稀勢の里、ついに!!

期待されながらことごとく裏切り続けたが、やっと・・・!!

引用

稀勢の里が涙の初V「感謝しかない」支度部屋で朗報

<大相撲初場所>◇14日目◇21日◇東京・両国国技館

 大関稀勢の里(30=田子ノ浦)が悲願の初優勝を飾った。この日、前頭13枚目の逸ノ城(23=湊)を寄り切り1敗を守った。

 支度部屋に朗報が転がり込んだ。2敗の横綱白鵬(31=宮城野)が結びの一番で前頭10枚目貴ノ岩(26=貴乃花)に寄り切られた。

 カメラのフラッシュを無数に浴びせられた稀勢の里は、報道陣の問い掛けに「うれしいですね。最後まで集中してやりたい」と喜びを抑えこんだ。それでも、これまで支えてきた人への思いを聞かれた瞬間だった。「本当に感謝しかないです…」。目からこらえていた涙がポロリとこぼれ落ちた。

 02年春場所の初土俵から89場所目での初優勝。何度も優勝争いに絡みながらも逃し続けてきた念願の賜杯をついにつかみ取った。

 昨年は年間69勝で単独最多勝を獲得しており、今場所の結果次第では横綱昇進の可能性も示唆されていた。

 [2017年1月21日18時29分 「nikkansports.com」]より
前頭13枚目・逸ノ城との一番を制し、横綱・白鵬の結果を待つだけとなった大関・稀勢の里、逸ノ城を下し初優勝に王手をかけたものの白鵬の結果を待つと言う状況となったけど、その白鵬は前頭10枚目・貴ノ岩に寄り切られ3敗目を喫し、この瞬間稀勢の里の初優勝が決まったようです!!
支度部屋で朗報を聞いた稀勢の里、記者の問いかけに対し「うれしいですね。最後まで集中してやりたい」と喜びを見せたけど、初優勝にここまでかかったことは感慨深いって言うか・・・。

何度も優勝争いに加わりながらここ一番で負けると言う悪癖が目立ち、度々優勝を逃したり優勝争いから脱落すると言うジレンマを何度も経験した稀勢の里だが、やっとと言いますか・・・。

昨年は年間最多勝を取ったことで、今場所の結果によっては横綱昇進もあるが、千秋楽で白鵬と当たりますから、勝って締めてほしいところです。
初優勝で涙をポロッとこぼした、何か小錦の初優勝を見ているような気がしたよ。初土俵から初優勝にここまでの歳月を費やしたって共通点もあると思うけど。

何はともあれ稀勢の里、初優勝おめでとうございます!!

theme : うれしいニュース♪
genre : ニュース

トランプ政権発足

これほど賛否が割れる中での就任、政治とビジネスは別だと思うんだけどねェ・・・!?

引用

トランプ大統領就任 70歳 政治経験ゼロ、最高齢の米大統領

 トランプ氏は1946年、ドイツ系の父、英国系の母のもとニューヨークで生まれた。大卒後は父親経営の不動産会社を継ぎ、事業をカジノ経営にも拡大。80年代はビジネス界の寵児(ちょうじ)だったが、米国が金融不況に陥った91年、自己破産寸前までいった。

 政治経験ゼロだが、ビジネスマン出身だけに何事も交渉という打算主義者。現在の妻は元モデルだ。

 70歳220日での就任となるトランプ氏は1期目就任の歴代大統領で史上最高齢。これまでの最高齢は第40代のロナルド・レーガン氏の69歳349日。歴代就任時の平均年齢は約55歳でオバマ氏(55)は5番目に若い47歳169日。

 トランプ氏は現在の先進7カ国(G7)首脳の中でも最高齢だ。最年少はカナダのトルドー首相(45)。安倍晋三首相(62)ら5人が60代前半だ。

 近く接するとみられる世界の指導者で年上なのはフィリピンのドゥテルテ大統領(71)やミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相(71)ら。ロシアのプーチン大統領(64)や、中国の習近平国家主席(63)など60代が目立つ。

 米大統領は世界で最も激務ともいわれ、高齢による健康問題が懸念される。トランプ氏は大統領選中の昨年秋、診断書を公表。主治医は「非常に良い健康状態だ」と太鼓判を押した。たばこを吸わず、酒も飲まないというトランプ氏は「30歳の時と同じくらい今も気分が良い」と健康をアピールしている。

 最終更新:1/21(土) 8:25 「産経新聞」より
20日にアメリカ第45代大統領に就任するドナルド・トランプ氏、選挙期間中及び大統領選勝利後の言いたい放題がアメリカを「分断」する顛末にもなってますが、70歳220日での大統領就任、アメリカ大統領と言う世界で最も忙しいポストだけに、健康状態が不安視されてるけど「30歳の時と同じくらい今も気分が良い」とトランプ氏本人は意に介していないみたいです。

第40代ロナルド・レーガンの69歳346日を上回る最高齢、政治家も軍人も経験していないビジネスマン出身初の大統領となるトランプ氏、既存政治に対する反発と閉塞感が治まらない社会への不満から政治家でないトランプ氏を選んだわけだが「アメリカ第一主義」を掲げるトランプ氏のこと、保護主義的な方向に走りそうです。

事業で相当な成功と少なからずの失敗を経験するなど、酸いも甘いも味わっているトランプ氏ですが、政治とビジネスは違いますからね。
メキシコやイスラムを名指しで批判するなど言いたい放題なところが批判も浴びてますが、アメリカの為を思って言ってるかも知れないけど、一部から「アメリカは改めて利己的になった」って言われそうです。あと少数派の権利をバカにするような言動もあるけど、行き過ぎればヘイトスピーチだ。朝鮮特有の精神病「火病」に匹敵する精神病・白人優越主義も絡めば厄介だ。

ワシントンなどでは反トランプデモや集会が目立ってますが、これほど賛否が割れる中での大統領就任、アメリカは一体どうなってしまうのか!!

theme : アメリカ合衆国
genre : 政治・経済

第193回通常国会

今年の国会が始まりました、今年の政局はどうなりますやら。

引用

首相演説、天皇退位「国民的な理解の下に成案」

 第193通常国会は20日、召集された。

 安倍首相は施政方針演説の冒頭で天皇陛下の退位を巡り、「国民的な理解の下に成案を得る考えだ」と述べた。その上で、「『戦後』のその先の時代を拓くため、新しいスタートを切る時」として次の70年を見据えた国づくりの重要性を訴えた。

 日米関係については、日米同盟が日本の外交・安全保障政策の基軸であることを「不変の原則」と強調。「できる限り早期に訪米し、トランプ新大統領と同盟の絆をさらに強化する」とした。一方で、トランプ氏が離脱を表明している環太平洋経済連携協定(TPP)は「今後の経済連携の礎」と言及するにとどめた。

2017年01月20日 14時33分 読売新聞
20日に召集された第193回通常国会、安倍晋三総理は施政方針演説で真っ先に天皇陛下の退位について触れ「国民的な理解の下に成案を得る考えだ」と言って、続いて「『戦後』のその先の時代を拓くため、新しいスタートを切る時」と述べたけど、安倍総理は日本を今後どんな国にしたいのか、明確な説明がないように見えますし、自分のしたいことだけして本来やらねばいけないことを放置しておいて説得力があるとは言い難いです。

またアメリカでドナルド・トランプ新政権が誕生するし、今後の日米関係及び日米同盟のあり方について問われる時期を迎えるけど、安保及び国防面でいつまでアメリカに頼るのか、いい加減アメリカ依存から脱却することも考えねばなりません。
「今後の経済連携の礎」とTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)についてこう述べたけど、アメリカが離脱を仄めかしているように、TPPにこだわる必要はありません。国内にもっと目を向けたらどうですか? 海外に金をバラまくよりも国内に充てたほうが日本の為です。そんな「おぼっちゃまくん」的な考えでは共感なんてされないです。

文部科学省による天下り問題がそうであるように官僚に厳しい姿勢を取ったり、自分たちで身を削ると言う意識を持つことが大事だと思います。あと格差問題に対しても目を向け富裕層を甘やかす姿勢を改めるべきだし、アメリカ的な価値観をいつまでも有難がっては日本の未来は暗いです。

theme : 日本の未来
genre : 政治・経済

あぁ、琴奨菊・・・!!

昨年の初場所とはうってかわって、今年は残念なコトになっちゃいました。

引用

奨菊7度目カド番しのげず…大関在位32場所で陥落「これが今の力」

 7度目のカド番で今場所を迎えていた大関・琴奨菊(32=佐渡ケ嶽部屋)が関脇・玉鷲に敗れ負け越しが決まり、大関から関脇への陥落が決まった。昨年初場所で日本出身力士として10年ぶりに優勝。しかし、その後は両膝などの故障に悩まされていた。2場所連続負け越しで降格する制度になった1969年名古屋場所以降、13年九州場所の琴欧洲以来、16人目の降格。3月の春場所で10勝すれば大関に復帰できる。

 一礼して下りた土俵下で、しばし目を閉じた。脳裏に浮かんだのは、1年前の優勝パレードか、それとも新入幕で張り切っていた10年前の初場所か。支度部屋の風呂に入ると「あー、くそっ!」。大関から陥落した琴奨菊は風呂から上がると、再び目を閉じて座った。

 急激に力を付けている玉鷲の強烈な右喉輪をまともに食らった。左も差せず、電車道で持っていかれた。今場所の不振を象徴するような一番。7敗目の崖っ縁で迎えた11日目の鶴竜戦は、相手の休場で不戦勝。丸1日、心身を再調整して臨んだが、その幸運も生かし切れなかった。それでも吹っ切れたように目を開くと再度、大関の地位に向かう意思を前面に出した。

 「まあ、これが今の力だと思う。まだ場所中だし、気持ちを切り替えてやるべきことをやろうと思うし。負けて終わりじゃない。やめたら終わり。最後まで集中してしっかりやりきりたい」

 1969年7月から、降格直後の場所で10勝以上を挙げれば大関に復帰できる制度ができた。これを適用して“再大関”に成功した例が4人で5回ある。05年初場所で11勝を挙げて大関復帰を果たした元栃東の玉ノ井親方は「高い。土俵際で体が伸びあがっている。満身創痍(そうい)だろう」と琴奨菊の状態を気遣いながら話した。13日目から途中休場の選択肢もあるが、「土俵の感覚を整えて、挑戦者の気持ちで行った方がいい」と残り3日間の出場も勧めた。

 連敗中は国技館内で取組を見る場所を毎日変えるなど、崖っ縁の弟子を見守ってきた佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)は「落ちるのは恥ずかしいことじゃない。はい上がる方が格好いいじゃないか」と来場所へ向けて鼓舞した。

 4年前の1月19日は二所ノ関一門の先輩、元横綱・大鵬の納谷幸喜さんが死去した。琴奨菊は朝稽古で「自分の相撲を見せられたら」としみじみ語っていたが、現実は厳しかった。先代師匠の元横綱・琴桜は大関在位32場所で横綱になったが、琴奨菊は史上10位タイの同じ32場所を務めて降格となった。このままでは先代や大鵬に顔向けできない。立て直して再昇進へ、がぶるだけだ。

 [ 2017年1月20日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
今場所7度目のカド番で挑んだ大関・琴奨菊先場所負け越してまたカド番を迎えただけに雪辱を期さねばなりませんが、ここまで4勝7敗と低迷し、12日目は関脇・玉鷲の前に一方的に押し込まれ8敗目、今場所の負け越しが決まりこの瞬間大関からの陥落が決まったようです・・・。

2場所連続負け越しで大関から陥落と言うルールになって以降、琴奨菊もそれを味わう羽目になったが、昨年の初場所で日本人力士10年ぶりの優勝を果たしたにも関わらず、その後はケガもあって不振続きでまた“名ばかり”大関に成り下がり、今回の陥落につながったのは言うまでもない。
時間いっぱい前のパフォーマンス「琴バウアー」を見る度に「パフォーマンスで沸かせるよりも勝って沸かせてよ!」って何度思ったか。

「まあ、これが今の力だと思う」と支度部屋でこう言ったけど、自分の不甲斐なさを重く見てるんでしょうか。

ただ大関から関脇に落ちても次の場所で10勝以上すれば大関に戻れると言うルールがある為、これが琴奨菊の今後にどう影響するのか、まず残り3日全力で挑んで来場所への足がかりにしてもらいたいところだ。
正直言って、昨年の初場所で優勝してからメディアにさんざん取り上げられて浮かれまくった結果がこうなったと言わざるを得ないですね。こう見ると。

theme : スポーツニュース
genre : ニュース

「天下りさせた責任を取ります」

これだから官僚ってのはけしからん!! って言いたくなりますね。

引用

前川・文科省次官が辞任の意向

 文部科学省が元幹部の再就職を組織的にあっせんしたとして国家公務員法違反の疑いが浮上した問題で、同省の前川喜平次官(62)が責任をとって辞任する意向を固めたことが19日、わかった。

 複数の関係者が明らかにした。一方、政府の再就職等監視委員会は同日にも、問題の調査結果を文科省に通知する。同省はそれを受け、前川氏を含む幹部ら7人を懲戒処分とすることを検討している。

 この問題は、同省の元高等教育局長が2015年8月に退職し、同年10月に早稲田大の教授に就任した際に同省によるあっせんがあったとされるもので、同監視委員会が調査中だ。前川氏は、元局長が退職した15年8月当時、教育行政全般を統括する文部科学審議官だった。次官には16年6月に就任した。

 2017年01月19日 11時36分 読売新聞
文部科学省による元幹部の再就職斡旋行為で、前川喜平次官が辞任することみたいだけど、次官の辞任で住む問題だろうかと思うし、文部科学省と言う組織そのものの自浄能力と言うかコンプライアンス能力を問いたくなるものです。

政府の再就職等監視委員会が捜査に及んでいる中での辞任、それで批判をかわせるとでも言えますか?

文部科学省の元高等教育局長が一昨年8月に退職した際に、同年10月に早稲田大学の教授に就任したけど、明らかに天下りもいいところで国家公務員と言うか官僚はそうやってすぐに復職できると言う風潮を曝け出したと言えるけど、辞めた人間に対して甘いんじゃないかと思うし、一般企業とは常識が乖離していると思います。
まして早稲田大学、文部科学省による斡旋と知りながらその人を教授に起用した責任はどう取るのだろうか。

前川次官は辞任したけど、辞任したところで世間から冷ややかな目で見られそうです。
「どうせしれっとどこかに天下りするんだろ」「だから官僚はあざと過ぎんだよ」ってね。前川次官は国家公務員法違反で逮捕されたほうが世間の為だと思うよ。文部科学省は前川次官以下斡旋に関わった幹部を懲戒処分するつもりだが、大甘処分では余計世論を怒らせるだけで何もならないです。

theme : 汚職する公務員を解雇せよ!
genre : 政治・経済

嘉門達夫、「森のくまさん」の替え歌問題に言及

替え歌と言えば間違いなく出てくるこの人ですが、それに絡む問題についてはごもっともな立場です。

引用

「森のくまさん」問題、嘉門達夫が引っ張りだこ

 お笑い芸人パーマ大佐(23)による童謡「森のくまさん」の替え歌の芸を収録したCDがオリジナルの日本語訳詞者の権利を侵害しているとされる問題で、替え歌の第一人者として知られるシンガーソングライターの嘉門達夫(57)が「手順にミスがあったかなー」とコメントした。

 「森のくまさん」の日本語の歌詞を手掛けた大阪府の馬場祥弘さん(72)が18日、替え歌の芸を収録したCDで著作者としての人格権を侵害されたとして、パーマ大佐と制作、販売したユニバーサルミュージックに慰謝料300万円の請求を通知した。パーマ大佐のCDでは、本来と別の詞やメロディーが加えられ、クマと恋に落ち警察から逃げる内容になっており、訳詞者として馬場さんの名前が記載されている。

 嘉門は同日更新したブログで、「著作権問題でコメントラッシュ!」と引っ張りだこになっていることを明かした。替え歌については「とても事務的で丁寧に取り組むべき問題です」とし、パーマ大佐の芸について「パロディとしてはとても上質です」と評価しつつも、「手順にミスがあったかなー 穏便に着地してもらいたいです」とつづった。

 嘉門は同日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」に電話出演。自身が替え歌を発売する際には「楽曲の権利を管理している出版社に『この楽曲のこの部分をこういうふうに変えていいですか』というのを明確に送りまして、OKが返ってきたものに限ってCD化している」とし、さらに元の楽曲の権利者や歌詞に出てくる人物にも許可を取っているとした。

 また、自身も過去に「森のくまさん」の替え歌を発売したことがあるが、オリジナルの日本語訳詞は一切使用していない。「曲の方にはもう権利がない。メロディーを使って全く違うことを言うのはOKなんです」と語った。

 ユニバーサル社広報は「適正な手続きを踏み販売している」とコメント。パーマ大佐が所属する太田プロ広報部は「手続きはレコード会社に委ねている」としている。

 [2017年1月19日9時2分 「nikkansports.com」]より
お笑い芸人・パーマ大佐の「森のくまさん」の替え歌を収録したCDについて、日本語訳の歌詞を手がけた馬場佳弘氏が「著作者としての人格を傷つけられた!」と抗議してパーマ大佐と制作及び販売したユニバーサル・ミュージックを相手取って損害賠償を起こしたって言うけど、この問題について「替え唄メドレー」でお馴染みの嘉門達夫が言及したようです。

「手順にミスがあったかなー」とコメントした嘉門、確かに替え唄メドレーをリリースする際には許可をとってそこからだから、今回の問題は不手際が招いたとも言えます。
当の嘉門、楽曲の権利を持っている出版社に説明して許可されたものに限ってCDとして出すこともそうだし、元の楽曲の権利者及び歌詞に登場する企業や人物にも許可を取ってから出すと言うルールを守ってますが、パロディとして出す以上元の権利側に許可を取るのは常識だってことです。権利関係に対して不勉強だとこう言う問題になると言うことだ。

許可なく勝手にパロディ化して営利目的でこの歌を出したことが問題、パーマ大佐もユニバーサル・ミュージックも著作権はちゃんと守りましょう!!

「仮面ノリダー」みたいに勝手にパロディにしたことで権利を持つ側が気分を害されたように、パロディにする以上は権利を持つ側への配慮も必要だと思います。

theme : 最新音楽ニュース
genre : 音楽

川藤氏、藤浪に強烈エール!!

昨年は期待を裏切っただけに、今年は雪辱を期すシーズンにしてほしいものだ!!

引用

阪神・川藤OB会長、藤浪に激辛エール!「ガタガタ言うな」

 ガタガタいうな、もっと自信を持て! 阪神・川藤幸三OB会長(67)が18日、大阪市内で甲子園歴史館運営会議に出席。昨季7勝11敗とプロ4年目で初めて2桁勝ち星を逃した藤浪晋太郎投手(22)に、カツを入れた。若きエースは名誉挽回のためにオフも試行錯誤を重ねているが、枝葉にとらわれずに自分を信じろ-と熱く訴えかけた。

 川藤OB会長が一気にヒートアップした。藤浪は日本球界の頂点を目指せる男。だからこそ、かける言葉に熱がこもる。ガタガタいうな! 自信を持て! と猛ゲキだ。

 「人の話を参考にするのもいいけど、ガタガタいって今年はこういうフォームにしようとか、そんなことは必要ないんや。テメエの生き方や、やってきたことにもっと自信を持ったらいい。マウンド上でもそういう(自信のある)姿を出していけばいいんや」

 この日は甲子園歴史館運営会議に出席。どうすれば甲子園に、歴史館にもっと足を運んでもらえるか。いうまでもなく、最優先事項は虎が勝つこと。なかでもチームをけん引するべき藤浪に、熱い思いをぶちまけた。

 「晋太郎は毎年、フォームがどうこういうとるな」。他にもウエートトレで体重増を狙ったり、サプリメントを研究したり、球種を増やしたり。OB会長にはどこか迷っているように見える。午後から鳴尾浜に来てランニングなどで汗を流した右腕に対して「発展途上の選手やからいろいろと試すのはいいけど、もっと自分に自信を持たなアカン」と強く訴えた。

 大阪桐蔭高ではエースとして甲子園春夏連覇に貢献。プロでも1年目から3年連続で2桁勝利をマークした。昨季7勝11敗、防御率3・25と苦しんだことでシーズン中から今オフにかけて、さまざまな試行錯誤を繰り返した。だが、それは“枝葉”ではないのか-。

 同学年の大谷(日本ハム)は昨季、投手として10勝4敗、防御率1・86。野手でも打率・322、22本塁打と二刀流でチームの日本一に貢献した。金本監督が「『負けて悔しい』って言えばいい」と話したように差がついた感はあるが、高校時代はこちらが上。一昨年までもそう差はなかった。自らの潜在能力を、もっと信じてほしい。

 「いいライバルがいるんやから。今は負けているけど今、終わるわけじゃない。10年、20年後、どっちが勝っているかわからへん。そこまで先を見ながら、絶対に大谷に勝ってやるという思いが晋太郎に出てきたらな」

 将来、大谷を追い越して日本を代表するエースになれ! それができる器だと信じている。

 「ミスタータイガースと呼ばれるような、ピッチャーなら村山さん、江夏さんのような、日本のエースになれるような投手が(阪神に)出てきていない。晋太郎にはそういう立ち位置になるまでやり続けてもらわんと」

 藤浪は今季5年目。もう堂々たる猛虎のエースになっていい時期だ。そのために必要なものは自信-。浪速の春団治からの、激しく、熱いエールだった。

 2017.1.19 05:04 「サンケイスポーツ」より
昨シーズン7勝止まりに終わり、契約更改では年俸ダウンも経験した阪神・藤浪晋太郎今年は名誉挽回の為にも10勝以上挙げて欲しいが、その藤浪は自主トレにて自分のスタイル作りの為の研究を重ねているみたいだけど、試行錯誤が目立つせいか迷走感がしてなりません。

そんな藤浪を不憫に思ったのか、阪神OB会会長で「浪速の春団治」こと川藤幸三氏が言及したみたいです。
「人の話を参考にするのもいいけど、ガタガタいって今年はこういうフォームにしようとか、そんなことは必要ないんや。テメエの生き方や、やってきたことにもっと自信を持ったらいい。マウンド上でもそういう(自信のある)姿を出していけばいいんや」と強烈な言葉を送ったみたいです。
言うなれば、藤浪に迷いがあると思ったのか、これでは阪神を背負う存在にはなれん!! 自分を信じて自信を持ってやれ!! って川藤氏なりの熱のこもった言葉だけど、川藤氏じゃなければこの言葉は出るだろうか、岡田彰布氏なら言いそうだけども。

「ミスタータイガースと呼ばれるような、ピッチャーなら村山さん、江夏さんのような、日本のエースになれるような投手が(阪神に)出てきていない。晋太郎にはそういう立ち位置になるまでやり続けてもらわんと」かつての村山実氏、江夏豊氏のような存在になってほしいと願いを込めて藤浪に熱い言葉をかけた川藤氏、藤浪にこの言葉が届いてほしいです。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

コレクションでもダメ!!

この人は銃刀法を分かってないとしか思えません。
日本では一般市民が銃を手にするのは犯罪だってことは子供でも分かると思うが。

引用

拳銃16丁を収集したガンマニアを逮捕 押収量は過去5年で最多

 殺傷能力がある拳銃16丁と模造拳銃2丁を自宅に隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は銃刀法違反(複数拳銃所持)の疑いで、神戸市西区押部谷町福住の無職、金沢泰之容疑者(57)を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。組対5課によると、国内での真正拳銃の一度の押収量は過去5年で最多という。

 逮捕容疑は昨年8月26日、自宅金庫にペンシル型や自動装填(そうてん)式、回転弾倉式などの拳銃16丁と模造拳銃2丁の計18丁を所持したとしている。

 同課によると、金沢容疑者は観賞用として拳銃を収集。東京空港署の署員が昨年4月、インターネット上でペンシル型拳銃が約2000円で売買されているのを発見。この拳銃を購入していた金沢容疑者の自宅を捜索したところ、真正拳銃など18丁が見つかった。押収した拳銃の一部には発射した形跡があった。実弾は見つかっていない。

 金沢容疑者は入手したペンシル型以外の拳銃について、「15年以上前に30万~100万円で古物商から買った」と話しているという。

 捜査関係者によると、金沢容疑者が収集した拳銃の中には、暴力団の抗争に使われることの多い旧ソ連製のトカレフ、マカロフや米軍に採用されている米国製のコルト・ガバメントなどが含まれるという。組対5課は、暴力団との関係も視野に拳銃の入手経路を調べる。

 最終更新:1/18(水) 13:09 「産経新聞」より
殺傷能力がある拳銃とモデルガンを自宅に隠し持っていたとして神戸市在住の57歳の男性が銃刀法違反で警察に逮捕されたって言うけど、殺傷能力があるものについて何と16丁も持ってたって言いますから、何が楽しくてこんな危ないものをを収集したんだかと理解できないです。
一回に押収された量は最も多かったって言うから、なお更です。

この男は観賞用として拳銃を収集してたけど、ネットで手に入れたとも言ってますから、アメリカはイザ知らず日本においてもネットで銃が買えるのかとビックリするし、法律で銃器を販売することすら禁止されている日本において考えられませんね。
「15年以上前に30万~100万円で古物商から買った」って言うけど、その古物商も銃刀法違反で逮捕されると思うね。

いくら拳銃に興味があるからって、ここまでするかと思うし、理由はどうあれ日本において拳銃所持は犯罪です!! 趣味で集めるだけでも犯罪になるんです!!
ネットにおいて銃器が平然と販売されてるんじゃ物騒もいいところだし、これじゃアメリカと変わらないんじゃねェのか・・・!!

theme : 銃社会って怖いよね・・・。
genre : ニュース

プロフィール

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード