動機はイスラム教徒に対する不快感?

イギリスでまたテロが起こってしまいました・・・。それにまたイスラム絡みみたいです。

引用

ロンドンで暴走車、運転していた48歳男を逮捕 イスラム教徒に突っ込む

【ロンドン支局】英BBC放送などによると、ロンドン北部で19日未明(日本時間同日午前)、ワゴン車が暴走し、付近のイスラム教礼拝施設モスクから帰宅途中の信者らをはねた。これまでに1人が死亡し、複数の負傷者が病院へ収容された。警察は車を運転していたとみられる48歳の男を現場で逮捕した。

 ロイター通信によると、メイ首相は、テロの可能性があるとみて警察が捜査していることを明らかにした。負傷者数について、ロイター通信は少なくとも10人としている。BBC放送は3人以上が重傷だと伝えており、死亡したのはこのうちの1人とみられる。大半は移民系のイスラム教徒とみられ、聖職者が含まれているとも報じられた。

 車の運転手はその場で群衆に取り押さえられ警察に突き出されたもよう。英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は、捕まったのは「白人男性だった」とする目撃情報を伝えた。イスラム教では現在、重要な行事である断食月ラマダンにあたり、現場付近のモスクでは礼拝などの行事が行われていた。

 当時、現場では「車が人をはねている」と叫び声が起こるなど、騒然となった。警察が付近を徹夜で封鎖して警戒を続けた。警察はテロの可能性を視野に対テロ部門と合同で捜査を進めている。ロンドンでは今月3日深夜にも中心部のロンドン橋で暴走車が歩行者をはね、刃物で襲撃するテロ事件が起きていた。

 最終更新:6/19(月) 14:02 「産経新聞」より
3ヶ月前にロンドン・ビックベン近くで暴走車が大勢の一般市民をはねた上に刃物で襲撃すると言う秋葉原無差別殺傷事件を彷彿とさせるテロが起こった記憶が新しい中、またもロンドンで暴走車による無差別テロが起こったみたいだけど、現場はモスクの近くで、モスクから出てきたイスラム教徒を次々とはねたって言いますから、またもテロの脅威にロンドンが見舞われたと言えます

車を運転していたのは白人男性で、直ちに群衆に取り押さえられて警察へと身柄を拘束されたが、この男性は何が理由でこのような事件を起こしたのだろうか。明らかにモスクから出てきたイスラム教徒を狙って起こしたとすれば、イスラム教徒に対するヘイトクライムなんじゃねェのかと思う。
欧米ではイスラム過激派におるテロが起これば、どうも一部の白人がイスラム教徒に対する排斥運動を起こしがちになるように、それも背景にありそうだ。ただでさえイスラムに対する不当な偏見が残っている欧米社会だけに。

被害者の多くはイスラム教徒、モスクでは現在ラマダンの時期なこともあり大勢のイスラム教徒が集まっており、当然礼拝もしているけど、イスラム教徒にとって神聖な行事を汚されて気が気でもないでしょう。
イスラム過激派にすればこの事件は、白人はイスラム教徒を敵視しているなんてプロパガンダに使われる懸念だってあるし・・・。

イスラム過激派によるテロの次は、一部の白人によるイスラム教徒をターゲットとしたテロ、暴力の連鎖で無秩序もいいところなんじゃねェのかと思うし、改めてロンドンは物騒だと言う印象を与えそうです。報復がもたらすものは対立と分断しかないのに・・・!!
イギリス政府はまたテロが起こったことで非常事態宣言を延長しそうです。

theme : テロ
genre : ニュース

東西ドイツ統一、ユーロ導入、残した功績は数知れず

東西冷戦終結の立役者の一人がまた天へと召されました・・・。
おそらくこの人の重要度はかなり高いです。

引用

コール独元首相が死去、87歳 東西ドイツ統一実現 欧州統合を推進

 【ベルリン=宮下日出男】第二次世界大戦後、東西に分断されていたドイツの統一を1990年に実現した同国のヘルムート・コール元首相が16日、独西部ルートウィヒスハーフェンの自宅で死去した。87歳。独紙ビルトが伝えた。

 1930年、ドイツ西部ルートウィヒスハーフェン生まれ。46年、保守系キリスト教民主同盟(CDU)に入党し、西部ラインラント・プファルツ州首相などを経て82年10月から98年10月まで連邦首相を務めた。約16年に及ぶ在職期間は戦後の西ドイツ、統一ドイツを通じて最長記録。

 ポーランドなど東欧諸国の民主化の波を受け89年11月9日に「ベルリンの壁」が崩壊後、「10項目提案」を行い、東西ドイツの統一を推進。東西の通貨マルクを1対1で交換する通貨統合などを経て、90年10月3日、壁の崩壊から1年足らずで統一を実現した。

 当時のフランスのミッテラン大統領とは緊密な関係を築き、欧州統合を推進。現在の欧州連合(EU)の創設、欧州単一市場の実現や単一通貨ユーロの導入に大きな貢献を果たした。

 旧東独出身で現首相のメルケル氏を見いだし、91年に初入閣させたことでも知られる。早急な統一は独経済の負担ともなり、98年の総選挙で大敗。CDU党首を辞任後、首相在任中の不正献金疑惑も表面化した。

 最終更新:6/17(土) 1:54 「産経新聞」より
西ドイツ最後の首相として東西ドイツ統一に貢献し、その後も統一ドイツ初代首相としてドイツと言うよりヨーロッパ政界に君臨してきたヘルムート・コール元首相が16日に死去、御年87歳、今のヨーロッパはおそらくコール氏なしでは築けなかったと言えます。

長くCDU(キリスト教民主同盟)で活動し州首相まで務め、1982年に西ドイツの首相に就任したコール氏、在任中に起こった東欧革命とベルリンの壁崩壊による民主化の流れに乗り、東西のマルクを1対1で交換する通貨統合などを行い1990年に東西ドイツ統一と言う偉業を成し遂げたが、自分は分断されたドイツを再び一つにすると言う意気込みの表れでした。ベルリンの壁が崩壊して民主化したことにより、存在意義がなくなった東ドイツを吸収するのに長くはかからなかったと言うか・・・。

英仏などから懸念の声もあった東西ドイツの統一、自国の利益を犠牲にして英仏と緊密かつ融和関係を築き、EU(ヨーロッパ連合)創設、単一市場実現、単一通貨ユーロの導入など、ヨーロッパの統合路線に大きく貢献したことは大きいです。
「マルクを捨てたくない!」と言う反発を押し切りユーロを導入したことは、ドイツだけでなく周辺国の利益に貢献するために必要だって説いたんでしょう。

その後98年まで首相を務め、今のアンゲラ・メルケル首相を抜擢しその後につなげたことも大きく評価すべきだが、早急かつ旧西ドイツ主導での統一はドイツ経済の足かせにつながり、CDU党首を辞めた後に首相在職中に不正献金疑惑も発覚するなどネガティブな形での幕引きにもなったが、その後もドイツ政界に大きな存在感を見せたコール氏、ドイツにとってもヨーロッパにとっても偉大なる人物だったことは言うまでもないです。

コール氏の訃報について、メルケル首相も哀悼の意を示してますが、国葬にして国家規模でコール氏に最後のお別れをすべきです。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → ドイツ再統一を果たした首相

theme : ドイツ
genre : 海外情報

マクロン旋風が止まらない

既存の2大政党を脅かす存在にもなったみたいです。
下手すれば「一党」支配になりかねないです。新風が吹き荒れるフランス政界の象徴になりそうですが、それに対して既存政党は・・・。

引用

仏野党、「一党支配」阻止に全力へ=大統領新党が圧勝の勢い―下院選

【パリ時事】11日実施されたフランス下院選(定数577、小選挙区制)第1回投票の結果、マクロン大統領が率いる中道新党「共和国前進」が過半数(289)を大幅に上回る400超の議席を獲得して圧勝する可能性が高まった。

 野党は18日の決選投票で「一党支配」を阻止するため全力を挙げるが、攻め手に欠ける状況だ。

 マクロン大統領は議会にほとんど基盤を持たない状態で、5月14日に就任。4~5月の大統領選当時は、マクロン氏が当選しても下院選で過半数を獲得するのは難しいという見方が大勢だった。

 ところが、マクロン大統領は就任後、既存2大政党の右派・共和党と左派・社会党から有力幹部を次々と引き抜いて閣僚に登用。両党議員らがマクロン氏支援に回る動きが加速し、共和国前進の「地滑り的勝利」が現実味を増していった。

 左派のオランド前政権の不人気を背景に、社会党が党勢を大幅に減らす一方で、共和党は共和国前進の単独過半数獲得を阻止して連立政権に加わることを目指した。しかし、第1回投票で共和党の予想獲得議席は最大でも100議席にとどまり、政権の一角を担う計画は崩壊の瀬戸際に立たされている。

 共和党の選挙戦を率いるバロワン元予算相は第1回投票の結果を受けて「権力の集中ではなく、権力のバランスが必要だ」と支持を呼び掛けた。数議席の獲得にとどまる見通しの極右政党・国民戦線(FN)のルペン氏も、第1回投票の棄権率が歴史的な高水準に上ったことから、「国を愛する有権者は決選投票に参加しよう」と訴え、巻き返しに望みをつなぐ。

 下院選は第1回投票でどの候補者も50%超の票を得られない場合は、有権者数の12.5%超の票を獲得した複数候補が18日の決選投票で争う。大多数の選挙区で共和国前進の候補者が第1回投票を首位通過する中、「反マクロン票」の有力な受け皿となる政党は見当たらず、野党による逆転は難しいのが実情だ。

 最終更新:6/12(月) 14:25 「時事ドットコム」より
さきの大統領選挙を制し、政権の座に就いたエマニュエル・マクロン大統領、そのマクロン大統領が率いる中道新党「共和国前進」が11日に実施された下院選挙の第1回投票で、400以上の議席数を獲得しそうです。
議会に支持基盤を持たない状態からスタートしながら大統領に就任、ただその後の下院選挙で過半数は取れないだろうと否定的な見方がまだあったが、就任直後右(共和党)から左(社会党)へと有能な人材を引き抜いて閣僚に起用すると、政府内でマクロン支持を増やしたことが今回の圧勝につながっているわけだが、草の根運動の賜物って言ったらそれまでだが、共和党や社会党関係なく実力者を起用する。ちょっとした「大連立」に見えます。

社会党が支持低下にあえぎ、共和党もこれまで社会党と並んでフランスの政治を引っ張ってきただけに、新興勢力の共和国前進の台頭は気が気じゃないってことでしょう。有能な者はマクロン大統領にヘッドハンティングされてることがそれを物語っているし・・・。

勢いが止まらないマクロン大統領及び共和国前進、ただそれでも新興勢力であるマクロン大統領を支持しているとは限らないだけに、既存政党の巻き返しもありそうだが、既存政党がその「受け皿」となれてないだけに、厳しい状況にあるみたいです・・・。
「既存政党(共和党・社会党)では新しいフランスを築けない!」「変革こそ今のフランスに必要だ!」って意見が増えていることがマクロン大統領及び共和国前進支持に回ってると言えばこの実力は「本物」でしょう。ただ一党支配にでもなれば議会が正常に機能しなくなると言うデメリットもあるが・・・。日本を見れば分かるでしょうけど。

theme : フランスの政治と社会
genre : 政治・経済

保守党、と言うかメイ首相にとって痛い結果に?

突然の解散総選挙を実施したが、自分が思うシナリオは描けないみたいですね。テリーザ・メイ首相。

引用

英総選挙 開票始まる 午後にも大勢判明 出口調査は「与党保守党過半数割れ」

【ロンドン=岡部伸】欧州連合(EU)からの離脱交渉開始を目前に控え、8日朝から行われた英総選挙(下院定数650)の投票は同日午後10時(日本時間9日午前6時)に締め切られ、開票作業が始まった。9日朝(同午後)にも大勢が判明する見通し。

 英BBC放送などが8日夜(日本時間9日午前)報じた出口調査によると、メイ首相が率いる与党・保守党が314、労働党が266、スコットランド民族党(SNP)34、自由民主党14。保守党が過半数を割り込み、どの党も過半数を取れない「ハングパーラメント(宙づり議会)」になる可能性がある。

 今回の総選挙には過去最高の約4690万人が有権者登録。投票は全国4万カ所以上で行われ、メイ首相、コービン労働党党首もそれぞれ地元で投票した。

 両党の解散前の議席数は保守党330、労働党229。保守党は過半数をわずかに上回るにとどまっていたため、メイ氏は今月19日にも始まるEU離脱交渉を強力に主導できるよう政権基盤の強化を狙い、解散総選挙に踏み切った。しかし逆に議席を減らせば、国民から信任を得られなかったことで求心力が低下し、メイ氏が責任を問われる事態も予想されるほか、19日にも始まる予定のEUとの離脱交渉の行方に大きな影響を与える。

 選挙戦当初、保守党と労働党の支持率の差は約20ポイントあったが、終盤に急激に縮小。世論調査大手サーべーションの最終調査では保守党41・3%、労働党40・4%だった。

 選挙戦ではEUからの離脱に向けた方針が大きな争点となり、メイ氏は離脱交渉の担い手を選ぶ選挙と位置付け、「自分が英国をより繁栄させる」と訴えた。労働党は、保守党が訴えるEUの単一市場からの撤退は「経済への打撃が大きい」などとして反対。EUとは離脱後も連携を維持する姿勢を強調したほか、選挙公約(マニフェスト)で鉄道や郵便の再国有化、大学授業料の無料化などを掲げ、支持を広げた。選挙期間中にテロ事件が相次いだことで、メイ首相が内相時代に行った警官削減も批判を受けた。

 最終更新:6/9(金) 8:57 「産経新聞」より
EU(ヨーロッパ連合)からの離脱に前進か後退かの信を問うイギリス総選挙、メイ首相率いる与党・保守党は「自分が英国をより繁栄させる」とEU離脱に積極的なのに対し、ジェレミー・コービン党首率いる野党・労働党は「経済への打撃が大きい」と単一市場からの撤退がイギリス経済に悪影響を及ぼすと反論、かつテロ対策ではメイ首相が警察を縮小したことでテロが頻発するようになったとも言っており、EU離脱及びテロ対策が焦点みたいです。

また労働党は鉄道などを再国有化、大学授業料を無償化すると言ってますが、サッチャリズムの象徴を見直すことも視野に入れてますね。

出口調査によれば、保守党は314、労働党は266議席が見込まれており、過半数である330に届かないと推測してますが、いわゆる「ハング・パーラメント」状態になりかねない懸念もあるが、今回の選挙で議席を増やしたい保守党にすれば解散前に330あった議席を減らすようなら、メイ首相の責任問題に発展するだろうし、世論も世論でメイ首相に対する不信感も出るでしょう。
選挙戦当初保守党は圧倒的な支持率だったものの、徐々に労働党が猛追して現在では保守党が41.3パーセントなのに対し労働党は40.4パーセントって言うから、予断を許さない状況です。

最終的な獲得議席数はまだ判明しないが、過半数を取れなければ保守党にとっても労働党にとっても痛い結果でしかありません。メイ首相もコービン党首もどう見るのか? 下手すればメイ首相は最悪の事態を自ら招いたことになりそうです。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

マンチェスターで自爆テロ

一昨年のパリ同時多発テロ同様、いわゆる「ソフトターゲット」が標的となったようです。

引用

英自爆テロ 緩い警備、若者標的か

【マンチェスター=岡部伸】英中部マンチェスターのコンサート会場で起きた爆発で、警察当局は現場にいた男による自爆テロと断定、ラッド内相は「若者が故意に狙われた」との見方を示した。劇場が現場の一つとなった2015年11月のパリ同時多発テロと同様、警備が比較的緩やかな「ソフトターゲット」が狙われ、テロ対策が追いつかない現状が浮かび上がった。会見したマンチェスター警察は男が携帯した爆発物を作動させたとし、男が単独犯か組織の一部かについて捜査を急ぐ考えを示した。

 ロイター通信によると、米当局者はパリのテロとの共通点を指摘。同テロでは、米ロックバンドがライブをしていた、警備の緩いバタクラン劇場に「イスラム国」(IS)のテロ犯が侵入。乱射や自爆で多くの犠牲者が出た。

 英国ではロンドンの地下鉄などがターゲットとなり52人が死亡した05年のテロを受け、警察などが過激思想に染まった人物への監視を強化し、テロ計画の阻止、逮捕に結びつけてきた。

 一方で、今年3月に起きたロンドン・国会議事堂周辺でのテロのように、近年は「ローンウルフ」(一匹おおかみ)型の単独犯が増加。また、通信方法も複雑化し、通信傍受などで動向を把握しにくくなっているとされる。

 最終更新:5/24(水) 7:55 「産経新聞」より
イギリス中部にあるマンチェスターで、アメリカの人気歌手アリアナ・グランデのコンサートが行われ無事に終わったその時!! 突然爆発音が起こり80人以上が死傷する大惨事となったって言いますから、現場はソフトターゲット、大勢の人が集まりかつ警備が手薄な場所がまた狙われたことはホントに信じられないです・・・。

ティーンエージャーに人気の歌手アリアナ・グランデだけに、会場には大勢の青少年が詰めかけたけど、事件発生と同時にSNSを通じて安否確認をする保護者が相次いだって言いますから、気が気でないことは確かだし、楽しいコンサートが突如阿鼻叫喚の場と化したことで相当なトラウマだって出てくるでしょう・・・。

またIS(イスラム国)が犯行声明を出したこともあり、またISの息がかかった者によるテロかと勘ぐりたくなるが、自爆テロを起こした男はリビア系イギリス人でおそらく孤立感からISの思想に走ったのではと思います。最近イギリスでは単独犯によるテロが相次いでおり「またか」と思った。
2005年のテロ以降、イギリスでは危険な思想に染まった人物を徹底的に監視する対策が強化され、テロ計画阻止及び逮捕に積極的となったが、水際でテロを根絶する為に必要なことだって思うね。危険思想に染まっている疑いがある人物は当局で徹底監視、コレって当然じゃないの。だったら去年相模原の障害者施設で無差別殺傷事件を起こした容疑者にも当てはめるべきだが。

日本では現在テロ等準備罪、いわゆる共謀罪成立に向けて与党が躍起になっている一方で野党は反対一辺倒で平行線だが、反対している野党議員及び識者の皆さんには今回のテロを見てどう思ったか、意見を聞きたいです。
他国で起こったテロを他人事のように見てはいけない、日本でも同じようなことが起こる懸念を持ってはいかがですか!? とつくづく思う私です。

theme : テロ
genre : ニュース

マクロン氏勝利でポピュリズム拡大を「阻止」

アメリカやイギリスのようにいかなかったことだけは「さすが!!」と言いたいです。
それだけフランスの有権者の質は高かったと言えますね。

引用

仏新大統領に39歳史上最年少マクロン氏 得票率66%極右ルペン氏に地滑り勝利

【パリ=宮下日出男】フランス大統領選は7日、決選投票が行われ、即日開票された。内務省の暫定集計(開票率100%)によると、欧州連合(EU)との協調を重視する独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が得票率66・06%となり、同33・94%の「反EU」派の極右、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補(48)を破り、新大統領に選出された。

 1958年以降の第5共和制下で、左右2大陣営に属さない仏大統領の誕生は初めて。39歳の大統領は仏史上最年少となる。

 マクロン氏は7日、「長い歴史の新たなページが開かれる。謙虚にフランスに仕える」と勝利宣言した。ルペン氏は「国民は継続を選んだ。フランスが直面する巨大な挑戦にマクロン氏が成功することを願う」と敗北を認めた。

 投票率は74・62%で、前回2012年の大統領選決選投票の80・34%を下回った。

 大統領の任期は5年。マクロン氏はオランド現大統領の任期終了する14日までに就任する。オランド氏は7日、「大多数がEUへの愛着を示した偉大な勝利」とたたえた。

 マクロン氏は「左右の溝を超える」としてオランド社会党政権を離れ、政治運動「前進」を率いて独自に出馬した。

 選挙戦では、左右両派の候補がともに4月23日の第1回投票で敗退した。EUや移民、経済の主要争点で対立するマクロン、ルペン両氏の戦いとなったが、他の陣営候補者が「ルペン氏阻止」に動き、マクロン氏が優位に戦いを進めた。

 マクロン氏の勝利は、英国のEU離脱やトランプ米大統領の発足後、欧州各地で勢いづく大衆迎合主義(ポピュリズム)勢力の伸長に歯止めをかけた。マクロン氏の選出は、求心力低下が続いたEUの再建議論にも影響を与える。

 マクロン氏には、6月の国民議会(下院)選で政権の安定基盤を確保できるかが当面の焦点。内政では、経済回復や移民・治安対策が課題であり、選挙で分断が鮮明となった国民の団結と国家の再生を担う。

 最終更新:5/8(月) 9:32 「産経新聞」より
得票率66パーセントで極右政党・FN(国民戦線)のマリーヌ・ルペン候補(33パーセント)を破った中道独立系候補エマニュエル・マクロン氏、歴代最年少となる39歳で大統領となることもそうだし、今まで共和党と社会党の2大政党が政権を担ってきたがそのどちらにも属さない大統領が誕生したフランス、フランスは新時代を迎えたと言いますが、この結果はまた欧米で拡大しつつあるポピュリズム(大衆迎合主義)を食い止めることにだってなります。

得票率は前回より低下したが、それでも74パーセントと言う数字、日本でもこの数字を記録してほしいものだよ。

「長い歴史の新たなページが開かれる。謙虚にフランスに仕える」と勝利宣言したマクロン氏、親EUの立場を取っておりEUにとっても面目躍如したと言いますか、フランソワ・フィヨン元首相をはじめとした他の陣営が「マクロンに勝ってもらわねばフランスの未来に関わる」ってマクロン氏支持に傾いたと言えます。極右の大統領など望んでないってフランスの世論はまともだったと思う。ポピュリズムを掲げるような人間が支持されるようなアメリカとは違うってことも発信すればいいです。

「大多数がEUへの愛着を示した偉大な勝利」とフランソワ・オランド現大統領は今回の大統領選をこう総括したけど、EUへの愛着、設立当初から加盟しているだけに簡単に国民世論は揺るがなかった、EUに対する不満をぶつけるだけで利己的なルペンなんて選びたくなかったってことでしょう。ここはイギリスとはえらい違いだ。

ポピュリズム拡大阻止と言うことにもなった今回のフランス大統領選挙、経済回復と移民・治安対策と言う重要課題にマクロン氏はどう向き合うのか、それと分断した世論の回復も求められます。

theme : フランスの政治と社会
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード