FC2ブログ

「しくじり先生」にスーパー戦隊が

先日放送された「しくじり先生」で何とスーパー戦隊シリーズを取り上げたけど、1975年に始まった「秘密戦隊ゴレンジャー」から46年、来月には45作目となる「機界戦隊ゼンカイジャー」が始まるわけだが、ここまで長くなっているシリーズも珍しくないけど、長寿コンテンツにありがちなものとして❝マンネリ化❞に直面するというケースを当然スーパー戦隊シリーズも経験したみたいです。マンネリ化でメインターゲットである子供たちに飽きられて視聴率が低迷、シリーズそのものの打ち切りが懸念された時期もあったってことです。

授業テーマが「スーパー戦隊シリーズ激動の3年間から学ぶマンネリを打破する時にしくじらないための授業」だったけど、3年間とは1990年からの3年間を指してます。
まず1990年に放送されたシリーズ14作目「地球戦隊ファイブマン」、メンバー5人全員を兄弟にして教師という設定にしただけでなく、登場する巨大ロボットも兄弟って設定にしたわけだが、これだけでも今までにない設定だったのに、敵方の大幹部をボケるポンコツキャラにしたことでブッ飛んだ設定にしたことが逆に裏目に出てシリーズ最低となる視聴率1.8パーセントを記録した話もあったが、マンネリ脱却とは言え設定を変えてはいけない。とこの回で講師を努めた麒麟・川島明はこう説いたけど、本来アクションが目玉であるヒーロー物においてドタバタ劇をふんだんに入れてはコメディと変わらないのだ。本質を見失えば余計迷走するのがオチ。当時とんねるずやダウンタウン、ウッチャンナンチャンがブレイクした時期だからお笑いブームに乗っかってこうしたと思うと、流行りに乗っかればいいという安易なアイデアもいいところだ。
それと「ファイブマン」が視聴率が振るわなかった理由として裏番組に強力なのがあったことから、そっちに流れたことで視聴率低迷につながったって説もあるが。ただ中盤で新たな敵幹部が登場して視聴率が盛り返した点についてなんで触れてないのかは疑問。

続いて翌年に放送されたシリーズ15作目「鳥人戦隊ジェットマン」は、これまでタブーとされていたメンバーのリアルな悩みやメンバー間の恋愛模様、これまでのキャラにないキャラクターの登場という思い切った設定を取り入れ、原点回帰かもっと攻めてみようというスタッフ間のミーティングにおいて後者を取ったと思うね。当時はトレンディドラマが流行しこれに乗っかったと思うけど、意外と人気が高かったようで本作が「戦うトレンディドラマ」と評されるようになったのは言うまでもない。メンバーの1人が酒もタバコもギャンブルもやるアウトローキャラって、当然視聴者(メインターゲットである子供の親)から抗議もあったっていうから、こう見るとヒーロー物のキャラクター(ヒーロー側)って子供たちのロールモデルでなければいけないってことですか?
批判を恐れず攻めた結果今まで見えなかったものが見えてきたと川島は指摘してますが、これまでの従来のものではいけない。敢えて攻めてみてこれまでにないものを恐れない度胸が必要だってことでしょう。「ジェットマン」の経験もあってか次作「恐竜戦隊ジュウレンジャー」は王道に戻りつつも、今までにない設定を取り入れて(今や定番となった6人目の戦士を導入)結果として人気を博して最高視聴率13.2%を記録したというから、見事にマンネリを打破して打ち切りの危機を免れたってことです。

これについて川島は「マンネリ時に何もしないことが一番の悪。挑戦することが正義。全てが経験になり固定概念を打ち破れる」と説いてますが、即ち固定概念に固執して進歩しないようじゃダメ、いくら人気コンテンツや実生活においてもマンネリには直面する。そのマンネリ時に挑戦して固定概念を打ち破る度量が必要だと思います。マンネリ時だからこそ敢えて挑戦してそこで得た経験が自分を変えるきっかけにもなるってのを痛感しますね。

スーパー戦隊シリーズに限らず長寿コンテンツや実生活においてつきものなマンネリ化、スーパー戦隊シリーズについてはこの3年間の経験が今も生きて続いていると思うと、考えさせられるものではないでしょうか。

theme : お笑い/バラエティ 全般
genre : テレビ・ラジオ

有終の美!? 「麒麟がくる」

いろいろあったけど、最後は高視聴率で幕を閉じました。

引用

“大河復活”「麒麟がくる」最終回視聴率18・4% スピンオフ制作への機運高まる

 7日に放送されたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回の平均視聴率が18・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。全44話の期間平均は14・4%。前作「いだてん」の8・2%を6・2%も上回り“大河復活”を強く印象づけた。

 初回の19・1%に次ぐ番組2位の高視聴率で有終の美を飾った。“戦国最大のミステリー”といわれる「本能寺の変」を1話かけて丁寧に描き、番組ラストでは光秀と思われる人物が颯爽(さっそう)と草原を駆け抜け、光秀生存説にも含みを持たせた。

 放送終了後からネット上に「光秀のその後が見たい」などのコメントがあふれ、主演の長谷川博己(43)も「何か番外編で、またお会いできたら」とメッセージを寄せるなど、早くもスピンオフ制作への機運も高まっている。

 ここで注目が集まるのが、光秀が生き延びて僧侶「南光坊天海」として徳川の幕政に関わった説。最終回は、羽柴秀吉の「中国大返し」や「山崎の戦い」、徳川家康の「伊賀越え」などが簡略化され、視聴者にとっては“消化不良”となる要素もあった。これらを丁寧に描き、光秀のその後にも触れる物語へ期待も高まる。

 同局関係者も「長谷川さんがやる気を見せていますし、制作現場でもスピンオフに期待を寄せる声は多い」と明かす。「(脚本の)池端俊策さんも“少し休みたい”と語っていますし、まずは今回で一段落。ただスピンオフを望む声が多く寄せられ続けたら本格検討に入る可能性もある」(同関係者)としている。再び“麒麟がくる”ことがあるのか、注目が集まる。

 [ 2021年2月9日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
明智光秀を題材とした大河ドラマ「麒麟がくる」、最終回の視聴率が18・4パーセントだったというけど、前作より遥かに高い数字だったから(「いだてん」は8.2パーセント)、最終回で高視聴率はこれまで低迷していた大河ドラマを❝復権❞させるものではないでしょうか。

思えばこの「麒麟がくる」はゴタゴタ続きだったと思うけど、年をまたいだとはいえ最後まで放送を全うしたことは特筆に値します。
まず帰蝶役を演じる予定だった沢尻エリカが薬物所持で逮捕、代役に川口春奈を立てて取り直すというところから始まり(その川口の起用は当たりだった)、その後COVID-19のせいで中断期間があって年またぎという異例の事態にもなったけど、長谷川博己演じる光秀や染谷将太演じる織田信長など多彩なキャスト陣がそれを上手くカバーとしたことで高視聴率につながったと思うね。

とりわけこれまで❝裏切り者❞という一方的なイメージだった明智光秀のイメージをガラリと変えたことは評価すべきでしょう。

ただラストシーンはネット上で賛否割れてるけど、これだけ反響も高かったことへの表れに映るし、主演を努めた長谷川氏は「何か番外編で、またお会いできたら」とスピンオフ化を匂わせるコメントを残しており、まだまだ「麒麟がくる」は続きそうな感じがしてなりません。
最後は高視聴率で幕を閉じた「麒麟がくる」、有終の美を飾ったと言っていいでしょう。

theme : 大河ドラマ
genre : テレビ・ラジオ

大声に頼るな!!

最近テレビでネタを見せるシーンを見て思うけど、昨年の「M-1グランプリ」がそうだったように、なんか大声で叫んで笑いを取る芸が目立つのってあまりにも低レベルな芸だし、見てて「笑えない」です。

大声で叫んで笑いを強要しているとしか思えないが、なんでこう大声に頼るんだかと思うし、言葉・語彙力があまりにもなさ過ぎて中身など全くないとしか思えないわ。叫んで笑いを取ろうなんて考えは的外れも甚だしい。
それに該当する芸人としてサンシャイン池崎・おいでやすこが・錦鯉・ウエストランドを挙げたいが、サンシャイン池崎以外は昨年の「M-1」ファイナリストだけど、これが「M-1」ファイナリストの芸風かって言うくらいヒドかった。
特においでやすこがはうるさいとしか感じない。ボケに対して一方的に叫んでなんか怒鳴っているような感じもして、うるさ過ぎるの一言しかないです。ツッコミのテンションだけでしか成り立たない芸はアンバランスもいいところだ。
ああいう❝うるさい❞系芸人はテレビでこういう芸をして視聴者から「うるさい」「耳障り」「不愉快」なんて叩かれる懸念もあるけど、とにかく大声に頼る芸風は芸のレベル低下を懸念したくなります。即ちああいう芸人は嫌われやすいと指摘したくなる。テレビもテレビでああいう芸人を起用すれば視聴者からクレームが来ることを懸念したほうがいい。

大声に頼らずもう少し話芸を磨かねば芸人のレベル低下が叫ばれます。

theme : お笑い/バラエティ 全般
genre : テレビ・ラジオ

打ち切りは避けられない「99人の壁」

未だに❝やらせ❞ってもんが横行っていうか常態化してるんでしょうか? テレビ界には。

引用

フジ「99人の壁」放送倫理違反 BPOが公表「視聴者との約束を裏切る」

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は18日、フジテレビの番組「超逆境クイズバトル!!99人の壁」で解答権のないエキストラが補充されていたのは「“1人対99人”というコンセプトを信頼した視聴者との約束を裏切る」として放送倫理違反があったとする意見を公表した。

 同番組は参加者100人のうち1人が残り99人とクイズで競う。BPOによるとレギュラー番組化した2018年10月から19年10月までの計25回で延べ406人が補充されていた。スタッフがエキストラには解答権を与えていないことを番組総責任者が認識していなかったことなど「制作過程の重要な部分を制作者たちが十分に共有していなかった」とも指摘した。

 [ 2021年1月19日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
フジテレビ系のクイズ番組「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」、この番組は参加者100人のうちの1人が残る99人と競うクイズ番組らしいけど、番組に出演した者の中に解答権のないエキストラが混じっていたことが明るみとなり、さらに番組が始まった2018年10月から翌2019年10月までの計25回で406人が補充されていたっていうから、この番組は本来のコンセプトとかけ離れたものだったとしか思えない。

これをBPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会が問題視し、解答権がないエキストラで人数合わせしていたことについて「“1人対99人”というコンセプトを信頼した視聴者との約束を裏切る」と放送倫理に反するという意見を公表したけど、エキストラで人数合わせして1人対99人という構図にするのは極めてやらせとしか言い様がないし、フジテレビも番組制作会社もとんでもないことをやらかしたとしか思えないし、BPOから放送倫理違反だと名指しされたんじゃ番組そのものの打ち切りは避けられないね。
「発掘!! あるある大辞典」「ほこ×たて」みたいに過去にやらせが発覚して打ち切りに追い込まれた番組もあるのに、フジテレビはその教訓を学んでいないんでしょうか?

あとフジテレビ!! 「テラスハウス」の問題がまだ玉虫色なのにまた番組不祥事を起こして恥ずかしくないんですか!?

theme : テレビ・マスコミ・報道の問題
genre : ニュース

「うるさ過ぎる」今年のM-1

今年もまた「M-1グランプリ」を見たわけだが、正直言って今年の「M-1」って実に低レベルだったとしか思えないんだよね。

まず全体的に「うるさ過ぎる」ってのが正直な感想だけど、今回ファイナリストに進出したほとんどの芸人はただ騒いでるだけで、ボケとツッコミの掛け合いや間のうまさってのが全く感じられない、見てて「これが漫才と言えるのか」と言いたくなるようなものだった。
ただギャーギャー騒いで見てる(視聴者)側にとっては不快感すら覚えかねないものだが、そんなデカ声上げてまでウケを狙いたいのかと言いたくなるし、正直言って漫才や芸とは呼べない、むしろただうるさく騒いでいるだけでしかない。見ててあまり笑えませんでした。

ましてCOVID-19禍のこのご時世、大声を上げることが憚られる状況であんだけうるさく騒いで、不謹慎っていうか無神経にもほどがあるんじゃないかって言いたくもなる。
出川哲朗やカンニング竹山、上島竜兵、サンシャイン池崎のようなうるさい系芸人は視聴者から不快感を持たれかねないってのを理解したら!? とも言いたくなった。今回のM-1ファイナリストの大半に対して。

優勝はマヂカルラブリーだったけど、正直優勝に値する面白さだったんだろうか? 「該当者なし」にしてもいいくらい今年のM-1は低レベルな内容だった。

theme : M-1グランプリ
genre : お笑い

「❝迷惑系❞Youtuber」報道にもの申す

 こういうのを公共の電波で報じるなって訴えに取れます。

引用

青木源太アナ、迷惑系ユーチューバー報道に私見

 日本テレビを9月末で退社しフリーになった青木源太アナウンサー(37)が、“迷惑系ユーチューバー”の動画をテレビ情報番組などで取り上げることについて「助長するし、加担してることになってしまう…」と私見を述べた。

 昨今、悪質な迷惑行為を繰り返す一部のユーチューバーによる騒動が頻発している。10日には、逮捕されたユーチューバーがテレビ番組で取り上げられ、ツイッターでは「迷惑系YouTuber」がトレンド入りするなど話題になった。

 こうした状況に、青木アナはツイッターで「迷惑系YouTuberの動画はTVで取り上げない方が良いと思う。助長するし、加担してることになってしまう…」と指摘。「社会問題としてメディアが取り上げ、逮捕された事実を伝えることは大切ですが、その見せ方が難しいなぁと。迷惑系YouTuberの動画を長尺で流して、スタジオで『理解できません』と言っても相手が喜ぶだけだし、新たな存在を生む」と私見を述べた。

 [2020年12月10日12時56分「nikkansports.com」]より
 悪質な迷惑行為を平然とやってそれを動画配信する下らな過ぎる自己満足感の塊でしかない「❝迷惑系❞Youtuber」、その「❝迷惑系❞Youtuber」に対して今年9月に日本テレビを退社して現在フリーアナウンサーの青木源太が❝迷惑系❞Youtuberの動画をニュースやワイドショーなどで取り上げることについて「迷惑系YouTuberの動画はTVで取り上げない方が良いと思う。助長するし、加担してることになってしまう…」とコメントしたけど、こういう者をテレビが取り上げるからそれを真似する人も出て、結果として新たな❝迷惑系❞Youtuberを出すという悪循環でしかないってことでしょう。概ね的を得ています。

 へずまりゅうに代表される❝迷惑系❞Youtuebrがツイッターでトレンド入りするなど、話題っていうか社会問題にもなっているわけだが、こういう動画をテレビで流すのって抑止力になるどころか助長してるとしか思えないんだよね。見てて呆れる視聴者もいるが、逆にこんな行為をかっこいい、イケてるなんて勘違いしてそれを真似ようとする視聴者もいるわけだし。
 社会問題として取り上げるのはいい、ただ見せ方によっては長々と報じるのはどうかってこと。

 青木アナのこのコメントは「こんな下らないものを公共の電波で流さないでほしい、興味本位で真似をする輩が出てくる」ってことでしょう。私は正直❝迷惑系❞Youtuberを見てると「表現の自由を履き違えている奴」「幼児性丸出しで下品極まりない奴」以外の何者でもないってこと。
 テレビもテレビでこんな奴を報じるよりももっとまともな話題を報じてほしいものだ。即ちこんな奴らは相手にしない。関わらない。取り上げない。です。これらを非❝迷惑系❞Youtuber三原則とすべし。

 関連記事としてこちらも見てくださいませ。 →  いい加減にしろ!❝迷惑系❞Youtuber

theme : テレビ・マスコミ・報道の問題
genre : ニュース

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード