これでオリンピック費用問題は解決?

政府・都・組織委員会とで揉めに揉めたこの問題もケリが付いたんでしょうかねェ・・・?
東京都で全額負担するとか言ったけど。

引用

東京五輪費用、3者分担に大筋合意…丸川五輪相

 2020年の東京五輪・パラリンピック大会経費をめぐり、丸川五輪相は24日午前、内閣府で記者団に「政府と東京都、大会組織委員会の3者の調整がほぼ整った。これを境に準備に向けて様々な作業が促進する」と語り、3者が費用分担について大筋合意したことを明らかにした。

 31日午後に、丸川五輪相、小池百合子都知事、組織委の森喜朗会長のほか、会場を持つ7道県の知事らが参加する連絡協議会を開き、最終決定する方向だ。

 五輪関係者によると、大会経費は、予備費を含めて最大1兆6900億円まで圧縮する。昨年末の試算では最大1兆8000億円が見込まれたが、警備費や輸送費などを圧縮し、全体で1100億円減らした。

 2017年05月24日 13時20分 読売新聞
「政府と東京都、大会組織委員会の3者の調整がほぼ整った。これを境に準備に向けて様々な作業が促進する」と述べた丸川珠代オリンピック担当相、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの経費を巡る問題で、政府や都・オリンピック組織委員会でグダグダ揉めていたけど、ここに来てお互いが経費を負担すると言うことで合意したって言うけど、ついこの前東京都の小池百合子都知事が全額負担すると強調したことで「ちょっと待て! 東京都だけで負担するのか」と政府や組織委員会が動いたんでしょうか。

大会経費は最大で1兆6900億円まで圧縮するって言うけど、当初のコンパクトさはどこへやら、採算度外視のメインスタジアム問題、周辺自治体の負担問題、資材高騰に伴う予算増、3者の責任のなすりつけ合いと言う情けなさもあってか、こんな状態で開催していいのかとすら疑問を持ったけど、3者がお互い負担することで世論からの理解が得られるんでしょうか、疑問です。

いい加減オリンピック絡みで揉めるのは止めて欲しいし、正直言ってオリンピックのイメージを悪くする一方でしかありません。

theme : オリンピック総合
genre : ニュース

「東京都で全額負担します」

東京都以外で競技を開催する場合は、それぞれの自治体が負担するつもりがここで東京都が思い切った判断をしたみたいです。

引用

7道県の五輪仮設費、東京都が全額負担=小池知事、安倍首相に伝える

 東京都の小池百合子知事は11日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催費をめぐり、都外に競技会場がある千葉、神奈川など7道県の仮設施設の整備費を都が全額負担する方針を表明した。

 小池氏は同日午前、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、都の意向を伝えた。焦点だった仮設整備費の負担の大枠が固まり、停滞していた整備計画が前進しそうだ。

 小池氏は会談後、記者団に「都としては、他地域の仮設の費用も負担する。大枠で(都が全額持つという)そういう流れだ。首相にも評価していただいている」と語った。負担額は精査を続けているという。会談では、国もパラリンピック開催費を負担することで合意した。

 仮設整備費をめぐっては、小池氏が当初3月中としていた負担の大枠提示が遅れていることに関係自治体が不満を強めていた。首相は組織委員会や関係自治体との調整を急ぐよう丸川珠代五輪担当相に指示していた。

 組織委はこれまで、追加競技として福島県で行われる野球・ソフトボールなどを加えた都外の仮設整備費を約500億円と試算。整備費を含めた都外の開催経費は約1600億円と見込んでいる。

 パラリンピックの経費については、組織委が半分を負担し、残りを都と国で折半する仕組みになることが固まった。会談では、会場周辺のセキュリティーやドーピング対策の経費に関しても国が負担することを確認した。

 最終更新:5/11(木) 13:22 「時事ドットコム」より
東京都、政府、そして組織委員会とで揉めていた東京オリンピック及びパラリンピックの仮設整備費、とりわけ小池百合子都知事が3月中としていた各自治体への負担の大枠提示について遅れが出て、神奈川県や千葉県などから不満が出たことを受け、安倍晋三総理が組織委員会および関係自治体との調整を直ちにするよう丸川珠代オリンピック担当相に指示したけど、それが上手く進んでいると言い難く、小池都知事がそれにしびれを切らしたのか、東京都で全部負担すると強気な態度を示したようです。

11日午前に首相官邸で安倍総理と会談し、そう伝えた小池都知事だが、仮設整備費問題をそれでクリアしたと言えるんでしょうか。
パラリンピックについては組織委員会が経費の半分を負担する一方で、残りは東京都と国で折半するようだけど、ハッキリ言って、後になって国民にえらい負担を押し付けようとするのだけは止めてほしいです。

また多額の税金が使われるのかと思うが、当初の「コンパクト」はどこへやら、メインスタジアム建設問題などに始まった金の問題、どんどん高騰しまくって間逆な方向に向かってます。
追加競技として実施される野球及びソフトボール、都外の仮設整備費は約500億円と試算されてるけど、新たに施設を作ったところでオリンピック後にどうするのか、明確な構図が見えてません。

小池都知事の思い切ったこの判断は、吉と出るのか凶と出るのか・・・。

theme : オリンピック総合
genre : ニュース

しれっと復帰したシャラポワ

ゲス不倫議員といい、舌禍事件を起こした前復興相といい、問題行為を起こしてもお咎めがないって言うのは不公平ですが、この人もでしたね!!

引用

シャラポワ、代用薬は明かさずも強気 “妖精2世”は痛烈批判

 ドーピングが発覚した際に、シャラポワは医療目的で長年に渡ってメルドニウムを使用していたと釈明した。1回戦を終えた後の会見では「合法的に使える代わりの薬は見つかったのか」と突っ込まれて「それは私とツアーとドクターが知っていればいい」と言葉を濁した。

 競技力向上効果があるとされるメルドニウムは不整脈や心疾患の治療に使われ、シャラポワは06年から服用していたという。メルドニウムはラトビアで製造された抗虚血薬で、シャラポワが拠点とする米国では承認されていないだけに、その使用理由にも疑念が深まっていた。

 主催者推薦を得ての復帰については、対戦相手のビンチ(イタリア)を始め、多くの選手から批判された。“シャラポワ2世”と呼ばれたことのあるブシャール(カナダ)も「彼女はうそつき。不公平だし、復帰は許されるべきじゃない。ツアーは子どもたちにも間違ったメッセージを送ることになる。“ウソをつきなさい。そうしたら両手を広げて迎え入れてあげるわ”ってね」と手厳しかった。

 シャラポワ自身はあくまで強気。「人が何を言うかはコントロールできない。大事なのはコートで自分が何をするか。そうじゃなきゃ4大大会を5回勝ったり、世界1位にもなっていない」と周囲の批判もどこ吹く風だった。

 [ 2017年4月27日 11:17 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
医療目的で服用していたメルドニウムが禁止薬物と見なされ、ドーピング違反で昨年1月に1年3ヶ月の出場停止処分を喰らったマリア・シャラポワ、そのシャラポワはドイツで開催中のテニスの大会、ポルシェ・グランプリに出場したけど、ドーピング違反で出場停止処分を受け、ランキングが低下して大会出場条件を満たしていないにも関わらずワイルドカードで出場したことについて賛否両論起こっているみたいです。

主催者推薦での出場だけに、シャラポワの出場を好ましく思っていない関係者もいますが、かつてシャラポワ2世と呼ばれたカナダのユージニー・ブシャール「彼女はうそつき。不公平だし、復帰は許されるべきじゃない。ツアーは子どもたちにも間違ったメッセージを送ることになる。“ウソをつきなさい。そうしたら両手を広げて迎え入れてあげるわ”ってね」とバッサリ切り捨てましたが、不正をして出場停止になったのに何事もなくと言うか、それも特例で出すのはスポーツマンシップに反する行為とブシャールが怒り心頭なのも無理はない。簡単に復帰させる主催者への批判もあるでしょうね。利益がほしいからって理由だとすれば金のことしか考えてないと思う。
ブシャールがホントに怒ってるんならばスポーツ仲裁裁判所にでも訴えたら? って言いたくもなる。

「人が何を言うかはコントロールできない。大事なのはコートで自分が何をするか。そうじゃなきゃ4大大会を5回勝ったり、世界1位にもなっていない」と批判を気にしない様子のシャラポワだが、このメンタルの強さは褒めていいものかと言いたくなる。
出場停止明けにも関わらず「特例」で出場が認められたシャラポワではあるが、これは他の選手に示しがつかないし、子供たちにも悪影響だと思う。

ドーピングが発覚しても自己弁護に終始して異を唱える言動をしたことで世間を怒らせたシャラポワだが、禁止薬物に対する知識を身につけようとしないでこの強気は自分の人生そのものを汚すだけでしかないです。ましてしれっと復帰じゃ世間をまた怒らせるだけでしかありません。問題行為をして世間から批判されたにも関わらず、強気な態度で周囲からの批判をどこ吹く風でかわす。シャラポワのこの言動はあのディエゴ・マラドーナみたいだ。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

10種目に挑戦!?

日本女子競泳界を引っ張る逸材だけに、このプランはどう出るのやら・・・!?

引用

池江、世界選手権で10種目出る!「気分転換にもなる」

 日本水泳連盟は17日、競泳の世界選手権(7月23〜30日、ブダペスト)の日本代表18選手を発表した。日本選手権で女子史上初の5冠を達成した池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)は個人5種目のほかにリレー5種目にエントリーする可能性があり、最大10種目出場に意欲を見せた。リレーの代表選手は最終選考会となる和歌山県選手権(6月10、11日)を経て追加される。

 “鉄の女”にビッグプラン浮上だ。日本選手権で自由形3つ(50メートル、100メートル、200メートル)、バタフライ2つ(50メートル、100メートル)の個人5種目で派遣標準記録を突破して優勝し、代表切符を手にした池江。世界選手権では五輪で実施されていない男女混合の2つのリレー(フリーとメドレー)もあり、「めったに出られるものじゃない。気分転換にもなる。凄く楽しみです」と出場に意欲を見せた。

 出場すれば五輪種目の3つのリレー(400メートルと800メートルのフリーリレー、400メートルメドレーリレー)と合わせ最大で個人5種目、リレー5種目の計10種目となる。昨年のリオ五輪の7種目を上回る挑戦で、全て決勝まで残れば8日間で計25レースとなる計算だ。

 そんな超過酷な日程にもかかわらず、前向きなのは今大会で得た自信があるからだ。自己ベスト更新はなかったが、4日間で計10レースをハイレベルな記録で泳ぎきった。「正直凄くきつかったけれど、悪くないタイムで良かった」と多種目で好タイムを出し続ける手応えを得た。また、200メートル個人メドレーについて「東京五輪までには挑戦したい」というプランもある。将来的には個人種目を増やす可能性もあるだけに、多くのレースに挑戦してタフさを磨きたいところだ。

 もちろん出場種目数以上に大事なのは結果。リオ五輪では100メートルバタフライ(1バタ)5位が最高だった。伸び盛りの16歳は「リオで結果が良かったのは1バタだけだった。今度はほとんどの種目で決勝に残って、1バタでメダルを獲りたい」と力強く誓った。

 [ 2017年4月18日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
今年7月にハンガリーのブダペストで開催される競泳の世界選手権、その世界選手権の代表を発表した日本水泳連盟、瀬戸大也や萩野公介に注目が集まりますが、日本選手権で女子初の5冠を達成した池江璃花子にも注目が集まっています。

個人種目5個に加えて(50、100、200メートル自由形・50、100メートルバタフライ)、リレー5種目にも出場する可能性が出て、それが認められれば合計10種目にエントリーすると言うことになりそうです。
「めったに出られるものじゃない。気分転換にもなる。凄く楽しみです」と前向きな姿勢の池江、一人で10種目に挑戦と言う過酷なミッションについて気分転換って、どこまでポジティブだかと思うけど、結果を出さねば意味はありません。

「リオで結果が良かったのは1バタだけだった。今度はほとんどの種目で決勝に残って、1バタでメダルを獲りたい」と昨年のリオデジャネイロオリンピックでは世界レベルを痛感しただけに、結果を出さねばと言う意気込みを見せている池江ではあるけど、マラソンの瀬古利彦氏みたいに、周囲からの期待に応えようと頑張りすぎて失敗に終わるなんてことにならねばいいのだが・・・。

theme : 水泳
genre : スポーツ

浅田真央が引退

「ハーフハーフ」発言してすぐに現役続行して、あれから2年、決断の時を迎えたようです。

引用

感動ありがとう!浅田真央が現役引退、今後はプロスケーター転身へ

 ありがとう、真央ちゃん! フィギュアスケート女子で2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(26)=中京大=が10日、自身のブログで現役引退を表明した。6位だった14年ソチ五輪のシーズン後に心身の疲労を理由に休養。1年後の15、16年シーズンに復帰したが、痛みのある左膝の状態が思わしくなく、本来の演技ができない状態が続いていた。近日中に会見を開く。

 真央、いや真央ちゃんがリンクを去る。浅田真央が10日午後10時51分、自身のブログを更新。衝撃的な引退発表が深夜の日本中を駆け巡った。

 「突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートができたのも、たくさんのことを乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います」

 12歳で世界の女子で数人しか跳べないトリプルアクセル(3回転半ジャンプ、3A)を習得。中学3年だった05年12月のグランプリ(GP)ファイナルで当時最強と言われたイリーナ・スルツカヤ(ロシア)を抑えて初出場Vを果たし、一気に注目を集めた。生まれたのが約3カ月遅かったため、年齢制限から06年トリノ五輪には出場できず、当時の小泉純一郎首相も「出てもらいたい。優秀な人が出た方が五輪も盛り上がる」と発言するなど、社会現象に発展した。

 初出場の10年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得。金ヨナ(キム・ヨナ、26)=韓国=とのライバル対決に敗れ涙を流した。3度の世界選手権優勝も達成。6度の全日本女王に輝くなど、日本の女子フィギュアを引っ張ってきた。天真らんまんな少女が大技に挑みながら大人に成長する過程を日本中が見守った。26歳となった今も親しみを込めて「真央ちゃん」と呼ばれる。

 11年12月に最愛の母、匡子(きょうこ)さん(享年48)を亡くして悲しみに暮れたが、直後の全日本で5度目の優勝。14年のソチ五輪は16位と出遅れたショートプログラムから圧巻の巻き返しを見せた。その年の世界選手権では自己最高得点で優勝。苦難に立ち向かう姿が人々の心を打った。14年5月に1年間の休養を発表し、会見では現役続行の可能性に「ハーフハーフ」の名言を残すなど発言でも注目を浴びた。

 その翌シーズンに復帰。だが、3Aの着地などで負担のかかる左膝に痛みがあり、思うような結果を残せない日々が続いた。昨季は3Aを回避する試合が多く、GPファイナル出場はおろか、全日本でも自己ワーストの12位に終わった。

 「私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています」などと感謝の気持ちをつづった。今後はプロスケーターに転身する見込みで近日中に会見を開き、心境を語る予定。2枠に減った来年2月の平昌五輪出場はならなかったが、氷上の舞いはファンの心にいつまでも残るはずだ。

 2017.4.11 05:06 「サンケイスポーツ」より
自身のブログにて現役引退を発表した浅田真央、全日本選手権では6回、世界選手権では3回優勝したり、代名詞であるトリプルアクセルを若干12歳でマスターするなど日本女子フィギュア界を牽引してきた浅田の引退は「ホントに引退!?」って感じです。

そりゃ3年前に突然の休養宣言し、その記者会見で「ハーフハーフ」と現役続行についてこうコメントしただけに、引退がホントになったみたいです。現役を続行したものの代名詞であるトリプルアクセルは左膝に負担が大きくかかる為に左膝を痛め、結果が伴わない試合が続いて、昨シーズンはトリプルアクセルを全く使わない試合も目立ち余計成績を落とす日々が続いたが、トリプルアクセルに代わる武器をマスターしなかったのかそれとも・・・!?

左膝の状態が思わしくないこともそうだし、近年では浅田に代わる逸材が出てきたせいか、浅田にとってもう引き際を考えたのかも知れませんね。もう一つはオリンピック出場枠が減ったことも影響してるけど。

フィギュア界を去りプロスケーターに転身することも表明した浅田、浅田が残した存在感と名シーンは日本フィギュア界にとって大きな遺産を残すことになるでしょう。その後はプロスケーターもそうだし、姉・舞とともにタレント業にも挑戦するんでしょうかね。

theme : 女子アスリート
genre : スポーツ

結局有明アリーナで「決着」かァ・・・。

横浜市の理解が得られなかったからそうするしかなかったってことで、元の木阿弥と言いますか・・・!!

引用

<東京五輪>バレー会場「有明」で最終調整

都、移転全て断念 横浜市「開催は時間的に難しい」

 2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボールについて、東京都が「有明アリーナ」(江東区)開催で最終調整に入ったことが、複数の関係者の話で分かった。都の再試算で「有明」の整備費が、当初計画から65億円削減可能と判明。「横浜アリーナ」(横浜市)開催を断念し、小池百合子知事が移転を主張した3競技会場が全て当初計画の場所になっても、選挙公約の「五輪予算削減」が達成され、都民らの理解が得られると判断した模様だ。小池知事は、来週にも結論を公表する。

 3競技会場については、先月29日の国際オリンピック委員会(IOC)、都、大会組織委員会、政府の4者のトップ級会合で議論され、ボートとカヌー・スプリントは「海の森水上競技場」(東京湾岸)、水泳は「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)に決まった。バレーボールは結論が先送りされた。

 バレーボール会場に関しても、内外競技団体やIOCが会合前から「周辺民有地の使用が必要で警備上も課題がある」と指摘するなど「横浜」移転に反対する意見が大勢を占めていた。関係者によると、小池知事はこうした状況を踏まえ、会合直前にIOC側に「有明を軸に検討するので、きょうは結論を先送りしてほしい」と要望したという。

 都は当初404億円だった「有明」の整備費を340億~374億円に削減したうえで、さらにエスカレーター設置をやめたり、外装材やカーペットなどのグレードを下げたりして、339億円まで低減させた。加えて大会後の運営権売却や指定管理者制度導入などを検討し、運営費の都負担分を軽減することで、都民らに「有明」開催への理解を求めることにした。

 一方、横浜市の林文子市長は7日の定例記者会見で「(横浜での開催は)時間的に難しいというところが率直な感想だ」と述べた。同市は「横浜」開催の条件として都に対し、周辺民有地の所有者への説明▽道路を封鎖する場合の地域への説明▽都、大会組織委員会、競技団体の意向の一致--を求めている。

毎日新聞 2016年12月8日 07時30分
2020年の東京オリンピック及びパラリンピックにおけるバレーボール競技の会場を建設予定の東京・有明アリーナと既存の横浜アリーナにするかで東京都・組織委員会・IOC(国際オリンピック委員会)・政府との4者協議が続いていたけど、ここに来て東京都が再試算で有明アリーナ整備費が当初よりも65億円削減できると言う見解を示したことで、有明アリーナ開催にすることで最終調整に入ったようです。

当初有明アリーナには404億円もの整備費だったが、それを65億減らして339億まで下げたことは小池百合子都知事にとって安堵したと言いますか・・・!!

オリンピック後の運営権売却など、都が今後の負担分を軽減できるとして都民と言うか世論に有明開催の理解を求めることになるけど、すったもんだの末に有明アリーナ開催、結局何だったんだろうかと思う。
当初は横浜アリーナ案を出した小池都知事だが、IOCからクレームが来たことで頓挫したんでしょうかね。また当の横浜市が横浜アリーナ開催は無理。って言ったことも影響しているし・・・。

結局無計画過ぎる組織委員会に責任が大ありだが、自己の利権しか考えない姿勢が会場を巡る騒動に発展したことは確かだし、変にハコモノ行政を有難がる官僚の言いなりになってんじゃねェのかとも言いたくなります。こんなケチばかりがついてグダグダっぷりまで露呈するようじゃ何の為にオリンピック招致したんだと言いたくもなる。これが結果としてオリンピックのイメージ悪化を助長してるとしか言えません。
やはり3年前のIOC総会において開催地が決定する前に、2020年の夏季オリンピックを東京で開催するかどうか賛否を問う国民投票でも実施すればよかったんだよと今となってはそう思うばかりです。

theme : オリンピック総合
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード