「ワフー酋長」が無くなる?

そのうちチーム名も変更を余儀なくされそうだが、考えすぎですかね・・・!?

引用

インディアンス来季からロゴ変更 「ワフー酋長」から「C」へ 大リーグ機構決定

 大リーグ機構は29日、インディアンスのロゴマークとして長年ファンから親しまれている「ワフー酋長」について決定を下し、その使用を来季から中止すると発表した。

 インディアンスは同ロゴマークを1947年から使用。現在は帽子とユニホームの袖に使われているが、それも今季限りで、来季からはブロック体の「C」がチームのロゴマークとして用いられる。

 この決定の背景には人種差別の問題があり、ここ数年はアメリカ先住民族の権利団体からロゴマークは民族を侮辱しているとして使用中止を求める声が高まっていた。ただ、ファン向けのグッズ商品には今後も「ワフー酋長」のロゴマークが継続して使われるという。

 [ 2018年1月30日 09:32「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
MLBアメリカン・リーグ中地区に所属するクリーブランド・インディアンス、インディアンスと言えば映画「メジャーリーグ」でもお馴染みだが、そのインディアンスのシンボルマークで帽子にも使用されているネイティブ・アメリカンをイメージした「ワフー酋長」も有名だけど、そのワフー酋長がネイティブ・アメリカンの権利団体から「ネイティブ・アメリカンをバカにしている」「ステレオタイプに満ちていて差別的だ」って批判が上がり、使用中止を訴える意見が拡大したことによりMLB機構がワフー酋長の仕様を禁止する措置を出したみたいです・・・。

先住民にすれば自分たちがディスられていて不快だとしか思わないワフー酋長、ただインディアンスにすればこれはチームのシンボルマークであり人種差別には当たらない・ネイティブ・アメリカンをバカにしていないと反論したものの、今のスポーツ界では人種や差別の問題についてデリケートなもんだから、ステレオタイプに当たるようなものもアウトってことなんでしょう。

来季からブロック体の「C」をロゴマークに使うことになるインディアンス、長年使ってきて馴染みのあるロゴマークを世論の圧力で消すのも辛いでしょうね。
そのうちインディアンスというチーム名も「ネイティブ・アメリカンに対する差別用語だから変えろ!!」ってクレームがついて変更を余儀なくされるんだろうか。

theme : 差別問題
genre : 政治・経済

松坂、中日にあっさり入団

これが正直「ラストチャンス」だと思って下さい。

引用

中日松坂誕生「まず第一段階クリア」背番号「99」

 中日森繁和監督(63)が23日、ナゴヤ球場で同日に入団テストを受けた前ソフトバンク松坂大輔投手(37)の合格を明かした。背番号は99に決まった。

 森監督や投手コーチ陣、西山球団代表、松永編成部長らが見守る中、テストは行われた。ブルペンで捕手を立たせて、スライダー、カーブ、チェンジアップを交え22球を投じた。新天地で20年目を迎えることになった松坂は「まずは第1段階をクリアした。ホッとしています。久しぶりの緊張感の中で投げられた。新しい環境は楽しみでもありますし、不安もある。早くチームにとけ込めるように、名古屋の街になじめるようにやっていきたい」と笑顔で語った。

 合格とした森監督は「このままずっと見ていたいと思った。キャンプに連れて行く。直接、話をしたわけではないけど、今までやってきたことは見てきた。うちのチームで出し切ってほしい」と期待した。松坂は2月1日から1軍北谷キャンプに参加する。

 [2018年1月23日15時26分 「nikkansports.com」]より
ソフトバンクを退団して去就が注目された松坂大輔、そんな中中日が先月に「来月入団テストをする」とオファーを出し、23日にナゴヤ球場で行われたテストで森繁和監督や投手コーチ陣・球団代表や編成部長が見守る中ブルペンで速球や変化球を交えて22球も投げたけど、森監督はあっさり合格通知を出したようです。
即ち「中日・松坂大輔」の誕生だが、森監督は何がポイントになったんでしょうか?

契約したことで第1段階クリアとなったけど、来月のキャンプやオープン戦で結果を出さねば第2、第3段階をクリアしたとはいえません。キャッチボールだけで第1段階をクリアってのも分からないが。

「このままずっと見ていたいと思った。キャンプに連れて行く」と森監督は言うけれど、キャンプやオープン戦で肩に違和感覚えてあっさりリタイアなんてことになれば話になりませんからね。
もう一つ「そんな終わった選手を取るより若手を育てたほうがいい」「話題作りだ」って批判意見も出そうだが、森監督はどこまで辛抱できるやら・・・!

そんな批判意見を払拭するには結果を出す以外ありませんからね。松坂大輔キャッチボールだけであっさり合格というのもどうかなァ・・・?

関連記事としてこちらもどうぞ。→ 松坂大輔、中日のテストを受ける?

theme : プロ野球
genre : スポーツ

星野仙一、逝く・・・。

新年早々野球界から衝撃のニュースが飛び込んできました。

引用

星野仙一さん死去、70歳 「燃える男」「闘将」楽天で日本一達成

 プロ野球中日のエースとして「燃える男」、監督就任後は「闘将」と呼ばれ、2013年に楽天を率いて球団創設9年目で初の日本一に導いた星野仙一(ほしの・せんいち)氏が死去したことが6日、球界関係者の話で分かった。70歳。岡山県出身。

 岡山・倉敷商高から明治大を経て、1969年にドラフト1位で中日に投手として入団。82年まで中日一筋でプレーした。気迫を前面に出す投球から「燃える男」がキャッチフレーズとなり、特に巨人戦で闘志を燃やした。現役時代の通算成績は実働14年で146勝121敗34セーブ。74年には沢村賞に輝いた。

 引退後は87年に中日の監督に就き、翌年にリーグ優勝。96年には中日で2度目の監督に就任し、99年にも優勝を果たした。2002年から阪神を率いて03年に18年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、ダイエー(現ソフトバンク)との日本シリーズで敗退。その直後に健康上の理由で退任した。11年からは楽天の監督に就任し、13年にチームを初の日本一に導いた。

 08年の北京五輪では野球の日本代表監督を務めた。準決勝で韓国に、3位決定戦でも米国に敗れてメダルを逃した。17年にエキスパート表彰で野球殿堂入りした。

 2018.1.6 08:05 「サンケイスポーツ」より
選手として監督として 「闘将」「燃える男」の異名を持ち、打倒巨人を生き甲斐としてきたあの星野仙一が亡くなったっていうけど、70歳で死去、昨年暮れの殿堂入りパーティーの際には健在ぶりを見せていたのに突然の訃報、残念でなりません。

考えてみれば、星野仙一ほど闘志を剥き出しにした監督はいないし、中日で2回、阪神と楽天で監督を引き受けた際には低迷していたチームを建て直していずれもリーグ優勝へと導き、通算1000勝を達成したのは偉業ではないでしょうか?
ときに選手を鼓舞して鉄拳も辞さない姿勢も印象に残ってますが、今となっては出来ないシーンです。よく怒鳴ったり鉄拳が飛ぶシーンをテレビなどで見たけど、それが躊躇に現れてたのは中日第一次政権時代だと思う。特に中村武志に対する姿勢は特に。

忘れられないのは阪神を建て直したことでしょう。あの野村克也をもってしても建て直せなかったチームを見事に立て直して就任2年目でリーグ優勝したことは今でも印象に残ってます。

楽天監督ではリーグ優勝及び自身初の日本一になったのだから、3球団でリーグ優勝したってことはスゴい。
選手を怒鳴ったりときに鉄拳を飛ばしたりと怖いイメージがあるが、一方でコミュニケーション力に長けて人脈作りも上手く、選手や関係者などを大事にした人格者でもあるんだけどねェ・・・(とは言いつつも中日監督時代には幾多の若手投手を酷使により潰した負の部分もあるが)

記憶にも記録にも残る名将だと思うし、野球界にとって大きな損失です・・・。星野仙一氏のご冥福をお祈りします。

theme : 訃報
genre : ニュース

松坂大輔、中日のテストを受ける?

ソフトバンクでは全然だったことから「終わった選手」と評されてしまったが、その評価を払拭するチャンスが巡ってきたようです。

引用

中日 松坂の入団テスト実施を正式発表 来年1月下旬「チャンスをいただき感謝」

 中日は21日、ソフトバンクから戦力外通告を受けて退団した松坂大輔投手(37)の入団テストを来年1月下旬にナゴヤ球場で、森繁和監督(63)をはじめ現場スタッフ及び編成部門幹部の立ち合いの下で行うと発表した。松坂は「チャンスをいただき感謝しています。テストに向けて、しっかり準備していきます」と感謝のコメント。結果が良ければ、契約の運びとなる。日米通算164勝の右腕は現役続行を希望し、移籍先を探している。

 森監督は「まず見てから。自分の目で見て、投げられるか。1月に判断します」とコメント。西山球団代表は「松坂投手と直接話をして、熱い決意をヒシヒシと感じました。テストをクリアして1軍マウンドへの復帰を期待しています」と復活を待望している。

 中日は20日に名古屋市内で取締役会を開き、白井文吾オーナー(89)が松坂について「調査をしていると報告があった」と獲得を検討していることを明かした。

 松坂は右肩の不調で今季1軍登板はなし。ソフトバンクに在籍した3年間で1試合しか投げていないものの、白井オーナーは「投げている、投げていないは関係ない。現在(右肩が)どのような状態か。痛みがなく問題なければ」と獲得に前向きな姿勢を示した。

 松坂は現在、自宅のある米ボストンで肩周りの強化やキャッチボールを行っている。白井オーナーは「現場からは一度見てみたいという意見が多い。見れば判断できるということ。2、3日中にいつ、どこでやるか決まるでしょう」と来年の1月中に森監督ら首脳陣が入団テストを実施する見通しを明かしたが、この日、正式発表となった。

 [ 2017年12月21日 14:10 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
ソフトバンクをクビになり来季の去就が不明な松坂大輔、その松坂について中日が来年1月下旬に入団テストを行うことを明らかにしたけど、当初中日は松坂獲りに消極的だったけどここに来て獲得に乗り気になったのって、驚きです。

「チャンスをいただき感謝しています。テストに向けて、しっかり準備していきます」とテストすることに感謝の意を表明した松坂だが、まず体を絞ったほうがいいと思うよ。
現在肩周りの強化やキャッチボールなどで体作りをしているけど、せっかくつかんだ再起のチャンスをものにしたいって意気込みに取れます。

「まず見てから。自分の目で見て、投げられるか。1月に判断します」と森繁和監督は言ってるけど、そこでいい結果を残せるかです。

現役続行にこだわり他球団で再起を図りたい松坂、これがラストチャンスだと危機感をもって臨んでほしいところです。
中日はかつてどこからのオファーがなくて無所属状態だった中村紀洋をテスト生として受け入れて、その後育成枠で入団させてオープン戦で活躍したことで支配下登録して活躍した実績があるから、その再現を狙ってるのだろうか?

theme : プロ野球
genre : スポーツ

阪神、来季の正ショート候補は

大和に去られたのは痛手だが・・・!!

引用

阪神・大山 遊撃本腰 金本監督「任しといて」ポスト大和育成へ

 国内フリーエージェント(FA)権を行使して去就を注目されていた阪神・大和内野手(30)の退団が30日に決まった。DeNAから獲得発表があり、慰留は叶わなかった。来季の正遊撃手の最有力とみられていた名手の流出。今秋から遊撃挑戦を始めた大山悠輔内野手(22)ら若手へ向けられる期待が一段と高まった。

 願いは届かず、大和が選んだのはDeNAだった。選手会納会があった29日深夜、1日付で球団本部長に就く谷本修常務のもとに「悩んだ末、他球団にお世話になることに決めました」と連絡が入った。球界屈指の守備力の流出。「皆さんご存じの通り守備をはじめ、球界でも貴重な選手です。非常に残念ではありますが…」と惜しみ、「熟考して決めたことですので、新天地で頑張ってほしい」と送り出した。

 悔やんでいる時間はない。大和の決断を聞いてすぐに金本監督に電話を入れた。「ポスト大和、頼みますよ」と。「任しといてくれ、と。それに近い(言葉があった)。腹を決めて鍛えてくれると思います」。就任2年間で着実に若手を成長させてきた手腕に期待を膨らませた。

 “ポスト大和”の一人が大山だ。今季は一塁で最多の27試合、次いで左翼で14試合、三塁で10試合に先発。今秋キャンプでは今季1試合だけだった二塁を主に練習した。来季を見据えた布陣で三塁には鳥谷がいて、一塁では新外国人打者の獲得を進めている背景があったからだ。発展させる形で第3クールの11月13日からは2軍で1試合だけ経験した遊撃に本格挑戦。来春も本腰を入れた練習継続を見込まれ、本人も「やるからにはものにしたい」と意欲を示していた。

 もととも大山に二塁案が持ち上がったのは一塁守備で見せたグラブさばきのうまさと地肩の強さがあったからで、この適性は遊撃にも合致。甲子園球場を訪れていた久慈内野守備走塁コーチは大山が遊撃の定位置を奪い取る可能性を「なくはない」と認め、「1人ライバルが減ったと思えばいい。大和がいなくなったことを喜んでいいと思う。二遊間は白紙。みんなにチャンスはある」と競争激化を歓迎した。

 新人ながら7本塁打を記録し、キャンプでも長打力を存分にアピール。守備重視の傾向が強い遊撃で大和とは違う新スタイルを築き上げる可能性を持った大器だ。他にも実績のある西岡や今季遊撃を守った糸原、北條、植田、ドラフト3位の熊谷らも候補。大和流出の痛手を埋める白熱の争いに注目だ。

 [ 2017年12月1日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
FAでDeNA行きが確実となった大和、阪神にとって来季のショートのレギュラー確実と言われた大和の退団は痛いが、大和本人の意志を尊重する形を取ったといえます。最後まで慰留こそしたものの。

大和の退団で白紙に戻った来季のショートのレギュラー争い、糸原健斗・北條史也・植田海といった若手に加えて金本知憲監督が推してるのが大山悠輔で、今季ショートを守っていないにも関わらずなぜ金本監督は大山を指名したんだろうかと思います。
ハッキリ言って一回も守ったことのないポジションをやらせるのは無謀にも見えますが、糸原や北条、植田にすれば「寝耳に水」でしょう。大和が去って来シーズンの正ショート争いで自分にチャンスがと思いきや突然大山の名が挙がったんだから。他にも西岡剛もいるけど。

一塁守備で見せたグラブさばきと地肩の強さがいいという判断で「お前、来季ショートやれ」って思いつきで言う金本監督もだが「やるからにはものにしたい」と意気込んでいる大山も話を持ち帰るべきじゃなかろうか。

来季の正ショートが誰になるのか、まず年明けの春季キャンプの出来で決めたほうがいいと思うね。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

DeNAが19年ぶりに日本シリーズ進出

思い切った采配が功を奏したと評していいでしょう。短期決戦ではこのようなアイデアも考えねばいけませんね。

引用

DeNA・ラミ監督、神采配再び!「短期決戦はアイデアが重要」

(セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第5戦、広島3-9DeNA、DeNA4勝2敗、24日、マツダ)神ってる? ラミってる!! DeNAのアレックス・ラミレス監督(43)が、鮮やかな采配で1998年以来となる日本シリーズ進出をつかんだ。開幕投手を託した石田を一回で交代させ、先発の浜口を中継ぎ投入。「短期決戦は普通の人が考えない突拍子もないアイデアが重要」という思い切った決断で、最後まで広島に流れを渡さなかった。

 信頼に応えた戦士と次々と抱き合う。その笑顔を見つめるラミレス監督は誇りに満ちていた。

 「いろんな人が、DeNAは経験がない若いチームだからここまで来られないと言っていた。でもそんなこと関係ない。選手はハートでプレーした。チームワークの勝利でした」

 就任からわずか2年。監督として未知数だった指揮官が、低迷していたチームをAクラスに押し上げ、19年ぶりの日本シリーズに導いた。

 王手をかけて挑んだ大一番で、その采配は鮮やかに色を変えた。先発の石田が一回に2失点すると、わずか24球で交代を告げた。「広島打線も嫌がっていなかったので代える決断をしました」。年明け早々から開幕投手に指名し「エース」と呼ぶ若き左腕を早々にあきらめた。

 2番手の三嶋は2回1安打無失点と好投。それでも対戦が2巡目を迎える前の打席で躊躇(ちゅうちょ)なく代打を送った。3番手は第2戦で先発した新人左腕の浜口。128球を投じた試合から中4日、プロ初の中継ぎ登板、しかも捕手・嶺井とのコンビは初だったが、決断した。

「短期決戦は普通の人が考えない突拍子もないアイデアが重要」

 広島とのCSでこだわったのは常に“先手”をとる姿勢だ。「広島打線はどんなにいい投手でも2巡目にはアジャストしてくる。相手の勢いがつく前にこちらが先に動くことを貫いた」。第3戦は7人、第4戦は6人、この日も7投手をつぎ込み勝利。広島に尻尾をつかませなかった。

 レギュラーシーズンでも、8番に投手を据えるなど時に奇抜に見える『ラミ改革』を断行。一方で、2番打者は守備的な柴田と攻撃的な梶谷を使い分け、不動の4番打者だった筒香を夏場以降は3番に置くなど、まさに“機を見て敏”の采配を繰り出した。

 次なる舞台は、日本シリーズ。「目標はもちろん日本一になること。でもその前にきょうのパーティーをエンジョイしたいね」とラミレス監督。今CSでは歴史的な“泥試合”も経験。次々と“マジック”を繰り出した指揮官は、ほんのひととき美酒に酔う。

 2017.10.25 05:04 「サンケイスポーツ」より
セのクライマックスシリーズファイナルステージはなんとDeNA広島を下して日本シリーズ進出を決めると言う結末となったが、初戦は雨天コールド負けだったもののそこから巻き返して4連勝という展開は誰もしが予想しなかったです。

就任2年目で日本シリーズ進出を決めたアレックス・ラミレス監督もスゴいが、なぜDeNAは広島を抑えて日本シリーズ行きを果たしたのか、ラミレス監督曰く「短期決戦は普通の人が考えない突拍子もないアイデアが重要」ですが、レギュラーシーズンと違って短期決戦ではこれまでのやり方は通用しないという意識から、大胆な戦略で臨もうという当たって砕けろ的な勝負に出たといえます。

この試合では先発・石田健大を早々と交代させ、2番手・三上朋也から先発の一角・濱口遥大にスイッチ、初めての中継ぎでも戸惑うことなく広島打線につけ入る隙を見せず好投、その後4投手を繰り出し最後は山崎康晃でフィニッシュ、小刻みに投手を代えて広島打線を抑える。一人の投手がいつまでも投げていればいずれ攻略されるから短いイニングで交代させ、先発の一人を中継ぎで使えばいいという思い切った判断が当たったって言いますか。
相手に勢いを与えず終始試合を支配する、これが勝者に相応しい采配と呼ぶべきですかね。

下克上で日本シリーズ進出を決めたDeNA、7年前のロッテの再現を見せることは出来るのか、見ものです。

theme : 横浜DeNAベイスターズ
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード