米朝首脳会談に対する見解は「賛否両論」

歴史的な米朝首脳会談を終えたものの、当のアメリカ政府の見方は・・・!?

引用

米朝首脳会談 米与党は「歴史的」と評価も金正恩体制に強い警戒

【ワシントン=加納宏幸】米与党・共和党のマコネル上院院内総務は米朝首脳会談を受け、12日の上院本会議でトランプ大統領が「歴史的な和平に導くプロセスを始めた」として政権への支持を表明する一方、「北朝鮮に約束を守る意思がないと分かれば、米国や同盟国は最大限の圧力を回復する用意をしなければならない」と述べた。

 北朝鮮に対する強硬論で知られる同党のルビオ上院議員は12日、ツイッターに「大統領は良い取引をするため北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長をおだてようとしたかもしれないが、金氏は才能のある人物ではなく完全な危険人物だ」と書いて、警戒を呼びかけた。また、残虐な金体制を終焉させられない合意は良い取引ではないと指摘した。

 最終更新:6/13(水) 7:58 「産経新聞」より
ドナルド・トランプ大統領北朝鮮金正恩の歴史的会談を終え、北朝鮮の非核化を盛り込んだ合意文書署名及び拉致問題に言及する結果となったけど、これについてアメリカ政府内では歴史的な和平に導くプロセスと肯定的に見る声もあれば、一方で体制保証に触れたのか「独裁者である金正恩に大義名分を与えるもの」「北朝鮮に譲歩したとしか思えない」と否定的な見方を持つ声もあり、与野党ともに賛否割れる見解となったようです。

正直トランプ大統領の「実績作り」だと指摘する声もあるし、核放棄と言いながら具体的な中身がないに等しいものならどこが非核化を盛り込んだ合意文書なのかとアメリカ政府内でそんな声が出るのも無理はないが、非核化への道筋もないでどこが核放棄なのかと疑問も残るでしょう。
結局トランプ大統領のパフォーマンスにしか見えなかったと言う指摘も最もだが、非核化に向けた道筋なき中身と金正恩体制を容認するような姿勢はかえって北朝鮮をつけ上がらせるだけで、アメリカにとって脅威にもなりかねないってことですかね。

非核化を約束させても北朝鮮は忘れた頃にそれを反故にしてまた良からぬ動きを見せる懸念もあるだけに、余計アメリカはイザ知らず周辺諸国に不安を与えるものかも知れないです。
アメリカと北朝鮮の対立に終止符を打つ和平につながるのか、それとも北朝鮮をつけ上がらせて情勢を複雑にするリスクをもたらすのか、正直トランプ大統領は何をしたかったんでしょうか? それでいて援助については日本や韓国が率先してやれなんて言うんだから、正直何なの・・・!?

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

銃規制に消極的なテキサス州

またも高校で銃乱射事件が起こりました。ただフロリダのケースと違って今回は事件後の影響に温度差が出ています。

引用

米乱射 テキサス、規制慎重「銃を責めない」

【サンタフェ=上塚真由】米南部テキサス州サンタフェの高校で18日に起きた銃乱射事件で、複数の米メディアは、犯行時に容疑者の男子生徒(17)が「殺すために生まれた」と書かれたTシャツを着用していたと報じた。計画的な犯行の疑いが高まる中、事件の動機は不明のままで、捜査当局は解明を急いでいる。

 一方、事件発生から一夜明け、生徒や近隣住民からは「学校の安全対策」を求める声が多く、「銃を責めることはない」などと規制強化には慎重意見が相次いだ。2月の南部フロリダ州パークランドの銃乱射事件では直後から高校生らによる銃規制強化の草の根運動が盛り上がったが、対照的な展開となっている。

 友人を事件で亡くしたという生徒のトリー・ホワイトさん(17)は、「思い出すとつらい」と涙ながらに吐露。一方、銃規制には、「彼が学校で事件を起こしたければ、銃規制法があろうとなかろうと関係ないと思う。これが正直な意見」と話した。また、近くに住むリンダ・エマニュエルさん(60)は、「このあたりは銃を所持している家庭は多い。保護者が、きちんと自分の銃を管理することが重要だ」と指摘した。

 保守的で銃規制の緩い州として知られるテキサス州。銃規制の消極的な理由は、米南部には「自分の身を自分で守る権利がある」という理念が根強く、とりわけテキサス州は19世紀半ばにメキシコから独立して共和国だった歴史を持ち、独立独歩の気風が今も残るためだ。150万人以上が合法的に拳銃などを所持しているとされる。

 乱射事件を受けて地域に悲しみは広がるが、「子供たちを守るためには、武装した教師や金属探知機が必要だ。だが、ここはテキサス。銃規制が進むことはないだろう」と、住民のクリス・タッカーさん(43)は語った。

 最終更新:5/21(月) 8:30 「産経新聞」より
テキサス州・サンタフェのとある高校で18日にこの高校に通う男子生徒が突然銃を乱射して10人が死亡する大惨事となったけど、またも学校で起きてしまった銃乱射事件、今回ばかりは銃規制の声が挙がってもおかしくないのだが、この学校の生徒や現場近郊の住民からは意外な声が出てるようです。

「銃を責めることはない」と学校の安全対策を求める声が多く、銃規制に消極的な意見が相次ぐなど、フロリダ州の事件の余波とは正反対の声が多かったけど、なぜ銃規制に反対なのか?
これには、アメリカ建国以来の「自分の身は自分で守る」って意識が特に強く、とりわけ南部諸州はその傾向が強いが為に銃はもって当たり前ってことだけど、メキシコから独立して共和国だった歴史もあるテキサス州、最もそれが強いのも無理はない。即ち自衛意識が進んでるんですかね?

それと西部劇的な価値観も強いせいか、銃規制は自分たちのアイデンティティを否定するのと同じで銃規制なんてトンデモない!! ってこと? NRA(全米ライフル協会)の理念を最も尊ぶ州なんでしょうね、テキサス州は。自宅などに不審者が押し入ってそいつを銃殺しても正当防衛と見なされる法もあるんだから、それもおっかな過ぎ。

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

アメリカってどこまでイスラエルの肩を持つんだろう?

中間選挙対策としてユダヤ票欲しさにとことん甘い顔を続けてるとしか思えません。

引用

ガザ衝突、「大使館移転を口実に暴力」 米政府がハマスを批判

【ワシントン=加納宏幸】在イスラエル米大使館のエルサレム移転に抗議するパレスチナ自治区ガザでのデモで多数の死傷者が出ていることについて、米国務省のナウアート報道官は15日の記者会見で、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスが移転を「口実」に抗議活動を激化させていると非難した。

 ナウアート氏は死者が出ていることに遺憾の意を表明する一方で、「ハマスが住民を激怒させて暴力に仕向ける口実として(大使館移転を)使いたいとすれば、無責任な選択だ」と述べた。また、ハマスが住民にフェンスを越えてイスラエルに入るよう扇動していると指摘するとともに、「ガザの人々が直面する悲惨な状態はハマスによるものだ」とした。

 イスラエル軍による発砲に関しては、自衛権の発動であるとの米政府の立場を重ねて表明した。

 最終更新:5/16(水) 11:34 「産経新聞」より
エルサレムに大使館を移転したアメリカ、当然パレスチナの怒りを買ったわけでガザ地区で大規模な抗議デモが発生して、多数の死傷者が出た事実についてアメリカ政府は「ハマスが抗議活動を煽った」と従来のイスラエルびいき姿勢を見せたようです。
悪いのは民衆を扇動しているイスラム原理主義組織・ハマスにあり、イスラエル軍の姿勢は自衛目的でやってるから正しい! とイスラエルの行為を正当化する姿勢ですか、また!!

「ハマスが住民を激怒させて暴力に仕向ける口実として(大使館移転を)使いたいとすれば、無責任な選択だ」って、世論の反発を無視してエルサレムに大使館を移転させ、自分たちは悪くない、悪いのはハマスなどイスラム過激派だと言わんばかりなアメリカ、どこまでイスラエル擁護・アラブ軽視なんだかといいたくなるが、ユダヤの影響力がバックにあるからイスラエル批判はアメリカ政府内でタブーなんだろうか!? これも行き過ぎたユダヤ擁護であり、善悪二元論的な価値観もいいところだ。

イランの影響力拡大もさることながら、中東地域の混乱の根本的な理由は事あるごとにイスラエルの肩ばかり持つアメリカの姿勢にもあるんじゃないのか!? イスラエル軍の行き過ぎた軍事的行為は自衛権発動と正当化する一方で、パレスチナによる武力行使には非難声明。これもどこか差別に満ちてます!! ユダヤを助け、アラブを見下す。これがアメリカのやり方かァ!!

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

裸でガンを持つ男

コートを脱いだら裸って変態以外の何物でもないが、それに銃を持ってたら?

引用

上着に裸の男、乱射4人死亡…銃奪われ林に逃走

【ニューヨーク=吉池亮】米南部テネシー州ナッシュビルで22日未明(日本時間22日午後)、男がレストランで自動小銃を乱射した。地元警察当局の発表では4人が死亡、4人が負傷した。

 男は客ともみ合いになり、銃を奪われ、逃走した。

 発表では、男は29歳の白人でイリノイ州在住。ジャケットのようなものをはおっていたが、下は裸だったという。近くの林に逃げ込んだとみられ、警察当局が捜索を続けている。

 犯行に使用された自動小銃は、殺傷能力の高い「AR15」で、フロリダ州の高校乱射事件などで使用されたものと同型だった。

2018年04月23日 13時03分 読売新聞
アメリカ・テネシー州ナッシュビルのレストランで22日、男が突然銃を乱射して4人が死亡、4人が負傷するという大惨事が起こったが、銃乱射事件が頻発しやすいアメリカ「またか」と言いたくなります。

男はコートを羽織ってたが、下は全裸だったっていうから典型的な変態なんじゃねェかと言いたくなるし、そんなカッコで銃を乱射して相当頭がおかしいを通り越してます。またイリノイ州在住だったことから、どうやってナッシュビルに行ったのかは謎だ。

犯行に使われた銃はフロリダ州の高校で起こった乱射事件で使われたものと同じだったっていうから、同じ銃でまた事件が起こったのを考えれば何とも皮肉だ。男は客ともみ合いになって銃を奪われた直後に逃走したが、近くの林に逃げたとの証言もあり警察が血眼になって捜索してるが、銃を奪われて逃げる、奪われて逆に自分が撃たれるのが怖いからだろうな。
また殺傷能力が高い銃だったから、軍用ライフルを普通に所持できるのっておかしいにもほどがあるよ。

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

コミー前FBI長官、トランプ大統領と口喧嘩

昨年一方的に解任されたことを未だに根に持ってるんでしょうか、この人は。

引用

前FBI長官「大統領に不適任」 トランプ氏と非難の応酬

【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領が昨年5月に解任した連邦捜査局(FBI)のコミー前長官は15日放送されたABCテレビのインタビューで、トランプ氏を「道徳的に大統領に不適任だ」と批判した。コミー氏は17日にロシアの米大統領選干渉疑惑をめぐるやり取りを記した回顧録を出版する予定で、トランプ氏はツイッターでコミー氏を攻撃した。

 コミー氏は同疑惑捜査に絡み起訴されたフリン元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の捜査打ち切りをトランプ氏から求められたと主張している。コミー氏はこうした行為が捜査を妨げる「司法妨害」に当たる可能性があるとし、「証拠はある」と述べた。

 コミー氏は回顧録で、トランプ氏を「マフィアのボス」になぞらえて批判していることが明らかになっている。また、2016年大統領選で民主党のクリントン元国務長官が勝利すると予測したとしている。

 トランプ氏は15日、ABCでインタビューが放映されるのを前にツイートを連発し、コミー氏を「クリントン氏が勝つと思って仕事をほしがった。ゲス野郎!」「史上最悪のFBI長官だ」と批判した。

 最終更新:4/17(火) 7:55 「産経新聞」より
昨年5月にドナルド・トランプ大統領から一方的に解任されたFBIジェームズ・コミー前長官、15日にアメリカ・ABCテレビのインタビューに答えた際「道徳的に大統領に不適任だ」とトランプ大統領を名指しで批判したけど、ロシア疑惑で批判を受けているトランプ大統領への「当てつけ」か、大統領選にロシアが関与した疑惑に触れたやり取りを大々的に載せた回顧録を近々出版する予定のコミー氏、トランプ大統領を「マフィアのボス」とも評して批判してることも明らかになってますが、これもトランプ大統領への皮肉たっぷりな姿勢と取れます。

ただ2016年の大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントン元国務長官が勝つだろうと言いながら、ヒラリー氏のメール問題を持ち出してトランプ支持に回った節操の無さはどうなんだかと思うが。

「クリントン氏が勝つと思って仕事をほしがった。ゲス野郎!」「史上最悪のFBI長官だ」とコミー氏をツイッターでボロカスに批判したトランプ大統領、ゲス野郎だなんてハッキリ言って一国のトップとは思えない下品で過激な表現でしかない。
自身の疑惑を口止めしようとFBIに圧力をかけ、それに応じなかったコミー氏を解任。コミー氏だけでなくFBI全体が司法妨害を受けたとしか思えない。

現職の大統領とFBIの元トップがここまで非難の応酬を展開する。正直言ってプロレスのマイクパフォーマンス的なものでしかないが、どう見たって子供じみたケンカレベル。モリカケ問題にうつつを抜かす日本の政局と同じで、低レベルで品がない。

theme : アメリカお家事情
genre : 政治・経済

メンフィスで「人種差別撤廃」を叫ぶ

改めてアメリカにおいて未だ残る人種差別や偏見、それを無くそうって訴えてもそうならない現実を憂いてるようにも見えます。

引用

キング牧師暗殺から50年 人種差別撤廃訴え 米メンフィスに1万人

【メンフィス=上塚真由】人種差別撤廃に取り組んだ米公民権運動の黒人指導者、マーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺から50年を迎えた4日、米各地でキング牧師の功績を記念する集会が行われた。暗殺の地となった南部テネシー州メンフィスでは約1万人(警察推定)が行進し、米国で今も残る人種差別や暴力の撤廃を訴えた。

 「私には夢がある」の演説で知られるキング牧師は1968年4月4日、黒人清掃作業員の待遇改善を求める運動を支援するため、メンフィスを訪問し、凶弾に倒れた。

 メンフィスでの集会は、暗殺現場前の広場で開かれた。暗殺された時間の午後6時1分、死亡年齢に合わせて鐘が39回鳴り響き、キング牧師のお気に入りのゴスペル曲「プレシャス・ロード」が披露された。

 首都ワシントンや、出身地の南部ジョージア州アトランタなどでも大規模集会が開催された。人気歌手のスティービー・ワンダーさんはツイッターで「50年たっても、彼の夢がかなう必要性はさらに増している」とコメントし、多くの人気歌手らが参加するキャンペーン動画を発表した。

 最終更新:4/6(金) 8:27 「産経新聞」より
人種差別撤廃を訴えた公民権運動の指導者マーティン・ルーサー・キング牧師が暗殺されて50年、4日にキング牧師が暗殺された地テネシー州・メンフィスで約1万人の参加者が人種差別や暴力・ヘイトクライムの撤廃を改めて訴えたようです。

キング牧師がメンフィスの地で暗殺されて50年、そのメンフィスで集会を開くというのは「運命」かも知れないが、改めてキング牧師の功績は後世に残すべきものだと全米中がそう思うのも当然だし、メンフィスのみならず「私には夢がある」の演説の舞台で大行進の舞台でもあった首都ワシントン、さらにキング牧師生誕の地、ジョージア州アトランタなどでも行われた大規模集会もまたそれを物語っている。

ただ極めて残念なことに、人種差別や暴力が根強く残るアメリカ、ついこの前も白人警官による黒人リンチ事件がまた起こったし、未だアメリカ社会において黒人の権利というか地位が軽んじられてることは遺憾じゃ済まされないし、ドナルド・トランプ大統領になってから人種対立が激しくなったことも遺憾じゃ済まないレベル。
「50年たっても、彼の夢がかなう必要性はさらに増している」とツイッターでこう書き込んだスティービー・ワンダー、キング牧師の命日だからこそ改めてキング牧師の理想と理念がどれだけ重要なのかを訴えているように見えます。

こう見ると積極的にロビー活動しなければいけないのは黒人だと思うね。NAACP(全米黒人地位向上協会)はこの日をどう見たんでしょうか。

theme : 差別問題
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード