fc2ブログ

ドイツ「もうイスラエルを擁護できない」?

アメリカと並んでイスラエル擁護の立場を保ってきたこの国も、考えが変わりつつあるみたいです。

引用

イスラエル支持、近づく限界 強硬姿勢に苦言「身を滅ぼす」 ドイツ

【ベルリン時事】ドイツ政府が打ち出してきたイスラエルへの支持が、限界に近づいている。

 パレスチナ自治区ガザの人道状況が改善しないことや、民間人の犠牲が避けられないガザ最南部ラファへの侵攻に傾くイスラエルの強硬姿勢に、閣僚らの批判的な言動が目立ち始めた。「国是」と位置付けるイスラエル支持と、人道重視の理念の板挟みになっている。

 「イスラエルには自衛の権利があるが、身を滅ぼすことにつながるやり方ではいけない」。ベーアボック独外相はイスラエルを訪れた26日の声明で、ガザでの軍事作戦に苦言を呈した。ショルツ独首相も17日、「ラファの150万人もの命が脅かされることはあり得ない」と、ラファ侵攻への反対姿勢を明確にした。

 イスラエルと後ろ盾の米国との溝が深まる中、ドイツだけがイスラエル擁護で突出するのを回避したい思惑もありそうだ。独誌シュピーゲルは、ベーアボック氏のイスラエル訪問が従来のようには歓迎されなかったと指摘し、「亀裂が走っている」と伝えた。

 ただ、ベーアボック氏はイスラエルに寄り添う姿勢もこれまで通り誇示する。イスラム組織ハマスによるイスラエル襲撃は、テロの連鎖を引き起こすことが狙いだと主張。その上で、イスラエルが強硬姿勢を取り続ければ「私たちもろとも、(ハマスの描いた)テロのシナリオに沈んでしまう」と自制を求めた。

 ドイツは、昨年10月のハマスの襲撃以来、イスラエル軍のガザ侵攻は自衛に当たるとの見解を堅持してきた。ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の歴史的な負い目から、「イスラエルの安全に特別な責任を負う」と標ぼうしているためだ。

 しかし、ガザでは民間人の犠牲が膨れ上がり、人道支援も停滞。イスラエルに伴走するドイツに対しては、中米ニカラグアが国際司法裁判所(ICJ)に「イスラエルの虐殺に加担している」と提訴するなど、国際社会からの風当たりが強まっている。

 最終更新:3/29(金) 7:17 「時事ドットコム」より
ガザ情勢の悪化に伴い、国際社会のイスラエルに対する批判が激しくなっているこの頃、そんな中ドイツアンナレーナ・ベアボック外相「イスラエルには自衛の権利があるが、身を滅ぼすことにつながるやり方ではいけない」と行き過ぎた軍事作戦に警鐘を鳴らす発言をしたけど、当初イスラエルによるガザ侵攻は「自衛」として容認してきたけど、そのガザ侵攻が悪化するや否やドイツ政府内で「イスラエルは明らかにやり過ぎている」「ガザのパレスチナ人を一方的に脅かしているだけ」とイスラエルのやり方に批判的な意見が出ているみたいです。
今までイスラエルを擁護してきたドイツでも考えが変わってきたんでしょうか?

ナチスによるホロコーストもあってかイスラエル・ユダヤに忖度して批判をタブーとしてきたドイツ、今イスラエルがやっていることはかつてのナチスと同じに見えているんですかね? てか今ガザで起こっている現状を見てホロコーストを想起しているのでは?
イスラエルの行き過ぎた軍事作戦でガザの一般市民の犠牲者が増えていることから、一部で「イスラエルを擁護する国も同罪だ」という批判も出ていることで、ドイツとしてはこれ以上イスラエルのやり方を容認出来ないって姿勢を取ることで、批判をかわす狙いもあるのでは?
これ以上行き過ぎた軍事作戦を取ればイスラエルは世界の嫌われ者になる一方だ。って警告を鳴らしたドイツだが、その警告にイスラエルが聞く耳を持つかねェ・・・!?

政府レベルでは批判を抑えてはいるけど、国民レベルではどうなんだか。
「イスラエルのやってることはナチスと同じ」「ネタニヤフはヒトラーだ」なんて批判が出てもおかしくないが、民衆扇動罪で逮捕されるリスクがあるから表立った批判が出来ないジレンマもあると思う。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

ガンを患っても前向きなキャサリン妃

今年1月に腹部の手術を受けたばかりだが・・・!?

引用

キャサリン妃、がんで化学療法を受け始めたと公表 世間のがん患者に「希望を捨てないで」

【ロンドン=黒瀬悦成】ウィリアム英皇太子の妻、キャサリン妃(42)は22日、ビデオ声明でがんに罹患(りかん)していることを明らかにした。現在、初期段階の化学療法を受け始めたとしている。

キャサリン妃は1月に腹部の手術を受け、約2週間入院していた。英王室は当時、がんではないとしていたが、同妃によれば手術後の検査でがんが見つかったと説明した。がんの種類は明らかにしなかった。

同妃は、がんの診断に「大きな衝撃を受けた」と述べ、「この2カ月間は非常につらかった」と打ち明けた上で「私は元気で、日ごとに力がみなぎっています」と強調した。

また、世間のがん患者全員に向けて「信念や希望を失わないでください。(がんと闘っているのは)あなただけではありません」と呼びかけた。

キャサリン妃は退院後、公の場に姿を現さず、ソーシャルメディアで病状をめぐる憶測が飛び交っていた。同妃は「私たち家族にはプライバシーが必要です」と述べ、病気の完治に向けて経過を静かに見守ってもらえるよう要望した。

2024/3/23 06:01 「産経新聞」より
イギリスウィリアム皇太子の妻・キャサリンがガンにかかったとビデオ声明を通じて訴えたけど、今年1月に腹部の手術を受けた際王室側はガンではないと公表したが、その後検査でガンが見つかったことで今は初期段階の治療に専念しているみたいです。
当初は病名を公表しなかったのって、世間に動揺を与えなくなかったんだろうか? 退院後あまり公に姿を見せなかったから、逆に変な憶測を与えてしまったかも知れないが、自身のプライバシーなことをあまり発信したくない気遣いでしょうかね。

そんな中キャサリン妃は「信念や希望を失わないでください。(がんと闘っているのは)あなただけではありません」ガン患者へのメッセージを呼びかけたが、ガン患者本人もそうだがその家族や知人も早期回復を願っていると言うことでしょう。
あと病気にかかったからってそれでネガティブになってはいけない。前を向かけばいけないというメッセージに取れます。
「私たち家族にはプライバシーが必要です」と述べたキャサリン妃、世界的に注目を集めているイギリス王室のこと、王室の人間である以上一つの家族、一人の人間だからそっとして下さいってことですか?

本人が治療に専念する異常、周りに出来ることはそっとしてあげることです。

theme : 国際ニュース
genre : ニュース

ウクライナに派兵する気あるのか? マクロン大統領

政治資金パーティーと裏金の問題についてハッキリしない態度を取る自民党議員よりはるかにマシですが、判断を誤ってはいけない問題です。コレ。

引用

ウクライナへの部隊派遣、改めて排除せず 仏大統領「今はその状況ではない」

フランスのマクロン大統領は14日、地元テレビのインタビューで、欧米諸国のウクライナへの地上部隊派遣について「排除すべきではない」との考えを改めて示した。「今はその状況ではない」とも述べた。

マクロン氏は2月下旬、部隊派遣を排除しないと発言。本格的な戦争を招くとして部隊派遣を否定してきた欧州各国の反発を招いた。マクロン氏は「度を越した相手(ロシア)を前に、これ以上はやらないと言うのは、平和ではなく敗北を決定づけることになる」と説明した。

さらに、フランス国民の安全保障はウクライナがロシアを打倒できるかどうかに懸かっていると強調。ロシアが欧州に攻撃を拡大した場合に備え、欧米諸国は準備する必要があると訴えた。

2024/3/15 08:03 「産経新聞」より
ウクライナに地上部隊を派遣するかを検討中の欧米諸国、その中でフランスエマニュエル・マクロン大統領は14日、フランスのテレビ局のインタビューで、ウクライナへの地上部隊派遣について「排除すべきではない」と派遣を検討している一方で「今はその状況ではない」と述べたけど、国民からすれば「どっちなんだ?」ってツッコまれておかしくないです。

先月に部隊派遣を排除しないと発言して、ウクライナに地上部隊を派遣すればロシアをたきつかせるリスクがあるとマクロン大統領のこの主張に欧米諸国から反発を招いたが、そりゃロシアに忖度しているのかと言われておかしくないからね。
「度を越した相手(ロシア)を前に、これ以上はやらないと言うのは、平和ではなく敗北を決定づけることになる」とも述べたマクロン大統領だが、じゃあフランスがすすんでウクライナに地上部隊を派遣したらって言われそうです。

これ以上ロシアの暴挙を許さない為にも、欧米が一丸となって準備しなければいけない状況なのに変わりはないです。
このヨーロッパの現状を見て日本、アメリカに依存ばっかな安保政策では自国を守れないって痛感したらどうですかね?

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

エストニア、カラス首相の主張

ロシアの暴虐を止める為に、ウクライナを助けるのは欧米の努めです。

引用

エストニア首相、ウクライナ支援に「全ての選択肢を」 欧米派兵否定すべきでないと強調

【ロンドン=黒瀬悦成】ロシアの隣国エストニアのカラス首相は2月28日放送の英スカイニューズ・テレビとのインタビューで、ロシアに侵略されたウクライナの勝利に貢献するためには「全ての選択肢を考慮すべきだ」と述べ、欧米諸国による自国の地上部隊のウクライナ派兵を排除すべきでない、との考えを明らかにした。

地上部隊の派遣をめぐっては、フランスのマクロン大統領が26日、将来的に排除しないとの考えを示したのに対し、スナク英首相ら米欧の首脳や高官からは派兵に否定的な見解が相次いだ。カラス氏の発言は、こうした米欧の態度に直接反論するものだ。

カラス氏は、欧米諸国は「自らが持つ力を恐れてはならない」とし、ウクライナの防衛に向けて支援を強化することはプーチン露大統領が主張するような「戦闘のエスカレート」にはつながらないと指摘し、ウクライナを勝たせるためにどう取り組みを強化できるかを検討しなくてはならないと強調した。

カラス氏はまた、北大西洋条約機構(NATO)加盟各国が国防費を国内総生産(GDP)比2%に引き上げる目標を早急に実施すべきだと指摘し、未達成の国がなお多いのが「なぜなのか本当に理解できない」と語った。同氏によるとエストニアの国防費はGDP比3・2%となっている。

2024/2/29 10:03 「産経新聞」より
ロシアと国境を接するバルト三国の一つ・エストニアカヤ・カラス首相が28日にイギリスメディアの取材に応じ、ウクライナの勝利の為には欧米諸国がすすんでウクライナに派兵することだと述べたけど、この前フランスのエマニュエル・マクロン大統領が将来的にウクライナへ派兵というかんがえを排除しない考えを示した一方で、イギリスなどは派兵に否定的、アメリカは議会のねじれもあって支援出来ない状況にあるけど、今回のカラス首相の発言はウクライナへの派兵を巡って欧米間で温度差がある姿勢に対する反論とも取れます。

歴史的にロシアに侵略・占領された歴史があるエストニアだけに、ロシアの暴走に警戒感を示しているかも知れないけど、NATO(北大西洋条約機構)加盟各国が国防費をGDP(国内総生産)比2パーセントに引き上げる目標を達成してほしいとカラス首相は言うけど、エストニアの国防費がGDP比3.2パーセントとこの数字をクリアしていることから、我々に出来るんだからイギリスやフランス、ドイツなども出来るはずって訴えているかも知れません。

ロシアの暴走を止める為には、欧米諸国が足並みを揃えてウクライナへの派兵に積極的にならねばいけないって訴えに取れるけど、エストニアにすればウクライナがもしロシアの手に落ちれば次は自分たちが標的となる。こんな最悪な状況を作らない為にもウクライナを助けるべきだとカラス首相のこの主張、欧米諸国はどう見ているんでしょうか。

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

親NATO、対ロシア強硬派が勝利、フィンランド大統領選

ロシアと国境を接する国ゆえ、今の状況においては対ロシア強硬派が支持を集めやすいんでしょう。
隣国と強硬な姿勢を取るって点では日本も大いに見習ったらと言いたくなります。

引用

NATO重視、元首相勝利 フィンランド大統領選 ウクライナ支援継続

フィンランドで11日大統領選の決選投票が行われ、北大西洋条約機構(NATO)を重視し対ロシア強硬姿勢の与党第1党の国民連合アレクサンデル・ストゥブ元首相(55)が勝利宣言した。緑の党ペッカ・ハービスト前外相(65)との接戦を制した。現地メディアが報じた。

昨年4月のNATO加盟後初の大統領選。ストゥブ氏は「私を選んでくれた大勢の有権者に感謝する」と述べた。対ロシア強硬姿勢は両候補に共通していたが、ストゥブ氏はNATOをより重視しロシアの侵攻を受けるウクライナへの支援を継続する。3月1日に就任し任期は6年。

選挙を管理する司法省の中間集計(開票率99・4%)によると、ストゥブ氏の得票率は51・6%、ハービスト氏は48・4%。投票率は70・7%。

2024/2/12 07:08 「産経新聞」より
11日に大統領選挙の決選投票が行われたフィンランド、結果はNATO(北大西洋条約機構)寄りで対ロシア強硬派の与党第一党・国民連合の候補アレクサンデル・ストゥッブ元首相が勝利したみたいで、コレってフィンランド国民はNATOとの関係を強くしよう! ロシアの脅威から守るにはロシアに強硬な姿勢を取るリーダーが必要だ! って民意が多かったってことでしょう。

昨年4月にNATOに加盟してから初めてとなる大統領選挙、それを制したストゥッブ氏は「私を選んでくれた大勢の有権者に感謝する」と敬意を示したが、敗れたほうの緑の党候補ペッカ・ハービスト前外相とは対ロシア強硬派って点で共通していたが、NATO寄りでウクライナ支援を続けるって点では異なっていた為か、ウクライナを助けるか否かが大きく分けた感じです。
そりゃウクライナもフィンランドもロシアと国境を接しているから、ウクライナで起こっていることは他人ごとじゃないとフィンランド国民のほとんどが思っているからね。
今回のフィンランドの大統領選挙はウクライナにとって「吉報」、ロシアにとって「思わぬ誤算」となるのは確実なり。

隣国の脅威に対して強硬な姿勢を取る。これって日本は見習うべきなんじゃないの? 中国や韓国、ロシアとの関係が大事なんてふざけたことを抜かす日本の国会議員は今回のフィンランドを動きをよく見たらと言いたくなります。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

チャールズ国王ががんに

ついこの前キャサリン妃と共に退院したと思いきや・・・?

引用

チャールズ英国王が癌で治療開始 王室が発表

【ロンドン=黒瀬悦成】英王室は5日、チャールズ国王(75)が「がんの一種」に罹患(りかん)していることが判明したと発表した。国王が先月、前立腺肥大の治療を受けた際に発見された。前立腺がんではないとしているが、がんが見つかった場所や進行の程度などは明らかにしていない。

王室によると、国王は5日から治療を開始した。予定されていた公的行事への出席は取りやめ、他の王族が代行する。憲法上の国家元首としての地位は維持され、事務的な公務は継続するとしている。

王室の声明では、国王は「治療を全面的に前向きに受け止めており、可能な限り早期に公務に全面復帰できることを楽しみにしている」という。がんであることを公表したのは、病状に関する憶測が広がるのを抑え、世間のがんへの理解を促進させる一助にするためだったとしている。

英BBC放送によると、米国に移住したヘンリー王子は事態を受け、数日中に英国入りする。スナク英首相は「早期の快癒をお祈りします」との談話を発表した。米国務省のパテル副報道官は記者会見で「私たちの思いを国王およびご家族にささげます」と述べた。

国王は2022年9月、母親のエリザベス女王の死去を受けて即位した。

2024/2/6 07:18 「産経新聞」より
先月29日に前立腺肥大症の治療を終えて退院したイギリスチャールズ国王ですが、今月5日にイギリス王室側はそのチャールズ国王ががんの一種にかかっていると発表したけど、前立腺ではないと言うもののがんが見つかった場所や進行状況については公表していない為、不安を与えそうでなりませんね。
この日から治療に専念することとなったチャールズ国王ですが、あらゆる公式行事には他の王族を立てるけど、それでも国家元首としての地位は維持されるから、事務的公務は続けるみたいです。事務的公務ってペンを上手く扱えないからそれでキレるなんてことしなきゃいいけど。

公に公表した理由として病状に関する憶測を広がらせないこともそうだし、世間のがんに対する理解を広げようとする狙いもあるけど、イギリスではがんに対する理解が広まってないのかと疑問に思う。
病名を告白することで世間の混乱を回避させることもそうだし、突然病に倒れてそれで病名が分からなかったら逆にパニックになるのがオチ。

この状況でヘンリー王子が帰国するみたいだが、これがどんな影響を及ぼすのやら。
「早期の快癒をお祈りします」とリシ・スナク首相は声明を出したが、イギリスの首相として国王の無事を願うコメントを出すのは当たり前のことですな。日本では皇室関係者が何か病気にかかったらば総理が無事を願うコメントを出すのも当たり前だと思うんだが。

theme : イギリス
genre : 海外情報

健康不安? チャールズ国王とキャサリン妃

大事に至らなかったかも知れないけど、不安です。
ただでさえ国民人気の高いキャサリンのことだけに。

引用

キャサリン妃が退院、具体的な病状は公表されず…同じ病院のチャールズ国王も退院

【ロンドン=蒔田一彦】英王室は29日、前立腺肥大症の治療のため26日からロンドン市内の病院に入院していたチャールズ国王(75)が退院したと発表した。当面は公務の予定を変更して療養するという。チャールズ国王は29日午後、カミラ王妃とともに歩いて病院を出て、笑顔で手を振りながら車に乗り込んだ。

 王室はこの日、16日に腹部の手術を受けたウィリアム皇太子の妻・キャサリン妃(42)の退院も発表した。王室は「順調に回復している」としている。

 キャサリン妃は、チャールズ国王と同じ病院に入院していた。自宅で療養を続け、公務復帰は4月以降になる見通しだ。具体的な病状は公表されていない。

 2024/01/30 08:33 「読売新聞」より
前立腺肥大症の治療で入院していたイギリスチャールズ国王が29日に退院したけど、この日今月16日に腹部の手術を受けていたキャサリン妃も退院したと発表した王室ですが、2人揃って退院って仮にキャサリン妃だけ退院すればマスコミの標的となるから、それを抑える為にチャールズ国王も一緒に退院って措置を取ったんでしょうかね。

チャールズ国王と同じ病院で入院したキャサリン妃ですが、いずれも手術は成功で快方に向かったけど、具体的な病名を発表しなかったことは世間に動揺を与えたくなかったんでしょうね。下手な報道をして世間から批判されれば元も子もないです。マスコミはチャールズ国王とキャサリン妃に配慮したんでしょうか? だったらメディア・リテラシーを尊重したと思う。

公務は4月頃再開予定のキャサリン妃及びチャールズ国王、当面は療養したほうがいいけど、誰が代わりを務めるんでしょうか?
健康不安説が出てしまった感じを与えたが、どうなんでしょうかねェ・・・!?

theme : イギリス
genre : 海外情報

34歳の首相!?

日本でもこういう若い政治家が出てきてほしいものです。

引用

フランス最年少首相で政権刷新狙う マクロン大統領、極右政党に対抗

【パリ=板東和正】フランスのボルヌ首相の辞任を受け、マクロン大統領は9日、国民教育相のガブリエル・アタル氏(34)を新首相に任命した。1958年に発足した現行政治体制「第5共和制」で史上最年少で、同性愛を公表している初の首相となる。マクロン氏は政権の求心力が低下する中、人気が高いアタル氏を登用し、支持を拡大する極右政党に対抗する狙いだ。

アタル氏は1989年にパリ郊外で生まれた。左派オランド前政権下で大臣補佐官を務め、2017年にマクロン氏の新党から下院選に出馬し、28歳で初当選した。政府報道官などを経て23年7月に国民教育相に就任した。いじめを受けた経験を教訓に、いじめ対策に力を入れ若者らから支持を得た。マクロン氏や極右「国民連合」のルペン氏を抑え、国内で最も人気の高い政治家とみられている。

マクロン氏はX(旧ツイッター)で「(国の)再生計画を実行するため(アタル氏の)エネルギーと取り組みに期待する」と投稿した。マクロン氏は求心力の低迷を打破するため内閣を一新する考えで、アタル氏に組閣を指示した。

2024/1/10 13:11 「産経新聞」より
エリザベット・ボルヌ首相が辞任したことを受け、エマニュエル・マクロン大統領が新たに首相に抜擢したのが国民教育相を務めるガブリエル・アタル氏、若干34歳にしてフランスの首相に就任したというから、支持率低下にあえぐマクロン政権にとって(日本の岸田文雄政権よりマシ)支持率回復の起爆剤にしたいんでしょう。

かつていじめを受けた過去から「この国からいじめを根絶しよう」としていじめ対策を積極的に行って支持を集めたアタル氏、こういう問題に積極的に取り組む政治家の存在は非常にいいことですし、経験や固定概念より勢いや新風が好まれるフランスの社会のことだから、若い首相を渇望する国民がいても当然ですね。
マクロン大統領どころか極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン氏を抑えて国民からの人気も高いアタル氏、いずれは大統領選挙に出るんだろうかね?
「(国の)再生計画を実行するため(アタル氏の)エネルギーと取り組みに期待する」とマクロン大統領はX(旧ツイッター)にこう書き込んだが、考えの違いで対立しなければいいけど。

34歳にして首相って、未だに昭和臭丸出しの価値観だらけのベテラン議員が強い影響力を持っている日本とはえらい違いだわ。当選回数や派閥が重視される日本の政治がいかに異常なのかも分かるわ。だから政治がいつまで経っても新陳代謝しないんじゃなかろうか。

theme : フランスの政治と社会
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード