カタルーニャ、内外からの反発で独立を断念?

州政府は前向きでも、中央政府がそれを良しとしない上によそからも支持されてないようじゃねェ・・・!?

引用

カタルーニャ、独立宣言を凍結 中央政府は対話応ぜず

【パリ=三井美奈】スペイン東部カタルーニャ自治州のプチデモン州首相は10日、1日の住民投票で独立支持が多数を占めたのを受けて州議会で演説し、「カタルーニャは共和制の独立国家となる権利を得た」と表明した。そのうえで「独立宣言」の効力を「数週間」差し止めるよう要求。中央政府に再び対話を求めたが、ラホイ首相は応じず、同州をめぐる混乱は長期化が不可避となった。

 プチデモン氏は、住民投票で独立が承認されれば「48時間以内に独立宣言を行う」と表明していた。独立強行による混乱に懸念が広がる中で事実上、棚上げにした。

 しかし、ラホイ首相は11日、プチデモン氏の演説を受けて閣議を招集。その後、テレビ演説で「州政府に対し、公式に独立宣言したのか否かを確認したい。その回答によって、数日以内に将来が決まるだろう」と述べ、同州から自治権を剥奪する強硬措置も辞さない構えを示した。スペイン憲法は、自治州が違憲行為に出た場合、中央政府が「あらゆる必要な措置をとれる」と明記し、直轄統治を認めている。

 プチデモン氏は10日の演説で「住民投票で有権者は独立を支持した」と発言。中央政府に対話を求める一方、「住民の声を尊重した話し合い」が必要だとして、住民投票の結果を認めるよう求めた。同氏はまた「欧州連合(EU)に関与を求める。EUの基本理念を守ってほしい」と述べ、改めてEUに仲介を要求した。

 だが、EU欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は11日の記者会見で「スペイン憲法に基づく秩序の尊重を求める」と述べ、中央政府への支持を表明。同州独立は認めない方針を改めて示した。EUにはカタルーニャ問題に介入すれば英スコットランド、ベルギーのフランドル地域などEU内のほかの分離主義勢力を刺激しかねないという事情もある。

 カタルーニャ州はスペイン国内総生産の約2割を占める有力州。州都バルセロナは建築家、ガウディのサグラダ・ファミリア(聖家族教会)で知られ、欧州屈指の観光地でもある。

 最終更新:10/12(木) 7:55 「産経新聞」より
住民投票でスペインからの分離独立賛成が上回ったにも関わらず、スペイン中央政府やEU(ヨーロッパ連合)から批判を浴び、独立ムードが一転したカタルーニャ自治州中央政府と話し合いをしたいと言いながらもマリアーノ・ラホイ首相はこれを拒否するだけでなく「自治権を剥奪する!」という強行措置をちらつかせたことも影響してか、カルレス・プチデモン州首相は独立宣言を凍結したけど、事実上独立を断念するという苦渋の決断をしたといえます。

これはカタルーニャの民意だと主張しながら、そんなもんは認めないと主張する中央政府、中央政府が対話に応じないならEUに仲介してもらおうと州政府はEUに近づいたけど、EUからは「スペイン憲法に基づく秩序の尊重を求める」と中央政府の主張を選んだことで、分離独立は内外から支持されていないことを痛感したことも影響してます。
EUにすればカタルーニャ問題に介入すれば、他のEU内における分離独立を掲げる勢力を刺激するリスクがあるせいか、あまり干渉しなくないってことだが、スペイン国内の問題だからスペインで解決しろという立場なんでしょう。

それもあってか、バルセロナに拠点を置いていた外資系企業が撤退するという事態にもなってますが、プチデモン州首相の一方的な分離独立するぞの姿勢が招いたと思うし、地域内に分離独立を望まない声もあることで板挟みになってしまった感がします。

中央政府にすれば、経済危機が収束していると言い難い状況でカタルーニャ分離独立という問題が降りかかったせいか、これ以上頭痛の種を増やさないでくれ!! ってことだろうな。

theme : ナショナリズム
genre : 政治・経済

9割が独立に「賛成」! だけど・・・。

中央政府の反発を無視する形で強行したみたいです。

引用

カタルーニャ独立賛成90%=住民投票、負傷800人超―スペイン

【バルセロナ時事】スペイン東部カタルーニャ自治州の独立の是非を問う住民投票は1日夜(日本時間2日未明)締め切られ、即日開票の結果、州政府当局は独立賛成票が90%に達したと発表した。

 独立に断固反対する中央政府は違法な投票だと主張し、投票所に数千人の警官を派遣して妨害。州政府の集計によると、警官隊と住民の衝突で負傷した人は844人に達した。

 開票結果は1日深夜にも明らかになるとみられていたが、中央政府の妨害を受けて作業は混乱。結果の発表は当初予想よりも遅れた。

 地元テレビは、投票に訪れた人々につかみかかったり、警棒で殴打したりする警官隊の姿を繰り返し放映した。独立賛成派を率いる州政府のプチデモン首相は、結果判明に先立つ1日夜の演説で「われわれは独立国としての資格を得た」と表明。実力行使に踏み切った中央政府を「恥ずべき歴史を刻んだ」と批判した。

 一方、中央政府のラホイ首相は「きょうの独立住民投票は存在しなかった。法の支配は国内に今も維持されている」と強調。投票結果を受けて独立派に譲歩する考えはないと訴えた。

 最終更新:10/2(月) 8:13 「時事ドットコム」より
スペインからの分離独立を目指すカタルーニャ自治州で1日にその是非を問う住民投票を実施したけど、独立賛成が90パーセントに上ったが、その裏で流血の惨事となっているみたいです。

この住民投票を憲法違反と見なして認めない立場のスペイン中央政府、投票所に警察を派遣して鎮圧に及び、投票しようとする有権者に警棒で殴ったりするなど衝突沙汰に発展、844人が負傷するという顛末になったけど、逮捕された人も大勢いるんでしょうか?
「われわれは独立国としての資格を得た」と住民投票で9割近くの賛成票を得たことを根拠に分離独立の正当性を訴えたカタルーニャ自治政府のカルラス・プチデモン首相、この投票はカタルーニャの民意だと言わんばかりでまた武力を用いて鎮圧した中央政府を批判するなど、中央政府との深い溝をさらに深めそうです。

「きょうの独立住民投票は存在しなかった。法の支配は国内に今も維持されている」と中央政府のマリアーノ・ラホイ首相は憲法を根拠にこの投票は無効だと反論しており、お互い平行線な両者、分離独立などさせるものかという中央政府の強気はカタルーニャの反発を強める結果にもなったが、カタルーニャのこの動向が他のヨーロッパ諸国に与える影響は強そうです。特にスコットランドは。

余談だが、この騒乱でカンプ・ノウで行われたバルセロナとラス・パルマスの試合(リーガ)が無観客試合になったが、ここにも政治的なエゴが持ち出されたとしか思えない。

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

逆風でもメルケルは強かった

ドイツの国民もフランス同様「まとも」な選択をしたと言えます。

引用

独総選挙 メルケル氏が勝利宣言、4期目の連立協議へ

【ベルリン=宮下日出男】ドイツ連邦議会(下院)選挙は24日開票が行われ、独公共テレビZDFによると、アンゲラ・メルケル首相(63)が率いる保守系与党、キリスト教民主・社会同盟は予想得票率32・9%で、第1党を維持する。4期目続投が確実なメルケル氏にとって連立協議が課題となる。

 メルケル氏は24日夜、ベルリンで「最大勢力という戦略的目標を達成し、政権樹立の付託を受けた」と勝利宣言し、他党との連立協議に入る考えを示した。メルケル政権が4期を満了すれば、16年を超えたコール長期政権の在任記録に迫ることになる。

 メルケル氏は難民・移民大量流入やテロで支持率が一時急落。同盟の得票率も前回から大幅に低下する見通しだが、英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ米政権発足などで国際情勢に不透明感が漂う中、メルケル氏の安定感を有権者が支持した形だ。

 一方、「反難民」を掲げる大衆迎合主義(ポピュリズム)的な新興右派「ドイツのための選択肢」(AfD)も13%を得票し、初の連邦議会進出で第3党に躍進。メルケル氏に対する有権者の不満も示された。

 ZDFによると、現連立相手の中道左派、社会民主党は20・8%、中道の自由民主党は10・4%、旧東独の共産党の後身の左派党と環境政党の90年連合・緑の党はともに9%。

 政権の枠組みとしては社民党との大連立継続か、自民党と緑の党の3党連立が選択肢。だが、社民党は戦後最低の党勢伸び悩みで、シュルツ党首は「党を立て直す」として大連立継続を拒否する考えを示した。

 自民党と緑の党は連立交渉に応じる姿勢を示すが、両党は難民・移民政策や環境・経済政策の違いから、互いの協力に拒否感を示してきた。このため連立協議は長びくおそれもある。

 最終更新:9/25(月) 8:51 「産経新聞」より
24日に連邦議会選挙が実施されたドイツ、4期目を目指すアンゲラ・メルケル首相率いる与党・CDU(キリスト教民主・社会連盟)が政権与党の座を維持できるのかに注目が集まったわけだが、その理由として中東やアフリカからの難民・移民の大量流入及びテロにより寛容な政策を取るメルケル政権に対する批判と疑問が高まっており、反移民を掲げる右派・AFD(ドイツのための選択肢)が急激に支持を広げていることで、かなり逆風で迎えたわけだが、結果はCDUが得票率32.9パーセントを集めて第一党になったようです。

ただAFDも13パーセントを獲得して初の連邦議会に進出したこともあり、メルケル首相への不満も表れてますが、それでもメルケル首相に対する信頼は揺るがなかったと思うし、イギリスがEU離脱を仄めかしたり、アメリカでトランプ政権が誕生するなどポピュリズムと言うか自国ファースト風潮が高まっている中、ドイツもフランスと同じく安定路線を選択したと思います。
4期目を迎えることとなるメルケル政権、今年死んだヘルムート・コール氏と並ぶ長期政権に並ぶことが予想されるけど、どこと連立を組んで4期目をスタートするんでしょうか?

ギリシャ危機に端を発するユーロ危機、難民及び移民流入と言う難しい課題がつきまとうドイツ、経済もEU内ではほぼ「一人勝ち」状態なこともあるけど一寸先は闇って言葉もあるように、今のドイツも予断を許さない状況にあることは確かです。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

イギリス「2年間はEUに予算を払います」

EU(ヨーロッパ連合)から離脱するけどこれでしばらく置かせてくれ。って虫が良すぎると思います。

引用

<英国>離脱「移行措置2年」 EU予算支払い、首相提案へ

【ロンドン矢野純一】メイ英首相は22日、イタリア中部フィレンツェで欧州連合(EU)からの離脱方針について演説し、2019年3月の交渉期限後に2年間の移行期間を設定すると提案する。また停滞しているEUとの交渉を打開するため、移行期間中も英国に割り当てられたEU予算支払いを約束する。

 英首相官邸によると、メイ氏は演説で離脱後も英国とEUが新たなパートナーシップを構築する重要性を強調。「合意の成功は、英国・EU双方の利益にかなう」と述べる。

 メイ氏は離脱によって双方の経済環境などが激変することを避けるため移行期間を設けることを提案。英メディアによると期間について初めて具体的に2年間と明らかにする。

 移行期間中も、英国にすでに割り当てられているEU予算の支払いを継続することを表明。EU予算の支払額を、離脱に伴い英国が負担する「手切れ金」の最低ラインとすることを明らかにする。移行期間中の2年間は、現状と同様の人や物、資金の移動の自由を維持することを求める。

 支払額は明らかにしないとみられるが、英フィナンシャル・タイムズは200億ユーロ(約2兆6800億円)と報じている。

 今年6月に始まった離脱交渉で英国側は、産業界の不安を和らげるため、離脱後の英国とEUの関係を定める貿易協定に関して早期に協議を始めることを求めていた。

 最終更新:9/22(金) 13:21 「毎日新聞」より
EUからの離脱を表明しているイギリス、そのイギリスのテリーザ・メイ首相はEU離脱方針について、再来年の2019年に離脱に向けた交渉を開始した際に2年間の移行期間を設け、その期間中にイギリスに割り当てられたEU予算の支払いを約束すると言ったけど、離脱するけど移行期間中はEUと同じ権利をくれと言うようなものだし、離脱後もEUと同じ関係を保ちたいという魂胆に他なりませんね。

EU予算支払額について、イギリスが負担する手切れ金のボーダーラインを設定したけど、手切れ金を払うからその間同じ権利を保証しろと言うのは正直お金で権利を買うようなものではないでしょうか? そのお金もイギリス国民の税金であることを考えたら賛否起こりそうです。

これからのEUのことを思って手切れ金を用意すると言ったメイ首相ではあるが、フランスやドイツにすれば「出てくと言っといてそれは虫が良すぎる」って心境だろうし、ヨーロッパにおいて孤立したくないからとりあえずEUと関係を良いものにしておけば離脱後も対等な関係が保てるとメイ首相は読んだかもしれないけど、この判断はどうなんでしょうかねェ・・・!?

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

カタルーニャのXデーは来月1日?

本気で分離独立する気みたいです。
スペイン政府がいくら「憲法違反だ!」って言っても聞く耳すら持ってないみたいです。

引用

カタルーニャ独立、10月1日に住民投票

【パリ=作田総輝】スペイン東部カタルーニャ自治州の州議会は6日、スペインからの独立の是非を問う住民投票を10月1日に実施する法案を賛成多数で可決した。

 中央政府は、投票は違憲と反対しており、対立が深まっている。

 スペイン第2の都市バルセロナを州都とするカタルーニャ州は、独自の言語や文化を有する。国内屈指の経済力を誇る豊かな地域で、2009年に始まるユーロ危機を契機に、住民の間で、国の財政を支えるために過剰に負担を強いられているとの不満が強まり、独立運動が広がった。

 住民投票実施の法案を通過させた6日の採決では、プチデモン州首相の与党をはじめ、州議会の過半数を占める独立派が賛成に回った。国政与党の国民党などは採決に抗議して退席した。

 2017年09月08日 14時34分 読売新聞
バルセロナがあるスペイン東部・カタルーニャ自治州で6日、州議会においてスペインからの分離独立を問う住民投票を来月1日に実施する法案を賛成多数で可決するという事態になったけど、現在の州議会では独立賛成が多数派を占めており、議会で可決は時間の問題だったといえます。

かつてのローマ帝国とフランク王国の影響が強く、カスティーリャの影響が強いスペイン中央政府と異なる言語と文化を持つカタルーニャ、スペイン中央政府が経済危機にある為か中央政府に負担を強いられる不満からもう中央政府の言いなりは嫌だ!! って独立を叫ぶ声が高まったが、憲法裁判所から「待った」がかかったことで、おとなしくなったがそれでも分離独立を諦めない州政府が議会で賛否を取ったといえますが、そんなにスペイン中央政府、ていうかカスティーリャの時代から不満が続いてたと推測します。

だが、スペイン中央政府は「この住民投票は憲法違反である」と頑なに反対し、カタルーニャとの溝は深まってるけども、カタルーニャが分離独立すればバスクが「次は我々だ」と言わんばかりに動き出すから、カタルーニャの動きにはけしからんと怒りを露にしたと言える。
カタルーニャ分離独立の動きがまたという展開、再び緊張状態となったスペインは一体どうなってしまうのか・・・!!

関連記事としてこちらも見て下さいませ。→ スペイン政府との溝が余計深まりそう

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

ダイアナ妃没から20年

あの突然の事故死は20年経った今でも忘れることは出来ません。
リアルタイムでこのニュースを見た時何とも言えませんでした・・・。

引用

英王子、母・ダイアナ元妃ゆかりの庭園で追悼

【ロンドン=岡部伸】英国のダイアナ元皇太子妃がパリで事故死して31日で20年となるのを前に長男、ウィリアム王子(35)と次男、ヘンリー王子(32)が30日、ロンドンのケンジントン宮殿にある庭園でゆかりの人々と懇談、亡き母を追悼した。

 ケンジントン宮殿で暮らした元妃は、宮殿内の庭園をよく訪れていた。英王室は4月、元妃を記念した「ホワイトガーデン」として一般公開。「国民のプリンセス」と呼ばれた元妃の没後20年を前に、同宮殿のゲートには市民からの献花であふれた。

 この日、庭園では宮殿の庭師が王子2人とウィリアム王子の妻、キャサリン妃(35)にダイアナ元妃が好きだった花などについて説明したという。

 王子2人は母の遺志を継いで、元妃が情熱を注いだ慈善活動にも力を入れている。

 最終更新:8/31(木) 7:55 「産経新聞」より
パリで事故死したイギリスダイアナ元皇太子妃、今年はその事故死から20年となるけど、その節目の年にロンドンにあるケンジントン宮殿の庭園にて息子であるウィリアム・ヘンリー両王子が訪問し、亡き母・ダイアナ妃を追悼したようです・・・。

母の後を継いで慈善活動にも勤しんでいる両王子、この日はウィリアム王子の妻であるキャサリン妃にダイアナ妃が好きだった花の話をしたけど、ケンジントン宮殿の前にはダイアナ妃を今も慕う市民からの花が絶えず、未だイギリス国内において絶大な人気を誇っている表れと言えます。ケンジントン宮殿はダイアナ妃が暮らした場所であり、庭園を頻繁に訪れていることから両王子がこの場所を選ぶのは当然のことといえます。

ダイアナ妃を巡って生前、夫だったチャールズ皇太子が実は今のカミラ夫人と不倫関係にあったこともそうだし、エリザベス女王もフィリップ殿下も実質ダイアナ妃の相談相手にすらならなかったことが王室内で孤立を高めた要因となったけど、あの事故死はイギリス王室最大の危機をもたらす事態にもなったけどね。エリザベス女王もチャールズ皇太子も一時は国民からブーイングを浴びたが、1998年のサッカー・ワールドカップ、フランス大会におけるデヴィッド・ベッカムと同じだ。いやそれ以上か?
結果エリザベス女王は態度を改めるきっかけとなり、チャールズ皇太子は国民から嫌われるようになったけど。ウィリアム王子が次の王にふさわしいって言う意見が強いことがそれを裏付けてます。

ウィリアム・ヘンリー両王子にはダイアナ妃の意志を継いでこれからのイギリス王室をより良いものにしてほしいものです。

theme : イギリス
genre : 海外情報

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード