党はこの結果で大統領選挙及び上下院選挙に悪影響を及ぼす率が高いです。

 罷免を免れたことでホッとしているトランプ大統領だが、ウクライナ疑惑の真相はまだ有耶無耶なまま、この結果に納得がいかない民主党は改めてそれに関わる公文書を見つけてまた攻撃してきそうな懸念もあると思うな。疑惑の真相が有耶無耶なままでの決着って玉虫色的な感じで、これはスポーツにおいて「引き分け」という結果を良しとしないアメリカ人からすればあまり良く思わないと思うが、それはどうか。

theme : アメリカお家事情
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード