FC2ブログ

橋本聖子さんかァ・・・!?

新しい東京オリンピック大会組織委員長が決まったけど・・・!!

引用

橋本氏、ぎりぎりまで苦悩 森氏後任決着に政府・与党は安堵 東京五輪

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は、就任要請を受けるかどうかぎりぎりまで苦悩した。

 しかし、女性蔑視発言で辞任した森喜朗氏の後任として早い段階から有力視され、次第に外堀が埋まっていった。橋本氏の決断次第では大会の「顔選び」が混迷し、大会準備に支障が生じる恐れがあったため、政府・与党内には安堵(あんど)感が広がっている。

 「悩みに悩んだ末だったと思う。大いに期待している」。菅義偉首相は18日夕、橋本氏の就任について、ほっとした表情を記者団にのぞかせた。

 橋本氏は森氏の後継として、政府・与党内で「衆目の一致する適任者」(自民党関係者)だった。「女性、元五輪選手、森氏と話せるという3条件を兼ね備えた人は他に見当たらなかった」(政府関係者)からだ。

 複数の関係者によると、森氏が辞意を固めた段階で、首相自身も周辺に「橋本氏でいいのではないか」と漏らしていたという。

 一方、橋本氏は会長就任に一貫して慎重だった。五輪開幕まで5カ月あまりとなる中、新型コロナウイルスの感染収束は見えず、会長を引き受ければ大会を決行するかどうかの重い決断が待ち受ける。組織委幹部から就任の打診を受けても「さすがに無理」と断っていた。

 候補者検討委員会には政府から室伏広治スポーツ庁長官が参加したが、首相が自身の意向を検討委に伝えた形跡はない。森氏による川淵三郎氏の後継指名に「若い人か女性がいい」と難色を示したことが明らかとなり、官邸の介入と批判も出たため、表立った働き掛けは控えたとみられる。

 ただ、検討委が17日に橋本氏への就任要請の方針を固めると、官邸は後任の五輪相選出の準備に入った。橋本氏は18日午前に自民党ベテランから「もう引き受けるしかない」と電話で助言された際には、固辞の言葉をもはや口にせず、黙って聞いていたという。

 橋本氏をめぐっては、2014年にフィギュアスケートの男子選手にキスを強要したとされる問題を週刊文春が改めて報じ、野党からは「世界からどう見られるか」と不安の声も漏れる。しかし、政府・与党は「火中の栗を拾った」(麻生派中堅)として、橋本氏を全力で支える方針だ。

 政府関係者は文春の報道を「過去の話だ」と一蹴。自民党の竹下亘元総務会長は記者団に「橋本氏は男みたいな性格。スケート界はハグなんて当たり前の世界だ。それをセクハラと言われたらかわいそうだ」と擁護した。公明党幹部もセクハラとの指摘を一笑に付した。

 最終更新:2/19(金) 9:21 「時事ドットコム」より
女性蔑視発言で辞任に追い込まれた森喜朗氏の後任に決まった橋本聖子オリンピック担当相、菅義偉総理いわく「悩みに悩んだ末だったと思う。大いに期待している」と森氏の起こした騒動が解決したと安堵したけど、正直これで良かったんでしょうかと疑問もします。

COVID-19の感染拡大に歯止めがかからず、東京オリンピックそのものの開催が危ぶまれている状況で大会組織委員長の任を任されることとなった橋本氏だけど、当初大会組織委員長の座に乗り気じゃなかった橋本氏だけに、どうなりますかねェ・・・!?

若い人か女性がいいという意見ではごもっともだけど、女性で元オリンピック選手、森氏と対等に話せる資格があるって点で橋本氏しか該当する人物がいなかったってのも見方によっては消去法で決めたとしか思えません。
後任を橋本氏一本で決めたとしか思えない後任の大会組織委員長、川淵三郎氏に決まりかけた時のような「密室で決めた」感もしてならないし、また橋本氏については過去にフィギュアスケート選手に対するキス強要問題が週刊誌に報じられた「前科」もあり、これが悪影響にならないかとすら思います。

菅政権はホッとしたといけど、逆にオリンピック開催に固執してるってのを発信するようなものだし、また政治が関与したなんて言われそうでオリンピック憲章に反する行為をやらかしたと思われておかしくない懸念がある。
「COVID-19対策よりオリンピックを取るのか!?」ってさらに抗議の声が挙がりそうでならない。

theme : 考えさせるニュース
genre : ニュース

川淵氏起用でまた大問題

辞める人間が口出しするとこういう問題に発展します。
政治もそうだが日本ってどうもオープンじゃない感じがするんですけど。

引用

川淵氏一転会長職受諾しない考え 橋本聖子氏の名も

女性蔑視発言で辞任の意向を固めた東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が後継として指名した、日本サッカー協会(JFA)相談役の川淵三郎氏(84)が一転、会長職を辞退する考えを示していることが12日、分かった。組織委幹部が取材に明かした。

11日に、森氏の自宅で会談し、一時は受諾の意向を報道陣に明かしていた。しかし、森氏が後継を指名する形や、川淵氏が森氏に相談役を依頼すると表明。そのことで結局、森氏の影響力が組織委に残ることが、再び世論から批判を受けていた。

官邸や政府内でも森氏が後継指名した過程に難色を示している。組織委幹部も「森会長の意向が働いていると、世間からは納得されない」と、自浄作用を働かせるために、新会長候補は白紙に戻った。

12日午後3時から組織委は理事と評議員を集めた緊急会合を行う。組織委の武藤敏郎事務総長はこの日朝「全く何も決まっていない」と白紙を強調していた。

新たな新会長候として夏冬7度の五輪出場を果たしている橋本聖子五輪相の名前が浮上している。

[2021年2月12日14時16分「nikkansports.com」]より
女性蔑視発言で辞意を表明した森喜朗、その後任の東京オリンピック大会組織委員長川淵三郎を森氏が指名したことでまた問題になってるけど、ホント森って余計なことをするよな!! 辞める人間が後任はこの人でなんて口出しするのはお節介もいいところだし、また川淵氏も森氏に相談役をやってもらいたいと言ったことでまた波紋を呼んでいるわけだが、世論を無視した密室会合というか、本末転倒もいいところです。

大会組織委員会だけでなく政府からも森氏が後継指名したことは問題視してるし、大会組織委員長を辞めても大会組織委員会に干渉しようとする森氏は正直何様だと言いたくなる。

大会組織委員長に乗り気だった川淵氏だが、世論からの反発を受けて辞退する気だけど、一体後任は誰になるのかと言う疑問よりも東京オリンピック大会組織委員会がいかに組織としての体を成してないってのを発信するものではないだろうか?

女性か若い人を起用すべきだという意見も高まっているこの頃、有力なのは橋本聖子オリンピック担当相みたいだけど、当の橋本氏本人がやる気かどうかは微妙なところです。

一難去ってまた一難な東京オリンピック、そもそもCOVID-19禍が治まらない中で予定通り開催できるかすらわからない状況なんだから、オリンピックどころじゃねェ!! って国内外から言われてる気がするんだけど。

それと森氏はまだ現実を見てないんですね!! 大会組織委員長の座を降りるつもりでもまだ自分は影響力があると勘違いして首を突っ込む、度が過ぎたお節介もいいところだが、周りも周りで「あなたはもう辞める人間なんだから金輪際組織委員会に関わらないでもらいたい」って突き放すとか、厳しい態度に出たほうが良かったのにとすら言いたくなる。

theme : 私の見解
genre : 政治・経済

さらば森喜朗

最後まで大会組織委員長の座に固執したものの、世論の圧力に勝てなかったと痛感したんでしょうかね?
いわばこれが現実だ!! って吐き捨てたくもなるけど。

引用

森氏、五輪組織委会長辞任意向 「女性蔑視」発言で 後任は川淵氏が有力

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言の責任を取り、辞任の意向を固めたことが11日、関係者への取材で分かった。組織委が12日に開く評議員会と理事会による合同懇談会で表明する見通し。後任は日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が有力とみられる。新型コロナウイルスの影響で延期された大会は、開催に懐疑的な見方が広がる中で、開幕まで半年を切っての会長辞任という事態に発展した。

 森会長は3日に開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議委員会で、JOCが女性理事の割合を40%にする目標を掲げていることに関連し、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言した。

 発言は男女平等を推進する五輪精神に反し、海外メディアも速報するなど、国内外に波紋を広げた。森氏は4日の記者会見で発言を撤回し、「不適切な表現で、深く反省している。不愉快な思いをされた皆さまにはおわびを申し上げたい」などと謝罪。一方で、辞任する考えは「ありません」と否定していた。

 森氏の謝罪を受け、国際オリンピック委員会(IOC)も一度「問題は決着したと考える」との見解を示し、事態の収拾を図ったが、謝罪会見での開き直りとも取れる態度もあって批判は収まらず、国内外のアスリートからも反発の声が上がったほか、東京都や組織委への抗議も相次ぎ、ボランティアや聖火ランナー辞退などの動きも広がった。

 9日にはIOCが進退にこそ言及しなかったものの森氏の最近の発言を「完全に不適切」などとする声明を発表。10日には東京都の小池百合子知事が今月予定のIOCバッハ会長らを含めた4者会談について「今ここで開いてもあまりポジティブな発信にならない」と述べ、出席しない意向を示すなど、日に日に包囲網は狭まっていた。こうしたことから、森氏は大会準備への悪影響を考慮し、身を退く決意を固めたもようだ。

 これまで首相や文部相(現文部科学相)などを歴任した森氏は「文教族」として知られ、日本体育協会(現日本スポーツ協会)や日本ラグビー協会のトップも務めるなど、政官財だけでなくスポーツ界にも幅広い人脈と影響力を持った。東京大会の招致にも尽力し、平成24年に政界を引退すると、同26年1月に発足した組織委の会長に就任。これまで大会準備の陣頭指揮を執ってきた。

 最終更新:2/11(木) 13:59 「産経新聞」より
女性蔑視発言で国内外から大ブーイング、その後の謝罪会見では逆ギレと開き直りで醜態を晒してさらに大ブーイング、IOCからも問題視されるなど顰蹙を買いまくった森喜朗東京オリンピック大会組織委員長、醜態を晒した謝罪会見にて辞める気なしの態度を取ったものの、菅義偉総理以下周りが擁護すればするほど世間から叩かれ、四面楚歌状態をもたらした森氏だが、その森氏が11日になって辞任の意向を固めたことが関係者の話で明らかになったけど、日増しに高まる世間からの「森辞めろ!!」「日本の恥!!」という辞任を求める国民の声や相次ぐボランティア辞退者もあってか、自ら降りることで幕引きを図りたいんでしょうかね?

やっと大会組織委員長の座から降りた森氏だが、これで幕引きにしてはならないことは確か、直前の二階俊博幹事長の無責任で無神経なあの発言も世間から大ブーイングを浴びてることを政府及びオリンピック関係者は痛感しなければいけないし、ここで二階幹事長が「この問題は終わり」なんて言おうもんならまた国民の怒りの火に油です。

スポンサーやIOCからの非難の声が決め手になったと言うけど、だったら国民世論の声は決め手じゃないのかって言いたくなる。

森が辞任したことで後任の大会組織委員長は誰になるのかだけど、どうやら川淵三郎JFA(日本サッカー協会)元会長が有力みたいです。山下泰裕JOC(日本オリンピック委員会)会長でもいいが。

国内外からの批判殺到で辞任へと追い込まれた森氏、これで分かったでしょ!! 自分たちの価値観や常識に固執して現実を見ないような人間はいずれ世間から見放されるって、これは二階俊博幹事長にも当てはまる話です。それと森氏は今回の発言は女性蔑視に限らずオリンピック憲章に反する行為だから、名誉毀損罪で訴えられてもおかしくないわ。またこれを機に日本でもいい加減公の場などで性差別に当たるような言動には厳罰をもって処したほうがいい。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

火に油を注ぐ

亀田親子や船場吉兆、野々村竜太郎、日大と並ぶレベルの「見苦しい謝罪会見」「謝罪会見になっていない」だよ。

引用

森会長“女性蔑視発言”謝罪会見も墓穴 逆ギレに「老害」自虐…火消しどころか火に油

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は4日、都内で取材に応じ、前日3日の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会での“女性蔑視発言”について謝罪し、撤回すると発表した。しかし、辞任を否定した上に、責任を追及する質問に逆ギレした会見でイメージはさらに悪化。新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれる東京大会へ向け、世論を味方につけることは絶望的となった。

 21分間の謝罪会見は逆ギレで終わった。冒頭は手元のメモを見ながら、前日の発言を「五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現。反省して撤回したい」と謝罪したが、辞任の意思を問われた森会長は、あっさり否定。「皆さんが邪魔だと言うなら老害は粗大ごみになったのかもしれないから、掃いてもらえばいいのでは?」と冗談めかした。

 組織委のトップに適任ではないと追及した記者には「承っておきます」と冷笑。発言の真意に迫ろうとする質問を「そういう話はもう聞きたくないよ。面白おかしくしたいから聞いてるんだろ?」と遮り、「みんな怒っている」と指摘されると「だから謙虚に受け止めております。撤回させていただきますと言ってるんです」と打ち切った。組織委員会ではなくJOCの会議での発言だったとの言い訳は見苦しかった。

 火消しどころか、日本のイメージダウンにつながる新たな問題発言で火に油を注いでしまった。“女性蔑視発言”の経緯として「特に山下さんの時はJOCの(男性)理事を削って、女性理事の枠を増やさなくてはいけないということで、大変苦労したという話を聞いた」と山下泰裕会長の名前を出してJOCの内情を暴露した。「各競技団体から女性が多いと会議が長いと聞いているのか」と問われると「そういう話はよく聞いています」と軽率にも認めてしまった。

 日本スポーツ界が男女平等に消極的と受け止められれば世界中から非難され、批判の矛先が東京五輪へ向けられる可能性もある。新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、年明けの世論調査では東京五輪の今夏開催に80%が反対。予定通りの開催準備を進める中で森会長自ら「一番大きな問題は世論」と懸念していたが、問題発言と逆ギレ会見で国民の理解を深めるのは絶望的だ。組織委内部からも「いいかげんにしてほしい」との声も出始めた。世論を味方につける最後のチャンスだった引責辞任を否定したことで、状況はいよいよ厳しくなってきた。

 [ 2021年2月5日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」なんて発言して国内外から大ブーイングの嵐となった森喜朗東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員長、この人の失言癖はどうしようもないレベルのものなのは承知のとおりだが、その森氏は問題を受けて4日に謝罪会見をして前述の発言を撤回したもののそこでまた醜態を国内外に晒しただけでなく、東京オリンピック・パラリンピック開催に赤信号が灯りかねない事態までもたらしたようです。

発言を撤回したことで記者団から辞任すべきではという質問が出た際に「皆さんが邪魔だと言うなら老害は粗大ごみになったのかもしれないから、掃いてもらえばいいのでは?」なんて言い草、完全なる開き直りとしか映らないし典型的な❝逆ギレ❞も甚だしいです。
自ら老害と呼んだ森氏、日本国民全員そう思ってるわ!! ってツッコみたくなる。

オリンピック憲章に著しく反している「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」発言、当然こんな不謹慎で無神経で性差別的な発言以外の何物ないが、これを組織のトップが言うようではトップとして不適格を通り越しているけど、これについて聞かれると「そういう話はもう聞きたくないよ。面白おかしくしたいから聞いてるんだろ?」なんてこれまた❝逆ギレ❞と来たもんだから、呆れ果てて何も言えないを通り越したくなる。自分に都合の悪い話が飛ぶとすぐに攻撃的な言動に訴える。みっともないったらありゃしない。このジジイの言動は。

よけい国内外に醜態を晒した森氏、逆ギレなんて謝罪会見という場でやっちゃいけない行為の一つなのにそれすら分からないんですかね!!
東京オリンピック・パラリンピック開催に反対に声が高まることは必至だし、仮に開催しても国によってはボイコットされる懸念もあるし、女性アスリートやスタッフなどが抗議の意としてボイコットなんてことにもなりかねないです。

会長職を辞めない、逆ギレ、国内外からえらく呆れられた森氏、こういう人間がいるから日本は男女平等度や男女格差において下位に位置づけられる要因なんじゃないの!? とつくづく思うよ。

結果として火に油を注ぐだけでしかなかった森氏の謝罪会見、反省の色が感じられない上に逆ギレに及んだことでこれも❝見苦しい❞レベルのものです。

theme : ムカッ!ときたニュース
genre : ニュース

ホントいい加減にしろ!! 森喜朗!!

東京オリンピック及びパラリンピック開催がこれでまた危うくなりました。
JOC(日本オリンピック委員会)及び政府!! いい加減にこいつを組織委員長の座から解任してくれないかな!!

引用

森会長「女性は…」五輪に厳しい世論の中さらに逆風

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、女性蔑視と取られる発言をした。JOCが女性理事を増やしていく方針を掲げていることを受け、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と述べた。

かつて会長を務めた日本ラグビー協会で進行に時間がかかったと指摘。「女性は競争意識が強い。誰か手を挙げると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね」と語った。約40分に及んだ「演説」では、その後も「女性を増やす場合は発言の時間もある程度は規制しておかないと、なかなか終わらないので困る」「組織委にも女性はいるが、みんなわきまえている」と配慮を欠く言葉が並んだ。一方で、「国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりですから、お話も的を射たご発信をされて非常に我々も役立っている」とも話した。

日本のスポーツ界は女性進出が遅れ、国が各競技団体へ女性役員の増加を求める指針を出したばかり。「多様性と調和」をコンセプトにする組織委員会のトップとしても、問題視されることになりそうだ。国際オリンピック委員会(IOC)も、14年に承認した中長期改革の指針「五輪アジェンダ2020」で、五輪参加者の男女比率を同等にする目標を設定している。

森氏は開幕まで半年を切った五輪・パラについては「どんなことがあってもやる」と改めて強調した。「無観客ということも当然想定しながら、いくつかのシミュレーションをしている」とし、海外からの観客受け入れの水際対策を課題に挙げた。

首相時代も含め、その発言は物議を醸す機会は多かった。国内世論が五輪開催に厳しい中での、スポーツ界の流れに逆行する発言。さらなる逆風を生むことになりそうだ。

[2021年2月4日4時0分「nikkansports.com」]より
「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」なんてトンデモ発言をした森喜朗東京オリンピック及びパラリンピック大会組織委員長、JOCが昨今の男女平等が尊ばれる風潮を見て女性理事を増やすことを示唆したことについてこう言ったけど、女性蔑視に等しい発言だけに国内外から大ブーイングが起こることは避けられないし、ましてや東京オリンピック及びパラリンピック開催を危うくする状況をもたらしたとしか思えません。

意固地になって東京オリンピック及びパラリンピック開催にこだわり、周りから批判の声が上がってもどこ吹く風で振る舞い、今度は女性蔑視発言、ただでさえ日本は男女平等度が低いのは由々しき問題だが、日本社会においてこういう発言を平然とする者がいて、なおかつそいつが社会的に非難されても処罰すらされないことはやっぱ日本は男女平等度が遅れているって言われるんじゃないかな!!

総理在職時から度々問題発言をして国内外から物議を醸し批判もあった森氏、今回の発言はオリンピック及びパラリンピック開催を危うくしたどころか、今や男女平等が当たり前なスポーツ界はイザ知らず世間一般の流れにおいて時代に著しく逆行するものであり、即ち日本の恥を晒したと言えます。森氏は正直言って「国辱もの」だ。
現実が見えてないとしか思えない森氏のこの発言、前述の男女平等が当たり前なスポーツ界はイザ知らず世間一般の流れにおいて時代に著しく逆行するもので、森氏に対してはゴルバチョフの「遅れてくる者は人生に罰せられる」という名言を突きつけたいくらいです。

「森ヤメロ」「日本の恥」「❝老害❞は去れ!」って抗議の声が当然出そうだ。

theme : ムカッ!ときたニュース
genre : ニュース

無観客開催を検討? 東京オリンピック

中止だ延期だって意見が日増しに高まっているこの頃、こんな❝トンデモ❞意見がIOC(国際オリンピック委員会)から出たみたいです。

引用

東京五輪無観客検討 IOCバッハ会長が“含み”大会組織委の武藤事務総長も否定せず

 新型コロナウイルスの影響で今夏へ延期された東京五輪・パラリンピックが、無観客も視野に開催案が検討されていることが21日、分かった。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(67=ドイツ)が共同通信とのインタビューで「安全が最優先という点でタブーはない」と無観客や観客数制限に含みを持たせ、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長(77)も「無観客がいいとは思っていないが、お客さんがいなければできないと言えば、そうでもない。(五輪は)元々アスリートが競技するところ」と否定しなかった。

 組織委では大規模イベントの観客数制限の指標となる収容人員50%も含む複数の案を検討しているとみられ、観客数削減に備えてチケット購入者を対象にした再抽選システムの開発も進めているという。武藤事務総長は海外からの観客受け入れ可否や観客数の方針を最終判断する時期について「プロ野球など、さまざまなプロスポーツの状況を見て考えたい」と3~4月になるとの見解を示し、バッハ会長もチケット販売の観点から「3、4月が非常に重要になる。6、7月まで待てない」と指摘した。

 バッハ会長は「7月に開幕しないと信じる理由は現段階で何もない。だからプランB(代替案)もない」と中止や再延期の可能性を否定。世界的に五輪開催への悲観論が広がる状況にも「(延期を迫られた)昨年とは比べられない。全ての選手が東京に来ることを望んでいる」とワクチン接種を含む予防策に自信を示した。また、聖火リレーに合わせて5月に被爆地の広島を訪問したい意向も明らかにし、22年北京冬季五輪も開催する方針を強調した。

 [ 2021年1月22日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
COVID-19感染拡大が止まらない上に変異種も見つかって拡大の様相が収まらず、またワクチンが開発されても安全性の問題などが山積みなこのご時世、当然ながら東京オリンピック・パラリンピック開催について中止や延期論が高まっているけど、そんな中でIOCのセバスチャン・バッハ会長「安全が最優先という点でタブーはない」と述べ、無観客開催を検討していることを明らかにしたけど、正直言ってバッハ会長のこの発言には首を傾げたくなります。
無観客でもいいから開催しろって明らかに自分たちの利益しか考えていないもいいところだし、COVID-19禍が止まらないご時世に何がオリンピックだって国内外から大ブーイングの嵐だ。バッハ会長のこの発言は。

中止しろ再延期しろって意見を無視して強行しようとするこの姿勢、バッハ会長も何だか菅義偉総理や森喜朗、麻生太郎、二階俊博と同じに見えてくる。結局は周りっていうか現実を見ていないってこと。
「(延期を迫られた)昨年とは比べられない。全ての選手が東京に来ることを望んでいる」なんて理屈、予定通りワクチンを摂取できるかの保証もないのに、そんな楽観視するような姿勢を取っていかがなものか?

日本政府といいバッハ会長といい、東京オリンピック開催に固執して周りを見ていないってのを発信しそうな感じがするけど、無観客でのオリンピックって盛り上がらないし選手にしてみてもやる気が出てこないから、無意味なものだが。再延期か中止しか選択肢はありません。バッハ会長も日本政府もいい加減それを理解したら!? こういう考えがオリンピックのイメージを悪くしていることに気づいてないんですか!?

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード